JR七尾線 各駅停車の旅(金沢→七尾)【終焉近い北陸最後の国鉄型電車の牙城②】 | 湘南軽便鉄道のブログ

湘南軽便鉄道のブログ

「湘南軽便鉄道」です。

5インチゲージ自宅乗用鉄道「湘南軽便鉄道」を保有。路線は湘南本線(ベランダ線・路程約0.01km)があったが現在廃止。新たな路線建設模索中。

本ブログは、自家用鉄道・鉄道旅・保存鉄道・船旅・模型等について、記録用として記事を掲載。


北陸地方の国鉄型電車最後の牙城・JR西日本七尾線に残る413系と415系800番台電車。そして日本最後の国鉄急行型電車の生き残り455形電車。
2020年(令和2年)10月3日(土)ダイヤ改正から新型521系100番台電車へ置換えを開始。2021年(令和3年)春までに全車521系に置換えを完了する。

七尾線415系800番台電車は、
七尾線電化に際し111・113系初期車に、485系余剰車の交直流機器を搭載した車両で、車齢は50年を超える。側面窓の形状は初期車の原型を残す非ユニットサッシ。
このうち、415系C02編成に連結されている「モハ414-802」は、モハ112-12として1964年(昭和39年)7月製造、今年で56年経過し、JR電車で現役最古。

七尾線413系は、国鉄急行型電車のうち比較的初期に製造された451・471・473系等を改造した車両。
このうち、B04編成・B11編成は中間車改造のクハ455形(クハ455-701・クハ455-702)を連結。JR最後の国鉄急行型電車の形状を残す車両。

2020年(令和2年)10月3日(土)JRダイヤ改正で登場した七尾線向けの新型521系100番台電車。
置き換え対象となるのは七尾線に残存する国鉄型電車全編成(415系800番台3両9編成、413系(クハ455形含む)3両6編成)。
置き換えにより投入される521系は2両×15編成の合計30両。

ちなみに、あいの風とやま鉄道に残存する413系電車も、2022年度(令和4年度)までに置き換えが進む予定。


ーーーーーーーーーーーーーー

金沢駅


金沢駅 午前11時31分発、七尾行き入線。
413系B06編成3連(七尾方からクモハ413-6(種車クモハ471-6)+モハ412-6(種車モハ470-6)+クハ412-6(種車クハ451-40))

車内へ。

運転台

乗務員室内の貫通扉

セミクロスシート

車端部はロングシート

モハ412-6(種車はモハ470-6)









金沢(かなざわ)駅 午前11時31分発車
金沢〜津幡間は、IRいしかわ鉄道線を走る。

車窓にはJR西日本金沢総合車両所運用検修センター




東金沢(ひがしかなざわ)駅、森本(もりもと)駅を過ぎ、

津幡(つばた)駅


津幡駅からは、全線単線のJR七尾線に入る。

IRいしかわ鉄道線が右へ分かれる。

七尾線は直流電化路線のため、津幡駅を過ぎデッドセクションで交流から直流電気区間へ。

中津幡(なかつばた)駅を過ぎ、 

本津幡(ほんつばた)駅

上り金沢行き普通列車と交換



能瀬(のせ)駅を過ぎ、



宇野気(うのけ)駅


横山(よこやま)駅


程よく空いた車内

国鉄型車両の旅

座席背もたれの手すり

能登半島を北上


高松(たかまつ)駅





車窓は田園風景。JR七尾線は能登半島を走るが、海が見える区間はない。


免田(めんでん)駅


宝達(ほうだつ)駅

 
敷浪(しきなみ)駅

上り列車と交換のため数分間停車





クハ412-6(種車はクハ451-40)



天井の冷房器


金沢行き列車と交換



南羽咋(みなみはくい)駅


羽咋(はくい)駅

羽咋川を渡る。

羽咋からは能登半島の内陸部を走る。




千路(ちじ)駅


能登半島はレンコン栽培も盛ん。



金丸(かねまる)駅

和倉温泉発金沢行きの観光特急「花嫁のれん」と交換




能登部(のとべ)駅

金沢行き普通列車と交換


良川(よしかわ)駅


能登二宮(のとにのみや)駅


徳田(とくだ)駅



七尾駅手前で、かつての貨物線と合流

右後ろから合流する線路は、国鉄七尾線貨物支線(七尾港線。七尾〜七尾港2.1km)の廃線路。1984年(昭和59年)、七尾線貨物営業廃止に伴い路線廃止。



終点の七尾(ななお)駅、12時57分到着

2番線に到着


構内西側には、JR西日本七尾鉄道部の車両留置線がある。

留置線の415系電車


のと鉄道への乗換え駅

七尾駅〜次の和倉温泉駅までの間は、JR西日本と第三セクターのと鉄道の共用区間であり、JR西日本が路線の所有と特急列車の運行を行い、のと鉄道が普通列車の運行をそれぞれ受け持っている。

七尾駅構内跨線橋から和倉温泉駅方面を望む。右がJR七尾線1番ホーム、真ん中がJR七尾線2番線、左がJR七尾線3番線、右奥にのと鉄道七尾線の切り欠きホームがある。

跨線橋から金沢駅方面を望む。右側にJRの留置線がある。



  


ーーーーーーーーーーーーーー
のと鉄道へ

七尾駅の改札口。左がJR七尾線改札口、右がのと鉄道改札口。のと鉄道の乗車券はJRが委託販売している。

のと鉄道(のと鉄道七尾線︰七尾駅〜穴水駅33.1km)は、全線JR西日本が線路等の施設を保有し、のと鉄道が列車を走らせる。 
また七尾〜和倉温泉間はJR七尾線との共有区間であり、JR西日本は特急「能登かがり火」「花嫁のれん」を運行し、のと鉄道は普通列車を運行している。
すなわち七尾〜和倉温泉間5.1kmは、JR西日本が第一種鉄道事業者、のと鉄道が第二種鉄道事業者であり、和倉温泉〜穴水間28.0kmは、のと鉄道が第二種鉄道事業者、JR西日本が第三種鉄道事業者となっている。


のと鉄道七尾線穴水方面の普通列車時刻表。

七尾駅のと鉄道ホームに停車中の穴水行き普通列車

のと鉄道NT200形気動車。2005年(平成17年)に7両製造。

のと鉄道乗り場は切り欠きホーム。奥にはJR七尾線413系電車が停車中。






七尾駅のと鉄道ホームと、JRホームは柵で分離されており、乗り換え口が設けられている。

のと鉄道 穴水行き普通列車に乗車




★動画(You Tube)
↓↓↓↓↓





※2020年(令和2年)8月2日(日)


★2021年4月 えちごトキめき鉄道に、急行列車(急いで行かない列車、413系?)デビュー予定 



(続く)