吉祥院 ~茨城県石岡市で約900年続く真言密教の寺(お寺ブログ)~

吉祥院 ~茨城県石岡市で約900年続く真言密教の寺(お寺ブログ)~

茨城県石岡市にある真言宗豊山派の摩尼山吉祥院です。
ふるさと茨城路百八地蔵尊霊場第九十一番札所に指定されており、
開山約900年の歴史を持つ由緒ある寺です。
境内の四季折々の風情や仏教について、幅広い情報を発信するお寺のブログです。

お彼岸に入りました。

先祖への供養、御本尊への供養、お祈りを

していただければと思います。

 

今日は、われわれがよく唱える

真言、陀羅尼についてです。

 

真言宗ではよく、真言や陀羅尼といった

仏教的な呪文を唱えます。

現在ではあまり区別なく用いられますが

呪文の長さが比較的短いものは

真言と呼ばれ、長いものが陀羅尼と

呼ばれます。

 

サンスクリット語の「ダーラニー」を音写した

ものが陀羅尼で、「総持(そうじ)」と

意訳されています。

五感が散乱してしまうことを制御して

精神を統一した状態のこと、あるいは

そのために唱える呪文、というのが

元々の意味合いに近いと思われます。

 

真言(マントラ)は、バラモン教という

仏教が生まれるより前から信仰されていた

宗教において神々に対して人々が祈りを

捧げ、神々への帰依を示すための

聖句であったといわれています。

後に発生した仏教は、それを取り入れ

真言を唱えることによって

現世利益、成仏することを願ってきました。

 

仏教では、真言は仏様の言葉であり

真実の言葉とされます。

そして真言を唱えることそれ自体に

大きな功徳があると説きます。

 

よくお唱えするものとして

光明真言があります。

オンアボキャ ベイロシャノウ

マカボダラ マニハンドマ

ジンバラ ハラバリタヤ ウン

と唱えます。

仏様の智慧を光に例えて

その光を讃嘆することを表現した真言です。

 

あるいは、密教には数多くの仏様が

いらっしゃいますが、それぞれの仏様に

真言があります。

例えば、

 大日如来

 オンバザラダドバン

 (アビラウンキャン)

 

 阿弥陀如来

 オンアミリタテイゼイカラウン

 

 薬師如来

 オンコロコロセンダリ

 マトウギソワカ

 

 観音菩薩

 オンアロリキャソワカ

 

 地蔵菩薩(吉祥院御本尊)

 オンカカカビサンマエイソワカ

 

 不動明王

 ノウマクサマンダバザラダンカン

 

などがあります。

それぞれの仏前において、その仏様の

真言を唱えることは

仏様を供養することになり

ご利益が得られます。

 

また、われわれが行う行の中では

同じ真言を何百回も連続で

唱えたりもします。

仏様の教えが込められた呪文を

リズミカルに繰り返し唱えることによって

教えを保ち、また、精神を集中することが

できます。

さらにはそれを継続して行うことで

修行者は人知を超えた力を

身に着けることができると

信じられてきました。

 

元々の仏教では真言、呪文を

唱えることが否定されており

仏教の開祖であるお釈迦様が

それらを唱えることはありませんでした。

 

その後、大乗仏教、密教になって

仏教にも真言などが取り入れられました。

お釈迦様が体験した悟りの境地

それは言語を超えた聖なる体験です。

 

元々は否定されていた呪文も

仏様の真実の言葉として

繰り返し唱えることによって

そこに近づくためのものとして

用いられ、定着したのだと

考えられます。

 

できれば真言、陀羅尼は繰り返し

唱える方が良いです。

一度にたくさんでなくとも毎日のように

繰り返すことも大事です。

繰り返し呪文を唱えることで

深い瞑想状態、神秘的な感覚が

得られるようになります。

 

何かの御祈願をすることも

もちろん重要ですが

もう一歩進めて

仏教的な深い体験をするのも

良いと思います。

 

また、弘法大師は

「真言は不思議なり 観誦すれば無明を除く

一字に千理を含み 即身に法如を証す」と

説かれました。

 

密教では、先述のように

真言とは真理の言葉であり

仏様の言葉です。

それがそのまま悟りを表現しているのです。

 

われわれは悟りの境地を観じて

真言を唱えれば、その行為が

われわれに利益を与えて

悟りへと導いてくれるのです。

*********************


先日の台風15号により

被害に遭われた皆さまに

お見舞い申し上げます。


未だ停電・脱水が続いている地域もあります。

皆さまの生活が一日も早く復旧されますよう

心よりお祈り申し上げます。


*********************




吉祥院も台風15号により

境内が荒れてしまいました。



サルスベリの花や桜の葉は

強風に煽られ

至る所へと飛んでいきました。


【サルスベリの花が散った境内】


【桜の葉が集まる本堂前】


ノウゼンカヅラは、

季節外れの花を咲かせていましたが、

台風によって折れてしまい

木全体の半分相当が

枯れてしまいました。


【枝が折れ垂れ下がったノウゼンカズラ】

※この後、枯れてしまいました。



荒れた境内は、

お彼岸に向けて急ピッチで整え

すっかり元どおりですが、

散った花や枯れた木は

元には戻りません。


寂しい限りです。



明日はまた天気が崩れる予報です。

皆さま、二次災害等お気をつけて

お過ごしください。




最後に、

昨日の夕焼けの写真です。



このところ

厚い雲はすっかり見られなくなりました。


秋の訪れを感じますね。


どの宗教にも、儀式というものが

あると思います。

その中で仏教においては

加持祈祷とよばれる儀式が盛んに

行なわれます。

そうすることによって

人知を超えた仏様の力が

われわれに色々なご利益を

与えてくれると信じられてきました。

 

祈祷とは、神仏に心を込めて祈り

霊験・利益・加護などを願う宗教的行為で

祈願などともよばれます。

 

加持とは、元々は仏様のような

超越的存在がわれわれ衆生を

救済するために、その超越的な力を

表すという意味です。

真言宗を開いた、お大師さんは

加とは、仏様の慈悲のはたらきの

ことをいい、持とは、修行者がそれを

受け取って持することの意である

と解釈しました。

 

現在は、加持と祈祷は同一視される

ようにもなって、死者の罪を消したり

病気平癒、安産などといった利益を

願うための儀式が

加持祈祷とよばれるように

なっているようです。

 

祈祷という観念は、他の宗教にも

ありますが、加持は仏教に特有で

それらが結びついているところに

仏教的な特徴があるといえ

さらにそこにお大師さんの解釈が

付されているということです。

 

真言密教の修行者は

お大師さんの解釈にしたがって

仏様の慈悲によるはたらきかけを

受け取る器、器量を

鍛えていかなければなりません。

ただ単に現世利益を願うばかりでは

成仏することはできないからです。

 

しかし、仏教を信奉するのは

行者だけではなく在家の信者もいます。

密教では特に護摩の儀礼が盛んで

一般の信者はそれによって

現世利益を願います。

 

お札に様々なお願い事を書き、

導師を務める僧侶が

護摩壇の炎の中にそれを

投げ入れます。

また、僧侶は祈りの呪文などを

唱え、仏様への供物を捧げる

ことによって現世利益を祈るのです。

 

護摩の炎は、仏様の神秘的な力の

現れであり、そこに対して

経や呪文を唱えることで

修行者は悟りの境地へと

導かれます。

加えて、神秘的な炎の力によって

信者たちには様々なご利益が

廻ってくるのです。

 

平安時代の貴族は好んで

このような加持祈祷を僧侶に

行なわせており、さらに

政治的に利用する場合には

敵を失脚させようと願って

行なったこともあるといいます。

 

元々は、ヒンドゥー教の

ホーマ(護摩と漢訳された)

とよばれる儀式がインドで

密教に取り入れられ

日本における真言密教など

もそれを継承し、現在に至るまで

広く行われてきました。

 

仏教に限らず、儀礼・儀式は

宗教活動に欠かせないものと

考えられます。

人知を超えた超越的な存在

仏教でいえばブッダ、仏様ですが

そのような存在に身を委ねて

その存在からの救済の力に祈る。

それが宗教的儀礼の役割であると

思います。

 

その実際の効果、効用は

論理的に説明できるものでありません。

とにかくその力を信じて祈り

また、仏教において悟りを目指すなら

仏教の教え、仏法を信じて

それを実践していくこと。

これが一番重要だと思います。

 

仏教をお開きになった、

お釈迦様(釈尊)は

35歳で悟りの智慧を体得し

その後、45年間にわたって

布教の旅をしました。

 

その長い布教伝道の旅の末

80歳で亡くなられました。

死の原因は、金物細工師であった

チュンダという人が布施をした

食事によって食中毒を起こしたこと

といわれています。

 

釈尊は、その食事によって

自分が苦しんでいるのにも

関わらずチュンダが布施をしたことの

功徳の高さを称えたといいます。

 

臨終の地となったのは

クシナガラという村で

サーラ樹という木の下で

頭を北に向けて横になりました。

 

そこでも説法を行い、その最後の

言葉が「自灯明、法灯明」でした。

教えを頼りとし、また、自らの

努力を拠りどころとして行に

励むように、ということです。

 

釈尊の死は、各地の修行者にも

伝わり、彼らはすぐにクシナガラに

集まりました。

葬儀が行われましたが、そこでは

僧侶は直接に関わることは

なかったようです。

 

無常の道理からすれば

生命の死は避けられるものではなく

それに悲しむことは執着である

という教えがあるからです。

 

釈尊の身体が滅したことは

般涅槃(はつねはん)といい

完全に煩悩が消え去った状態を

表します。

これで輪廻転生から脱し

解脱したことになるのです。

 

出家修行者はそれまで

釈尊という偉大な存在が

近くにいて、教えを乞うことが

できましたが、その存在が

いなくなったことによって

それができなくなりました。

 

やがて、出家者、在家者に限らず

釈尊=ブッダを慕う思いが

強くなっていくことになるのですが

それに沿って、ブッダは超人的な

存在へと昇華されていきます。

偉大なブッダに祈りを捧げて

救いを求めるという宗教的な

側面がより大きくなっていきました。

 

ブッダには超人的な力があると

信じられ、そこに救済を求めます。

出家者は、悟り、解脱を目指して

修行する一方で、在家信者は

神格化されたブッダを

崇拝の対象として祈りを捧げます。

 

ブッダ=仏様に対して祈りを

捧げることによって苦しみから

解放されることを願いました。

そのような民衆の信仰があった

からこそアジアを経由し

さらには中国、日本へと仏教が

広まっていったのです。

 

在家者たちはブッダへのお祈りに

加えて、ブッダの教えを守って

修行に励む修行者に対して

布施をしました。

それは、僧侶たちの修行を

応援、支援するものとなりました。

 

逆に僧侶たちは

祈り、救いを求める在家者に

教えを説き、精神的な主導者としての

役割を担いました。

そのように仏教は連綿と続き

素晴らしい教えを継承し続け

現在にも変わらず残っています。

 

日本における仏教は日本独自に

発展してきたといえますが

以上のように、出家者と在家者、そして

仏様は不変な関係を保っていると

思われます。

 

僧侶は常に向上心をもち

自らを高めようと努力します。

菩提心という、悟りを求める心を

捨てることはありません。

 

そのような僧侶に対して在家信者は

布施をし、また、それを通して

仏様への祈りを捧げます。

それによってもたらされるのは

様々なご利益や、ご先祖様の霊が

安らかになるということです。

 

お盆が終わり、9月に入りました。

次はお彼岸の時期が待っていますが

そこでご先祖様への供養とともに

菩提寺の仏様へのお祈りも

忘れずに行っていただけると良いと思います。

 

 

先日のブログで
光明についてご紹介しましたが、
(詳しくは  ⇒こちらをクリック

また新しい光明が届いております。



今回は2つの特集があります。


ひとつは、「光明版 お墓ガイド」です。

お墓の種類や構成について
お墓にまつわる疑問について

そして、
昨今テレビでも時折特集されている
永代供養墓・樹木葬・墓じまいについても
触れられています。

既にお墓をお持ちの方も
これからお求めになる方も
終活に悩んでいる方も、

参考になる情報があると思います。


2つ目の特集は、
「豊山太鼓  千響」です。

千響とは、
真言宗豊山派仏教青年会の
取り組みのひとつです。
(詳しくは  ⇒こちらをクリック

千響のコンサートは
数年前に茨城県つくば市でも
開催されました。

若手お坊さんによる
太鼓の演奏や読経のパフォーマンスは
とても圧巻で、
ステージに釘付けになった記憶があります。

特に、
沢山のお坊さんが
透き通った声でお唱えするお経。

その声が何重にも重なり、
観客席へと届く頃には
ダイナミック且つエネルギッシュな音となって
聴く人の心に訴えかけます。


次回の公演は、
来年の2月26日に
東京六本木のサントリーホールで
千響10周年を記念したコンサートが
開催されるそうです。

ぜひこの光明をお読み頂き、
ご興味のある方はチケットをお求め下さい。
申込みはこちらのページから可能です。

(檀信徒の皆様は
吉祥院へお問い合わせ頂いても構いません。
申込み用紙がございます。)



また、光明は
真言宗豊山派の宗務所HPから
年間購読の申し込みができます。
(詳しくは  こちらをクリック

ご興味のある方はぜひお求め下さい。

(檀信徒の皆様の分の光明は
吉祥院にございます。
お越しの際にお渡しいたしますので
お声がけ下さい。)




仏教が生まれたころのインドでは

出家修行者は定住することなく

布教の旅をしていました。

ただ、雨季のときは仮の小屋に

留まって、そこで行を

行なっていました。

 

やがて、仏教に帰依を示す

王族や商人たちによって

修行者たちが雨季を過ごすための

場所が寄進されるようになりました。

 

それが精舎とよばれる僧院です。

僧院が建てられるようになってからは

そこが僧侶たちが生活する場と

なりました。

 

精舎というと、祇園精舎や竹林精舎などが

知られますが、元来はサンスクリット語で

ヴィハーラといいます。

「自己を研鑽する者の舎宅」の意味です。

 

祇園精舎は平家物語にも出てきますが

お釈迦様が多くの説法を行った場所として

有名です。

スダッタ長者という在家信者が当時の

仏教教団の為に建立しました。

 

竹林精舎は当時栄えていたマガダ国の

首都である王舎城に建てられた

最初の仏教寺院といわれ

お釈迦様はここにも長く滞在し

多くの説法を行ったとされています。

 

これらが仏教建築の起源となりますが

それからお釈迦様が入滅すると

遺骨を祀った仏塔という新たな

仏教建築が現れ、それから

アジア、中国、日本へと仏教が

伝わっていく中で多種多様な

仏教建築が登場します。

 

日本における初めての寺院は

6世紀の飛鳥寺といわれており

朝鮮から来た大工によって

建てられたようです。

 

その後の7、8世紀は

遣隋使や遣唐使によって

中国の様式を取り入れた寺院が

建立されましたが、遣唐使の停止が

なされて、8世紀以降から

日本独自の建築様式が生まれました。

それが「和様(わよう)」です。

 

唐招提寺の金堂や、新薬師寺の本堂が

有名で、装飾が少ないことなどが

特徴です。

 

それでも鎌倉時代に入ると中国から

大仏様と呼ばれる様式や

禅宗とともに禅宗様と呼ばれる様式が

伝わり、様々な建築が登場しました。

 

日本に伝わった仏教は伝統的な教え

だけでなく中国の最新の文化や

技術とともに入ってきて

それらを取り入れながら発展してきました。

特に建築技術については

中国からもたらされたものが

発展をリードしてきたといえます。

 

話はそれますが、お寺には○○寺

という「寺号(じごう)」、

○○山という「山号(さんごう)」があります。

さらには「院号(いんごう)」が付く場合も。

 

寺号は、僧侶が住み、仏像を安置する場

である「寺」の名前を表すので最も重要といえます。

山号は、昔の中国でお寺といえば

人里離れた山に建てられることが多かった

ためにその山の名前でお寺が

呼ばれていたことに由来します。

 

院は、垣根をめぐらした建物や僧侶が

住む場所という意味があるので

寺の通称として院号を用いている

ところも多くあります。

 

ちなみに当山は

摩尼山 吉祥院 廣厳寺といいますが

通称は、吉祥院となっています。

また、総本山の長谷寺は

豊山 神楽院 長谷寺です。

 

お参りするお寺の山号や寺号が

何というか、その由来は何であるか

を調べてみるのも面白いかもしれません。

 

お盆中は更新できず、すみません。


13日は多くの方がご先祖様をお迎えに来、
16日は天気が安定しない中
早朝からご先祖様を送りに来た方が
次々と墓地へといらっしゃいました。

火を灯した提灯で
ご先祖様を誘導している幼子の後ろを
ご家族揃って見守りながら歩く姿は、
お盆ならではの温み溢れる光景です。


また、吉祥院では、
13, 14, 15日と、
ご自宅へ帰省したご先祖様をご供養するため
住職や副住職が棚経へ向かいました。

各地へ帰省なさった皆様の中にも、
田舎道を歩く僧侶や
自転車やバイクで移動する僧侶を
見かけた方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

こちらも、お盆の風物詩ですね。

****************

お盆期間中、
多くの皆様に親切にして頂きました。
御心遣いに深く感謝しております。
本当にありがとうございました。

****************



さて、上記の通り、
お盆のお寺の光景も
夏の景色のひとつですが、

夏といえば
ひまわりも忘れてはなりません。


吉祥院前にある花壇でも
沢山のひまわりが咲いています。


こちら、
地区の子ども会で管理している花壇です。

四季折々、様々な花が咲いています。

今は、ひまわりの他にも、
ローズマリーやラベンダーなど
明るい色の花が咲き乱れており、
道の傍らを賑やかにしてくれていますよ。



地域の皆さまが
協力し合って手入れしており、
何度も表彰されています。

いち住民として誇らしく、
自慢の花壇です。


ひまわりは
もうすぐ見頃を終えてしまいそうですが、
次はどんな花が植わるのか
今から楽しみです。




それにしても、
燃えるような色の大輪を開き
こちらを向いているひまわりを見ると
元気をもらえますね。


頂いたサギソウが花開きました。


サギソウは、
見た目がシラサギに似ていることから
その名がついたそうです。



まるで
シラサギが翼を広げ飛んでいるようで、
とても可愛らしいです。


さて、今日は
吉祥院で施餓鬼法要が執り行われます。
ご参加の方々、
日差しが強いですので
お気をつけてお越しください。

また、本日は迎え盆となります。
年に一度のご先祖様の帰省です。

是非ご家族お揃いでお迎え下さい。

境内の一角で

サルスベリの花が咲いています。



 


サルスベリは、

樹皮がなめらかで

木登りが得意なサルでさえ

滑り落ちてしまうことから

その名が付きました。

 

ツルツルとした幹は

上へ上へと枝分かれして伸び、

その先に無数の花を付けます。


 

別名は「百日紅」とも言われ、

花咲き始めから長い間

見頃を楽しめますが、

その間ずっと

同じ花が咲いている訳ではないそうです。

 

ある箇所が散っては

別の個所が咲き、

微減微増を繰り返しながら

見頃を保っているそうです。

 


 

話は変わりますが、

仏教では「三大聖樹」と呼ばれる

3つの木があります。

 

「無憂樹」、「菩提樹」、「沙羅双樹」です。

 

いずれも、

インドで仏教をお開きになったお釈迦様である

ブッダに関わる木とされています。

 

 

それぞれの木と仏教の関わりについて

少しだけご説明しますと、

 

まず、ブッダは無憂樹の木の下で

お生まれになりました。

 

その際、ブッダが仰った

「天上天下唯我独尊」という詞は

とても有名です。

 

ブッダ誕生については

  過去の記事「お釈迦様の誕生」で

  詳しくご紹介しています。

  合わせてご覧ください。

 

その後、ブッダは出家し修行します。

そして、菩提樹の下で

悟りを得ることになります。

 

ブッダの修業や悟りについては

  過去の記事「お釈迦様の修業」や、

  「釈尊の生まれから伝道まで

  「釈尊の生まれから伝道まで(続き)」で

  詳しくご紹介しています。

  合わせてご覧ください。

 

悟りを得た後、

ブッダは沢山の弟子に説法し

仏教を広めましたが、

80歳でその生涯の幕を閉じます。

 

亡くなる際は

沙羅双樹の木の下で

横たわったと言われています。

 

ブッダの最後については

  過去のブログ「お釈迦様の死」や

  「涅槃図」で

  詳しくご紹介しています。

  合わせてご覧ください。

 

このように、

ブッダは人生の節目節目を

木の下で迎えています。

 

無憂樹も菩提樹も沙羅双樹も、

気候が合わず

日本では滅多にお目にかかれません。

 

その代わり、それらに似ている木が

寺院に植わっていることがあるそうです。

 

サルスベリもその一つ。

無憂樹に似ているそうです。



サルスベリの樹の下で

上を見上げてみました。



こんな華やかな元で

ブッダは誕生したのですね!

お施餓鬼の準備も
いよいよラストスパートです。

本堂の設営も概ね完了しました。



お盆に向けた本堂の準備は、
大掃除から始まります。

まず、椅子を拭き、


畳を拭き、


会場をセッティングします。


濡縁に施餓鬼檀を設け、
各寺院から来てくださる職衆の席を設置し、
ご参列の皆さまが座る椅子を並べます。

木魚や太鼓、半鐘など、
僧侶が使う仏具を所定の位置に起き、
準備完了です。


施餓鬼檀は、
記載いたしましたが、
通常の内陣とは離れた場所に設置します。

あとは、当日間近に檀上を整え
笹の枝を被せる予定です。


本堂の中は、境内同様とても暑いですが、
窓を開けると風が入ってきて
とても気持ちいいです。


施餓鬼会当日は
本堂に沢山の方が集まるので、
少しでも涼しくできればと思っていますが、
ところどころ開かない窓があります。

(3.11東日本大震災の際
建物が歪んでしまい、
窓が開かなくなってしまいました。)

ご容赦くださいませ。