true

 ワイルドフラワーの便りが入るようになりました。仕事していても気が気でなく今日は仕事を早めに切り上げてワイヤレス ヒルに行って来ました。今年は雨が多く花も良く咲いていました。まず最初は、

 野生の蘭の花です。

 この花を見て何かに似ていると思いませんか?

 そう ロバの顔に似ているでしょう。ですからドンキー(ロバ)の名前が付いたそうです。
AD
ワイルドフラワー(エバーラスチング)

 true
 true
  
昨日 「初恋草(花)」(レシュノルティア)を求めてキングスパークに行ってきました。

初恋草は、もともと西オーストラリアの花です。容易く見ることが出来ますが、発見に至らなかったのは、時期が早かったということでしょう。

 花の名所であるキングスパークでは、既にワイルドフラワーが至るところに咲いていました。

 その中でワイルドフラワーの女王的存在であるエバーラスチングも咲いていました。

 この春最初にワイルドフラワーとして取り上げるには不足のない花で幸先が良いというところでしょうか。
AD
ワイルドフラワーの旅

 28日日曜日 ワイルドフラワーの旅に行って着ました。目的は、パースから約350キロ離れたウエーブロックまで道々ワイルドフラワーを求めて旅することにしました。
 パースの街を出発したのが午前8時でした。途中青や黄色のワイルドフラワーを右に左に見ながら走りました。





 最初の休憩地点の「ヨークの街」に到着したのが午前9時半でした。朝食をそこそこにしての出発でしたのでカフェに入り軽い朝食を取ってサイド東へと向かいました。
 (ヨークの街)

 ワイルドフラワーを撮影しながら走りに走り「忠犬ストライクの墓」について二回目の休憩を取りReikaのトイレなどさせました。

 

 
 
 

 西オーストラリアで一番綺麗な街として表彰された街カリジンで給油して昼食などを取り更に東へ東へと走りウエ-ブロックに着いた時には、午後3時過ぎになっていました。
 


 まずマルカの洞窟で壁画を見たり伝説秘話を聞いたりしてカバ洞窟を見学最後にウエーブロックへと向かいました。

 
 

 

 午後4時半まで滞在してパースへと向かいました。途中で日が暮れて地平線に夕陽が沈み神秘的な光景の中を西へ西へと走り
 
 

 完全に日が沈んだ後は、満天に星をいただいきながら西へ西へと走り走り午後9時過ぎにダーリング山脈からパースの灯りが見えたときには、Reikaとほっとした一日でした。

 
 


 



  





 南半球に春がやって来ました。至る処で花のフェスティバル(祭典)が開かれています。メーン会場のキングスパークでは、9月1日から30日までの一ヶ月間開催されて観光客で賑わっています。

 パースでは、どこへ行っても花が満開で見ることができますのでReikaと近場で済ましていましたが、メーン会場を見なくてパースのワイルドフラワーを語ることは出来ないと思って昨日Reikaと出掛けてきました。

 さすがメーン会場だけあって咲いていました。これぞワイルドフラワーかと惚れ惚れしました。

 皆さん方 これがパースのワイルドフラワーです。