如月隼人のブログ

如月隼人のブログ

ブログの説明を入力します。

 

中国で、「高温超伝導リニアモーターカー」の試作車が完成した。理論上の設計時速は620キロに達するそうだ。それはよいことだし、開発に懸命に取り組んでいる研究者には敬意を表したいけど、大丈夫かなあ。

 

今、普通に使われている超伝導では、沸点が摂氏マイナス269度の液化ヘリウムが使われるけどこの場合の高温超電導では冷却材として沸点が摂氏マイナス196度の液体窒素で大丈夫だそうだ。

 

液体窒素だって十分に低温だけど液体ヘリウムに比べりゃずっと高温ということ。

 

ところで、ヘリウムは極めて希少な物質で、しかも米国での生産量が全世界の8割以上という状態。そして、液体燃料ロケット(もちろん、弾道ミサイルも)を発射する際には燃料の液体酸素を冷却するために、この液体ヘリウムが使われている。

 

だから米国はヘリウムを重要な戦略物資とみなしていて、米ソ冷戦の際には輸出を禁止したりしたこともある(現在では、弾道ミサイルは燃料注入作業の必要がない固体燃料式が主流)。

 

だから、中国が液体ヘリウムが必要なリニアモーターカーを作っても、米国が対中輸出を禁止すれば、すぐに動かせなくなる。液体窒素が使えるリニアモーターカーを実用化できれば、中国にとって意義はとても大きい。

(日本のリニアモーターにしてもヘリウムが必要で、「十分な確保できるのかね?」と疑問を示した研究者がいた)

 

ただ、とっても大きな問題がある。世界中で「高温超伝導」を実現する物質の開発が続いているが、要するに「かなり無理をして複雑な物質を作る」という方向だ。というか、そうならざるをえない。

 

そして、最大の難関は超伝導現象を安定して継続させること。なんかの拍子で結晶構造がわずかに変化して超伝導が失われたら、とんでもないことになる。

 

なんでまたリニアモーターカーが超伝導なんかを必要とするかと言えば、車体を十分に浮かせるため。車体を十分に浮かせるためには大電流を必要とする。通常の電流である常伝導では、どんなに頑張っても莫大な抵抗熱が出る。放熱はほぼ不可能だし、第一、電力コストがとんでもないことになる。

 

ちなみに上海リニアはドイツのジーメンスが開発した方式だけど、常伝導を利用している。車体を浮き上がらせる高さはごくわずか。だから地震などにはとても弱い。

 

日本が超伝導方式にこだわった最大の理由は「地震に比較的強い」ということだった。

 

さて、話を中国の高温超伝導方式に戻そう。

 

走行中に何らかの原因で超伝導が失われたら、とんでもないことになる。瞬間的に莫大な抵抗熱が放出される。大爆発を起こすこと、間違いなし。

 

中国の関係者は「高温超伝導を安定して維持できる物質」の開発の成功を期待しているのかもしれないけど、どうかなあ。

 

↓関連記事

 

時速620キロ、中国の高温超伝導高速リニアモーター試作車が完成

 

中国・習近平国家主席が、共産党総書記の肩書で北朝鮮の金正恩総書記に祝電

・「朝鮮式社会主義の偉業」など、北朝鮮の体制は支持
・「社会経済発展の目標を実現」「発展と繁栄」など、経済面について言及
・国防問題については触れず

朝鮮中央通信によると、祝電の全文は以下の通り(日本語訳)
--------------
私は、金正恩同志が朝鮮労働党第8回大会で朝鮮労働党総書記に推戴されたといううれしい報に接し、中国共産党中央委員会を代表して、そして私自身の名で総書記同志と朝鮮労働党中央委員会に熱烈な祝賀を送る。

朝鮮の社会主義偉業を発展させていくための一連の活動を策定し、手配した朝鮮労働党第8回大会は、重大な意義を持つ。

総書記同志が朝鮮労働党の最高指導者に再び推戴されたことは、(金)総書記同志への全ての朝鮮労働党員と朝鮮人民の信頼と支持、期待を十分に示している。

(金)総書記同志を首班とする朝鮮労働党中央委員会のしっかりした指導の下、朝鮮労働党と朝鮮人民が今大会を契機に社会経済発展の目標を実現するために奮闘し、朝鮮式社会主義の偉業を促す上で新しくてさらなる成果を収めると確信する。

中朝両国は、山と川がつながっている親善的な社会主義隣邦である。

中朝関係を立派に守り、立派に強固にし、立派に発展させていくのは、中国の党と政府の確固不動の方針である。

世界が混乱と変革の時期に入った情勢の下で私は、(金)総書記同志と共に中朝両党、両国関係に対する戦略的引導を強化し、双方が遂げた一連の重要な共通の認識に従って中朝親善・協力の新たなページを絶えず刻み込み、両国の社会主義偉業の発展を促し、半島問題の政治的解決方向を堅持することによって、地域の平和と安定、発展と繁栄を守り、両国と両国人民にさらなる幸福をもたらす用意がある。

総書記同志が朝鮮の党と人民を導いて新しくてさらなる成果を収めるとともに、活動がスムーズであることを願う。