こんにちは。 ただいま、木の家具の扉をつくっています。

サワラ、という木は聞いたことがあるでしょうか?ニコ


見た目の通り、触り心地も、足触りも、やわらか~な木です。

 


 

 

こういった、木のパーツをひとつ、ひとつ加工して、扉が出来上がります。




これは、上の扉パーツの状態になる前の、サワラです。
自然乾燥の木です。


けっこう素材としての自然乾燥の木は、珍しい時代なんですよ。
 

ニコ ここから、はじまります。

 

でつくる、オーダーメイドは、手間が必要なのです。


その分、世界でたったひとつ、の家具ですから

木が育った年数くらいを目安に、

時々手を入れながら、楽しんでくださいね。

 

 

さてニコ森の物語をここからはじめたいと思います。いのしし


つくり手の、ネイチャースピリットガイド・佐藤です。

(帽子、忘れました・・・笑い泣き

 

 

ネイチャースピリットガイドを名乗るようになった頃から特に、
木の特性を活かして、家具や家づくりに取り組んでいます。

今回は、佐藤がこのサワラから受け取った、森の物語のひとつをお伝えしますね
ほっこり

 

 

ネイチャースピリットガイドとしての感性で、サワラと交流してみました。
関東の森に数十年前に植林されて、風通しが良く、野鳥や小動物達が沢山住んでいたこともあって、 彼ら(野鳥や小動物達)との記憶が今もあるようです。
印象的なイメージは、樹木の上に巣を作った野鳥の家族との思い出のようです。 雛達が飛び立つ姿を感じ、枝を揺らすようにした記憶が、私に伝わって来ました。

 

 

 

どうでしたか?
 

わたしは、このブログのために、佐藤からメールでメッセージを受け取って、

「木には一本一本、生まれ育った物語があるんだ・・・」
 

写真のように、いまは板になったサワラが、

森や林に立っていた頃の場面が目の前に浮かぶようで、
やさしい気持ちになりました
照れ

*こういった目に見えない物語は、ご自身の感性に沿って、INやOUTをされますように願います。


ネイチャースピリットガイドって、いったいなに?
と思いますよね、やはり・・・

佐藤は、彼の特性として、エネルギーを感じたり、メッセージを受け取ったりするのです。

木を大切に、活かしてあげたい、そう思ってつながっています。

目に見えるものも、見えないものもこの世界にはあって、
両方大切にしていきたい、アトリエ樹の住まい舎です。


ブログ担当の菊地でした。

自然の息吹が届きますように。

ご覧いただきまして、ありがとうございましたほっこり

 

 

 

自然とつながる ネーチャースピリットガイド と 創る家・空間・家具とArt

アトリエ 樹の住まい舎 横浜ネイチャーアトリエ霧

 

インスタはじめましたくま