即身成仏 | 吉祥院 ~茨城県石岡市で約900年続く真言密教の寺(お寺ブログ)~

吉祥院 ~茨城県石岡市で約900年続く真言密教の寺(お寺ブログ)~

茨城県石岡市にある真言宗豊山派の摩尼山吉祥院です。
ふるさと茨城路百八地蔵尊霊場第九十一番札所に指定されており、
開山約900年の歴史を持つ由緒ある寺です。
境内の四季折々の風情や仏教について、幅広い情報を発信するお寺のブログです。

弘法大師空海は、仏教とは一言でいえば

自利・利他にあると述べました。

自利は自らのために、悟りを求めて

修行することで

利他は苦しむ者たちを救済することです。

 

自利と利他は分けられるものではないのです。

 

弘法大師の教えで最も重要なのは

即身成仏です。

これによって、密教とそれ以前の顕教との

違いが示されるからです。

 

衆生は、絶対真理である大日如来と

本性的には同じであるのにそのことを認識していません。

しかし、そのことを自覚できれば

この身のままで成仏できると説いています。

 

空海は『菩提心論』という書物を引用して

この即身成仏の教えを証明しています。

「もし人、仏慧を求めて菩提心に

通達すれば、父母所生の身に

速やかに大覚の位を証す。」

という文章です。

 

もしも、悟りを求める心(菩提心)に

到達するならば、われわれの肉体のままで

さとりの境地を得ることができるという意味です。

 

この菩提心は密教ではとても重要なもので

三摩耶戒という戒律にも

これを捨ててはならないとあります。

 

空海は、現象するものすべてを絶対と見、

さらには真理は森羅万象の姿として

現われていると述べました。

単に真理という抽象的な表現にとどまらず

それがかたちをもって現われているといいます。

 

しかし、衆生にはそれが見えておらず

仏の智慧を備えることで、そのすべての現象が

ありのままで絶対的な真理の現れであると

認識できるのです。

 

三劫成仏ということばがあるように

密教以前の顕教では天文学的時間を

要しなければ、成仏に至れないと説いています。

 

さらに法相宗では、五姓各別という、素質によって

そもそも悟りを得る可能性のない者がいる

というような教えもあります。

 

そのような中で、真言密教では

即身成仏を説いて、現世で最高の自覚が

得られれば、この肉体のままで悟りの境地に

至れるとしています。

 

「草木さえも成仏するのである。」

「三種世間はみなこれ仏体である。」

などという空海の言葉は

世界のあらゆるものが本来的には

仏の世界の現れであることを

示しています。

 

…次回に続く…