第18回 市民公開講座開催 | 湘南慶育病院オフィシャルブログ

湘南慶育病院オフィシャルブログ

湘南慶育病院のオフィシャルブログです。


テーマ:

こんばんはニコニコ

湘南慶育病院の大金です。

 

昨日は「内視鏡検査はこわくない!~早期胃がん・早期大腸がん発見のために~」と題した

当院副院長 消化器内科 堀江医師の講演でしたマイク

昨日も沢山のご参加ありがとうございます照れ

どうして内視鏡が必要か?

日本人に少なかった大腸がんの患者さんが増えている一方で

胃がんの患者さんも減少していないとのこと。そのために検査が必要です。

★検査を受けることで、より助かる命が増えます!!

余談ですが「7月14日は内視鏡の日」だそうですびっくり

この日に集中してしまうと、病院はパンクしますのでお気を付けくださいウインク

 

内視鏡ファイバースコープの太さです。

真ん中は100円硬貨です。左が「経口用」右は「経鼻用」ですガーン

内視鏡検査を受けると罹患リスクが下がります。

胃の名称です。

 

検査の長所と短所です。ご自分に合った検査を早期に受けましょう!!

※胃透視検査(バリウム検査)

・長所

 レントゲン技師が行える検査、数多くの患者さんに検査実施・・・低コストニヤリ

・短所

 小さな病気や平坦な病気は診断が難しい。放射線被ばくがある。

 体位を自分で変える必要があり、高齢者は大変。筋肉

 胃が張って苦しい。検査後の排便が大変。ガーン

➡病変が疑われたら、結局は胃内視鏡検査が必要となる!!

 

※胃内視鏡検査

・長所

 胃粘膜を直接観察できるので精度が高いおねがい

 病変があったらその場で生検ができるサーチ

 逆流性食道炎や萎縮性胃炎など粘膜の状態も観察できる。目

 特殊な光を使って観察や拡大して観察することもできる。サーチ目

・短所

 口からの胃内視鏡の場合は、嘔吐反射でつらいことがある。えーん

 鼻からの経鼻内視鏡の場合は、鼻出血などでつらいことがある。びっくり

 高度な技術を要する検査なので、上手な医師でないと苦しい。爆弾

・・・・どうしたら、上手な先生にお願いできるのだろうキョロキョロキョロキョロ

堀江先生、お願いしますおねがいおねがい

 

まだまだ講演は続きましたが・・・

続きはまた、次回大腸検査の内容をお伝えします。

熱心な質疑応答も沢山いただきありがとうございました拍手

 

湘南慶育病院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります