子どもを伸ばす 親力アップの家庭教育

子どもを伸ばす 親力アップの家庭教育

子どもへの言葉かけ、寄り添い方のコツを知っていると
ちょっとの工夫で子育てが楽しくなります。

          まぐまぐメールマガジン発行中!

ご登録はこちら→ 子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」


 ★講座、ご相談のメニューはこちら

 
   ★個別スカイプ相談
     50分 3.000円 アドバイスシート付き

    ☆お申し込みはこちらへ お願いします

    ☆料金は全て税別です。

             
           

         王冠1¥498(税込)/月 初月無料!
         王冠1月曜日発行(第5週・年末年始を除く)

           王冠1PC・携帯向け/テキスト形式


        教育・子育てにまつわるQ&Aが満載!


        分かりやすく具体的に!

        すぐに使える「コツ」をお届け!


皆さまと充実した教育、子育てを共有しましょう。


     ★講座、ご相談のメニューはこちら


          家庭教育アドバイザー 柳川ゆき



ご登録はこちら→ 「子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」










テーマ:

先日のお悩み相談。

高校生から「自分の考えがない、

人の意見をもっともだと思ってしまう、

『どう思う?』と聞かれても何も思わない、

いつも自分の考えは何もない。

どうすれば自分の考えを持てますか?」

 

メルマガ「子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」

 

もしかしたら、自分の考えや意見が無い

と思っているだけかもしれません。

どう表現して良いのかわからない、

ということかもしれませんね。

 

社会に出て意見を求められたとき、

「特にありません」と答えるのは、

主体性を欠いているとも言えるため、

ビジネスマンにとっては

恥ずかしいことかもしれません。

 

そうならないために、メルマガで

自分の意見や考えを持つヒントを

3つ挙げました。

ここではその1つをお伝えします。

 

メルマガ「子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」

 

◆インプットを増やす◆

「意見を述べる」とは自分の考えを

アウトプットすることです。

 

アウトプットするためには、

考えるための情報や知識を

インプットされていることが必要です。


自分の考えがない、思いつかない

と言うのはインプット不足かもしれません。


インプットされた知識を、

何が重要で、どういう関連性を持ち、

どうなっているのか、などと

頭で整理することで、

自ずと疑問がわいてきます。

その疑問について考えることで

自分の意見もできあがるのです。

 

インプットを大切にしましょう。
インプットは、

活字、動画はもちろんですが、

コミュニケーションをとること、でもできますよ。

 

あと二つのヒントをお知りになりたい方は

10/22発行307号のメルマガをお読み下さい。

初月無料です。

メルマガ「子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」

 

いつもお読み下さり有難うございます。

皆さまのクリックを励みにしています。

にほんブログ村 教育ブログ 地域・家庭教育へ
にほんブログ村


テーマ:

年少と小1兄弟のママからのご相談がありました。

 

「勉強に秀でていなくても良いので、

世の中に出てから困らない人物になって欲しいのです。

そのためには「社会性が必要」と聞きました。

社会性を伸ばすにはどうしたらいいのでしょう?」

 

と言うご質問です。

 

社会性とは知性・学力、運動機能・体力、

以外のほぼ全てを指します。

 

メルマガ「子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」

 

社交性や、社会的スキル、共感など

広く社会に通用するような性質であり、

社会集団の一員としての性質です。

 

その場の空気が読めること

言えるかも知れません。

 

では、その場の空気をどう読み取るのか?

それは、相手が出すサインを

見逃さずに感じて、判断します。

 

こうした経験の積み重ねが

社会性を育てるのです。

 

では親として、何を心がければよいのか

大きく3つありますが、

ここでは一つご紹介します。

 

メルマガ「子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」

 

◆適切な自己主張をできるようにする◆

 

人との関わりの中で社会性は育ちますが、

その時に必要なのは、「他者からの受容」です。

 

受容してもらうためには、

まずはこちらが相手を受容します。

 

そのために、できるだけ多くの異年齢の

子どもたちと接し、

様々な場面で関わる機会を作ることです。


仲間の中での発言や聴き方を通して、

相手に自分の意見や要求を

適切に伝える力がつきます


親は、そうした機会を多く持てるよう

サポートしましょう。

 

まだ他にも二つ、

親として心がけることをご紹介しています。

ご興味ある方は、

メルマガ10/1発行の304号をお読み下さい。

初月無料です。
メルマガ「子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」

 

いつもお読み下さり有難うございます。

皆さまのクリックを励みにしています。

にほんブログ村 教育ブログ 地域・家庭教育へ
にほんブログ村


テーマ:

悩める高2の男子生徒から、

「自分は何をしたいのか、何に向いているのかわかりません。

受験先を決めるのも迷います。

後悔せずに決めるにはどうしたらいいでしょう?」

という、相談を受けました。

 

メルマガ「子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」

 

最近は

まずは目標(ゴール)を設定して

そこから逆算して今何をしたらいいのかを

考えましょう。」

などと言われます。が、

 

そんなこと言われても、具体的な将来像を

描けないからこそ、どうしたらいいだろう、

と悩むわけですよ・・・。

 

だったら、

将来を思い描くためにどう行動すればいいのか?

 

具体的に3つありますが、

ここではそのうちの1つをお伝えします。

 

メルマガ「子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」

 

1.偶然をチャンスに変える

そもそも人のキャリアは、

それまでの経験が積み重なってできあがっていきます。


今の自分は過去の自分の経験から

出来上がっているのです。

 

未来の自分は、
今の自分が作り上げていきます

 

自分の経験を作り出す要因として、
偶然の出来事が大きな影響を及ぼします

 

つまり、偶然がチャンスになるのです。
しかし、その偶然と出遭うには、

自分に準備ができていること※が必要です。

仏の細菌学者、パスツールの言葉で

「チャンスは備えあるところに訪れる」
とも訳されています。

 

では、偶然をチャンスに変えるためにはどうすればいい?

 

メルマガ「子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」

 

実は、5つのスキルを身につければ

偶然をチャンスに変えることができます

これは心理学者が提唱したもので、

とても効果的なスキルとして

活用されています。

 

一つは、「好奇心」、もう一つは「持続性」

あとの3つはなんだと思いますか?

 

また、5つのスキルを身につけるための

心掛けについても、メルマガに書いています。

 

ご興味ある方は、10/15発行の

メルマガ306号をお読み下さい。

初月無料です。

メルマガ「子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

皆さまからのクリックを励みにしています。

にほんブログ村 教育ブログ 地域・家庭教育へ
にほんブログ村


テーマ:

「私はどうせなにをやってもダメですから」

「私は運も悪いんです」

「僕はできない人間ですから」

「僕は価値のない人間だと思います」

 

自信のない人たちがつい口をついて

出る言葉です。

 

励まそうにも、

自分は何をしても変わるわけがない、

人生は不公平だ、という

凝り固まった思いこみが大きくて

マインドチェンジするまでに

とても長い時間が掛かります。

でも、変われますからご安心下さいね。

 

メルマガ「子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」

 

普通の家庭で育った人は
生まれてから成人するまでの間に、 
ネガティブ、否定的な言葉を、
様々なメディアを通じて聞かされています

 

その数なんと14万8000回。

1日に換算すると、およそ、

21回も浴びせられていることになります。

 

メディアに限らず、

家族からも言われているとすると、
もっと多いかもしれません。

 

 

一方で、ポジティブ、肯定的な言葉は、

その10分の1しかないそうです。

そう、1日にたった2回。

 

(アメリカの心理学者
シャド・ヘルムステッター博士による研究結果より)

 

20年間、毎日毎日

ネガティブな言葉を聞かされていると、

 

無意識のうちに、
「私には無理」
「できるわけない」
「やっても仕方ない」
といった気持ちを引き起こします。



そして、モチベーションが下がり、
行動を抑制するプログラムが
脳内に作られてしまう
のです。


多感な時期の子どもに対し、
脳に、こうしたプログラミングが
されてしまうと、


子どもの心に間違った
自己評価を植え付け、
それを真実だと
信じ込ませてしまいます

 

それならば、、、、、

これを逆手に取りましょう。

毎日毎日、ポジティブな言葉を浴びせかけるのです。

 

メルマガ「子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」

 

無意識のうちに、
「私には可能」
「できる」
「挑戦してみよう」
と言った気持ちを引き起こし、


モチベーションが上がり、
行動を促進するプログラムを
脳内に作り出します。


ご自身のお子さんにはもちろんですが、

自分自身に向けて言うのも大いに効果があります。

肯定的な言葉、ポジティブな言葉というのは

「私は素晴らしい」

「自分ならなんとかできる」

など、「積極的な自己宣言」
という意味です。


なりたい自分になるために、

自分を信じられる子どもにするために、
ポジティブ言葉を1日に20回!

 

さあ!今から浴びせかけましょう。

まずは、「できていること」から自分に言いましょう!

 

メルマガ「子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」

 

いつもありがとうございます。

皆さまのクリックを励みにしています。

にほんブログ村 教育ブログ 地域・家庭教育へ
にほんブログ村


テーマ:

台風24号が列島を通り過ぎ、

一段落と思いきや、週末には25号が同様のルートで

また日本を縦断するとのこと。

皆さま、お気を付け下さいね。

私の住む静岡でも大停電があるようです。

でも、なぜか私の住む町内は

瞬停が2度程度で済んでいます。

守護神様のご加護かしら?

 

メルマガ「子どもを伸ばす親炉力アップの家庭教育」

 

さて、台風で休校になった中学生の

お母様からのご相談です。

 

「休校になったのを良いことに、

中2の息子はマンガばかり読んでいます。

勉強でもしたら?と言うと、

参考書ではなく学習マンガを読み出しました。

 

マンガでは十分な読解力が身につかないと思います。

読解力があればコミュニケーション能力も高まる、と

聞いたことがあります。

是非、そうした能力を高めるためにも

マンガを読むより参考書を開いて欲しいのです」

 

マンガは単なる娯楽、マンガは良くない、

と言う保護者は大勢います。
一方で、学習マンガには効果がある

という研究結果

もありますのでご紹介します。

 

メルマガ「子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」

 

◆学習意欲の向上

マンガで学習することのメリットは、

勉強だと思わずに勉強できることです。
楽しいから集中し、ワクワクしながら、

あっという間に読み終えると言うこともあるでしょう。
子どもたちに読む楽しさを与え、

その楽しさが学習への動機付けや

関心を高める働きをします。

 

◆長期記憶が可能

マンガの表現は、言葉の情報に留まらず、

視覚的な情報があるため、

内容をイメージし易くなります。
そのため、ストーリーから湧き出る

「自分の感情」と「イメージ」の両方で

内容を記憶するために、
記憶の定着率が高いのです。

読んで理解するという読解力は

むしろマンガの方がつくのかもしれません。

 

メルマガ「子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」

 

※参考文献:富山大学教育学部 向後千春論文

「マンガによる表現が学習内容の理解と保持に及ぼす効果」

 

では、高い学習効果を得るには?

マンガは、勉強嫌いな子どもにも

抵抗なく読めるので、

学習のきっかけにはうってつけです。

興味を持つと、子どもは自主的に

もっと知りたい、と勉強をするようになります。

まずはきっかけ作りだと思って、

学習マンガを読むのを応援しましょう。


注意することは?

親がこれを読みなさい、あれを読みなさい

と指示するのではなく、

あくまでも子どもの興味を大切に尊重することです。

また、脚色を現実と誤認することもありますので

その点は気をつけましょう。。
 

参考までに、読みやすいお勧めの

学習マンガ歴史本をご紹介します。

人気作家たちが表紙を描いているので

馴染みやすいかも知れませんよ。

 

「学習マンガ日本の歴史」
第1巻:岸本斉史『NARUTO』
第2巻:荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』
第3巻:久保帯人『BLEACH』
第4巻:椎名軽穂『君に届け』
第5巻:岸本斉史『NARUTO』
第6巻:浅田弘幸『I’ll』『テガミバチ』
第7巻:樋口大輔『ホイッスル!』
第8巻:樋口大輔『ホイッスル!』
第9巻 :原泰久『キングダム』
第10巻:石田スイ『東京喰種トーキョーグール:re』
第11巻:藤崎竜 『封神演義』『銀河英雄伝説(原作:田中芳樹)』
第12巻:和月伸宏『るろうに剣心』
第13巻:和月伸宏『るろうに剣心』
第14巻:浅田弘幸『I’ll』『テガミバチ』
第15巻:東村アキコ『かくかくしかじか』
第16巻:村上もとか『JIN-仁-』
第17巻:アルコ『俺物語!!』
第18巻:荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』
第19巻:森田まさのり『ROOKIES(ルーキーズ)』
第20巻:咲坂伊緒『アオハライド』

 

いつもお読みいただき有難うございます。
みな様からのクリックを励みにしています。

にほんブログ村 教育ブログ 地域・家庭教育へ
にほんブログ村

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス