吉祥院 ~茨城県石岡市(旧八郷町)で約900年続く真言宗豊山派のお寺ブログ(お坊さんのことば)~

吉祥院 ~茨城県石岡市(旧八郷町)で約900年続く真言宗豊山派のお寺ブログ(お坊さんのことば)~

茨城県石岡市にある真言宗豊山派の摩尼山吉祥院です。
ふるさと茨城路百八地蔵尊霊場第九十一番札所に指定されており、
開山約900年の歴史を持つ由緒ある寺です。
境内の四季折々の風情や仏教について、幅広い情報を発信するお寺ブログです。

辞書を引いていると

「圖」という読めない字があって
調べてみると
 
これが「図」の旧字体だと
わかりました。
 
古い辞書だと
こういったことがしばしば起こります。
 
また、紙の辞書を読んでいると
たまたま目に飛び込んでくる言葉を
調べる縁が生まれて
 
そこから新たな発見や気づきが
得られることがあります。
 
辞書を使うこと
とくに紙の辞書を使用することは
大事ですね。

 

以上は余談ですが

 

真言宗では

金剛杵(こんごうしょ)」とくに

五鈷杵(ごこしょ)」という法具を

多用します。

 

金剛とは

バジラ(バジュラ)という

サンスクリット語の翻訳であり

 

ダイヤモンドと同じとされ

何にも砕かれることのない

非常に堅いことを表す語です。

 

元々はインド神話に登場する

インドラ(帝釈天)が持っている武器で

その武器で悪魔を粉砕した

 

という記述が神話に見られます。

 

仏教が登場して

そういったインドの神話や多宗教などから

様々に取り込んでいく中で

 

この金剛杵は

仏の智慧、煩悩を打ち砕くものの

象徴とされるようになりました。

 

 

特に、端が五股に分かれているものを

五鈷杵と呼びます。

 

密教では、「五智」といって

仏の智慧の特性を仮に5つに分け

説明するのですが

 

その堅固なる五智を象徴するのが

五鈷杵というわけです。

 

真言宗的には

誰もが仏の性質を有していることを

自覚するために

 

五鈷杵を手に持って

胸に当てたりします。

 

また、亡くなった方に戒名を

お授けする時にも

この五鈷杵をお授けし

 

亡者が安全に

仏の世界へと旅立っていくことを

お祈りします

 

このように

金剛杵は我々にとって

欠かせないものです。

 

しかし

仏の性質、仏の智慧の象徴として

この金剛杵を有効なものとするには

 

仏の性質とは何かをしっかりと学び

金剛杵と仏とがどのような関係なのかが

はっきりとわかっていなければなりません

 

昔のインドでは

金剛杵といえば硬いものであり

悪いものを打ち破るものだ

 

ということを

多くの人が共通の観念として

もっていたのかもしれませんが

 

今の日本においては

そうはいかないのだと思います。

 

なので、金剛杵を見て

すぐにそれが煩悩を打ち砕く

仏の智慧だと想起されることは

難しいことだと考えます。

 

密教に限らず

仏教では悟りの境地を何らかのものを

象徴として示して表現してきました。

 

昔から継承されたものも

もちろん大事ですが

今の時代にあった教えの説き方

重要なのだと感じています。

 

南無大師遍照金剛

 

吉祥院(茨城県石岡市)(@kichijoin_manizan) • Instagram写真と動画

 

・今後の瞑想会スケジュール

2月27日(日)、時間は、8:45~9:45です。

ご予約は以下からお願いいたします。

予約内容の選択|吉祥院リンクairrsv.net

 

 

 

ヨガについて詳しく理解している

わけではありませんが

 

『ヨーガ・スートラ』を

基にした古典的なヨガの体系を

ラージャヨガと呼ぶそうです。

 

ヨーガとは

心の作用を止滅することである

 

と示されるように

ヨーガによって集中力を高め

心の動きを滅して、真なる我に達する

ということが目指されるのだと思います。

 

一方で、ハタヨーガは

心の作用を活性化させるような

試みであるとされます。

 

『ヨーガ・スートラ』では

八支則」が重要視されます。

 

8つの決まりを正しく行うことで

智慧が身に付き

解脱に至るということであろうと

思います。

 

仏教でいうところの

戒律とか八正道などの

実践法に当たるのでしょう。

 

詳しくは述べられませんが

ヨーガによって深い瞑想状態に至るために

 

姿勢や呼吸、自身をしっかりと

見つめる試みが大切だとされます。

 

これも仏教の瞑想などとも

類似しています。

 

最終的に解脱であったり

心の乱れから解放された

安穏な境地に至ることが

目指されるのは

 

昔のインドの宗教的価値観の

共通するところでしょう。

 

ヨーガは広く世間に

受け容れられており

その内容は仏教瞑想と似ているところが

あります。

 

吉祥院でも瞑想会を行っていますが

仏教的な瞑想のみならず

他の瞑想法からのインスピレーションも

取り入れられたらと思います。

 

南無大師遍照金剛

 

吉祥院(茨城県石岡市)(@kichijoin_manizan) • Instagram写真と動画

 

・今後の瞑想会スケジュール

2月27日(日)、時間は、8:45~9:45です。

ご予約は以下からお願いいたします。

予約内容の選択|吉祥院リンクairrsv.net

 

 

最近はやたらと

デジタル化、AI、ディープラーニング

という言葉が聞かれます。

 

ある企業の新技術発表を見ますと

もしかしたら未来の食卓にも

AIが入ってくるのかもしれません。

 

食事の内容をカメラで認識することで

そこに何があり、どのような栄養素や

どれくらいのカロリーがあるのかなどを

AIが解析します。

 

それから人に対して

色々なアドバイスを出したり

食べている映像を解析して

 

リアルタイムで

食べる順番なども指摘してくれる

というものです。

 

生活習慣病の人の為の技術だそうで

その為に、あるいは

予防医学的な観点から見れば

良いのかもしれませんが

 

人々が食事に関しても

ロボットのお世話になるようでは

どんどん人間性を失っていきそうな

気がしてしまいます

 

人々がロボットに使われる時代も

そう遠くないのかもと

感じてしまいます。

 

あくまでAI機能は補助的に用いることにし

一見めんどうだけれども

食材の良い点悪い点を自分で把握し

食事の選択やカロリー調整なども

自分でできるようになることが肝要だと

思います。

 

合理化、効率化を進める中でも

人間性を失わないような試み

忘れずにしたいものです。

 

世の中はこれまで合理化、効率化を

突き詰めて、経済発展してきましたが

 

そんな中、お寺での先祖供養や

ご本尊への祈り、瞑想をすることは

その枠内から飛び出た時間を

過ごすことといえます。

 

穏やかでゆったりと空間を漂う

線香の煙を見ていると

日々の何かに追われる

慌ただしい時間を忘れます。

 

お寺をお参りする機会は

なかなか少ないかもしれませんが

 

先祖供養や坐禅会、写経会などに

足を運んでみることを

おすすめいたします。

 

南無大師遍照金剛

 

吉祥院(茨城県石岡市)(@kichijoin_manizan) • Instagram写真と動画

 

・今後の瞑想会スケジュール

2月27日(日)、時間は、8:45~9:45です。

ご予約は以下からお願いいたします。

予約内容の選択|吉祥院リンクairrsv.net

 

全日本仏教会は

機関誌を発行しています。

 

1月に発行の第652号には

釈徹宗先生の言葉が

掲載されています。

 

機関誌『全仏』 | 全日本仏教会 (jbf.ne.jp)

 

はじめに「二項対立の罠

ということについて述べています。

 

こちらの方が良くて

あちらの方は悪い

というような

 

二項対立だけで物事を考えてしまうと

苦しみや憎しみ、怒りの連鎖が

生まれてしまうといいます。

 

経済なのか

命第一なのか

 

マスクはいつでも絶対

着けてなければいけないのか

 

いや、そんなものには

効果がない

 

などの両極端の考えや思想が

ぶつかり合っている場面がみられます。

 

釈先生の述べているように

社会に生きるわれわれ人類には

何らかの決まった事柄を求め

それに固執する性質があるのでしょう。

 

それゆえ、何か問題が起きれば

誰かの責任を求めたりもします。

 

仏教は、お釈迦さまの

 

苦行も良くない

快楽も良くない

という両極端を離れよ

 

という教えに端を発した

「中道」を説きます。

 

この中道を基盤として

「八正道」の実践も示されています。

 

世界の出来事すべてに

仏教の中道を当てはめて良いかどうか

わかりませんが

 

少なくとも、偏見や固定感によって

1つの考え方にとらわれることのない

中道的なものの捉え方は

大切だと思います。

 

気になった方は

機関誌『全仏』をお読みになってみてください。

 

南無大師遍照金剛

 

吉祥院(茨城県石岡市)(@kichijoin_manizan) • Instagram写真と動画

 

吉祥院副住職, 興健|note

 

・今後の瞑想会スケジュール

年明け 1月22日(土)、2月27日(日)

両日とも時間は、8:45~9:45です。

ご予約は以下からお願いいたします。

予約内容の選択|吉祥院リンクairrsv.net

 

 

ジョン・カバット・ジン博士による

マインドフルネスストレス低減法から

始まったマインドフルネスブームですが

 

博士によれば

呼吸には癒しの力がある

いいます。

 

呼吸は、意識していなくても

常に自分と共にあるものです。

 

今日は家に置いておこうとしても

そういうわけにもいきません。

 

自分がどんな状況にいても

どんな感情にあったとしても

常に一緒にあります。

 

それゆえ、呼吸を意識すれば

自分自身の「今」と「ここ」

意識を向けることができるのだ

と述べています。

 

博士は、仏教瞑想から

インスピレーションを受け

医療現場にも瞑想を取り入れました。

 

仏教瞑想でも

呼吸はとても重要なものです。

 

出る息、入る息を観察することによって

心が自然と落ち着いてくることは

古代インドの修行者は

皆知っていたことでしょう。

 

また、博士は

呼吸は瞑想を行う時の

力強い仲間であり、教師であるとも

述べています。

 

瞑想を行うにおいて

集中力を保ち、心を穏やかにするために

呼吸を意識することが肝要です。

 

瞑想が深まってくると

呼吸のリズムがわかってきて

それと一体になっている感覚が

得られます。

 

その時点で

余計な雑念は薄らいでいき

自ずと心穏やかな状態になっています。

 

そして、呼吸への意識が

できるようになると

 

瞑想中にとどまらず、日常においても

その瞬間の自分自身に意識を

向けていけるようになります。

 

いつ、どんな時でも

その瞬間に瞑想的意識を

もたらすことができるようになります。

 

そうなれば

自分の感情や物事の捉え方を

落ち着いた状態で観察することが

できます。

 

訓練が進むにつれ

ストレスのかかった状態でも

感情的ではなく冷静な行動を

とれるようになってきます。

 

これは私自身の実感としても

感じられるところです。

 

仏教修行的な文脈でいえば

瞑想していれば良いというのではなく

 

戒律を守り

様々な教えを頼りにすることも

加えて大切になってきます。

 

とはいえ、昨今は世間でも

マインドフルネス瞑想が広まりつつあり

そこから仏教の教えや世界観に触れる機会が

作られていけば良いなと思っています。

 

南無大師遍照金剛

 

吉祥院(茨城県石岡市)(@kichijoin_manizan) • Instagram写真と動画

 

吉祥院副住職, 興健|note

 

・今後の瞑想会スケジュール

年明け 1月22日(土)、2月27日(日)

両日とも時間は、8:45~9:45です。

ご予約は以下からお願いいたします。

予約内容の選択|吉祥院リンクairrsv.net

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年も三が日が過ぎました。

 

これからまた

生活リズムをリカバリーしていきたいと

思います。

 

就寝時間と起床時間の乱れは

さほどないのですが

 

食生活の面では

年末年始で少し乱れてしまった感があります。

 

朝起きる時間がだいたい決まっていて

掃除や勤行から朝食を摂って

一日が始まっていく

 

葬儀や法事などの法務や

その他の事務作業などを行い

 

夜はまた決まった時間に就寝し

朝を迎える。

 

生活のリズムを調え

健康的な食生活を営んでいくことは

仏教修行的にも大事であり

健全な心身のためにも大切なことです。

 

仏教では古くから

戒・定(じょう)・慧の三学の教えがあります。

 

定は、心の乱れがないようにすること

 

慧は、智慧のことで、仏の智慧でもあり

物事を曇りなくありのままに正しく見る

力のことです。

 

戒は、戒律を守ること、そして

正しい習慣を保つことであり

 

先の2つに先行するものだと

考えられます。

 

生活リズムが乱れっぱなしであるとか

忙しすぎて心を落ち着ける暇もない

という状態では

物事を正しく見ることはできません。

 

私も年末年始では

多少リズムが崩れてしまいましたが

やはり「戒」を重要さを改めて感じました。

 

情報処理する能力に長けた人

であれば問題ないのかもしれませんが

 

私のようなものは

情報過多で生活が調っていないと

心が散漫してしまって

イライラしたり、集中力を欠いてしまいます。

 

生活習慣を調え

朝に本堂でお勤めし、瞑想を行うことが

その改善に寄与しているように

思います。

 

乱れた習慣でお悩みの方は

お寺の瞑想会に参加してみたり

 

自宅で毎日とか週に一回とか

決まった時間に瞑想してみるなど

試してみると良いかもしれません。

 

南無大師遍照金剛

 

吉祥院(茨城県石岡市)(@kichijoin_manizan) • Instagram写真と動画

 

吉祥院副住職, 興健|note

 

・今後の瞑想会スケジュール

年明け 1月22日(土)、2月27日(日)

両日とも時間は、8:45~9:45です。

ご予約は以下からお願いいたします。

予約内容の選択|吉祥院リンクairrsv.net

 

 

 

 

 

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

 

一年は早いようで

あっという間と感じますが

 

それなりに色々な経験をしていたり

新しいご縁に巡り合ったりしていて

 

振り返ってみると

意外と充実感を得られると思います。

 

何となく過ぎていく日々の事柄を

年末や年始の時間に振り返って

気づきを深めるのは

有意義なことだと思います。

 

それを踏まえて

今年の意気込みや目標を

再構築できれば

より良い一年となるのではないでしょうか。

 

世界は「無常」ですから

一年前と今では、自分自身だけでなく

世の中の価値観や風潮も

変わっていきます。

 

川の流れのように

一見しては分からなくても

その内部では大きな変化が

あるかもしれません。

 

突然の変化にも対応できる力を

養う一年にできればと思っています。

 

新年早々、日本海側では荒天で

関東でも深い寒さに覆われています。

 

普段は雪の降らないところで積雪となると

事故も多発します。

 

健康と安全面にお気を付けて

お正月をお過ごしください。

 

皆さまの良い一年を

御祈念いたします。

 

南無大師遍照金剛

 

吉祥院(茨城県石岡市)(@kichijoin_manizan) • Instagram写真と動画

 

吉祥院副住職, 興健|note

 

・今後の瞑想会スケジュール

年明け 1月22日(土)、2月27日(日)

両日とも時間は、8:45~9:45です。

ご予約は以下からお願いいたします。

予約内容の選択|吉祥院リンクairrsv.net

 

 

仏教を2つに大別すると

「上座部」と「大乗」に分けることができます。

 

「上座部」とは長老派という

意味であり、パーリ語では

「テーラワーダ」といいます。

 

「テーラ」は教団の中で

尊敬される僧侶のことを意味し

「長老」と漢訳されます。

 

要するに、上座部の教えは

出家主義的な要素が強く

出家して僧侶としての生活を送らねば

苦からの解放はないという説だといえます。

 

現在では、タイやミャンマー、スリランカ

といった国々で信仰されており

 

また、イギリス等のヨーロッパなどにも

上座部系の僧院があり

そこで出家僧たちが修行生活を

送っています。

 

対して、大乗仏教は

必ずしも出家せずとも

修行の功徳を積んでいけますよ

という教えとなっています。

 

阿弥陀仏の極楽往生を願って

念仏をお唱えすることは

僧侶でなくともできる行であり

坐禅も同様です。

 

お経を唱えること

写経することも徳を積む行いであるとされ

修行の幅が広がったともいえます。

 

また、大乗仏教の大きな特徴は

「慈悲」や「利他」の思想に

重きが置かれていることです。

 

偉大なる仏陀の慈悲の力に

救いを求めるということもありますが

 

自分自身が自己の苦から解放されることだけでなく

他者を救済するエネルギーを

もつことを重要視します。

 

他者に対する救いの手というのは

僧院に籠っていては

なかなか実現できないものです。

 

むしろ社会の中にいて

人をはじめあらゆる存在との

関わり合いの中でしか

できないものです。

 

上座部の大きな僧院では

数十とか100人単位の僧侶が住み

修行生活を送っているところもありますが

 

かれらは、急な要件ができても

焦って走ったりせず

極力、心の動揺を起こさないように

心がけているといいます。

 

もちろん、そのように

僧院やお寺のような聖なる空間で

瞑想したり、心を調えることも

もちろん大切ですが

 

とにかく他者の救済を第一に考え

社会の中での利他行、慈悲のはたらき

主眼を置いていることは

大乗仏教の大きな特徴です。

 

慈悲の心を起こし、それを実践することは

お坊さんであろうとなかろうと

実現可能なことです。

 

皆が慈悲の心を意識することは

平和な社会の形成へ

つながっていくものと思います。

 

なかなか難しいことですが

家族単位や友人関係の単位から始まって

 

その慈悲の輪があらゆるところに

浸透していくことが期待されます。

 

2021年、当ブログをご覧いただき

ありがとうございました。

 

また2022年もよろしくお願いいたします。

 

南無大師遍照金剛

 

吉祥院(茨城県石岡市)(@kichijoin_manizan) • Instagram写真と動画

 

吉祥院副住職, 興健|note

 

・今後の瞑想会スケジュール

年明け 1月22日(土)、2月27日(日)

両日とも時間は、8:45~9:45です。

ご予約は以下からお願いいたします。

予約内容の選択|吉祥院リンクairrsv.net

 

 

 

年の瀬とか歳末

あるいは年末という言葉がありますが

 

いずれも

いつからいつまでを指すかは

明確ではありません。

 

12月に入ってからすぐでは

なさそうですし、大晦日だけを指している

のでもなさそうです。

 

そうすると、12月に入り

お正月の準備などが

始まってくる時期を指すのが

適しているかもしれません。

 

そんなことを考えていると

2021年も残りほんのわずかと

なってしまいました。

 

今年の新たな試みとしては

瞑想会を開催いたしました。

 

来年も継続していきたいと思います。

 

仏教瞑想の基本は

呼吸を観察することであり

それによって心を落ち着けることが

できます。

 

瞑想のはじめには

ゆったりとした呼吸をして

 

息を吸う時には、新鮮な空気が

体全体にめぐっていくことをイメージし

 

息を吐く時には、体の中の悪いものや

不安な気持ち、嫌な思いをすべて

出し切るというイメージで

呼吸をしていきます。

 

瞑想会でもこれを最初に行いますが

家にいても外にいても

ふとした時に数秒でできるものでもあります。

 

年末で少し時間のある時

何も考えることをせず

呼吸を見つめてみてはいかがでしょうか。

 

南無大師遍照金剛

 

吉祥院(茨城県石岡市)(@kichijoin_manizan) • Instagram写真と動画

 

吉祥院副住職, 興健|note

 

・今後の瞑想会スケジュール

年明け 1月22日(土)、2月27日(日)

両日とも時間は、8:45~9:45です。

ご予約は以下からお願いいたします。

予約内容の選択|吉祥院リンクairrsv.net

 

 

お釈迦さまの言葉に

 

 おのれ自らをととのえよ

 御者が良い馬をととのえるように

 

 おのれ自らをよくととのえて、

 念(おも)いをおちつけて、

 苦しみの彼岸に達する。

 

 実に自己は自分の主(あるじ)である。

 自己は自分の帰趣(よるべ)である。

 故に自分を制御せよ。

 御者が良い馬を訓練するように

 

というものがあります。

 

執着したり、悩み苦しむ自分は

暴れる馬のようなものであり

その馬が暴れることなく

良くしつけるように

 

自分自身をうまく制御するべき

であるとの教えです。

 

自分自身を制御するにはまず

ふだん自分と思っている存在を

客観的にというか

達観してメタ認知することが必要です。

 

それには、戒律を守って

良い習慣で生活し

瞑想などの行があげられます。

 

これは必ずしも

出家していなくとも可能なことです。

 

まずは寝る時間や起床時間を

一定に保った生活を送り

きちんとした食事をとること。

 

ある程度の運動を習慣としていることも

大切です。

 

そして、最近注目されていますが

マインドフルネスも大事です。

 

1つ1つの自らの行動にしっかりと

注意を向けていくことであり

 

それにはスマートフォンからの情報を

シャットアウトし、意識を自分自身へと

向けていき、自身を客観的に観察することも

有効だと思います。

 

車を運転している自分は

車とは別のものです。

 

それと同様に

悩み苦しみ怒りを持つ自分と

本来の清らかな心である自分とは

離れた存在であると

 

そのように考えることで

人生の問題が解決されることがありますし

 

より良くいきていく

ウェルビーイングにとっても

重要なことであろうと思います。

 

南無大師遍照金剛

 

吉祥院(茨城県石岡市)(@kichijoin_manizan) • Instagram写真と動画

 

吉祥院副住職, 興健|note

 

・今後の瞑想会スケジュール

年明け 1月22日(土)、2月27日(日)

両日とも時間は、8:45~9:45です。

ご予約は以下からお願いいたします。

予約内容の選択|吉祥院リンクairrsv.net