埼玉県久喜市・幸手市・白岡市

リトミックから継続して楽しく専門的に学べる『小梶ピアノ教室』です。



『Cours  de  coeur』(クール ドゥ クール)

フランス語で"ハート(こころの)授業"という意味です。


フランス語を習っていらっしゃるケーキ教室の今村先生に(ブログはずっと読ませていただいているのですが、去年の発表会に来ていただいて以来、お会いする機会がなくて、とても残念)おかしくないですか?とお伺いしたら、念のために先生にまで聞いていただき、「趣旨にも合っていて、トレビアーン」と言っていただいたそうですので、それに決めました。


以前のブログにも書きましたが、うちの教室はピアノ教室ですが、通ってくださる生徒さんに、ピアノ以外にも、いろんな体験をして、学んだり考えたりするきっかけにしてほしい。思いやりの心、想像力を持って生きて欲しい、との思いから、私のお付き合いの範囲内ですが、いろんな方のお力をお借りしながら、そういう場を提供できればと行ってきたお楽しみ会の名称を、今回から"こころの授業"と変えて、少しずつ行っていきたいと思っています。


8月に多数の生徒さんに参加いただいたプリザーブドフラワーのキッズレッスンもその一環です。(もう5年、続いています。)


2年ほど前から保護犬の活動をされているいろんな団体、預かりさん、里親さん達のブログを読むようになりました。我が家でも親の犬を含め3匹いるので、里親になることはできず、気持ちばかりの寄付や、支援をいくつかの団体や個人にさせてもらっていますが、広めることも活動と書かれていたのを読み、いつかできたらいいなあと、心の中で温めていたものです。


いつもドッグケアマッサージでお世話になっているあこさん(アグリドッグレスキュー元代表でスタッフ)にお話しし、アグリ預かりスタッフでラジオCrystalパーソナリティのみとちさんにもご縁をいただき、実現できることになりました。


★  朗読「ある犬のおはなし」

      保護犬について、質問してみよう

    (質問募集中)


★  犬、猫 ○✖️クイズ


★  ワークショップ 

  ・トレーナー体験

  ・聴診器🩺で心臓の音を聞いてみよう

  ・ドッグケアマッサージ体験


   ドッグダンスなど


犬がお家にいる、いないに関わらず、楽しめる内容にしてくださっています。私もとても楽しみにしています。


外なので、マスク着用であまりくっつかずに楽しめると思います。


また、今回このイベントにあたっては、生徒さんに場所の提供をしていただいています。趣旨に賛同し、草刈りなど整備までしていただき、ありがたい限りです。


発表会前のこの日、みんなのスケジュールが、ピタッとあい、実現できることに、やはりご縁を感じる私です。


また、関心を持ってくれるご家庭が思ったよりたくさんで、それもとても嬉しいことです。


来月再度の打ち合わせ、あとは晴れ女の面目躍如、当日のお天気が晴れることを祈るのみです。


埼玉県久喜市・幸手市・白岡市

リトミックから継続して楽しく専門的に学べる『小梶ピアノ教室』です。


7月に入会された大人のピアノのKさん。

ご主人がテレビで見ていた空港ピアノを一緒に見ていて、ああいうふうに弾けるようになりたい、と来られた方です。


体験レッスンの時から、楽しい!わたし、弾けてるー!と喜んで帰られましたが、約3ヶ月経って、今も弾きたくてしょうがなくて、毎日欠かさず練習しています、との事。

アドバイスしたところは必ず次の週にはマスターしてこられます。


そして、練習が足りていると、フットワークが軽くなるので、その場でもいろんなところに気を配って弾けるようになるんですね。


フレーズの捉え方、表現の仕方もお伝えしていますが、今まで空港ピアノのテレビに写って弾いていた人は誰もが上手、と思っていたけれど、人によって弾き方が違うことがわかり、あ、あの人丁寧に弾いている、あの人は乱暴な弾き方になってる、と思うようになったとおっしゃるのです。

聴く耳が出来てきた、と言うことですよね。すばらしいです。


今、うちでレッスンされている大人の方達は、ただ弾ければいい、と言う方はいなくて、私がお手本で弾いた音と、自分が出した音との違いをよく聴かれます。


自分のとどう違うのか、どうしたら近づけるのか、皆さん探究心のある方ばかりでとても嬉しいです。大人の今だからこそ、感じられることってありますものね。


表現というのは気持ちだけあっても、それを表現するテクニックがないと、成り立ちません。

ですので、うちでは、大人の方も、ハノンや以前にもお勧めで書きましたツェルニー100番の練習曲で、いろんな種類のテクニック、学んでもらってます。


今年の発表会でも、みなさん、心のこもった演奏を聴かせてくださる事でしょう。楽しみです。


埼玉県久喜市・幸手市・白岡市

リトミックから継続して楽しく専門的に学べる『小梶ピアノ教室』です。



9月も半ば過ぎ、朝夕随分涼しくなりましたね。


6月に、ホームコンサートを付き添い1名で分散開催した時に、工夫をして、12月の発表会も行えるといいですね、とお話しさせていただきましたが、発表会を行う方向で準備をしています。


日曜日のレッスンの生徒さんから、発表会のお知らせ(申込書)とグループ練習、リハーサルの日程についてのアンケートをお配りしています。


ご存知の方はご存知ですが、Excel使えない私は、表もWordで作ります。

イメージ通りに作るのはなかなか難しいですが、今回は、ほんの2時間程度で、でもめちゃくちゃ上手にできました。(いつも自画自賛 笑)


連休の前に配りたかったのですが、金、土曜日の方達は、間に合いませんでしたので、日程のアンケートのみ、LINEの一斉メールで送らせていただきますね。

今年は、ソロ演奏以外の第2ステージは、親子、兄弟姉妹など、家族間の演奏(連弾、アンサンブル)に限ることとします。


希望制ですので、やりたい方は申込書に記入してくださいね。積極的にどうぞ。


あと、もう一つ。グループ演奏ですが、一つあたりのグループは人数が少ない(その代わり7つもあるので、どういう形にするか、検討中)のと、密にならないように、広い会場を取っていますので、ソーシャルディスタンスを保ちながら練習できると思います。これが3ステージめ。


今年は教室内でのグループレッスンができないままになっていますので、お友達と会える貴重な機会です。


本番も舞台に広がって(散らばって)息を合わせて演奏しましょうね。


9/19より、クラシックの演奏会での観客席の満席での開催が認められるようですが、それらのことも含め、今後の状況を随時確認しながら、臨機応変に対応していきたいと思っております。


そして、今年はいつもより早めに、高学年から曲決めを行なっています。

学年が上がって、だんだん聴き応えのある曲が多くなってきたのも楽しみです。


幸いにもソロのリハーサルに、ホームコンサートの会場を取ることができましたので、こちらも一応安心です。


とは言え、実際のプログラムの組み方、当日の運営の方法は、今までとは違う工夫や気遣いが必要となるでしょうし、この先大きな方向転換を余儀なくされるかもしれません。


それでも発表会の本来の目的を見失なわず、その時できる方法で、と思ってます。



新型コロナも、そしてこれから流行のインフルエンザも落ち着いて、無事に開催できますように。


ご家族の皆様にも、ご協力をおねがいします。



埼玉県久喜市・幸手市・白岡市

リトミックから継続して楽しく専門的に学べる『小梶ピアノ教室』です。



月曜日は、朝から外部会場で1〜2歳児リトミック、その後イベントの打ち合わせ、ピアノのレッスンと、充実した1日でした。


8月に続いて、9月も新入会のお友達が参加されました。(現在は募集を停止しています)


先月入会のMちゃん、場所見知り、人見知りで大泣きだったのに、体験入れてわずか3回目で、自分1人で会場に入って来て、どちらかというと、同年代の子どもが苦手かも、というママの心配をよそに、H君に手を繋ぎに行ってましたよ。

もうすっかり慣れましたね。

掘った人参をいろんな色のうさぎさんにあげています。
NANA先生のワーク 今回はシールで。
これは前回。手作りのリボン、みんな喜んでくれました。
(前回)折り紙とハサミで花火を作りました🎆
幼稚園休みの上の子達も一緒で、撮影の時だけ一瞬密。今はプレピアノの上の子達、久々のリトミックにも上手に参加してくれて、盛り上がります。帰っておばあちゃんにも楽しかったとご報告していたようで、私も嬉しいです。



家に帰り着いた途端、雨が降り出し、到着を待っている間にどんどん激しくなってきました。


この前のブログでも少し書きましたが、10月末に、心に温めていたイベントを、教室生対象に、行います。


そのイベントにご協力いただくお2人、現地見学も兼ねて、遠くから打ち合わせにお出かけくださいました。
場所を提供してくださるEさんからは、更に前向きなご提案を受け、感謝です。


教室のみんなには、もうしばらくしたら、お知らせとなります。親御さんとお話しできる方は、お知らせしている人もいます。思っていたより関心が高くて、それもほんとに嬉しい。


心を育てる、大事なことですが、難しく考えなくても楽しく参加できます。

ほんとにいいものになりそうで、私は今からワクワクしています。


ハロウィンなので、ちょこっとお楽しみもありますよ!



埼玉県久喜市・幸手市・白岡市

リトミックから継続して楽しく専門的に学べる『小梶ピアノ教室』です。



先日のプリザーブドフラワーのお楽しみ会。

毎年講師をしてくださっている石川先生が、今年も素敵に紹介してくださいました。

お花のセンスは、超一流。読書好きなとっても素敵な先生です。


私の教室は、ピアノ教室ですが、ある思いを持ってイベントをしています。

私が習っていた教室は毎年発表会と年2回の研究会がありました。当時グループレッスンなどももちろんなく、それでも、年に3回のその機会に、一緒に習っていた同級生や先輩に会ったり、演奏を聴いたりするのが楽しみでした。先生の生徒は全員、音大に行きました。

今は、はっきり言って音大を目指す生徒さんも少ない(勿論音大目指してくれたら嬉しいです)でしょうし、たくさんある習い事の中の一つ、というご家庭もあるでしょう。
けれど、親御さんは、やはり、お子さんにいろんな期待を持って、お教室を選んできてくださっていると思っています。

情報はたくさん溢れているけれど、我が子に合っているのはなんだろう。2年前にはこういう会もしました。

ピアノの練習で継続して努力する姿勢を身につけるのと同時に、同じ年頃のお友達と、楽しく共に成長し、みんなの成長をみんなで喜びあえるアットホームな教室でありたいと思ってやっています。

音楽には心が表れます。
今だからこその心の教育、命の教育、大事にしたいです。
私の生徒さんには、そういう事も考えるきっかけにしてもらったり、いろんなことを体験して欲しいと思って、ピアノとは直接関係のないようなことも、企画しています。

プリザのお楽しみ会然り。
10月の新たなイベント然りです。


(続きます)