一乗寺ラーメンとか紀行

一乗寺ラーメンとか紀行

京都市左京区、一乗寺・高野在住の筆者が、ラーメン激戦区のこの地のラーメンを紹介したり、その他のお店や風景をまったりと紹介していきます。

 京都市の東北部、左京区一乗寺・高野近辺は、全国的にも有名なラーメン激戦区です。ただでさえ20軒近いラーメン店があるのに、次々に新しい店ができ
ては、またひっそり閉店していきます。そこまでしてこの地にこだわるのかと思いますが、ここで一旗揚げようというチャレンジャーはあとをたちません。

 詳細なラーメン店の紹介はすでにいくつもありますが、地元住人として、この地のいろいろなものを紹介しながら、ゆっくりとラーメン屋めぐりをしていきた
いと思います。健康と家計のために、ラーメン屋に行くのは週1回程度と決めていますので、一巡するのに半年はかかる予定です。ゆっくりとおつきあいください。一乗寺エリアが終わったら、白川通、北山通・・・とだんだん広げていきたいと思っています。

一乗寺ラーメンの一覧と地図はこちら

北白川ラーメンの一覧と地図はこちら


テーマ:

 梅雨が明けてからは記録的な高温で、まだ7月だというのに最高気温38度以上の日が4日も続いています。が、高温の話は別の機会として、大雨のことを少し検討しています。

 

 長年京都市左京区に住んでいますが、洪水の心配など全くしてきませんでした。山は近くにはないし、まさか鴨川・高野川はあふれることはないだろう、と思っていました。しかし5年前と今回と、立て続けに高野川があふれかねない豪雨で、今回は特に台風でもない、ただの豪雨で、土曜日曜にほとんど降らなかったので最悪の結果を避けられたけれど、鴨川・高野川があふれる事態は考えておかなくてはならないと思いました。そして今回広島などでの被害を見て、もし洪水になったら、いかに大変な事態になるかを思い知らされました。防災対策の見直しが必要です。

 

 今まで地震対策は、やりすぎといわれるくらいやってきました。南海トラフ地震は必ず来るし、近くを通る花折断層が動けば阪神大震災クラスの地震がくることは確実だからです。家具はしっかり壁に固定し、食器棚は開かないようロックを取り付け、薄いガラスにはアクリル板を内側に張り、水や食料、燃料(カセットボンベ)、電池など備蓄し、各部屋にLEDランタンを置きetc.幸い全く出番がありませんが。

 

 しかし今回のように土砂が押し寄せることは全く想定していませんでした。一階が水没するようなことになれば、多くの備蓄品も使えなくなります。取りあえず、大雨が降り続き、避難勧告が出たら一階の物を上に運ぼうとは思いますが、土のうとかの準備も必要かもしれません。最近気象がますます極端に異常が発生するようになっています。備えは万全にしていきたいと思います。


テーマ:

 空にはこんなにも水があるんだ、とびっくりするほどの豪雨です。今は小休止しているけれど、まだまだ降るようです。皆さんご無事でしょうか?昨夜京都にも豪雨の特別警報が発令されました。特別警報とは「数十年に一度の、これまでに経験したことのないような、重大な危険が差し迫った異常な状況」という状況で、例として東日本大震災とか伊勢湾台風が挙げられています。でも確か5年前、できたばかりの特別警報が京都に発令されました。数十年に一度の災害が5年で起きるという、あまりにも気象が異常なのでしょうか。確かにこんな雨は「これまで体験したことのない」ものですが。

【上:桂川 、下:鴨川】

 今回中国地方が一番ひどいようですが、京都もニュースでたびたび取り上げられていました。5年前の水害は嵐山付近の桂川が氾濫しましたが、今回かろうじて氾濫は回避できているようです。嵐山付近は堤防が低いので大変です。鴨川は右の写真の状態、これは四条大橋から北向きに撮影したものですが、右側の河川敷は水没、床のある左側はギリギリという感じです。左京区の高野川周辺ほとんどの学区で「避難準備」が発令されていましたが、今は解除されています。まだ氾濫するには余裕があるし、万が一氾濫したら京都市内全部水没するような大惨事になりかねません。まだまだ予断は許されませんが。

こちらが近所の高野川の様子、遠く川の真ん中に見えるのは、建設中の北泉橋の橋脚です、流されなければいいのですが。

 

 交通機関は、鉄道JRはほぼ全滅、高速道路も。健気に走っている東海道新幹線とまばらに走っている東海道線と阪急京阪以外ほぼ使えない状態でした。亀岡方面など、嵯峨野線は不通、高速も下の9号線も不通で、ほぼ行く手段がない状態でした。大津に用があったのですが、京阪大津線は不通、JRは時々走る程度、名神は不通、一号線がかろうじて通れましたが大渋滞でした。

 

 もう二日ほど警戒を怠らず過ごしたいと思います。

 


テーマ:

 北山通、叡電修学院駅付近に新しいラーメン店がオープンしました。この付近元々ラーメン店が少なく、チャンポンの王府があるくらいでした。駅前から南側を東へ、「かまど屋」の先くらい、以前カフェがあった場所です。

「すぐる」、「とうひち」のセカンドブランドだとのことです。連休の谷間の昼時、店の内外に10人くらいの行列ができていました。

 ゆったりしたきれいな店内、カウンターが中心です。

食券制です。醤油と塩と味噌の3味、800~850円です。醤油ラーメンがあまり好きでないので、塩にしました。

 あっさりした見栄えのラーメンです。スープはとても上品でおいしい、白川通の「いさお」を思わせる味です。スープに合わせた自家製麺の麺、食べ応えのあるチャーシュー、どれも絶品です。他のスープもぜひ試さないといけませんね。

 

らぁ麺 すぐる

075-721-6556

京都市左京区山端壱町田町8-6 京福修学院マンション1F

営業時間 11:00〜14:30 、18:00〜21:30

定休日 木曜日

 

地図

 

らぁ麺すぐるラーメン / 修学院駅一乗寺駅宝ケ池駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5


テーマ:

一乗寺周辺で閉店する店が続出しています。

年末に白川通りのスーパー「阪急オアシス」が閉店、

東大路のマンガ定食屋「げんざえもん」が閉店

最近では

一乗寺駅西のインドネパール料理屋「ナマステキッチン」が閉店

修学院駅東のカフェ「フーデリカ」も閉店してラーメン屋ができつつあります。

大原道の小さなカフェ「もこもこ」も移転しました。

 

なんかラーメン屋以外全滅という感じなのですが。さみしいことです。


テーマ:

 ホテルの跡地がパチンコ屋になるというので大反対運動になり、とうとうパチンコ屋を断念するに至った場所の話です。「カナート洛北」を増設するという話でした。なかなか動き出さず、地元住民とは話し合いを行っていたようですが、いよいよ建設が始まるようです。

 地上5階というと今のカナートより1階高くなりますが、どこまでが駐車場で店舗がどれだけなのかはわかりません。来年末完成予定になっています。どんなお店になるか楽しみに待ちたいと思います。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス