コーティング価格の差は性能の差?その2 | 大分市で車の磨き屋さんと言えばスクーデリア

大分市で車の磨き屋さんと言えばスクーデリア

車磨くなら隠れ家的お店で至福のひと時を・・・


テーマ:

世の中にはたくさんのコーティングが溢れている。

さらにその中でも色んな種類のコーティングがあってお店によってメニューも豊富だ。

どれが優れていてどのメニューを選べばいいの?

「松竹梅」でラインナップされたコーティングメニューの裏側とは?

やんなきゃよかった~と後悔する前にプロの考えに耳を傾けて正しい美観の維持を探ってみよう。

 

 

「コーティングをするなら良いコーティング(笑)をと謳うコーティング屋の闇に迫る」

 

今日も前回に引き続き、世の中に多く出回っているコーティング。。ではなくメニューについてお話しを伺ってみましょう!

〇レポーター:ひまわりさん

 

ランク分けされてるコーティングメニューの裏側に迫ってみたいと思います。

●アドバイザー:スクーデリア代表 赤峰

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●さて、前回の終わりに新車と中古車のコーティング価格の差はなんなのか?ってところまでいきましたね。

 

〇前から気になってたんですよ。自分のクルマは新車なのか中古車になるのかもわからないですし。。

 

●実は前回と今回話すことはコーティングメニューに関する最も重要な部分なんだよ。

 

〇早速願いします!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【1:コーティングの価格差、真実は一体何?】

 

●ひまわりさん、新車と中古車の決定的な差はなんでしょうか?

 

〇それは誰かが乗った事があるか、そうじゃないかですよ。

 

●そうだね、最近は登録済み未使用車なんてのもあるけど、とりあえずややこしいから次のように分けてみます。

 

新車=屋外を走行してなくて屋外展示用ではない車

 

中古車=誰かがすでに屋外を走らせて手入れを入れられた車。または新車ではあるが屋外展示で洗車が行われている車

 

●とりあえずこんな風に分けてみたよ。

 

〇つまり手を加えられた形跡がある車は新車でも中古車ということですか?

 

●もちろん、書面上ではどちらも新車だけどね。つまり登録されて走行した車やキズやシミなどの劣化が見受けられる車は新車なんだけど、ダメージがある車。。と認識したいと思う。まあ、簡単に言えば

 

・ダメージのある車

・ダメージのない車

 

でわけたいと思います。

 

〇あまり新車と中古車に拘らなくてもよさそうですね!

 

●そうだね、納車すぐでも傷だらけのクルマもあるし、カバーをかけられて屋根下で保管されてる場合もあるしね。

 

〇本題に入りたいんですけど、コーティングショップのメニューで新車、中古車に価格に違いがあるのはなぜなんですか?

 

●2つあります。一つは汚れがひどすぎて下処理にすごく時間がかかる場合。もう一つは研磨、つまり磨きをかけるかどうかで値段がかわってくる。

 

●本当にきれいな新車なら磨きをかける必要はない。この場合は洗浄してコーティング、だから価格も抑えられる。

 

●ところがキズやシミ、塗装の劣化が見受けられる場合は当然研磨が必要になってくる。その研磨レベルも軽研磨からガッツリ研磨があるから当然新車に比べて料金は高めになる。

 

〇コーティングはするけど、その前の準備作業が必要になればなるほど価格も高くなるってことですね。

 

●その通りだね。

 

〇でもちょっと気になることがあります。

 

●なんでしょう?

 

〇コーティングショップのHPなんか見ると、コーティングで驚きの艶とか新車以上の輝き、なんてうたい文句がありますよね?

だったらコーティングだけでも十分に艶がでると思います。なのに磨きをかけたりする必要があるんですか?

 

●いいところに気が付いたね。もちろんコーティングで艶に多少の変化が起きると思う。だけど基本的には磨き、つまり本来の塗装面がどれだけ綺麗か?が最も重要なんですよ。極論を言うと艶のほとんどは磨きでだせます。

 

〇HPに書いてあることは嘘という事ですか?

 

●僕は誤解を恐れずに言うと嘘だと思ってます。ただ、磨きも含めてコーティングって考えてる店は多いですね。というかほとんど。

 

〇だったらコーティング専門店じゃなくて磨き専門店じゃないですか(笑)なのになんでコーティング専門店ってみんな言うんですか?

 

●コーティングにはお金出すけど、磨きにはお金をださないんじゃないですか、消費者が。

 

〇なにかを加える事にはお金を出すけど、元々ある塗装を綺麗にするのにはお金を出さない?

 

●そういうことだろうね。例えば洗車10,000円、コーティング10,000円ならどっちにお金をだします?

 

〇。。コーティングに10,000円の方が得な気がします。

 

●そうだろうね。例えば言い方の問題って事がよくわかる例

 

1・汚れをしっかり落としてコーティングをする「洗車」10,000円

2・汚れをしっかり落としてコーティングする「コーティング」10,000円

 

どちらも同じだけどコーティングの方が得な気がするよね?

 

〇内容は同じだけど言い方が違うだけでまったく別のサービスに聞こえます。

 

●そういう事です。上記1,2、どちらも9割方洗車できれいにしてる事には変わりないけど、「コーティング~」って表現したほうがお客さんが依頼してくるんです。

 

〇なんだか騙されてるような気がします。。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【2:コーティングという言葉だけが先行すると本質を見失う】

 

●本人たちは騙す気なんてないのかも知れない、だけど磨きっていうサービスじゃお客さんが来ないから、コーティングってサービスでお客さんの獲得を目指してるって事だろうね。

 

〇コーティングで新車の輝きを~って言っときながら、その輝きのほとんどは磨きで出してるなんて詐欺じゃないですか!

 

●詐欺かどうかはわからないけど、実際それでお客さんも喜んで依頼してるでしょ?

 

〇確かに。。

 

●磨きで艶はでるのに、その割にはどのコーティングが艶が出るとかきれいになるなんて論争自体ナンセンスだよ。

 

〇私たち消費者ももっと学ぶべきですね。

 

●これはこの業界だけの問題ではないんだけど、特にコーティング業界は本質から離れたところでわちゃわちゃしてる感がありますね。

 

●例えばなんだけど、床屋さんや美容室は髪を切った後にセットしてくれるでしょ?

 

〇してくれますね。

 

●じゃあ床屋さんや美容室は「セット」をしてくれるところ?

 

〇そんなわけないですよ、どちらかと言えば「カット」をしてくれるところです。

 

●そうですよね。床屋さんや美容室は髪を切るところです。それが本質。で、髪を切った後にかっこよく髪形を整える「セット」はある意味最後の仕上げ。

 

〇コーティングショップはまるで逆ですね。

 

●髪が伸び放題で耳にかかってたり前髪が長すぎるのに、セットだけしても思うような髪形にはならないと思いますがどうでしょう?

 

〇間違いないですね!

 

●車が汚れていたりシミや傷だらけのクルマにセットと言う名のコーティングをしても。。?

 

〇効果なし!!(笑)

 

●そういうことです。じゃあ床屋さんや美容室がきちんとカットもして髪型も整えてくれるのが本質なのに「セット専門店」って言ってお客さんが来ますかね?

 

〇こないと思います。

 

●それはどうして?

 

〇カットしてもらいたいからですよ、床屋さんや美容室は髪をきるところですから。

 

●そうですね、ところがこのコーティング業界は全く逆なんです、提供する側も消費者側も。まずはコーティングありきです。

磨きをいれてきれいにするんじゃなくて、コーティングでどうにかしたいっていう。しかもそれが長く続いてほしいっていうおまけ付き(笑)

 

〇「洗車専門店」が洗車をしたあとにコーティングをするっていうのが本来の姿のように思えてきました。

 

●さっきも言いましたが、言い方・伝え方の問題なんですよ。コーティング=重視、磨き・洗車=軽視っていう。やってることは同じなんですがね。。

 

〇洗車10,000円よりもコーティング10,000円にお金を出すって話が理解できてきました!

 

●うん、結局同じことをするんだから、名目はどっちでもいいんだよ。だけどそうする事による弊害も出てしまうんです。

 

〇前回のコーティングメニューの事ですね。

 

●その通り。「セット」という最後の仕上げであるはずのコーティングが先行してしまうと、どのコーティングが良いとか悪いって論争になっちゃう。

 

●その結果としてポリマー=ダメ、ガラスコーティング=イイ、なんてことになりかねないし、なってる。

 

〇最後の仕上げはその人に合ったものを選ばなきゃいけないのに、仕上げで台無しになっちゃう可能性もありますね。

 

●そうなんです。前回言いましたけど、そもそもポリマーだろうがガラスコーティングだろうが手間暇と末端価格に対する原価はたいして変わらないんです。なのに松竹梅という「格付け」されたメニューを出すことは本来不健全ですし、矛盾が生じます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【3:大事なことはコーティングではなく、それまでの工程】

 

 

〇赤峰さんはどんな価格設定が理想だと思うんですか?

 

●僕のお店は車の状態で価格に差をつけています。新車なら安くて、ダメージが多い車は料金が高くなる。

 

〇コーティングの種類で値段は変わらないんですか?

 

●そこは変わらないですね。ポリマーでもガラスコーティングでもワックスでも「コーティングの種類」っていう意味では何を選んでもらっても料金は一緒です。

 

〇コーティングをする前の作業のレベルで金額が変わる?

 

●その通りです。ダメージが多い車は作業工程が多くなる、つまり時間がかかる訳ですから料金は高くなります。逆に磨きがいらなければ祖分作業工程は少なくなりますから料金は安くなります。とてもシンプルな料金体系ですよ。

 

〇きれいにする本質は磨きですもんね!

 

●お!だんだんわかってきましたね~僕はうれしいですよ!

 

〇コーティングの種類で価格設定しても高額なサービスがその人合っているとは限らない。料金は車の状態によって変わる。ってことですね!

 

●もうひとつ、磨きにもレベルがあります。例えば傷が多くても白やシルバーで気にならないから光沢をだしてくれれば満足っていう人もいます。反対に見える見えないは別にしてひとつ残らず傷を消してくれって人もいます。

 

〇どういう磨きが正しいんですか?

 

●美観っていうのは個人的感覚がすごく強いんです。だからこの人はこれじゃダメ、あの人はこのレベルでも満足って感じです。

このあたりはオーナーであるお客様の意見を最優先します。

 

●うちでは磨きをかける場合は面倒でも必ず見積もりのご来店をお願いしてます。ダメージの捉え方、仕上がりの満足度は人によってさまざまです。ですからお客様の前で必ず仕上がり具合を確認して頂いてからの作業開始です。

 

〇大事な事ですね。

 

●今回のお話しをまとめると。。

 

・コーティングの種類による価格と、仕上がり・その後のケアはイコールではない

・輝きは磨きでだすもの。コーティングは最後の仕上げのようなもの

・料金が変わる最大の理由は車の状態

・その車の状態も個人の感覚、捉え方によって大きく変わる

 

このような感じです。

 

〇よく考えたらすごくシンプルですね。

 

●そうですよ、お客さんに考えてほしい、伝えてほしいのはコーティングの種類やブランドなんかじゃなくって、どんな風に手入れをしたくて、どの程度の綺麗さが好みか?だけです。そしてそれは実際に目の前で実演してお見せますし、ケアは日頃のお客様による洗車と、メンテナンスを含めた我々が行うプロケアのみです。

 

なんにも難しくないし悩むこともないでしょ?

 

〇わかりやすいのが一番ですね!

 

●次回からはケア用品ことなんか話してみようかな。

 

〇ぜひ洗車が楽になる方法やコツなんかも教えてほしいです。

 

●おやすい御用ですYO!

 

 

 

 

アドバイザー/赤峰友和

 

・カーディテイリングラウンジ「スクーデリア」代表

・天然ワックス専門店「ワックス・アーツ」代表

・株式会社カマル代表取締役

 

主にメンテナンスを主軸とした「パッシブディフェンド」と日頃のカーケア「アクティブディフェンド」カーディテイリング、レストレーションを推奨し、塗装に負担をかけない予防ケアを推奨しているシャイナー。

ワックス・アーツではボディコーティングのみにとらわれない、天然ワックスの可能性を見出した予防ケア方法に取り組む。
近年はヨーロッパを中心に展開する「アブソルート・ワックス」「エクスクルーシブ」の日本における正規販売代理店となり、天然ワックスの可能性を日本国内にて展開中。

 

カーディテイリングラウンジ・スクーデリア

https://www.scuderia-oita.com/

所在地 〒870-1166 大分県大分市大字上宗方735-25

TEL 097-507-5572

定休日 不定休(及び祝日)  営業時間 9:00~19:00