加藤一郎@クリエイティブディレクター -5ページ目

●<時間が増える2つの武器>「1日があっという間に過ぎ去ってしまって進まなかった!」という人へ

「1日があっという間に過ぎ去ってしまって、やろうと思っていることが進まなかった!」という人へ 

 

ついつい、ダラダラと意味のないことに無意識に時間を浪費しているからかも?

時間が増える2つの方法を紹介します。
  
以前、僕が無料でやっているFacebookグループや塾生さんにも紹介して、

「仕事の時間対効果がアップした!」
「ほんとに集中力がアップした!」


と、大好評だったのでこちらでも紹介しときます。

あたくし、これ、もう10年ぐらいやってます。

やり方は超簡単。
   ↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【方法 1】
Googleカレンダーに、行動した時間と内容をスマホでリアルタイムにメモしていく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


”●時〜●時:ダラダラ、テレビを見てしまった!"
”●時〜●時25分:ブログ用の記事原稿を書いた”
”●時〜●時45分:自社サイトのヘッダー画像の修正をやった”

  
みたいな感じで。
(スマホの音声入力を使うと簡単に入力できます)
  
その際には「仕事した時間」と「仕事以外の時間」など色分けしておくのがポイント。
  
スマホアプリの「CalenGoo」や「LifeBear」などを使うと書き込みがしやすいです。
(有料アプリですが、安いです)
   
ポイントは、予定を入れるのではなく、
”実際に行動したことを記録(レコーディング)していく”
と言うところです。
   
記録をしていく。
そして、都度、振り返る。
  
すると、
「あー、俺、こんなくだらないことに、こんなに時間使っちゃってた!」

意識することができるので
   
→時間を大事に丁寧に使うようになる。
→時間を意識して使うようになる。
   
というわけです。
 
 
 
 
この原理は昔、ベストセラーになった
「レコーディングダイエット」の応用です。
   
レコーディングダイエットは、
たしか、毎日、体重を測り、その日に食べた食事のメニューやカロリー数を<記録していく>と言う手法でした。
これは、今、ライザップでもやってますよね。
      
記録をすることで<意識>をしますから、
無意識にダラダラ食べたりすることがなくなるわけです。
    
人間というのは、「意識」するだけで、脳と行動が全然変わる生き物なんですよね。
  
  
  
これは、「筋肉トレーニング」など、
筋肉をつける際にも同じことが言えます。
   
これは、僕が18歳の時に、プロの競輪選手の人から実際に聞いた話なのですが
   
筋肉トレーニングする際には、
   
「今から、ここの部位に筋肉をつけるぞ!」
   
と部位を意識しながらトレーニングするのだそうです。
    
部位を意識しながらトレーニングしないと効率的に筋肉がつかないのだそうです。
   
  
  
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【方法 2】
スマホのタイマーやキッチンタイマーで<15分おき>に鳴るようにセットして作業する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   
 

夏休みの最終日や、中間テストの前日など


締め切り間近の時って、なぜか急激に集中して勉強したり宿題を片付けたりしてませんでしたか?
   
人間には、「締め切り効果」っていうのがあって、
あえて時間が限定されているほうが集中するんですよね。
   
あれの原理を応用します。
   
15分経つと、ピピピピ!と鳴るので
   
「あ!もう15分も時間を使ってしまった!」
 
意識できるのがポイントです。
   
   
別に必ず15分以内に作業を終わらせる必要は無いんですけど、
15分単位でアラームが鳴ると
時間の進み具合を体が意識することができるようになります。
   
この「意識する」ということ自体がポイントなんですよね。
  
 
「もう15分たっちゃった!(゜o゜;」
  
これがかなり効くんです。
   
ぜひやってみてください。
   
ちなみに、プロボクサーは、1ラウンドの3分間という時間を
時計を見なくても、もう、体で覚えているそうですね。

 

 

 


右矢印無料メルマガ「加藤一郎レポート!」のご登録は、こちらをクリック!