きなこのブログ

きなこのブログ

大失業時代が到来しています。大失業の恐ろしさを歴史から学ばなければならない。『大失業は戦争への道につながっている』

日本を明るい未来へ…

 

TOPの官僚組織。安倍の背後霊を笠に弊害が次々に発生。
https://31634308.at.webry.info/202002/article_16.html

 

新型ウイルスに死者が3名となった。


内2名はクルーズ船の客員である。


この対策は首相のトップダウンで運営されている。


いつもこの会議がNHKなどで報道されている。


先にこの会議に10分弱出席し、そのあと財界人と3時間も会食していた。


首相主催の会議に、小泉、森、萩生田が地元後援会や書道展、地元表彰式に出て欠席していた。


死者が出ている対策会議に、しかも環境、法務、文科大臣が欠席している。


小泉などはこれから育休をとると言っている。


本当にいい気楽な身分である。


さらに小泉は野党からどんな理由で休んだのかと何度も質問されはぐらかしていたが、ついにあなたがご希望ならと言いながら、お酒も出る新年会に出席したと述べた。


「ご希望なら」なら(仕方がないから)言うという態度である。


この官僚を一括管理するトップダウン、人事管理は官僚を委縮させる。


安倍が背後霊となって、官僚の権威付けがなされている。

 

 

今や背後霊を背に、自分が偉くなったと思い込んでいるの失楽園でないが、今や爺さん官僚とおばさん官僚の和泉、大坪が上司、部下の関係で不倫している。


出張先でコネクテイングルームで行き来して逢瀬を重ねている。


こんなことをしたなら会社なら即クビである。


その和泉、大坪が日本の頭脳の中山教授を恫喝してiPS細胞のストック事業支援の打ち切りを打診したことは超有名である。

 

 

また日本医療研究開発機構(AMED)大坪が上手くいっていないらしく、和泉がAMEDに大坪と上手くやって欲しいと言ったということである。


要するに、これは安倍の代弁でということで圧力を掛けている。


和泉、大坪ラインが安倍の背後霊を笠に着て高圧的に事を進めたということである。

 

物事が上手く行っているときは、安倍も自分の手柄と報道の前に出てくる。


しかしコロナウイルスの場合で事態がもっと深刻になれば自分は知らないと言い、この処理を間違ったのは他の官僚のせいと言い出すだろう。


安倍がTOPダウンで行っているなら全責任は安倍にある。


嘘まみれの政治の責任を取って辞任すべきなのだ。

 

 

官邸主導トップダウンできしみ 内閣官房健康・医療戦略室 vs 医療現場
https://mainichi.jp/articles/20200220/k00/00m/040/014000c
政府の健康・医療戦略推進本部(本部長・安倍晋三首相)の事務局を担う内閣官房健康・医療戦略室と、各方面との対立が表面化している。
推進本部は医療分野の研究開発の司令塔で、戦略室がトップダウンで進める事業に対し「プロセスが不透明」との声が上がっており、今年度予算の執行が一時停止される事態になった。
iPS細胞(人工多能性幹細胞)研究を巡り、京都大iPS細胞研究所とも摩擦が生じた。
いったい何が起きているのか。

 

 

進次郎環境相、新型コロナ会議をサボって地元新年会に出席か!野党「出席したのかどうか、イエスかノーかで答えて」進次郎「危機管理は万全だ!」
https://yuruneto.com/sinjirou-sinenkai/


「セクシー進次郎氏」、新型コロナ対策会議も放り出して地元新年会に参加!何を聞いても「危機管理は万全だ」をひたすら繰り返す!

 

 

クルーズ船の80代日本人感染者2名が死亡 下船した乗客が再検査や隔離を要請するも政府が拒否!安倍政権がウイルスの脅威をどんどん拡散! 
https://yuruneto.com/cruise-sibou/


新型ウイルスの恐ろしさがより明らかに…収束の目処は全く見えないどころか、安倍政権の「棄民対応」でさらなる拡散フェーズに

 

 

 

 

【お前もか】ANAホテル、自民党から呼び出し食らい”方針転換”!ANA「個別の案件については回答控える」自民「安倍総理の説明は正しかった!」
https://yuruneto.com/ana-yobidasi/


本当のことを回答したANAホテルを安倍一派が「最大級の恫喝」!「どんなウソでもまかり通ってしまう」安倍総理の法を超えた恐るべき「田布施パワー」!

 

 

安倍政権、黒川弘務検事長の検事総長任命「可能」と閣議決定!いよいよ、違法同然の手続きで黒川氏の検察トップ就任が濃厚に!
https://yuruneto.com/kurokawa-kanou/


安倍政権の無法と暴走が止まらず!真の「アベ独裁帝国」の完成により、新型コロナとともに日本は沈没!

 

 

安倍首相 新型肺炎で死亡のクルーズ船乗客に「お悔やみ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-00000092-mai-pol

安倍晋三首相は20日、新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船の乗客2人が死亡したことについて、「心からご冥福をお祈りし、ご遺族の皆様にお悔やみを申し上げたい」と語った。

  19日からウイルス検査で陰性が確認された乗客の下船が始まっており「今後も対応に万全を期す」と述べた。今後の感染防止対策について「各地の自治体とより一層連携をしながら、感染者の重症化防止に全力で取り組む。政府一丸となって全力で取り組んでいく」と語った。首相官邸で記者団に述べた。

 

 

小泉氏「反省伝わらぬことを反省」 複雑釈明も謝罪拒否
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-00000053-asahi-pol

小泉進次郎環境相は20日の衆院予算委員会で、16日の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を欠席して地元で後援会の新年会に出席していた問題をめぐり、複雑な釈明をしながら「国民への謝罪」をかたくなに拒んだ。
小泉氏は「私の反省がなかなか伝わらない」などと繰り返したものの、最後まで「謝罪」という言葉を口にしなかった。

 

 

奴隷は奴隷のままで  4 〔人が死んで笑う安倍晋三〕

 

加計問題での総理圧力の内容は “衝撃的なもの”

 

加計見積もり水増し約49億〜68億 3 (安倍の圧力で放送中止)

 

安倍政権の強い圧力に「忸怩たる思い」 2

 

「桜」報道に安倍官邸が最上級の恫喝 2

 

報ステから政権批判が消えた理由 2

 

安倍政権の腐敗を追及すると左遷される

 

業界団体に“動員”要請恫喝ファックを送る安倍晋三

 

緊急事態条項=ナチスの手口 5

 

統一教会に支配される日本 4

 

ありのままの安倍政権 3

 

立憲民主党がれいわ新選組に圧力

 

安倍政権、黒川弘務検事長の検事総長任命「可能」と閣議決定!いよいよ、違法同然の手続きで黒川氏の検察トップ就任が濃厚に!
https://yuruneto.com/kurokawa-kanou/

 

どんなにゅーす?

 

・2020年2月18日、安倍政権は、前例のない手続きで定年を半年間延長させた黒川弘務東京高検検事長について、
https://yuruneto.com/kurokawa-entyou/

 

検察トップの検事総長に任命することが「可能」とする閣議決定を行なった。

 

・黒川氏が検察内に居残り続けている事態に対し、多くの法律の専門家が「違法行為」と指摘している中で、安倍政権が、黒川氏を検事総長に据える思惑で延長手続きを行なったことが明確になっている。

 

 

黒川氏の検事総長任命「可能」答弁書を閣議決定 定年延長巡り
https://mainichi.jp/articles/20200218/k00/00m/010/121000c

 

政府は18日の閣議で、定年を半年延長した黒川弘務東京高検検事長(63)について、検察トップの検事総長に任命することは可能だとする答弁書を決定した。


国民民主党の奥野総一郎衆院議員による「検事総長任命は検察庁法上、可能か」との質問主意書に答えた。

 

検察庁法は検察官の定年を検事総長は65歳、それ以外は63歳とし、定年延長は規定していない。


政府は「法解釈を変更した」として国家公務員法の規定を適用し、黒川氏の定年延長を1月31日に閣議決定した。


野党は恣意的な対応と批判している。

 

答弁書は過去に検察官の定年を延長した例は「把握していない」とした。(共同)

 

安倍政権の無法と暴走が止まらず!真の「アベ独裁帝国」の完成により、新型コロナとともに日本は沈没!

 

 

 

安倍政権が、定年を半年間延長した黒川弘務東京高検検事長について、「検事総長への任命は可能」とする閣議決定を行ないました。


やはり、安倍政権は、黒川氏を検察トップに据えることを目的として、違法同然の手続きを通じて彼の勤務を延長させたことがはっきりと見えてきました。

 

一部からは、「法律上、黒川氏の検事総長就任は不可能」みたいな声も出ていたけど、安倍政権にかかっては、そうした一般的な法治国家の概念は全く通用しないということだね。

 


やはり、わざわざ違法同然の手続きを行なってまで黒川氏を検察内に居座らせたのは、黒川氏を検察トップにすることで、安倍一派のあらゆる犯罪を全て逮捕出来ないようにする目的だったことがはっきりとわかったし、こりゃ、いよいよスゴイことになってきた。

 

 

巷では、まさに、新型コロナウイルスが日本国内で本格的な拡散と蔓延が始まっている様子だけど、
https://yuruneto.com/cruise-sibou/

 

こうした”黒川事件”を通じて安倍政権が事実上の完全独裁状態となることで、ますます、ウイルス対応のずさんさや問題点をどれだけ追及されても、これらの市民からの批判の声を安易に無視・排除しやすくなる上に、ますます、政府内のあらゆる問題点や腐敗の内情を隠蔽・捏造・改ざんなどすることが容易になる。

 

まさに、「全てが有機的に繋がっている」ような状態だし、今回の一件によって、どんなに安倍政権が「棄民」や「国民騙し」に加えて「犯罪行為」を繰り返そうと、怖いもの知らずのような状態になってしまうだろう

 

あらゆる部分で、私たちの日本が完全に崩壊するフラグが立ってきました。

 


「桜疑獄」だけでなく、
https://yuruneto.com/abe-syuudankokuhatu/

 

この「黒川事件」についても、出来るだけ多くの専門家や市民による集団告発が必要ですし、まさに、日本の法治国家の制度が完全に崩壊する寸前となっているような状況です。

 

 

ヤジで排除…警察強権化の背後に“安倍政権のヒムラー”の影
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/261024

 

国民の抗議の声を警察を使って封じる柴山文科相、大臣辞職すべき問題発言が大騒ぎにならない安倍政権
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=209883

 

 

逮捕されるかもしれないので改憲を急ぐ安倍一派

 

戦前から続く自分に都合の悪い資料を破棄する「国体」

 

強姦揉み消し男❝中村格❞が警察庁次長に就任

 

安倍子飼いの黒川弘務の定年を延期させ検察のトップに据える

 

安倍子飼いの黒川弘務の定年を延期させ検察のトップに据える 2

 

コロナパンデミックで桜追及を吹き飛ばす 3 ~コロナウイルスを改憲の材料にする~

 

 

長妻氏側が山本太郎側に圧力「立憲の選挙区に候補者を立てないでくれ」
https://tanakaryusaku.jp/2020/02/00022419

 

 

全国総支部長会議に臨む長妻選対委員長。=16日、都内 撮影:田中龍作=


憲民主党の長妻昭・選対委員長側がれいわ新選組の山本太郎代表側に「自分たち(立憲)の選挙区にれいわの候補者を擁立しないでくれ」圧力をかけていたことが分かった

 

山本代表が18日夜、自らのYouTube番組「山本太郎とネットでおしゃべり会」で明らかにした。

 

それによると昨年秋も深まった頃、長妻選対委員長側から山本代表側にアプローチがあった。


内容は「東京の選挙に関してだ」ということだった。

 

れいわが野党共闘の条件として掲げる消費税5%の件ではないので、山本は出向かず、双方の代理人同士で会った。

 

長妻選対委員長側の話は「自分たち(立憲)の選挙区に(れいわの候補者を)擁立するのは止めてくれ」ということだった。

 

田中は早い時期から耳にしていたが伏せていた。


山本は「おしゃべり会」初のYouTubeライブで選挙の機微を暴露した。


よほど腹に据えかねていたのだろう。

 

【Live】山本太郎とネットでおしゃべり会 2020年2月18日
https://www.youtube.com/watch?v=m2ly_eQbdeo

27:30頃~

 

 

=昨年11月、福島県郡山市 撮影:田中龍作=


山本は野党共闘を進める狙いから候補者擁立を控えていた。


だが立憲は減税に応じなかった。

 

れいわは立憲の選挙区に候補者を立てることした。


これが経緯だ。

 

なぜこうも立憲はれいわを恐れるのか。


答えは昨夏の参院選にある。


立憲は比例票を2017年の衆院選より300万票も減らした。

 

山本太郎の選挙演説に耳を傾けている有権者に、「以前はどこに投票していたのか?」と聞くと、大概、民主党(立憲)と答えた。

 

立憲が失った300万票の大半はれいわに流れたのである。

 

野党第一党の選対委員長にして代表代行が、国政政党になってわずか半年の小政党に「自分たちの選挙区に候補者を立てないでくれ」と圧力をかけた


姑息という他ない。

 

長妻氏本人から直接コメントを取るため、田中は氏の携帯に電話を入れたが、留守番電話だった。

 

~終わり~

 


山本太郎氏が暴露!数合わせの政界再編を批判していた立憲民主・枝野幸男代表が参院野党第一会派のためだけに自由党との合流を画策!?〜映画「Beyond the Waves」上映後のイベント 19.1.26
https://www.youtube.com/watch?v=2oArlzWHsPo

山本太郎「でなければ旧体制との戦いに移らせて頂く」 立憲の幹部たちよ聞け!!!
https://www.youtube.com/watch?v=BV7_jXG3rtA

 

 

山本太郎Taro's NETWORK
https://www.taro-yamamoto.jp/taros-network
 

「まずは、消費税を5%に減税! 野党の統一政策に!」どんな署名
https://www.taro-yamamoto.jp/signaturerally

 

山本太郎ただいま移動ちう
https://www.youtube.com/watch?v=ROs2PiOrCxo

 

れいわ新選組 YouTube 
Youtubeのチャンネル登録をぜひお願い致します。

https://www.youtube.com/channel/UCgIIlSmbGB5Tn9_zzYMCuNQ

 

れいわ新選組 Web
https://reiwa-shinsengumi.com/

 

 

所詮立憲民主と国民民主は同じ穴のムジナ

 

野党版「桜を見る会」

 

与野党馴れ合い京都市長選をれいわ新選組が斬る 2

 

 

【お前もか】ANAホテル、自民党から呼び出し食らい”方針転換”!ANA「個別の案件については回答控える」自民「安倍総理の説明は正しかった!」
https://yuruneto.com/ana-yobidasi/

どんなにゅーす?

 

・「桜前夜祭疑惑」について、安倍総理自身の違法行為が確定的となる回答を出したANAホテルに対して、自民党が同ホテルの幹部を自民党本部に呼び出していたことが判明

 

以後、ホテル側の対応が”急変”してきており、ネット上で怒りと失望の声が相次いでいる。

 

・これまで、「例外なく、全ての主催者に明細を出している上に、参加者個人から参加費を受け取ることはしない」と一貫して回答してきたANAホテルだったものの、

 

自民党本部に呼び出されて以降「個別の案件については回答控える」とメディアからの取材を拒否し、沈黙。

 

これを受けて、自民党内からは「総理が述べたとおりだった」などの声が上がっている。


本当のことを回答したANAホテルを安倍一派が「最大級の恫喝」!「どんなウソでもまかり通ってしまう」安倍総理の法を超えた恐るべき「田布施パワー」!

 

 

 

ダイヤモンドプリンセス号を見た感染症専門医師の告発 / 政府の危機管理のずさんさでは済まない妨害 〜 国内感染者が増加する中、安倍政権は税金を使って公的病院を削減する
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=229730

 

今日は、ダイヤモンドプリンセス号からの乗客の下船をテーマに記事を準備していました。


17日の高橋千鶴子議員の衆院予算委員会の質問から、政府の対応の不味さを取り上げようとしていたところ、19日朝、DFR様から最初の動画が届きました。


感染症のプロであるドクターがダイヤモンドプリンセス号に入って体験したことを述べておられる14分の短い動画でしたが、凍りつくような内容です。


厚労省官僚、ひいては日本政府がどれほどの罪を犯しているのか、国会質疑では見えてこなかった現場の状況がリアルに伝わります。

 

17日、衆院予算委員会で質問に立った高橋千鶴子議員は、19日以降の乗客の日本での受け入れ態勢を質しました。


現在日本の指定感染病棟はたったの1800床しかないそうです。


「そのうちすぐに患者を受け入れることができるのはどのくらいあるのか?」この質問は6日の時点でなされていたそうですが、加藤厚労大臣は今なお全国調査中だと答弁しました。


ところで、この指定感染病棟の8割は公的病院だそうです。


今後国内感染者が増加することは明らかで、ただでさえ不足している公的病院を、なんと政府は今後大幅に削減する計画であることを高橋議員は追求しました。


病院を統廃合し、ベッド数を減らすごとに全額国費の補助金が出されます。


そのために2020年度の予算で84億円も盛り込むと言うのです。


ベッドを増やすためではなく減らすために税金を使う?

 

 

新型コロナ対策 検査・治療態勢 整備急げ 2020.2.17
https://www.youtube.com/watch?v=hYhd0XN_kjk
 

新型コロナウイルス肺炎 検査体制の拡充や感染者を受け入れる医療機関への支援を 高橋千鶴子(日本共産党) 2020年2月6日衆議院予算委員会
https://www.youtube.com/watch?v=DxdubII37EI


読者のまゆ様からも「もう狂ってる」との感想が届いています。


高橋議員は政府の対応が遅すぎること、そして現場の医療関係者の疲弊を訴え、二次補正予算もしっかりとって行政の支援をしてほしいと切実に要請しました。


さらに「本来ならば医療保険において世界に誇れる知見、体制を持つ日本なのに、それが発揮できていない。ずっと人を減らされてきた背景がある」と今の危機の原因を指摘しました。


後手後手で未だに緊迫感のない政府の尻を叩くように、れいわ新選組は緊急に必要な対策をまとめて新型コロナウイルス感染症対策本部に要望しました。
https://reiwa-shinsengumi.com/reiwanews/4146/


さて18日の衆院予算委員会で宮本徹議員は、2月16日新型コロナウイルス対策本部の会議に欠席をしていた小泉環境大臣に、どこで何をしていたかを質しました。


なんと2月も半ばにまだ後援会の新年会をやっていたそうです。


閣僚に危機感がないばかりか反省の色もない小泉大臣でしたが、もっとスゴイのが自民党のコロナ対策本部のメンバーです。


安倍政権は、感染対策をするつもりがあるのか?

 

進次郎環境相、新型コロナ会議をサボって地元新年会に出席か!野党「出席したのかどうか、イエスかノーかで答えて」進次郎「危機管理は万全だ!」
https://yuruneto.com/sinjirou-sinenkai/


「セクシー進次郎氏」、新型コロナ対策会議も放り出して地元新年会に参加!何を聞いても「危機管理は万全だ」をひたすら繰り返す!

 


ダイヤモンド・プリンセスはCOVID-19製造機。なぜ船に入って一日で追い出されたのか。
https://www.youtube.com/watch?v=W3X3RSmf7ds&feature=emb_logo

目次
1. 感染が広がっていくんじゃないか、怖い
2. ダイヤモンド・プリンセスの中は心の底から怖い
3.グリーンゾーンとレッドゾーンがグチャグチャ
4. 岩田先生本人も自分自身を隔離
5. 官僚が聞く耳を持たない
6. 医療従事者がもたらすさらなる感染の可能性
7. 中国から警鐘を鳴らしたドクター
8. データもまともに取れていない
9. 誰もしない以上はやるしかない

(岩田健太郎先生の動画から文字起こし)

(前略)
アフリカに居ても中国に居ても怖くなかったわけですが、ダイアモンドプリンセスの中はものすごい悲惨な状態で、心の底から怖いと思いました。
これはもうCOVID-19に感染してもしょうがないんじゃないかと本気で思いました。
レッドゾーンとグリーンゾーンというんですけど、ウイルスが全くない安全なゾーンとウイルスがいるかもしれない危ないゾーンというのを(中略)…
きちっと区別することによってウィルスから身を守るというのは我々の世界の鉄則なんです。
ところが、ダイヤモンド・プリンセスの中はグリーンもレッドもグチャグチャになっていて(中略)…
DMATの職員それから厚労省の方、検疫官の方がPCR陽性になったという話は聞いてたんですけどそれはもう「むべなるかな」と思いました。
(中略)
そもそも常駐してるプロの感染対策の専門家が一人もいない。
(中略)… やってるのは厚労省の官僚たちで、私も厚労省のトップの人に相談しました、話しましたけど、ものすごく嫌な顔されて聞く耳持つ気ないと。
(以下略)

 


ダイヤモンド・プリンセス号の中に「常駐してるプロの感染対策の専門家が一人もいない」 ~神戸大学医学研究科感染症内科の岩田健太郎教授が現場に潜入
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=229773

 

今日の編集長の記事で、すでに取り上げている動画ですが、神戸大学医学研究科感染症内科の岩田健太郎教授は、2月5日の時点では、“日本では…感染経路の遮断など、概ね上手くいっている”とか“メディアは危険性を伝えすぎだ”と発言していて、時事ブログでは「専門家と称するいかがわしい人たちがメディアで嘘ばかり言う」と批判していた中に岩田健太郎教授も入っていたわけですが、ダイヤモンド・プリンセス号の異常な感染拡大に疑問を持ち、実際に現場をその目で見て驚愕したようです。


冒頭の動画はある意味で歴史的なものなので、是非ご覧ください。

 

時間の無い方は、BBCのインタビュー動画「感染症の専門家、客船内の感染対策を批判 BBCが独占取材」をご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=NksCM2Kiwfw


それにしてもダイヤモンド・プリンセス号の中に「常駐してるプロの感染対策の専門家が一人もいない」というのは驚きました。


DMAT(災害派遣医療チーム)の中に感染対策の専門家がいないという状況は、想像の斜め上すぎて言葉を失ってしまいます。


ところで動画の中で岩田健太郎教授が、“岩田に対してすごいムカついた人がいると、誰とは言えないけど…”と言っているのですが、その人物は橋本岳厚生労働副大臣らしい。

 


橋本龍太郎元総理の次男です。

 

コロナパンデミックで桜追及を吹き飛ばす 3 ~コロナウイルスを改憲の材料にする~