事件は相談現場で起きている⁉~金融商品は『出口』が大切~ | めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~

めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~

すべての方々に、FP3級程度のマネーリテラシーを普及できたら…
キッズ・マネー・ステーションの女性ファイナンシャルプランナーたちが
さまざまなお金の知識をご紹介いたします。


テーマ:
こんにちは!第2週担当 マネーのおばちゃん@広島こと朝原 奈津枝です。
5月も半ばを過ぎると、日中は汗ばむ日が続きますね。

これからの時期は、普段車(二代目空色のPOLO)でお客様のお宅へ
訪問相談をする私にとっては、車内の暑さとの闘いが続きますアセアセ

また、帰ってからのビールが美味なので、肥満との闘いも続きます…生ビール
 

=金融商品選びの現場では=

2018年8月現在、日本FP協会の会員数は約18万人。
その内、金融機関(生保・損保・証券)に勤務しているFP会員は51%。独立系FP事務所の会員でも代理店を兼務している人もいるいるため、金融商品選びは、FP業務の大きな柱と言えます。
 
かく言う私も、相談業務・講師業務と並行して、生損保の代理店業務・証券仲介業IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)・住宅ローン取次店など、金融商品の取扱いをしています。
 
もちろん、私が取扱っている商品は金融商品全体のほんの一部なため、取扱い商品以外を提案(特に共済や団体保険)を提案する事も多くなっています。
 
商品選びまでの過程はまたいずれお話しするとして、金融商品をお客様へ提案する時、いつも考えている事は「その時 キチンと使ってもらえるか」です!
 

=『出口』を想定して提案する=

例えば、資産運用の提案では、現在の資産状況や市場の動向、政治経済の動きを考慮するのはもちろんの事、ライフプランで≪使う時期(子どもの大学進学時・セカンドライフなど)≫を確認し、殖やした資産をどの様に活用(取り崩す)していくか、お客様とイメージを共有しています。
 
資産運用は将来使うために殖やすもの¥
お金は使ってなんぼですからOK
 
実際、相談開始から12年経過し、現在セカンドライフに入ら入れたお客様より「お陰様で、安心してお金を使えます」と嬉しい言葉を頂戴しましたキラキラ
 
生命保険・損害保険も同じく、想定したリスクが発生した時、保険給付がキチンと受けられるよう加入しなければなりません上差し
金融商品は「出口」が大切!
皆さんも、「出口」をしっかりイメージして商品選びをして下さいねルンルン