ニコニコピリットの世界へ旅立った、動物家族たちのお話しを伝えています。

どうぞ、心やすらかに、可愛い家族たちを思いながら読んでいただけると何よりです。

 

前回までの続きで、初めてから4回目になりました。
はじめて読まれる方は、③まで読んでいるとスムーズです。

 


みんな保護犬・猫、または譲り受けたかわいい動物家族たちでしたほっこり
(茶トラねこくんは、まだこちらの世界で活躍中クリスマスツリー


 

わんわん前回までのお話しにゃー

vol.1 ペットロスを超えて~スピリットの世界からのメッセージ ★★★
vol.2 ペットロスを超えて② ~あの子がやって来た意味を知る癒し ★★★
vol.3 ペットロスを超えて③~出会えたね、ありがとう。
★★★


 

回は、実際に今年8月と11月にスピリットの世界へと帰って行った、アトリエの犬・ルナくん(♂17歳・保護犬)と、次回は黒猫・コハクくん(♂3か月・保護猫)からのメッセージをお伝えして、このお話の一幕目を閉じたいと思います。

 

 

~このメッセージに登場するメンバー~

・質問ニコニコこの森の音いろブログ担当のものです。
・暁(あかつき星空:スピリットの世界でペットの領域を担当・チームリーダーのスピリット(精霊)

・ネイチャースピリットガイド佐藤ほっこり:アトリエ代表。ここでは会話はせず、この通信のミディアムを担当しています。

 

ルナくん・右                コハクくん・うしろすがた

 

 

質問ニコニコ:それではひとつ、スピリットの世界に帰って行ったペットたちからのメッセージを、私もセッションを受ける側になった気持ちで体験してみたいです。ルナとコハクからのメッセージを伝えていただけますか?

 

 

星空:大変、有意義なことでしょう。いままで直接、ルナからあなたに対して働きかけがなかったことと思います。それがあなたの、そうですね、心の中に隙間風が吹く一つの原因ですね。ルナからお伝えしましょう。あなたに対するメッセージです。

 

ビーグルしっぽミックス・保護犬のルナ君・2018年8月、17歳で他界・最後はアトリエでの看取りビーグルしっぽ

 

 

ビーグルしっぽルナ:出会いは予定通り、そして生育環境も本当に自分が望んだものだったな、と思っている。
だから、寿命で身体を離れてから本当に楽になって、はじめはこちらの世界で、癒しのコクーンのような中に入って過ごしたよ。



2~3日後には、きらびやかな自分達のような犬達がいる世界に移ることが出来たんだ。
これは、ルナの口調です。(暁さんが伝えてくれているので、こう教えてくれました)

 

 

出会ったことは良かったよ。いつもいつも、気にかけてくれて、ルナ、ルナ、と呼んでくれてうれしかった。
予定どおり、魂の計画が今回この17年間の物語にすべて反映しました。

 

あなたから受け取ったったもの、本当に幸せだったよ。多くは語らない。
あなたが自分の役割を知って、軌道修正したことは、本当にうれしかった。
ぼくはずっと見ているよ。きれいな雲の上から。そして苦しい時は、いつでも思い出して語りかけて。ぼくの名前を呼んでみて。



チーズおじさんは、もう違う場所に行ったみたいだ。(注:チーズは一緒に暮らしていた先住犬で、随分前、先ににスピリットの世界へ。ルナが戻る時、戻った直後は付き添って近くにいたと聞いていますほっこり



ちょっと周りに違うおじさんがいるけどね。(注:もう一頭の先に老衰でスピリットの世界に戻った、一緒に暮らした先住犬、ゲンのことでしょうほっこりひょこひょこ、と歩いているけどね。

ちびすけがやって来て、退屈しないから安心してね。(11月に戻った黒猫・コハクのことでしょう。ルナとは入れ違いで、一緒に暮らしたことはないですが、スピリットの世界でファミリーを形成しているんだ、と分かりましたニコ

 

 

ぼくたちはさっぱりしているんだよ。
寂しいのはわかるけど、いつまでも悲しんではいられないね。
看取ってくれてありがとう。里子にもらってくれてありがとう。でももっと早く迎えに来て欲しかったな。トラウマが残った。
でも大丈夫。もう何も残っていないから。じゃあね、さよなら。
(注:ルナは処分対象の収容施設で、捕獲されてから生後4か月で譲渡決定までの間暮らしていました)

 

 

次回は、黒猫・コハクくん(横浜の獣医さんが保護した猫・3か月で突然死により他界
からのメッセージをお伝えする予定です。

 

 ここまで読んでいただき、ありがとうございます。ニコニコほっこり
 

そしてコハクを見送った直後本当に思いがけず、ドーベルマン♀マーブル11歳のがんが分かって急進行、見送りの準備に入っているアトリエです。
人間として、とても寂しい気持ちですが、いのちはめぐりますね・・・

スピリットの世界へ旅立った、動物家族たちのお話しを伝えています。

どうぞ、心やすらかに、可愛い家族たちを思いながら読んでいただけると何よりです。
 

今回は、前回までの続きで、初めてから3回目になりました。

 

 

今回は、このメッセージの伝え手(ミディアム)となっている、ネイチャースピリットガイド・佐藤良則が、これまで見送って来たペット達のことで、感じていることを初めにシェアさせてください。
 

 

いろんな犬や猫たちと暮らして、
スピリットの世界へと見送ってきて、
つくづく思った事があるんだ。



あの子たちは、
自分に、生きることへのお手本を示してくれた
存在だったっていうこと。

最期も、もう、いのちを終える直前まで、

オロオロしたり、運命に抵抗したりすることなく、

ただ、ありのままに、すべてを達観したようにそこに居た。
 

その姿で、最期まで自分に、大事な何かを教えてくれたんだ。

どの子も、みんなそうだったんだ。

最近、そのことに気が付いたんだ。
             ネイチャースピリットガイド・佐藤 良則
 

 



 

はじめて読まれる方は、②まで読んでいるとスムーズですほっこり
 

わんわん前回までのお話しにゃー
 

vol.1 ペットロスを超えて~スピリットの世界からのメッセージ ★★★
vol.2 ペットロスを超えて② ~あの子がやって来た意味を知る癒し ★★★



~このメッセージに登場するメンバー~

質問ニコニコ:この森の音いろブログ担当のものです。
星空:スピリットの世界でペット達の領域を担当しているチームリーダーのスピリット(精霊)

ネイチャースピリットガイド佐藤ほっこりアトリエ代表。ここでは会話はせず、この通信のミディアムを担当しています。



 

 

質問ニコニコ:黒猫のコハクは、幼いながらも目的を果たしてしまって帰りましたけれども、その前に、夏に帰った犬のルナは17歳で老衰でしたが、老衰であっても何であっても、役割を果たしたので帰ったという事なのですね。

星空:はい。17歳の生涯を閉じるルナがバトンを渡し、コハクという猫がバトンを受け取った、ということですね。
 

 

質問ニコニコ:ルナが入院していた時、コハクが上のゲージにいた意味もうかがいたいのですが。
そしてもう一つ、コハクがここにやって来るまでのこと、もしよかったら教えてください。
 

 

星空:黒猫コハクは、いわゆる野良の子ではありません。家庭に飼われていた猫が産んだ子でした。
ですが、そうですね、この事を話せば長くなってしまいますので。
向こうの地方では、まだ生まれたばかりの猫を、どこかに置いてくる、ということもありましたでしょう。そのようなことが、あの子のうえにも起こったのです。
平たく言えば、捨てられてしまったということです。


ですが、それがなぜ、あの土地でなければならなかったのか、ということは、その獣医さん夫妻に保護されるという予定が初めからありました。生後3週間未満で捨てられてしまったので、コハクはそのような記憶は一切ないでしょうね。
ただ、恐怖心だけがありました。
そのような意図で、わたくしたちは縁を結んだのです。



 

質問ニコニコ:コハクは捨てられましたが、初めからあの子は、こういったことを予定して生まれてきたのですか?

 

 

星空:そうですよ。

 

 

質問ニコニコ:では、そのようなもとに生まれなければならないし、そういった場所に生まれる必要があった、という事なのですね。

そういったこともすべて承知の上で、役割を持って勇敢に生まれてきた、ということなのですね。

 

 

星空:はい。だから勇者だということです。いのちを燃やすときも。消すときも。
コハクは、自分が亡くなったという意識はありませんでした。苦しみもしません。突然でしたので。

 

 

質問ニコニコ:幼いから分かってはいないけれど、魂では知っているということですね。

ちなみに、犬のルナとは、初めから会う予定だったのですか?

(注:ルナは、保護犬で、以前施設に行った時に出会って忘れられず、後日お願いして譲り受けました)

 

 

星空:そうでなければ、あなたはあの時、あの場所に出向きませんよね。
 

 

質問ニコニコ:不思議ですね。そんな予定でルナは生まれてきたんですか。たまたまそうだったのではなくて。
私はあそこに行ったら、たまたまルナがいたのだと思っていました。

 

 

星空:あなたがそのような活動を始めた時、そしてもがき苦しんでいるとき、その頃の話です。もう一度、あなたのその時の状態を思い出してみてください。
 

 

質問ニコニコ:ではルナは、始めから私を知っていて生まれてきたので、初めからルナは私を見て安心したのですね。

 

 

星空:はい。ですのでそれより随分以前に、欲しいと願って譲り受けた、あのラブラドールは、ルナを見て「この子だ」と思い、いつもは他の犬にはまったく関心を示さないのにも関わらず、かいがいしく面倒をみたのではないですか。

 

 

質問ニコニコ:そのラブラドールの方も、そうなんでしょうか。
 

 

星空:あなたは当時、ラブラドールが欲しいと願っていました。
それでも当時、ラブラドールの子犬を買う、という金銭的な余裕は無かったですね。
ですので、里子・一歳。ということで、あなたはその子を貰い受けることになったのでしょう。
 

 

 質問ニコニコ:ラブラドールのチーズも、うまれる前から自分達を知っていあのですね。

 

 

星空:ここに来た子は、全部そうです。
 

 

 

質問ニコニコ:雑種犬のゲンもそうですか?(注:16歳でスピリットの世界へ)

 

 

星空:そうです。あの子は愛くるしい容姿、そしていまわたしのメッセージを伝えている、このミディアム(佐藤)の本当に奥深くに眠っていたものを、無理がない形で、年月をかけ、引き出してくれた犬です。

この子は、その前の犬としての生がつらかったので、あまり制限するような飼い主とは住めません。ここでなければ、あのゲンという子は、あのように長く一緒に暮らすことはできなかったでしょう。
 

 

 

質問ニコニコ:次に来た猫はどうですか?

 

 

 

星空:猫のきょうだいもそうですね。
猫のきょうだいは、出会うか、出会わないか・・・というものではなく、まあ、出会う可能性があったのでやって来たのでしょう。事実出会いましたね。

 

 

質問ニコニコ:そうですか。みんなおおよそ計画のもとに生まれてきたことがわかりました。
世の中の全ての飼い主とペットががそういったケースではないかもしれないですが、そのようなケースも多々あるということですね。

 

 

星空:あります。そういったケースではない、そうですね、誕生してから、最大相性のいい人間のパートナーと出会う、というのが人間とペットの一般的な可能性ではないでしょうか。
そこから、かけがえのない絆がうまれていきます。
出会いには、2 通りあるということです。 どちらの出会いも同様に、かけがえなく、素晴らしいものです。

 

 

いまペットロスで苦しんでいる方々にお伝えします。

わたしは、ペットをお守りするのがスピリットの世界での役割です。

 

多く、長く苦しむよりは、一緒に暮らしたペットとの絆を再確認してください。

それがあなた、その子の発展・成長につながります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

クリスマスツリークリスマスツリークリスマスツリークリスマスツリークリスマスツリークリスマスツリークリスマスツリー

今日も少し長くなりました。

ここからは、次回に続きますニコニコ黒猫わんわん霧
よかったら、またお立ち寄りください。ほっこり

訪問ありがとうございました。

 

 

 

スピリットの世界に帰ったペットと、飼い主を結ぶ ~ 深遠な癒しの時間

ひらめき電球ペットロス・スピリットセッション のご案内 →こちらからホームページの案内にリンクしています。

ひらめき電球スピリットとの繋がりが深まる時間~
ご自身を活かして、よりよい人生を開くための スピリット・セッションの案内もリンクからご覧になれます。

 

スピリットの世界へと広がる、自由で軽やかな心をもつ皆さまこんにちはほっこり
 

前回は、ペット達が❛肉体の死❜という出来事を迎えた後の、
スピリットの世界への入り口のお話と、ここまでの体験をお伝えしました。
→ペットロスを超えて~スピリットの世界からのメッセージ★★★

 

 

 

そして、かわいいペット達は、スピリットの世界に戻って、
自分達が愛する家族に残していったことを大切に、

 

この先あなたらしく生き、前に進んで行ってほしいと願っていることも猫パグネザーランド・ドワーフ



 

私たち人間も、肉体の死を迎えればスピリットの世界に戻るのと同様に、
ペット達にはペット達の、
そして野生動物達には野生動物達の、

それぞれ、スピリットの世界での居場所と、世話をしてくれる存在がいるのだそう。

 

 

さて、今回はどこからお伝えしましょうか。

前回のブログでは、星空(あかつき)という、
スピリットの世界でペットのお世話やケアをしているチームの、
チームリーダーともいえる存在のことを、お知らせしました。
 

 

このブログを担当している私と、
ネイチャースピリットガイド・佐藤は、その暁星空さん(以下、暁と呼ばせてください)から、
自分達のペット・ロスを乗り越えたくて、
この8月にスピリットの世界に帰った17歳のルナ君と、
この11月に突然死して帰って行った、黒猫のコハク君の、スピリットの世界での様子を聞いてみたのです。
 

 

まずは、その時の内容をここで何度かに分けてシェアしていきたいと思いますので、
よろしくお願いしますほっこり

 

 

 

 

質問ニコニコ:世話やケアをしている、人間でいうところの保育士さんのような方が何人もいて、あなたはそれをまとめられている存在なのですか?

 

星空:そうですね、主にわたしのような存在は、何人か沢山おりますけれども、わたしはその中の○○チームのチームリーダーのようなものです。

 

 

質問ニコニコそれは、ペットやその他の動物など、種類によって分かれているのでしょうか。

 

星空:そうですよ、国と種類です。野生動物は野生動物で、また違います。わたしはペットの領域に関わっています。

 

 

質問ニコニコ:黒猫のコハクと出会った意味をもう一度知りたいのです。

 

星空:はい。初めに保護した方、そして預かった方、そしていま私のメッセージの伝え手(注:スピリットのメッセージを伝えるスピリチュアルな特性を持つ存在を、ミディアム、日本語で言うと霊媒と呼びます)であるこの者、そしてあなたにも共通することです。
黒猫コハクと出会った意味・・・


 

このアトリエの先住犬(ルナ君)が、17年間のこの世界での幕を閉じる段階になり、具合が悪くなって入院したとき、丁度その上に小さなコハク君がいました。
彼は、短い生涯ではありましたけれども、あの子なりに精一杯の能力を使い、愛らしい容姿と力強い勇者のような性質を持ち合わせて生まれ、生きました。
 

 

このミディアム(佐藤)が、非常にコハク君に縁を感じたのは、自分が近年関わらせていただいた別荘の近くで、その獣医さんが保護したということ、そして入院中のルナ君の上に居たということ。
初めて見た時、本当に強い縁を感じて、ぜひ迎えたいと思いましたね。
 

 

とにかく、そのような出会いがあり、自分自身も何度も出かけて関わらせていただいたで場所で保護されて、コハク君はやって来ました。

印象深いのは、そうですね・・・
以前、白猫のサクラがいましたね。

(注ニコニコ:3歳の時、交通事故でスピリットの世界に。昨年佐藤がミディアムになっているとき、別のスピリットのメッセンジャーから、少し先に再会する準備が整っていると聞いており、いつ会えるのかとそれは密かに楽しみにしていました。サクラは既に昨年春、黒猫に生まれ変わっていると知っていました)
 

 

コハクは、ある意味、その子サクラの再来のようなものですので、出会うという約束をしました。

 

そして、サクラだったスピリットは、あなた方も既に聞いている通り、もう一度猫として、今度は黒猫として生まれ変わり、別の場所で幸せに暮らしています。


 

 

質問ニコニコ:少し分かりづらいですね。
サクラだったそのもののスピリットは、昨年生まれ変わっているのですから・・・それでも、コハクはサクラと関係があるスピリットなのですか?スピリットの兄弟や親族のような関係なのでしょうか?

 

 

星空:そうです。端的に申せば、少しとぎれとぎれになってしまいますので、今回は大切な所だけ、ちゃんとお話ししたいと思います。

 

黒猫コハクがやって来た意味は、今回深く関わった人達が、その人の持っている能力を開花するために、自分が決めてきた役割を果たせるようなマインドを開花するために、自ら進んでやってきた勇敢なスピリットです。
そしてペットというのは、往々にして全てそのような存在ともいえます。
 

 

ですのでコハクは、最初から半年、いや一年位の間で、スピリットの世界に帰る予定ではありました。
ですが、彼が生後4か月未満の状態で、あなた方すべてが自分達をよく理解した。
もう役目を果たした。もう居る意味合いもなくなり、その状況は卒業したという事。


そして、世の中に沢山、自分の家族、子どものような存在のペットが亡くなってしまい、ずっと悲しみに打ちひしがれている方がいるこの時代。
そのような方の助けになれば、というこのミディアム(佐藤)の役割分担を気付かせるために、あの子は急にこちらに帰って来たのです。
そして、あの子が帰るための準備を整えたのはわたくしです。
 

 

このような端的なまとめではありますけれども、さあ、あなたの意見というか、ここをもう少し聞きたい、という事をお話しいただければと思います。



 


質問ニコニコ:つまり、コハクは初めからそのような役割で生まれてきて、特にこの佐藤が、ペットロスの方のために役に立つ、ということを自覚しはじまったので、予定より早く帰ることになったということ。
それであなたが、そのための道を整えた、ということなのですね。

コハクは幼いですが、その予定で生まれてきているので、魂では、よく分かっていたという事なのですね。

それから、今回は関わった人全員が、自分の役割を思い出したという事。
つまりそれは、いまペットを亡くして悲しい思いをされている方の子も、必ずなにかあなたに残していってくれたあなたや家族にとって、大切なものがありますよ、ということでもありますね。

 

 

星空:そうです。

一見、可哀そうに、と思う事もあるでしょうけれど、このような訳で生まれて間もなく、スピリットの世界に来る子もたくさんおります。
その一方、自分の意思に反して、途中で人間の都合によって、人間の手でこちらに来る子もたくさんおります。

ここを、ちゃーんとお伝えしていただければ、と切に願います。
 

 

 

質問ニコニコ:そうですね、その違いがあるということですね。
(注:他の場面で、そのように自分の意に反してスピリットの世界に帰ることになった犬・猫・その他の動物達も、スピリットの世界で、そのようなチームから手厚いケアを受けて、ちゃんと癒されていくことを聞きました。それを聞いてホッとしました)


クリスマスツリークリスマスツリークリスマスツリークリスマスツリークリスマスツリークリスマスツリークリスマスツリー

今日も少し長くなりました。

ここからは、次回に続きますニコニコ黒猫わんわん霧
よかったら、またお立ち寄りください。ほっこり

訪問ありがとうございました。


 

くま の音いろブログにようこそ。・・・・・・・・・・・・・・
ネイチャースピリットの作り手&伝え手でもある、アトリエ樹の住まい舎では、
自然界のスピリチュアリティの部分も大切にしています。

スピリチュアルな感性豊かなアトリエ代表が通路となって、自然界通信を発信中です。
奥深い自然界について関心をお持ちの方、どうぞかなしい気持ちでリンクからご覧ください。

自然界通信「マザーガイアからの便り」 ・・・・・・・・・・・・・

 

 

スピリットの世界に帰ったペットと、飼い主を結ぶ ~ 深遠な癒しの時間

ひらめき電球ペットロス・スピリットセッション のご案内 →こちらからホームページの案内にリンクしています。

ひらめき電球スピリットとの繋がりが深まる時間~
ご自身を活かして、よりよい人生を開くための スピリット・セッションの案内もリンクからご覧になれます。