お薬を減らしたいママのための自然療法スクール【こどもとアロマ】

こどもの風邪、ケガ、皮膚のトラブル、アレルギー(喘息・花粉症・アトピー)などをアロマ、ハーブウォーター、クレイを使ってやさしくお手当。お薬を減らしたいママのためのアロマの自然療法スクールです。

11月下旬募集予定
100日間で学ぶ
「アロマの薬箱」メールセミナー



お問合せはこちらから

●3,021名が受講中:PDFファイルつき無料メールセミナー
 「ママのための自然療法コンシェルジュ」
 登録はこちらから→

●4,042名が登録中:無料メルマガ
 「アロマの薬箱からはじめるママとこどものための自然療法」
 登録はこちらから→

※登録したのに届かない場合は→ 「メルマガが届かない場合の設定方法」

メール、コメントでのご相談は受け付けておりません
アメンバーの承認は、公開での読者の方にさせていただいています



テーマ:

 

こどもとアロマ 原亜紀子です

 

 

 

 

土曜日の夜遅くに、テキストを印刷にだせました!

 

とはいえ休日でしたので

 

明日印刷会社からデータの確認などがあって

 

そこから印刷に入ってもらえる予定です

 

 

 

 

アロマの薬箱はテキストが2冊あるので

 

やはりデータ量が多く疲れました~^^;

 

 

 

今日は、送付書を作り直して印刷

 

ラベルの印刷など

 

発送の準備をしておりました

 

 

 

 

そうそう、今回は

 

生活の木のお願いしまして

 

カタログを200冊準備していただくことができ

 

テキストと一緒にお送りできることになりました!

 

 

 

精油だけでなく、容器や基材

 

関連商品など

 

香りやハーブを使ったさまざまな商品が載っていますので

 

とてもよい参考資料になります

 

 

 

足りないものがでたときに、それをみて

 

近くのお店やオンラインショップで

 

購入することもできるしね

 

 

 

KENSOのカタログも同封しますから

 

2冊を読み比べて

 

ぜひそのブランドの方向性の違いなども

 

感じてみてほしいと思っています

 

 

 

 

アロマの薬箱はテキストも2冊あり

 

ほかに、カラダのルールのテキスト

 

カタログ2冊、送付書など

 

入れるものが多いので

 

仕事部屋がいっぱいになります

 

 

 

 

テキストが届き次第

 

発送作業に入りますね

 

 

 

 

そして、私のほうは

 

残すは配信メールの編集と

 

受講者専用ブログの編集

 

とても大事なお仕事がまだ残っております

 

 

 

QA集ブログ作りは、

 

事務管理さんががんばって作ってくれています

 

 

 

出口がみえてくると同時に

 

お顔に疲れもみえてきてるので ^^;

 

それこそアロマの力を借りて乗り切りたいと思います

 

 

 

ひゃー、日付がまた変わってしまってる

 

アロマバスにゆっくり入って寝ます!

 

 

******************

 

 

 
キャンセルがでていますので
 
数名分の再募集を今週末か来週にかける予定です
 
 
 
また人数などが確定しましたら
 
お知らせいたします
 
 
 
お申込みの方へは
 
12/18(月)の発送で準備しています
 
 
 
メールセミナースタートまでに
 
お手続きのことなどで、ご不明な点があれば
 
info@kodomotoaroma.com までご連絡ください
 
 
 

****************

 

<募集終了>

 

100日間で学ぶ「アロマの薬箱メールセミナー」

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こどもとアロマの原亜紀子です
 

 

 

 
 
連日のテキスト作業
 
どうしても気になる点をスルーできず
 
まだやってます・・
 
今夜か明日の朝にはデータを送る予定です
 
 
 
 
ということで
 
ブログ更新ができておりませんで
 
ごめんなさい
 
 
 
今日は、昨年の記事を再アップです
 
 
 
************
 
 

先日断捨離をして
 
我が家はかなりスッキリしましたが
 
そんな中でも難しいのが本棚です・・
 
 
 
 
これまでに100冊くらいはさよならしてますし
 
毎回少しずつ手放してもいるのですが
 
つい気になる本があると買ってしまうので
 
なかなか減らないですね~
 
 
 
 
この1週間で5冊くらい買ってます(^-^;
 
メールセミナー準備のときは
 
どうしても増えちゃいます・・
 
 
 
 
 
そのうちの1冊が
 
「あなたの体は9割が細菌」
 
という本でした
 
 
 

早速開いてみたのですが
 
いったん閉じました(笑)


 
字が小さすぎる・・・
 
 
 
 
でも、目次には
 
気になるワードが並んでたので
 
その部分だけ
 
とりあえず先にざっと読みました
 
 
 
 
それで、今回は本のなかから
 
抗生物質と腸内細菌について
 
書いてみようと思います
 
 
 
 
赤ちゃんは、生まれてくるときに
 
お母さんの産道を通り
 
膣からでてきますね
 
 
 
 
このときに、
 
膣にいる細菌たちが
 
赤ちゃんの体内へ入り
 
そこから腸内細菌叢が形成されていきます
 
 
 
 
膣に乳酸菌がいるのは
 
膣のためではなく
 
赤ちゃんのためであって
 
出産までそこに待機しているのだそうです
 
 
 
 
つまり、最初から
 
赤ちゃんの腸内細菌叢をつくるために
 
膣には細菌たちが準備されている
 
というわけですね
 
 
 
 
これは初めて知ったので
 
なんかすごい・・と
 
感動しちゃいました
 
 
 
 
その後
 
お母さんやお父さんの皮膚常在菌や
 
周りにいる細菌たちが
 
体内へと入っていき
 
赤ちゃんの腸のなかでは
 
細菌たちが生き残るために
 
縄張り争いをしていきます
 
 
 

 

 
 
それは、
 
母乳や離乳食などの食べ物によって
 
泥遊びや兄弟などからもらう細菌によって
 
メンバーが入れ替わりながら
 
どんどん多様性を増していきます
 
 
 
 
 
そして、
 
3歳になるころには安定し
 
そのメンバー構成は
 
生涯ほとんど変わることはないようです
 
 
 
 
だからいつも書いていることですが
 
3歳までの環境というのは
 
やっぱりとても大事なのですね
 
 
 
 
 
 
さて、その大事な時期に
 
腸内細菌まで殺してしまう抗生物質を
 
必要以上に多用してしまったら
 
どうなるでしょう?
 
 
 
 
抗生物質については
 
こんなデータがあります
 
 
 
 
2歳になるまでに
 
抗生物質の治療を受けたこどもは
 
喘息・アトピー性皮膚炎・花粉症
 
を発症する確率が
 
そうでないこどもに比べて2倍
 
 
 
多く投与されるほど
 
アレルギーになるりやすく
 
4クール以上の治療を受けたこどもは
 
発症率が3倍になる
 
 
 
 
 
 
抗生物質は細菌感染症を
 
治療するための薬ですが
 
原因となっている細菌だけを
 
ターゲットにすることは難しく
 
私たちと共生している細菌までも
 
殺してしまいます
 
 
 
 
そして、
 
抗生物質に耐性をもった菌だけが生き残り
 
腸内細菌の多様性は失われ
 
皮肉なことにその感染症は治っても
 
ほかの感染症に対してのガードは
 
かなり弱くなってしまいます
 
 
 
 
だから
 
ここぞというときには頼もしい薬ですが
 
決してむやみに使う薬ではないのですね
 
 
 
 
 
 
腸内細菌たちは
 
カラダの免疫システムとも
 
深く関わっています
 
 
 
 
免疫とは
 
カラダを守るために非自己を排除していく
 
システムでしたね
 
 
 
 
細菌は本来なら非自己ですから
 
排除されてしまうはずですが
 
そうはならず
 
私たちの体内には
 
1000種類1000兆個ともいわれる細菌たちが
 
共生しています
 
(100種類、100兆個というのは
すこし前の情報なのだそうです)
 
 
 
 
細菌たちは長い年月をかけて
 
私たちのカラダと一緒に進化し
 
どちらにとっても有益になるように働き
 
免疫系を調整してきました
 
 
 
 
だからカラダと細菌たちとは
 
別々の存在でありながらそうでなく
 
まるで1つのチームになって
 
生命を維持しているのです
 
 
 
 
 
いまでは腸内環境が
 
アレルギーだけでなく
 
性格や体格
 
さまざまな病気に関係していることが
 
わかってきています
 
 
 
 
抗生物質を数日間とっただけでも
 
腸内細菌の変化は大きく
 
その影響は人によっては
 
何年も続くこともあるそうです
 
 
 
 
そして使用した年齢が低いほど
 
その影響は大きいようです
 
 
 
 
「アメリカの疾病管理予防センターの推定によると
 
この国で処方されている抗生物質の半分は
 
不必要または不適切なもの」
 
とこの本には書いてありました
 
 
 
 
おそらく日本は
 
それ以上なのではないでしょうか
 
 

 


 
 
抗生物質が必要なのか
 
そうでないのか・・
 
 
 
 
私たちでは判断できないこともありますから
 
普段から情報収集をして
 
本当にに必要なときにだけ
 
抗生物質を使ってくれるような病院を
 
さがしておくことが大事だと思います
 
 
 
 
そして、もし使った場合は
 
発酵食品を積極的に食べたり
 
時にはプロバイオティクスなどを使って
 
腸内環境を戻していくように
 
意識をしていきましょう
 
 
 
また、ハーブなどの自然なものでも
 
天然の抗生物質をして働くものはあります
 


アロマで使う精油にも
 
そういった働きはあります
 
 
 
 
もちろん
 
完全な代用になるわけではありませんが
 
そういったものを併用することで
 
菌に耐性がつくのを防いだり
 
病院へいく一歩手前の段階でのケアに
 
使っていくことは可能でしょう
 
 
 
 
抗生物質は悪者ではありません
 
ただし、
 
使い方には注意が必要だということ
 
 
 
 
もちろんそれはハーブや精油だって
 
同じことなのです
 
 
 
 
カラダに使うときには
 
そのメリットとデメリットを把握し
 
メリットが上回るときだけ
 
使っていきたいものです
 
 
 
こちらの記事も参考にしてみてくださいね
 
 
 
 
 
 
 
そういえばこの本
 
もとの題名は
 
「10%Human」でした・・・
 
たしかに、
 
9割が細菌ならカラダは1割ですもんね
 
 
 
 
菌は大事だなぁ・・と
 
改めて感じた本でした
 
時間作ってちゃんと全部読まなくちゃです


****************
 
 
抗生物質もステロイドも
 
使うべきタイミングで使えば
 
本当に頼もしいお薬
 
 
 
 
この1ヶ月のねこの治療でも
 
それは痛感いたしました
 
 
 
でも、どんなお薬でもそうだけど
 
使いすぎれば
 
デメリットのほうが上回ってしまいます
 
 
 
ほんとに悩ましいけれど
 
やはりカラダの土台を立て直していくこと
 
に尽きるのでしょうね・・
 
 
 
 
キャンセルがでていますので
 
数名分の再募集を来週か再来週にかける予定です
 
 
 
また人数などが確定しましたら
 
お知らせいたします
 
 
 
お申込みの方へは
 
12/18(月)の発送で準備しています
 
 
 
メールセミナースタートまでに
 
お手続きのことなどで、ご不明な点があれば
 
info@kodomotoaroma.com までご連絡ください
 
 
 
 
 

****************

 

<募集終了>

 

100日間で学ぶ「アロマの薬箱メールセミナー」

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

こどもとアロマの原亜紀子です

 

 

 

今日は、「キットあり」でお申込みをしていて

 

まだキットの購入がおすみでない方へのお知らせです

 

関係のない方はスルーしてくださいね

 

 

 

gmailのほうで

 

迷惑ボックスに振り分けられるケースが増えていて

 

メールが届いていない方もいらっしゃるようなので

 

こちらでもお知らせしています

 

 

 

キットの購入期限が過ぎておりますが

 

まだ購入のお手続きがすんでいない方が

 

何人かいらっしゃるようなので

 

今夜(12/7)23:59まで

 

購入期限をのばしました

 

 

本日中にお手続きをしてくださいませ

 

 

 

すでに「キットあり」でお申込みの方への

お知らせになってます

 

 

 

ご不明な点がありましたら

 

info@kodomotoaroma.comへご連絡くださいね

 

 

どうぞよろしくお願いいたします

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こどもとアロマ 原亜紀子です

 

 

 

 

 

4日に募集を終了しました

 

「アロマの薬箱メールセミナー」

 

キットも完売しまして

 

195名の方にお申込みいただきました

 

 

 

ほんとうにたくさんのお申込み

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

キットのほうは

 

先日の記事でも書きましたが

 

準備をするのに2ヶ月くらいかかりますので

 

再製作の予定はありませんが

 

もし、キャンセルなどがでた場合は

 

のちほど再募集のお知らせをするようしますね

 

 

 

 


今回は夏のスキンケアセミナー以来の募集で

 

久しぶりすぎて

 

いろいろ慣れるまで時間がかかりました・・

 

 

 

まずは、募集が無事に終わってよかったです

 

 

 

事務管理さんをはじめ

 

キットを作ってくれている会社や

 

仕入れ先の会社など

 

ほんとにいろんな方たちの力を借りながら

 

お仕事をさせてもらえてるなぁと

 

実感しています

 

 

 

 

ここから先は、

 

お申込みくださった方のお役に立てるメールセミナーを

 

お届けできるように

 

テキスト作業や配信メール作成などに集中していきますので

 

ブログ更新が滞り気味になるかと思います

 

 

{388FCC33-410B-476B-B16F-4C0A5277A4D6}

テキストのチェック作業中・・

 

 

 

 

テキストとキットの発送ですが

 

いまのところ12/18(月)あたりになりそうです

 

また決定しましたら、お知らせするようにしますね

 

 

 

メールセミナースタートまでに

 

何か分からない点などがあれば

 

info@kodomotoaroma.com までご連絡ください

 

 

 

 

{F3126034-3317-4561-964A-878E95CB799D}

 

くーちゃんに癒やされながら

 

引き続き作業がんばります!

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

アロマの薬箱メールセミナーの募集は終了いたしました

 

たくさんのお申込みありがとうございました!!

 

 

 

時間になりましたら、自動的に申し込みフォームは閉じるようになっています。ご希望の方は、時間内にお手続きをお願いいたします。

 


お申込みをご希望の方は下記フォームよりお申込みください。

 


<国内受講>
「キットあり」お申込み用フォーム(日本国内で受講)→☆
※キットは完売しました


「キットなし」お申込み用フォーム(日本国内で受講)→☆


<海外受講>
☆海外受講専用お申込みフォーム(キットなし)→☆


<再受講>
☆再受講専用お申込みフォーム(キットあり)→☆
※キットは完売しました


☆再受講専用お申込みフォーム(キットなし)→☆

再受講は2014~2016年までのアロマの薬箱メールセミナー」を受講した方が対象となります。対面講座での「アロマの薬箱」は対象となりませんのでご注意ください。)
 

 

 

講座詳細は以下をさいごまでお読みください。

いちばん下の部分に、講座費やお申込後のスケジュールなどが載っていますので、ご確認くださいね。

 

 


我が家の息子は現在17歳

いまでは元気いっぱいですが

小さな頃は喘息で毎日お薬を飲ませていました

 

 

 

 

 


当時の私は、

お薬以外の対処法といえば

アレルゲンの除去くらいしか知らなかったので

とにかくお掃除やお洗濯をがんばる毎日

咳を「コン」とすれば

そのまま発作にならないかドキドキ




いま思えば・・・

その私の不安こそが

いちばん息子の症状に影響していたのだろうな・・・

と思います(^_^;)

 

 

 

 


そんな私でしたが、

少しずつお薬を減らしていけたのは

アロマセラピーを勉強しはじめたことがきっかけでした

 

 


 

それまで、

リラクゼーション目的で使う事しか

知らなかったアロマ




でも、

アロマセラピーで使われる精油には

薬理作用があって

ちょっとした不調にならお薬を使う前に

精油で対処することができることを知りました





そこで、当時4歳だった息子が

ちょっとコンコンしているときに

胸や背中に塗ったり

寝る前のお風呂に入れてみたり

寝るときに、デュフューザーで使ったり・・・



と、毎日の生活に

少しずつ取り入れていってみたところ

すごーく助けられたのですね





何よりも、「まずはお薬」しかなかった私に

「とりあえずアロマ」

という選択肢が増えたこと
で、

私自身にココロの余裕ができたことが

とても大きかったのだと思います





それは、

私の自然療法への扉が開いた瞬間

でもありました





いまでは、

何かあればさまざまな自然療法を使って

病院へいくほどでもないちょっとしたケアが

できるようになりましたが



あの時アロマを勉強することがなければ

こんなふうにはなれなかっただろうな

と思うのですね

 

 

 

 

 

アロマってね

 

 
「いまある不調を表面的に楽にしてくれる」
 
といった対症療法的な側面ももちながら
 
 
カラダが本来持っているさまざまな力をサポートしてくれる
 
「カラダの土台作り」のお手伝いもしてくれます
 
 
 
さらに、
 
「ママの不安」→「こどものストレス」→「症状の悪化」
 
といった
 
こどものケアでいちばん重要な部分にも
 
やさしくアプローチしていってくれる
 
 
 
 
 
本当に、
 
ママがお子さんのためのホームケアに使うには
 
もっとも最適なツールだと私は思うのです
 
 
 
そして、自然療法の扉を開けるのにも
 
いちばんオススメしたい方法です
 
 
 
 
アロマの薬箱メールセミナーでは
 
「ママがホームケアをするために必要なアロマの知識」だけ
 
を厳選してわかりやすくお伝えしていきます
 
 
 
 
精油も特にお子さんへのケアのなかで
 
免疫サポート(風邪やインフルエンザなどのとき)
呼吸器系の不調のケア
皮膚の問題
アレルギーの問題
ココロのケア
 
で特に活躍してくれる
 
プラナロム社の精油6種類を選びました
 
 

 

 
 
 
 
本格的な冬のシーズンに入るこれからは
 
呼吸器系の不調や風邪やインフルエンザなど
 
病院へいく機会も増えてきます



でも、じつはアロマがもっとも得意とする

免疫強化や呼吸器系の問題
 
ウィルスや細菌に対する働きを
 
いちばん活用できる季節です
 
 
 
 
 
「アロマの薬箱メールセミナー」
 
100日間かけて
 
毎日の生活の中に溶け込んでいって
 
ちょうど春を迎えるころには
 
自然とアロマでいろんなケアができている
 
そんな講座に作りました
 
 
 
 
 
今回のメールセミナーは、
 
テキストを
 
「アロマのきほん編」
「アロマの使い方編」
 
の2冊にして
 
合計100ページ以上のオールカラーでお届けし、
 
その解説メールを53回にわたって配信していきます
 
 
 
2時間の対面講座にすると
 
たっぷり6回分のボリューム(12時間)
 
になるでしょう

 

 

 


講座内容はこちらの記事で

確認してみてくださいね

→アロマの薬箱目次紹介
 

 
さらに希望者には
 
全部揃えると25,000円以上になるスタートキット
 
とセットで受講することができます



 
今回のキットの内容
 
・木製精油BOX入り
プラナロム社精油6種(各2ml)
  ラベンダーアングスティフォリア
  ティートリー
  ラヴィンツァラ
  マンダリン
  ブラックスプルース
  タナセタム
 

 

 
・オーガニックホホバオイル(未精製)
・ロールオンアロマボトル 2本

 

・ジェルベース(kensoジェルナチュレ)

 
・遮光ガラス製スプレー容器
・遮光ガラス製プッシュトップ容器

 

・オーガニックローズウォーター100ml
(左側の瓶は含みません)
 
・ナチュラルバーム作成キット
image
 

・ガラス製ビーカー(30mlサイズ)


・参考資料としてKENSO社カタログ
 
 
 

初心者の方が
 
アロマをホームケアで活用していくために必要なものを

講座の内容もキットの中身も
 
すべて私が厳選して選んだものです
 
(※精製水とエタノールは
お近くのドラッグストアなどで購入していただきます)
 
 
 
 
とにかく勉強しただけで終わらず
 
学んだそのときからどんどん使ってみて
 
アロマを毎日の生活の中で

自然と使っていけるようになってほしい
 
 
 
だから「すぐに使える」ように
 
必要なものを全部揃えました!
 
 
 
 
このキットとテキストを使って
 
お家で自分のペースで受講できる
 
今回のメールセミナーは
 
とってもお得な講座となっています!



 
また、アロマの薬箱受講者特典として

症状の捉え方の基本となる

「カラダのルールメールセミナー」との

組み合わせ受講が可能です


単発受講10、000円のところ、5,000円で受講できます

 

 

カラダのルールメールセミナーは

テキスト30ページ、メール配信15回です

カラダのルールメールセミナーの内容はこちら→☆
 
 
 
 
まったくのアロマ初心者の方から、
 
ちょっとした資格を取ったものの活用できてない
 
という方まで・・・
 
「家族の健康を守るためにアロマを活用していきたい」
 
そんな方のための講座です
 
 
 
 
ママが家族の健康のために
 
美味しいお料理を作るように
 
アロマも家族の健康のために
 
自然に使えるようになっていきたいですね
 
 
 
100日間私がしっかりサポートしていきますね!
 
 
アロマの薬箱メールセミナーの特徴

ママがアロマホームケアをしていくために必要な知識だけを厳選して学び、毎日の生活のなかで実践できるような内容になっています


2冊に分かれて使いやすくなったたっぷりオールカラー100ぺージ以上の中学生にもわかる「やさしい言葉」で書いたわかりやすく丁寧な内容のテキストつき


100日間にわたって、テキストの内容に沿ったメールが2日に1回のペースで配信されます(カラダのルールメールセミナーとの組み合わせ受講は、130日間になります)


講座開催中は過去2年間のQA集の閲覧ができます。メールでいただいた質問には「受講者専用ブログ」で回答していきます。


受講者専用ブログで、さらに詳しい情報などを閲覧できます


こどものためのホームケアで活躍頻度が必要な6種類の精油つき
 
 
ホームケアのきほんを実践していくためのガラス製容器、ビーカー、植物油、ジェルベースもセット(約25,000円相当)になっているので、アロマを実際に活用しながら覚えていくことができます
 
精油の保存に便利な木製BOXつき
 

お家にいながら、自分のペースで好きな時間にまるで講座に参加しているかのように学べます


カラダのルールメールセミナーとの組み合わせ受講が+5,000円(10,000円のところ)で、できます

アロマの薬箱メールセミナーはこんな方におすすめです


チェック アロマをお子さんや家族のケアに使っていきたいと思っている

チェック いま使っているお薬を減らしていきたいと思っている

チェック 家族がアレルギー体質なので、カラダにやさしいケア方法を知りたい

チェック アロマの選び方や使い方など基本的なことをしっかりと勉強したいと思っている

チェック 自然療法を生活に取り入れていきたいが、何から始めたらいいのか迷っている

チェック アロマの資格はもっているが日常生活に活用できていない

チェック 妊娠中、小さなお子さんいて講座に参加できない

チェック 遠方なので講座に参加できない

チェック お仕事や介護などで、時間調整が難しい

チェック 自分のペースで学びたい


受講前にチェックしてね

★これまで受講した方のご感想集

★メールセミナー受講に関するよくあるご質問 


 
アロマの薬箱メールセミナーお申込み方法       


お申込みフォームは、11/28(火)20時になりましたら、お知らせいたします

☆キット
なしでの受講の場合

①申込み:「キットなし」の申し込みフォームよりお申込みください。

お申込み直後に、「お申込み確認メール」(自動返信メール)でお振込み先をお知らせします。
※申込みをしたのに、メールが届かない場合は、下記お問合せフォームよりご連絡ください

③ご入金確認後、12月中旬にテキストを発送予定※1

④テキスト発送後、2日後よりメールの配信がスタート。2日に1回のペースで100日間、解説メールが配信されます。受講期間中、メールで質問ができます。受講者専用ブログでは参考図書などお役立ち情報もお伝えしていきます。
カラダのルールとの組み合わせ受講の場合、130日間



☆キットありでの受講の場合
①申込み:「キットあり」の申し込みフォームよりお申込みください。

お申込み直後に、「お申込み確認メール」(自動返信メール)でお振込み先とキット購入先のURLをお知らせいたします。
※申込みをしたのに、メールが届かない場合は、下記お問合せフォームよりご連絡ください

③キットを購入

④直後にキット購入完了通知メールが届きます。

⑤ご入金確認後、12月中旬にテキスト、キットをそれぞれ発送予定※1

⑥その2日後よりメールの配信がスタート。2日に1回のペースで100日間、解説メールが配信されます。受講期間中メールで質問ができます。受講者専用ブログでは、参考図書などのお役立ち情報もお伝えしていきます。
カラダのルールとの組み合わせ受講の場合、130日間


※1メール受信後の紛失による再配信は行えませんのでご了承ください。


講座費: 500名感謝価格で3,000円off
 29,000円 → 26,000円(税込 28,080円)
(テキスト、メール配信、メールフォローの金額です:キット代は含みません

カラダのルールメールセミナーとの組み合わせ受講の場合は、+5,000円(税込み5,400円)となります。


キット代金
17,000円(税込み18,360円)
講座お申込み直後のメールにてオンラインショップのURLをお知らせいたします。
ショップで購入をお願いいたします。


原材料は、厳選しており植物由来の自然素材のもののみ、できる限りオーガニック、無農薬栽培したのものを使用しておりますが、
アレルギーなどによりグッズの一部が使用できない場合がございます。心配な方はお問い合わせください。

キットにはキク科植物の精油を使用しています。キク科アレルギー(ブタクサ、よもぎなど)の詳しい説明はこちらの記事をご覧ください。


お申込み後のキャンセルにつきましては、キャンセル料が発生する場合がございます

海外からの受講の場合、流れが少し異なります。こちらの記事をごらんください。

特定商法取引法に基づく表記はこちら→

 
 

 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)