樫の木堂の書籍・セミナーのラインナップは、以下のページをご参照ください!

レメディの本 樫の木堂
  • 11May
    • 5/8感想:ボーニングハウゼン小論集セミナー

      5/8 ボーニングハウゼン小論集セミナー無事終了しました!参加くださった皆様方、ありがとうございました♪ボーニングハウゼンのレパートリー(TBR)に限らず、まともなレパートリーであれば、その裏付けとなるマテリア・メディカや論文があるはずです。ボーニングハウゼンの小論集を翻訳して、レパートリーと、研究の一つ一つがリンクしていることがよく分かります。また、レパートリーは、レメディを選択するためのツールだけにとどまらず、よくよく読むと、いろんな発見があって面白いですよ!今後、下記の日程で勉強会・セミナーを開催予定です。◆5/16(水)13:30~15:30子宮疾患のオーガノパシー@表参道◆6/27(水)13:00~16:00レメディー実践勉強会@両国 和室◆7/22(日)13:30~16:00片桐航先生にレメディの話を訊く会@両国お申込みは、kashinokidou@gmail.comまで!(※@を半角にしてください)参加者の感想を抜粋してご紹介いたします。TBRの使い方が中途半端な状態でしたが、本も併せて使うと、よりヒントが増えそうです。裏話を知らない人、多い気がします。レメディの組み合わせ、TBRの使い方、英単語の画像検索も…たくさん、今まで知らなかったこと、気づかなかったことを知ることができて、楽しかったです。ボーニングハウゼンという人の様子がよく分かりました。続きを期待しています。ボーニングハウゼンの小論集が日本語で読めて嬉しいです。TBRおもしろいです。ボーニングハウゼン小論集13,780円Amazon

      6
      2
      テーマ:
  • 02May
    • 7/22(日)「片桐航先生にレメディの話を訊く会」開催決定!

      ゴールデンウィークの真っ最中ですが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?樫の木堂セミナーのお知らせです。<片桐航先生にレメディの話を訊く会開催決定!>18年間の豊富な臨床経験と、スタッフを抱えるまでの人気ホメオパスで、現在は、後進の指導にもあたられている日本ホメオパシーセンター杉並方南町片桐航先生のセミナーが決定しました!以前、先生にマテリア・メディカを教わっていて、「実際には、このレメディが効いた」とか、「これだと上手くいかなかったのでこうした」とか、実際の経験によるお話が役立ったんです。久しぶりに、そんなお話を伺いたいと思いました。私だけが質問責めにしてももったいないので(笑)、質問タイムも含め、そういったお話を多くの方々が伺えるセミナーを開催していただくことになりました。◆日時7/22(日)13:30~16:00◆場所本所地域プラザ BIG SHIP https://www.cp-bigship.net◆内容(※予定ですので変更される場合もあります)①最新のケースについて あらゆる自然療法の見立ても加味した、 レメディー選択と患者さんの改善について。②小さなレメディー  キーノート的に使えるもの。これでしか治せないもの。③質疑応答:30分◆料金:4,500円ご存知の方ならお分かりかと思いますが、先生のセミナー料金としては格安です。なるべく安くして、多くの方々に来てもらえるようにお願いしました。ただ、参加者が少なくて、十分な謝礼がお支払いできないと申し訳ないので、最少催行人数を設定しております。開催1か月前に、ご予約人数が最少催行人数に達しない場合は、中止とさせていただくこともあります(その場合は、ご予約済の方々にご連絡いたします)。お申込みはkashinokidou@gmail.comまで。※@を半角にご修正ください。

      7
      テーマ:
  • 01May
    • 4/29感想:ボーニングハウゼン小論集セミナー

      4/29 ボーニングハウゼン小論集セミナー無事終了しました!参加くださった皆様方、ありがとうございました♪正直、こんなマニアックなセミナー、参加者いないんじゃね??・・・・・と覚悟してましたが(笑)、他のセミナーと同様、来てくださって良かったです!ボーニングハウゼンの変態っぷり精密な研究っぷりをご紹介できて、それを面白い!と共有してくれる仲間がいてくれる、といことに、私も感激しております♪感想を読むと、レメディーの作用期間についてが興味深かったようですが、私も翻訳してそれを知ったときは鳥肌立ちました(笑)。その他、レパートリーのルーブリックのニュアンスをつかむコツなど、普段の臨床にもいろいろ使えるコネタもご紹介しました♪今後、下記の日程で勉強会・セミナーを開催予定です。5/8のボーニングハウゼンセミナーは、残り3名様となっております。◆5/8(火)13:00~15:00ボーニングハウゼン小論集セミナー@両国料金2,500円※小論集書籍購入者は500円引き◆5/16(水)13:30~15:30子宮疾患のオーガノパシー@表参道料金2,500円◆6/27(水)13:00~16:00レメディー実践勉強会@両国 小会議室料金:500円お申込みは、kashinokidou@gmail.comまで!(※@を半角にしてください)参加者の感想を抜粋してご紹介いたします。面白かったです。TBR(ボーニングハウゼンのレパートリー)をこうやって見ると、面白いんだなあと思えて良かったです。レメディの作用期間の話もとっても面白かったです。分からない所を言葉を変えて、何度も説明してくださって助かりました。「レメディの作用する期間」に一番興味をそそられました。最近、レパートリーをあまり使っていないので、また勉強しなくてはと思いました。レメディーの作用期間のグループ分けのところで鳥肌が立ちました。他にも、知っているつもりで知らなかったお話しが聞けて、とても良かったです。ボーニングハウゼンの小論集を起点にホメオパシーのことが改めて勉強できて良かった。ボーニングハウゼン小論集13,780円Amazon

      5
      テーマ:
  • 17Apr
    • 樫の木堂 Webサイト公開

      書籍とセミナーのラインナップが分かりやすいように、樫の木堂のWebサイトを公開いたしました。最新情報は、今までどおり、アメブロとFacebookで発信していきます。レメディの本 樫の木堂

      3
      テーマ:
    • Amazonでも販売開始!:ボーニングハウゼン小論集1

      遅くなりましたが、『ボーニングハウゼン小論集1』Amazonで販売を開始いたしました。ボーニングハウゼン小論集13,780円Amazon直接販売と異なり、送料・手数料有料ですが、こちらが便利という方は、是非ご利用くださいませ。◆◆◆今後のセミナー予定下記以外の日時をご希望の方は、お一人からでもSkypeでも随時開催しておりますので、お問合せくださいませ。◆4/29(日)13:00~15:00ボーニングハウゼン小論集セミナー@両国料金2,500円※小論集書籍購入者は500円引き◆5/8(火)13:00~15:00ボーニングハウゼン小論集セミナー@両国料金2,500円※小論集書籍購入者は500円引き◆5/14(月)13:30~15:30ボーニングハウゼン小論集セミナー@Skype料金3,500円※小論集書籍購入者は500円引き

      テーマ:
  • 29Mar
    • ボーニングハウゼン小論集セミナー 内容決定!

      セミナー内容が決まりました!『ボーニングハウゼン小論集1』の内容を中心に行います。「ボーニングハウゼンの内容なんて、古いんじゃないの?」と思われる方。いえいえ、そんなことはありません!調べてみると、現在でも通用する理論や、臨床で確認できている現象が読んでみると結構ありますよ!「ホメオパシー史」的なセミナーではなく、臨床でも役立つ内容もドシドシ入れています♪「ボーニングハウゼンのレパートリー」についての疑問・質問も大募集!日頃、使っていて、いろいろ疑問に思うことありますよね~。こちらでお調べしてお答えします。質問は、セミナーに参加しない方からのものでも、お受けします♪ドシドシお寄せください!<目次>ボーニングハウゼンの生い立ちボーニングハウゼンってどんな人?ボーニングハウゼンの主な著作『オルガノン』と『慢性病論』の当時の状況ボーニングハウゼンの治療方針補完レメディーアンチドーテ(解毒レメディー)アンチドーテの臨床例介入的に使うレメディー振盪の作用レメディーの作用期間レメディーでの悪化要因GINSENGのレメディーレパートリーの疑問・質問<セミナー日程>◆4/29(日)13:00~15:00ボーニングハウゼン小論集セミナー@両国料金2,500円※小論集書籍購入者は500円引き◆5/8(火)13:00~15:00ボーニングハウゼン小論集セミナー@両国料金2,500円※小論集書籍購入者は500円引き◆5/14(月)13:30~15:30 ※残席1ボーニングハウゼン小論集セミナー@Skype料金3,500円※小論集書籍購入者は500円引き

      6
      テーマ:
  • 28Mar
    • 講義録2017表紙

      『エワルト・ストットラー氏講演会2017講義録1日目・質問集』今回の表紙のデザインも大塚のり子さん。カッコイイでしょ!?「先生はボブ・ディランが好きなので、ボブ・ディランのCDのジャケ写風で」と、リクエストしたら、見事に、応えてくれました♪ヨーロッパのホメオパシー界で、ほとんど省みられることのなかったハーネマンの著作と、長年孤独に向き合い続け、ハーネマンの忠実な弟子であり続けた、反骨のホメオパス。でも、普段はビールとジョークが好きな人♪講義録内容・お申込み詳細はhttps://ameblo.jp/kashinokidou/entry-12363431376.htmlまで!

      テーマ:
  • 26Mar
    • ストットラー氏講義録2017第1弾!

      お待たせしました。12月に行われましたエワルト・ストットラー氏講演会2017講義録第1弾「1日目・質問集」が完成しました!4月半ばに入荷予定です。講演会1日目(12月8日)の内容と、講演会後、先生にいろいろ答えてくださった質問集が収録されています。本文・付録合わせて94ページの情報量!様々な処方例や、先生の動物のケースも。<料金>講演会1日目参加者:6,000円講演会1日目不参加者:20,000円※次の方は4月末入金まで1,000円引きです。◆『ボーニングハウゼン小論集1』 購入済or講義録と同時購入者。◆講演会アンケートで「次回出席希望」と 書かれた方。お申込みはkashinokidou@gmail.comまで。<目次>※末尾の数字はページ数疾患の原因(マヤズム) 1 ソーラ(疥癬マヤズム) 2 スフィリス(梅毒マヤズム) 3 サイコーシス(淋病マヤズム) 3 チュバキュローシス(結核傾向) 3 カーシノシン(癌傾向) 4疾患の原因(外因性) 5レメディーの種類と作用する階層 6各マヤズムの特徴 8  ◆中耳炎の例 9 レプラ(ハンセン病)・介入レメディー 10  ◆関節の問題の処方例 10 ソーラ(疥癬マヤズム) 11 サイコーシス(淋病マヤズム) 12 スフィリス(梅毒マヤズム) 14 チュバキュライナム(結核傾向) 15  ◆更年期の関節の問題の例 16  ◆Tub-b. 20  ◆Bac. 20  ◆Tub-k. 20  ◆Tub-a. 20  ◆Tub-r. 20  ◆Tub-m. 21  ◆Tub-d. 21 カーシノシン(癌傾向) 21  ◆線維筋痛症の例 23Phos. 25  ◆肺炎の例 28Tub-b. 29レメディーのエネルギーとポーテンシー 31目の問題(緑内障・黄斑変性・眼瞼炎・結膜炎) 33レメディーの感情的な側面 34 Phos. 34 Thuj.とLac-h. 35  ◆「愛される価値がない」という信念に対する処方例 35 Vern. 36  ◆外界に影響されやすい人の例 37 Nux-v. 37  ◆化学療法の例 38Rad-br. 38Aur-m-n. 40  ◆精巣癌のケース 41Scroph-n. 41  ◆肝腫瘍の例 42Bell-p. 45Caust. 46Ars. 48Carb-ac. 51Phos.の補完レメディー(Nat-m.とIgn.) 52  ◆癌傾向の鬱・長期の悲しみの例 52  ◆梅毒マヤズムが背景にある自殺傾向のケース 54  ◆精神錯乱のケース 55Kali-m. 56ケース:ストットラー先生による動物のケース 56 犬の骨肉腫のケース 56 馬の肺の問題のケース 57 猫・馬・犬のマヤズムと傾向 57 亀の腎臓肥大・悲しみのケース 58ケース:男性のインポテンツによる不妊のケース 59質問集:理論について 60 Q:『オルガノン』・『慢性病論』・小論集についての先生の見解 60 Q:バーネットについての見解 61質問集:処方について 61 Q:マザーチンクチャーの飲み方によって効果に違いはあるか? 61 Q:同じレメディーでマザーチンクチャーとLM1を併用するのはなぜか? 62 Q:ティッシュソルトの摂取頻度は何で決まるのか? 63 Q:15%濃度のLM1から次に使うべきは30%濃度のLM1?それとも15%濃度のLM2か? 63 Q:LMポーテンシーのレメディーを砂糖玉で使用することはあるか? 64 Q:LMポーテンシーよりCポーテンシーで使う方が良い場合はあるか? 64 Q:ポーテンシーは一つずつではなくいくつかスキップして与えてもよいか? 65 Q:肉体的疾患のある患者にLMでポーテンシーをどんどん上げて与えてもよいか? 65 Q:介入レメディーでAloeを出したいが基調が逆でも与えられるのか? 66 Q:Nux-v.やAloeを介入レメディーにする場合のポーテンシー 66 Q:ノゾースや介入レメディーを変えるタイミング 67 Q:根本治療と放射線対策は両立できるのか? 68質問集:病理について 68 Q:角膜の傷に対するレメディーについて 68 Q:白内障に対するレメディーについて 68 Q:レイノー病とレイノー症候群で処方に違いはあるか? 68 Q:インフルエンザに罹るということは癌傾向との関連ということか? 69 Q:体外受精で生まれた子供の相談会を受ける際の注意点について 69 Q:高血圧にはCrat.とSolid.が有効とのことですが、低血圧に良いのは? 69 Q:癌患者に対するジクロロ酢酸(DCA)の具体的な使い方について 69質問集:レメディーについて 71 Q:Art-an.のマザーチンクチャーの具体的な使い方について 71 Q:Carb-di.のマテリアメディカについて 72 Q:根本レメディーを選ぶ際のCalc.とCalc-p.の違い 73 Q:Vanad.のマテリアメディカについて 73 Q:資料にあるSHH mixとUnc-t.とは? 74レメディー略称一覧 75付録:マヤズム別Phos.の関係レメディー(先生資料より) 77 淋病マヤズムが背景にあるPhos. 77 癌傾向が背景にあるPhos. 77 梅毒マヤズムが背景にあるPhos. 78 結核傾向が背景にあるPhos. 78付録:ボーリッケのマテリア・メディカ 79 Arsenicum album 亜ヒ酸(三酸化二ヒ素) 79 Aurum muriaticum natronatum 塩化金酸ナトリウム 82 Bellis perennis ヒナギク 82 Carbolicum acidum フェノール(石炭酸) 83 Causticum ハーネマンによるカリウムを含んでいない酸性のチンキ剤 84 Phosphorus リン 86 Radium bromatum 臭化ラジウム 89 Scrophularia nodosa セイヨウゴマノハグサ 91 Tuberculinum bovinum kent 核タンパク質、結核性膿瘍から製剤されたノゾース 91 Vanadium metallicum バナジウム 94

      7
      テーマ:
    • エワルト・ストットラー&バナジー親子の合同コングレス2019 inドイツ・ケーテン

      ストットラー先生と、バナジープロトコルのでお馴染みのプラサンタ&プラティップバナジー親子の合同コングレスが来年(2019年)の4月12~14日に、ドイツのケーテンで開催されます!ストットラー先生からフライヤーが届きました。私も前回(2年前)参加しましたが、大盛況で、18か国から120名ほどの参加者がいました。ケーテンは、ハーネマンが『慢性病論』を書いていた地であり、妻のメラニーと子供達と一緒に暮らしていた当時の住まいが、ハーネマンの博物館として、今も残っています。コングレスの後は、博物館へのショートツアーもあるでしょう。私も、今回も参加しようと思っています!

      2
      テーマ:
  • 16Mar
    • S・バナジー博士来日セミナー実行委員会辞退のお知らせ

      9月に予定されているS・バナジーセミナーで、実行委員会を担当させていただいていた樫の木堂ですが、このたび、実行委員会としての全業務を辞退させていただくことになりました。準備などに、想像以上に時間を取られ、樫の木堂本来の翻訳業務などが圧迫されています。また、9月当日の準備のための諸々の業務が、12月に樫の木堂が主催するストットラー氏講演会の準備に影響する恐れがあるためです。ストットラー氏講演会は、過酷な業務なので、当初、予定していた6月ならともかく、近い時期に、同じ規模のものを抱えるのは困難です。このままでは、主催の森麗子さんにも、ご迷惑をおかけするのではないかと思い、辞退を申し上げました。今回のことは、私自身の未熟さ・至らなさの問題です。本当に申し訳ありません。もちろん、S・バナジー博士来日セミナーを応援していることには変わりありませんし、成功をお祈りしています。皆さんも、是非、ご参加およびサポートをお願いいたします。S・バナジー博士来日セミナーについての詳細はこちら

      2
      テーマ:
  • 15Mar
    • 本日入荷!『ボーニングハウゼン小論集1』

      本日『ボーニングハウゼン小論集1』。無事、入荷いたしました!!今後は、ご入金後、すぐに発送できます。定価3,500円(送料無料)です!また、下記セミナーにご参加の方は、100円引きとなります♪◆3/30(金)13:30~15:30腸内細菌セミナー@赤羽◆4/26(木)13:00~16:00 レメディー実践勉強会@両国 小会議室◆4/29(日)13:00~15:00ボーニングハウゼン小論集セミナー@両国◆5/8(火)13:00~15:00ボーニングハウゼン小論集セミナー@両国お申込み、お待ちしておりますm(_ _)m

      2
      テーマ:
  • 04Mar
    • ボーニングハウゼン小論集の翻訳について

      3/31発売の『ボーニングハウゼン小論集1』。こうして出版できたのは、皆さんが翻訳する時間をくださったからです。いつも応援ありがとうございますm(_ _)mタイトルの「1」からお分かりのように、今回、出版される分は、全体の5分の1。ですので、全5冊のシリーズとなる予定です。また、これは、ドイツ語のオリジナルからの翻訳ではなく、1908年に出版されたターフェルの英訳を翻訳したものになります。ですので、ボーニングハウゼンの注釈だけではなく、英訳者の注釈もかなり充実しています。翻訳チェックしてくださったのは、シュトロートホフ比佐子さん。ホメオパスで、英語とドイツ語の通訳でもいらっしゃいます。英文で疑問に思った部分は、オリジナルのドイツ語を調べてくださいました。バーネットのオーガノパシーシリーズもずっとチェックしてくださっています。毎回、骨の折れる作業を黙々と引き受けてくださり、本当に感謝です。一部、中世のラテン語の資料が英訳されている部分もあるのですが、そのラテン語の原書も私が確認して英訳と照合したこともあります。手に入りにくい中世の資料も、ネットで探して無料で確認できるので、世の中便利になったものです。Amazonでは、税込3,780円+送料・手数料で4月半ば頃から販売開始します。樫の木堂での直接販売・発送は、3月31日(土)から送料無料の定価3,500円で販売致します。さらに、下記の樫の木堂主催セミナーにご参加の方には、定価から更に100円割引いたします。ボーニングハウゼン小論集のセミナーも予定しております。◆3/9(金)13:30~15:30脾臓疾患のオーガノパシー@両国◆3/30(金)13:30~15:30腸内細菌セミナー@赤羽◆4/26(木)13:00~16:00レメディー実践勉強会@両国◆4/29(日)13:00~15:00ボーニングハウゼン小論集セミナー@両国料金2,500円※小論集書籍購入者は500円引き◆5/8(火)13:00~15:00ボーニングハウゼン小論集セミナー@両国料金2,500円※小論集書籍購入者は500円引き本の購入・セミナー予約につきましては、kashinokidou@gmail.comまで

      5
      テーマ:
  • 28Feb
    • 表紙の秘密!?

      3/31発売の『ボーニングハウゼン小論集1』。今回の表紙デザインも大塚のりこさんにお願いしました。表紙はボーニングハウゼンのお顔。私は、他のデザインを提案していたのですが、「イケメン大事!」という、のりさんの提案で、イケメンのボーニングハウゼンの顔が入りました(笑)。いつもステキなデザインをありがとうございます♪それから、ボーニングハウゼンの上下に描かれている植物にも意味があります。なぜ、こんな地味な葉っぱが入っているのか!?この植物の和名は「マツカゼソウ」。学名は"Boenninghausenia albiflora"。ホメオパスでもあり植物学者でもあった、ボーニングハウゼンから名付けられたのです!・・・・・という情報は、フラワーエッセンス研究者の東昭史先生から伺いました。東昭史先生には、今回、一部翻訳の監修もしてくださっています。ボーニングハウゼンが、「植物学の知識のあるホメオパスはなかなかいないだろ?」とでも言うように(笑)、専門用語を駆使して説明している部分があったからです。今回も、いろんな方々のサポートでサポートしてくださった方は、他にもいらっしゃいます(つづく)。

      4
      テーマ:
  • 27Feb
    • 小論集のあらすじ紹介

      3/31発売の『ボーニングハウゼン小論集1』。文字通り、書き下ろし本ではなく、ホメオパシー雑誌に掲載された論文集です。それぞれの論文のあらすじをザザっとご紹介します!◆1.再確認:薬剤を嗅ぐことハーネマンを批判する同業者に対して、弁護士らしい理屈で擁護するボーニングハウゼン。ストットラー先生のネタ元の一つが書いてあります。◆2.痘瘡に対するThujaの治療効果についてタイトル通りの内容ですが、原物質ではなく、ポーテンタイズしたレメディーが効果があったという話。◆3.高ポーテンシーのレメディーボーニングハウゼンによる動物の症例集。◆4.評議員ボーニングハウゼン医師からルンメル医師への書簡ボーニングハウゼンによる狂犬病の犬の症例と、ポーテンタイズの効果についての考察。◆5&6.ホメオパシー史に対する貢献獣医師資格が無いのに動物を治療したと役人が怒り、ボーニングハウゼンが(ホメオパシー愛と共に)弁護士らしい理屈で反論し、役人がそれに感動して許しちゃう話(笑)。◆7.疾病分類学的体系の考え病気の分類が大切、という話と、コレラの症状別レメディーの紹介。◆8.腸チフス熱と高ポーテンシーのレメディー腸チフス熱の詳細な症状像・症例集と、効果のあったレメディーについて。◆9.外傷性の病気と高ポーテンシーのレメディー治療に使うのは原物質か?レメディーか?そして、ポーテンタイズしたレメディーによる症例集。◆10.レメディーの作用期間についてレメディーによって作用する期間がそれぞれ違うという話。今見ても納得な内容です。◆11.本物のチョウセンニンジンの根茎についてのこと植物学者でもあるボーニングハウゼンが、チョウセンニンジンについて語っています。日本についての言及もあります。下記セミナーでは、これらについての詳細および現在の実践的な使用法についてご紹介。セミナーにご参加の方には、書籍の代金を定価から更に100円割引いたします。◆4/29(日)13:00~15:00ボーニングハウゼン小論集セミナー@両国◆5/8(火)13:00~15:00ボーニングハウゼン小論集セミナー@両国本の購入・セミナー予約につきましては、kashinokidou@gmail.comまで。

      テーマ:
  • 26Feb
    • 樫の木堂:ボーニングハウゼン小論集第1弾予約開始!

      3/31に『ボーニングハウゼン小論集1』を販売開始いたします!著者のボーニングハウゼン(ベニングハウゼン)は、ホメオパシーの先駆者であり、世界的に使われているホメオパシーのソフトウェア『RADAR』にも搭載され、日本でも広く使われているホメオパシーのレパートリー"The Bönninghausen Repertory"の作成者です。Amazonでは、税込3,780円+送料・手数料で4月半ば頃から販売開始します。樫の木堂での直接販売・発送は、3月31日(土)から送料無料の定価3,500円で販売致します。さらに、下記の樫の木堂主催セミナーにご参加の方には、定価から更に100円割引いたします。ボーニングハウゼン小論集のセミナーも予定しております。◆3/1(木)13:30~15:30子宮疾患のオーガノパシー@玉川学園前◆3/9(金)13:30~15:30脾臓疾患のオーガノパシー@両国◆3/30(金)13:30~15:30腸内細菌セミナー@赤羽◆4/26(木)13:00~16:00レメディー実践勉強会@両国◆4/29(日)13:00~15:00ボーニングハウゼン小論集セミナー@両国料金2,500円※小論集書籍購入者は500円引き◆5/8(火)13:00~15:00ボーニングハウゼン小論集セミナー@両国料金2,500円※小論集書籍購入者は500円引き本の購入・セミナー予約につきましては、kashinokidou@gmail.comまで※9/14~16のS・バナジー博士来日セミナーに関しましては、 樫の木堂が宣伝担当でしたが、多忙のため、 降板することとなりました。以降は、 sbanerjea2018@rokuwin.com に直接お問合せくださいませ。<ボーニングハウゼン小論集1:目次>※右末尾の番号はページ番号序文 1インド版の序文 3ボーニングハウゼン小論集 41. 再確認:薬剤を嗅ぐこと 42. 痘瘡に対するThujaの治療効果について 83. 高ポーテンシーのレメディー 114. 評議員ボーニングハウゼン医師からルンメル医師への書簡 225. ホメオパシー史に対する貢献 286. ホメオパシー史に対する貢献(続) 367. 疾病分類学的体系の考え 378. 腸チフス熱と高ポーテンシーのレメディー 419. 外傷性の病気と高ポーテンシーのレメディー 6410. レメディーの作用期間について 8411. 本物のチョウセンニンジンの根茎についてのこと 91本書のレメディー一覧(訳者による追加) 101索引 106

      テーマ:
  • 16Feb
    • 初版完売!第2版発売!訂正表掲載

      おかげさまで、コンプトン・バーネット著『脾臓疾患のレメディー』初版が完売いたしました!!誠にありがとうございます。第2版を既に販売しておりますが、初版と第2版の変更点を記述した訂正表が下記からダウンロードできます。初版をお持ちの方、ご利用くださいませ。https://drive.google.com/open?id=1L5ICWPTxDtlQnojoQjJI1uiqmGow9dJQまた、脾臓疾患のオーガノパシーセミナー開催が決定しました!◆3/9(金)13:30~15:30脾臓疾患のオーガノパシー@両国料金:3,000円「子宮疾患のオーガノパシー」で脾臓の重要さに触れたので、「脾臓疾患のオーガノパシー」もご希望に応えて開催させていただくことになりました。脾臓って、イマイチつかみどころがなかったりするんですけど、ご自身やクライアントさんが改善した!という報告をいただくのは、このセミナー後が一番多かったりします。お申込みはkashinokidou@gmail.comまで。

      2
      テーマ:
  • 04Feb
    • 2/2感想:子宮疾患のオーガノパシーセミナー

      2/2 子宮疾患のオーガノパシーセミナー無事終了しました!参加くださった皆様方、ありがとうございました♪今回のセミナーでは、参加者の方々それぞれの体験やケースがどんどん出てきて、まるでケースのシェア会のようなセミナーに。予定の時間を1時間近く超過したとても充実したセミナーとなりました!私自身も勉強になったのですが、それだけ子宮や卵巣の問題に悩む方々が多いということもあり、複雑な気分に(・・;今後、下記の日程で勉強会・セミナーを開催予定です。3/1の子宮疾患のオーガノパシーは、会場の都合で残り3名様となっております。◆2/8(木)13:00~16:00ストットラープレセミナー@南新宿料金:5,000円(リピーター1、000円)◆2/23(金)13:00~16:00レメディー実践勉強会@両国料金:500円◆3/1(木)13:30~15:30子宮疾患のオーガノパシー@玉川学園前料金:2,500円(本購入者は500円引き)お申込みは、kashinokidou@gmail.comまで!(※@を半角にしてください)参加者の感想を抜粋してご紹介いたします。話が飛ぶのが逆により勉強になりました。バーネットの時代と現代の違いが興味深かったです。バーネットの時代のものも使ってみたい…と思いました。レメディーの各先生の比較も勉強になりました!子宮と臓器の関係・白帯下との関係に興味あります。他の方の経験を今日、たくさん伺えてとても良かったです。参加者の皆様の体験談を興味深く聞かせていただきました。自分でも試してみようと思いました。子宮疾患と不妊のレメディーAmazon

      2
      テーマ:
  • 09Jan
    • ストットラー氏講演会2018など各種セミナー・イベントのお知らせ

      2018年もはや9日。今年もよろしくお願いします。2015年11月から本格的に活動開始した樫の木堂。はや3年目に突入いたしました。ここまで続けてこられたのは皆さまのおかげです。今後ともよろしくお願いいたします。2018年の各種セミナー・イベントのお知らせをさせていただきます。◆◆◆【日程決定】エワルト・ストットラー氏講演会2018好評だった2017年12月のエワルト・ストットラー氏講演会。今年の開催も決定いたしました!日程は2018年12月7日(金)~9日(日)。ご参加お待ちしております。2017講義録も鋭意作成中です。◆◆◆【日程延期】サプタルシ・バナジー博士 来日セミナーhttps://peraichi.com/landing_pages/view/sbanerjea20186月28~30日に予定されていたサプタルシ先生のセミナーですが、先生のお子さんの出産予定日が重なってしまったため(なんと7月1日です!)延期させていただくことになりました。日程が決まり次第、改めてご連絡いたします。8月か9月で調整中です。決まり次第、ご連絡させていただきます。◆◆◆【内容決定】子宮疾患のオーガノパシー以下の日程で実施予定です。◆1/27(土)13:30~15:30@両国◆2/2(金)13:30~15:30@両国セミナー内容が以下のように決まりました!バーネットの時代の子宮の治療バーネットの子宮疾患の治療方針子宮疾患・不妊に関係する要因子宮以外の不調子宮疾患のレメディー・Aurum muriaticum natronatum・Bellis perennis・Carbo animalis・Conium maculatum・Fraxinus Americanus・Sepia officinalis・Thlaspi bursa pastoris・Urtica urensケース:男性側の問題による不妊オマケ◆◆◆【参加者・出稿者募集】JustOneDrop日本語版映画上映会&コンサート4月10日に上映予定のホメオパシー映画「JustOneDrop」。ただいま参加者・出稿者募集中です。https://peraichi.com/landing_pages/view/justonedrop下記からチケット購入できます!https://peatix.com/event/319666/view◆◆◆【日程決定】ヒラリー・ドリアン来日プレセミナー5月19~20日イギリスのホメオパス ヒラリー・ドリアン先生の来日講演で腸内細菌と皮膚をテーマにセミナーを開いてくださるのに合わせ、樫の木堂は2月3日(土)に腸内細菌についてのセミナーを開催します。詳細は以下のページをご参照ください。https://www.facebook.com/events/937866133080133/◆◆◆その他の今後のセミナー◆1/11(木)13:30~16:30ストットラープレセミナー@南新宿Bun cafe料金:5,000円(リピーター1,000円)◆1/22(月)13:30~15:30静脈疾患のオーガノパシー@両国料金:3,000円◆2/19(月)13:30~15:30子宮疾患のオーガノパシー@Skypeお申込みはkashinokidou@gmail.comまで。最後までお読みくださいましてありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

      7
      テーマ:
  • 18Dec
  • 17Dec
    • 初版完売!第2版発売!訂正表掲載

      おかげさまで、コンプトン・バーネット著『肝臓疾患のレメディー』初版が完売いたしました!!誠にありがとうございます。第2版を既に販売しておりますが、初版と第2版の変更点を記述した訂正表が下記からダウンロードできます。ご利用くださいませ。https://drive.google.com/open?id=1EUxygfYOPpTAukm4SenacKTs9hY6m_Ry誤字・脱字など、気になる点がございましたら、御連絡ください。「正しい資料を後世の方々に残したい」という思いがございますので、アメブロやFacebookでは、書籍発売・セミナー情報だけではなく、修正情報なども掲載していく予定です。今後とも、よろしくお願いいたします。

      1
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。