レメディの本 樫の木堂
樫の木堂の書籍・セミナーのラインナップは、以下のページをご参照ください!

レメディの本 樫の木堂
  • 11Apr
    • 『エワルト・ストットラー氏講演会講義録2019 1日目』販売開始!の画像

      『エワルト・ストットラー氏講演会講義録2019 1日目』販売開始!

      2019年12月に開催されたストットラー先生による講演会1日目の内容が収録された講義録『エワルト・ストットラー氏講演会講義録2019 1日目』の販売を開始いたしました!いつもは、入荷日程が決まってから、予約を開始していますが、今回は、明日(4/14)入荷ですので、購入された方には、すぐに発送準備いたします!ビギナークラス1日目の内容です。ホメオパシーの基礎は基礎だけど難しい『オルガノン』『慢性病論』の講読。講義録をお読みになれば、より理解が深まるようになっています。アドバンスドの方々にとっても初耳の、カルダモンのレメディーや、長年疑問だった「なぜ根本治療の終わりがPsor.ではないのか?」の答えもいただけました。また、1年かけてホメオパスから集め、セミナー終了後に先生から回答いただいた、選りすぐりのQ&A集もあります。定価:19,000円2019年講演会1日目参加者:4,000円※4月末までにご注文&ご入金の方は 送料無料です! 未購入の過去の講義録や書籍があれば、 まとめて送料無料で送付します。※ストットラーウェビナー日本語サポート参加者は、 さらにそれぞれ1,000円引きいたします!※定価での購入者先着3名様に限り、 当日の配布資料プレゼント! (講義録に無い情報も入っています)この本に基づいた復習会をご希望の方は、現在、対面ではなくSkypeでお受けしています。お好みの時間で開催させていただきますので、ぜひ、お問合せください。講義録の内容の詳細は、この投稿の巻末をご参照ください。※Amazonでの販売はございません。 樫の木堂直接お申込みのみの販売となります。※お一人様1冊のみのご購入です。◆◆◆ストットラー氏講演会2019 1日目 参加者の感想◆◆◆基礎講座が受けられて良かったです。今までいまいちわからなかった先生の処方の理由などが明らかになりました。すべてがsimilarだというのはとても腑に落ちました。これは初心者の人だけでなく後半の人にも聞かせてあげたい内容だと思いました(私は両方出席しますが、後半だけくる人が知らないのは気の毒)まさか初心者コースでこんな話されると思っていないでしょうから…。オルガノンをこのように体系立てて教えて頂けると非常に良く理解できました。再度読んでみようと思いました。◆◆◆「ストットラー氏講義録2019 1日目」内容◆◆◆※右の数字はページ番号疾患の発展 1類似の法則 1エネルギー的な疾患と肉体的な疾患 2自然と文化:オルガノン序文 3ソーラ:『オルガノン』§80 3スフィリス:『オルガノン』§79 4サイコーシス:『オルガノン』§79 5チュバキュローシス 6カーシノシン 6疾患の分類 7事故・出来事・生い立ち:『オルガノン』§73 8急性マヤズムによる疾患:『オルガノン』§73 8流行病:『オルガノン』§73 8医原病:『オルガノン』§74 9性感染症:『オルガノン』§79 9遺伝による疾患:『オルガノン』§78 10レメディーを理解すること:『慢性病論』P5 10変性した臓器の疾患:『オルガノン』§279 11生い立ちのレメディー 11疾患の発展まとめ 12『オルガノン』『慢性病論』購読 14医師の使命:『オルガノン』§1 14理想の治療、悪化と免疫の関係:『オルガノン』§2 15何を治療すべきか:『オルガノン』§3 16疾患を治療する:『オルガノン』§4 17急性病の誘因:『オルガノン』§5 18疾患と症状を刺激する要因:『オルガノン』§7 19Q:カルダモン(Carda.)のレメディーは何に使うのか? 22バイタルフォース:『オルガノン』§9 22バイタルフォースの乱れと疾患:『オルガノン』§11 23疾患の分類:『オルガノン』§71 25急性病と慢性病:『オルガノン』§72 25急性病・慢性病・急性マヤズム・潜伏性のソーラ:『オルガノン』§73 26医原病:『オルガノン』§74 30アロパシー治療の害:『オルガノン』§75、76 31不足による疾患:『オルガノン』§77 33慢性マヤズム:『オルガノン』§78 34スフィリスとサイコーシス:『オルガノン』§79 36ソーラ:『オルガノン』§80 37Chin.と間欠熱(周期性の疾患):『オルガノン』§244、234 40抗疥癬マヤズムレメディー:『慢性病論』P238、P242 46臓器の変性と低ポーテンシー:『オルガノン』§279 47『オルガノン』第6版の重要な概念 49Q:遺伝的な疾患は根本の位置にあるのではないか? 52慢性病治療中の急性病の対処:『慢性病論』P217、215 55Q:根本治療の最後のレメディーはPsor.ではないのか? 59最後の悪化:『オルガノン』§280 60質問集 63Q:Qポーテンシーの救急のキットがあるのか? 63Q:事故や怪我の緊急時にレメディーを選ぶ時間が無いので混ぜて与えてもよいか? 63Q:フラワーエッセンスとレメディーの併用についてどう思うか? 63Q:ホメオパシー治療にHCVウイルス抗体の値がマイナスになった場合は改善?抑圧? 63Q:マヤズムのレメディーのポーテンシーは最高いくつまで使ったことがあるか? 63Q:Cポーテンシーで根本治療はできないのか? 64Q:Nat-m.をずっと何年も使い続け、ポーテンシーがすごく高くなってしまった場合、いくつまで使ってよいのか? 64Q:介入レメディーを高いポーテンシーまで使っていた場合の急性時の処方 64レメディー略称一覧 65ボーリッケのマテリア・メディカ 67China officinalis(Chin.) ペルーのキナ皮 67

  • 13Feb
    • 完訳!ボーリッケのマテリア・メディカの画像

      完訳!ボーリッケのマテリア・メディカ

      ウィリアム・ボーリッケのマテリア・メディカを翻訳する「BMプロジェクト」。ついに本日、688個のレメディーのマテリア・メディカ全ての翻訳が終了しました!昨年4月に80個のレメディーから始めて、1年足らずで、取り急ぎ、翻訳を完了させることができました。多くの皆さんの応援のおかげです!これから、表記の統一や全体見直しなど、まだ、これからいくつか行程がありますが、年内の書籍出版目指して、作業を継続していきます。入会いただいた方に、Dropbox内にある「BMプロジェクト」の本番フォルダのアクセス権を「無期限で」差し上げます。このフォルダ内のアクセス権を・自分のパソコンで閲覧できる・スマホやタブレットなどのモバイルで閲覧できる・文字を拡大できる・ダウンロードできる・ファイル内検索できる・紙に出力できるなどのメリットがあります。※個人での利用に限ります。 ネットやアプリへの転載、再配布、転売は禁止します。利用者の方々から・スマホで閲覧できるので、 いつでもどこでも参照できる。・重い本を持ち歩かずに済むのでラク。・老眼なので拡大できて読みやすい。・検索できて便利。と、大変ご好評をいただいております。<料金>有料サービスとなります。サービス入会料金は以下のとおり。・ストットラー氏講演会参加経験者(講義録購入者含む):5,000円・樫の木堂セミナー参加経験者・書籍購入者:6,000円・それ以外の方:7,000円<運営手順>①kashinokidou@gmail.comにメールする。 Dropboxで使用しているメールアドレスを ご連絡ください。  ※@は半角にご変更ください。②入会料金を振り込む。 入金を確認し次第、 データを格納しているDropbox内の共有フォルダに ご招待します。 データをダウンロードできます。 ※ご参加にはDropboxのアカウントが必要です。

  • 01Feb
    • 4/12(日)&4/16(木):フラワーエッセンスとレメディーの使い分け調査報告会の画像

      4/12(日)&4/16(木):フラワーエッセンスとレメディーの使い分け調査報告会

      1/2より、このブログで、「フラワーエッセンス&レメディー使い分けに関する調査のお願い」と題して、ホメオパシーとフラワーエッセンス(以下FE)の使い分け・併用のアンケートをお願いいたしました。アンケートには40名以上の方からご回答いただき、既に15名程の個別インタビューを終えています。多くの方々にご協力いただきまして、大変感謝しております。基本的に、ホメオパシーを主に使っている方のうち、FEをほとんど使ったことがない方や、FEのヘビーユーザーや臨床経験が豊富な方まで、様々な方々のご意見を伺っています。ホメオパシーのレメディーと、フラワーエッセンスの違いについて今まで、ぼんやりとしか知らなかったのですが、両者を比較する観点から、一人一人、お話を聞かせていただくたびに、賛否両論、様々な意見があり、ホメオパシーの長所短所を改めてとらえ直すことができ、とても新鮮な発見をしています。ぜひ、この興味深い調査結果を皆さんにお伝えしたいと考え、調査報告会を設定しました。できるだけ多くの方々に聞いていただきたいので、2月末までのご予約の場合は、1,000円(会場費と資料代として)のみご負担ください。◆4/12(日)13:30~15:30◆4/16(木)13:30~15:30料金1,000円(2月末までのご予約)2,500円(3月以降&Skype)※両日とも同内容です。※Skypeでのご参加をご希望の方は、 4月末以降、別日程にて 随時受け付けております。はじめは、皆さんの日々の生活やクライアントの方々に役立つように、主に、作用や使用の違いについて、明確にできればと考えていましたが、それぞれの印象やイメージなど、マーケティングの面からも、大きな違いが見えてきました。ですので、ホメオパスやその学生さんだけではなく、レメディーの販売店さんや、FEのプラクティショナー・ユーザーさんにも聞いていただけると嬉しいです♪ご予約は、kashinokidou@gmail.comまで。※@を半角にしてください。主に、次のような内容についての報告を予定しています!ーーーーーーーーー・レメディーと比較したFEの長所・短所(商品面)・レメディーと比較したFEの長所・短所(効果面)・FEを併用する目的・レメディーで生じた好転反応の対処法・FEの選び方・様々な使用用途・目的別FE摂取法・併用NGという意見とその理由・FEで好転反応が出た時の対処法・FEブランドごとの印象と特徴の違いand more...

  • 20Jan
    • 早くもいきなり講義録4日目予約開始!の画像

      早くもいきなり講義録4日目予約開始!

      2019年12月に開催されたストットラー先生による講演会4日目の内容が収録された講義録『エワルト・ストットラー氏講演会講義録2019 4日目』の予約を開始いたします。2月10日頃入荷&発送予定です。4日目の主なテーマは、ホルモンのレメディーについてでした。ホルモンのレメディーは、使用するには様々な条件やタイミングがあります。クライアントさんに最善となるように適切に使用して欲しいので、2019年の講義録のうち、最初に出版することにいたしました。定価:26,000円2019年講演会4日目参加者:3,000円※1月末までにご注文&ご入金の方は 送料無料です!※定価での購入者先着5名様に限り、 当日の配布資料プレゼント! (講義録に無い情報も入っています)※この日の参加料金に応じた定価になっています。 他の日の講義録は、4日目よりお安くなります。また、この本に基づいた復習会も開催予定です。詳細については、下記の下部の「今後のセミナー予定」をご参照ください。講義録の内容の詳細は、この投稿の巻末をご参照ください。※Amazonでの販売はございません。 樫の木堂直接お申込みのみの販売となります。※お一人様1冊のみのご購入です。◆◆◆今後のセミナー予定◆◆◆◆2/15(土)13:00~16:00ストットラー講演会4日目復習会@渋谷料金:1,100円(※講演会出席者・講義録購入者のみ)◆2/19(水)13:00~16:00ストットラー講演会4日目復習会@渋谷料金:1,100円(※講演会出席者・講義録購入者のみ)◆3/5(木)13:00~15:00ボーニングハウゼン小論集セミナー1@渋谷料金:2,750円◆◆◆ストットラー氏講演会2019 4日目 参加者の感想◆◆◆今日のコルチゾールのレメディ、まさに今、聞きたかったレメディでした。使う時間、他のレメディとの使い分け、とても参考になりました!コルチゾールの前にいろいろ試して次の手があるのが心強いと思いました。ホルモン系の乱れもとても感じるので嬉しいです。ホルモンのレメディーの使い方、現代人にはとても必要な情報だったと思います。すぐに使いたいと思います。コルチゾールの話、今の日本にはとても必要だと思い、これで動いていくケースが多いのかもと思いました。糖尿病に使える新しいレメディの紹介もあり、興味深かったです。◆◆◆「ストットラー氏講義録2019 4日目」内容◆◆◆※右の数字はページ番号ホルモンのレメディー 1Cortisolum 1Adren. 9Prolactine 10ホルモンのレメディーのポーテンシーの決定 13ホルモンのレメディーを使用する際の注意 13Q:Cortisolumと併用する動植物のレメディーのポーテンシーは? 14Q:ホルモンのレメディーにマヤズムのノゾースを処方に加えてもよいのか? 15Q:Adren.のレメディーもCortisolumと同じように使うのか? 15Q:オーガンサポートとして低ポーテンシーで与える場合は嗅ぎ?滴下? 16Q:オーガンサポートとしてQ1で与える場合は叩くのか?叩かないのか? 16Q:低血圧のレメディーは? 17コルチゾールとステロイド 17Glucagonのレメディーと成人潜在性自己免疫性糖尿病のケース 24Q:摂っているアロパシー薬を減らしてもらう方法について 31Q:Glucagonのレメディーを低血糖に使えるか? 32Q:レメディーで1型糖尿病のクライアントの血糖値が下がる場合の下がり方は? 32ケース:アトピーとネフローゼ症候群併発のケース(4歳男児) 32クライアント 32主訴 32本人の病歴 33家族の病歴 33前ホメオパスの処方レメディー 33現在のホメオパスによる所見と処方 35ケース検討 37Q:レメディーの多種投与で悪化しているケースへの考え方と対応について 49Q:腎臓の問題の原因はレメディーの多種投与によるものか? 49Q:このクライアントの結核傾向(Tub-b.かTub-r.か)について 49Q:介入レメディーを与えると悪化するので介入レメディー無しの処方でも良いか? 51Q:ネフローゼ症候群の再発時の急性対応は? 51Q:レメディーのアルコール濃度の調整について 51Q:このクライアントに将来的に必要になる根本レメディーは? 52Q:投与量を下げる手段の優先順位 53ケース:発達障害(12歳男児) 54クライアント 54主訴の様子と経過 54タイムライン 55家族病歴(クライアントが6歳当時のもの) 57全身の状態 58先生の処方とその後の経過(2018/12~2019/01) 59その後の経過:2019/2~2019/9 61ケース検討 62レメディー略称一覧 73

  • 06Jan
    • ストットラー&バナジー オランダコングレス(5/23、24、25)のご案内の画像

      ストットラー&バナジー オランダコングレス(5/23、24、25)のご案内

      ※諸事情によりコングレスは 延期となりました。 ご了承くださいませ。------------ホメオパシーを愛する皆さまへ「現代の病気」を効果的に改善に導くにはどのようにすればよいか?バナジープロトコルは、このテーマの中心となります。・神経学:ALS、パーキンソン病、認知症、癲癇・内分泌学:ホルモン障害・膵臓の疾患:糖尿病、膵炎、癌など・各癌の改善における最新の情報下記の素晴らしい学術大会が計画されています。英語での発表となります。純粋な臨床上の多くのクライアントのケーススタディー。現代の病気の改善に対する大きな後押しとなります。日時:2020年5月23日、24日(2日間)※25日はマスタークラスが用意されています。場所:ファン デル ファルク シアターホテル アルメロ(オランダ)(飛行機、電車、車、いずれもアクセスしやすい場所です。アムステルダムのスキポール空港から公共機関の電車や車でたった1時間半です。)メインの発表者:プラティップ・バナジー&エワルト・ストットラー◆発表者:プラティップ・バナジーバナジープロトコルの共同考案者であり、インドのコルカタに本拠地を置くプラサンタ・バナジー財団の共同設立者。(プラサンタ・バナジー氏とプラティップ・バナジー氏による)臨床上の実践と経験に基づき、世界的に知られているバナジー・プロトコルと呼ばれるプロトコルへと昇華させた。両氏は臨床において、毎日1,000人のクライアントの相談を受け、そのクライアントたちは、バナジー・プロトコルによる処置を受けている。両氏の科学的な経験は、大きな成果を上げ、賞賛を受けている。◆発表者:エワルト・ストットラー40年に渡る臨床において、フルタイムで経験を積み重ねている。『オルガノン』『慢性病論』の終わりなき研究者であり、国内外で、多くの学生とホメオパスを教え、彼が発展させてきた創造力は、尊敬の的となっている。『オルガノン』第4版と第6版、『慢性病論』のギャップを埋めるべく、日夜研究を重ねる理論的指導者である。2020年1月31日まで早割料金で予約できます!350ユーロ→300ユーロ詳細は、下記のページをご参照くださいませ。https://ewaldstoteler.com/shop/congress-banerji-protocols-homeopathy/?mc_cid=1477d2000c&mc_eid=%5bUNIQID%5dバナジー先生とストットラー先生のマスタークラスが5/30(月)に用意されています。--------------Dear colleague,How can we effectively treat “contemporary diseases”? The Banerji protocols are central to thisNeurology: ALS, Parkinson’s, Dementia, EpilepsyEndocrinology; hormonal disturbancesPancreatic diseases; diabetes, inflammation of pancreas, cancer etc.The latest developments in the treatment of different cancersA fantastic congress is planned, English spokenPurely practical, many case studies live patientsA mega boost for the treatment of diseases of our time.Date: 23 en 24 May 2020 (2-Day)Location: Van der Valk Theaterhotel Almelo, The Netherlands(The location is easily accessible by plane, train or car. Only one and a half hours from Schiphol Amsterdam, by public transport or car)Main speakersDr. Pratip Banerji and Ewald Stoteler Dr. Pratip BanerjiCo-founder of the Banerji Protocols and co-founder of the Prasanta Banerji Foundation in India, Calcutta. On the basis of their praxis (Dr. Pratip and Dr. Prasanta Banerji) and experience, the developed the so called Banerji Protocols, well known all over the world. In their Practice they see 1000 patients every day, who are treated according to the protocols. Their scientific experiences have since been praised for their excellent results.Ewald Stoeteler, classical homeopathAlmost 40 years of full time experience in his homeopathic practice. His endless studying of the Organon and The Chronic diseases, the tutoring of many students and colleagues, at home and abroad, and the many initiatives he has developed, evoke our respect. He is an homeopath and philosopher trough en through and fills the gap between the two extremes; the 4th and the 6th edition of Hahnemann’s Organon and the Chronic Diseases.More information Early booking discount until January 31, 2020!Additionally bookableMasterclass with Pratip Banerji and Ewald StötelerPossibility to follow the Masterclass day with Pratip Banerji and Ewlad Stöteler following this conference on Monday the 25th of May Best regards,Ewald StötelerCopyright © 2020 Stichting Hahnemann Homeopathie, All rights reserved.

  • 02Jan
    • フラワーエッセンス&レメディー使い分けに関する調査のお願いの画像

      フラワーエッセンス&レメディー使い分けに関する調査のお願い

      セミナーなどで、様々な参加者さんにお会いしていると、ホメオパシーとフラワーエッセンス(以下FE)を使い分け・併用している方が、よくいらっしゃることに気づきました。そこで、それぞれをどのように使っているのか、実態調査をしたいと思いました。アンケートにご協力いただけましたなら幸いです。以下のフォームから回答できます。◆フラワーエッセンスとレメディーの使用調査 アンケートフォーム https://forms.gle/ibvmf8WfQeG8qYvW8期限:2020年1月末まで調査結果がまとまりましたら、何らかのご報告をさせていただきます。ご協力よろしくお願いいたしますm(_ _)m

    • ストットラー先生のウェビナー開始!&日本語サポートありますの画像

      ストットラー先生のウェビナー開始!&日本語サポートあります

      樫の木堂主催で2016年から4年に渡り、来日セミナーを開催してくださった、エワルト・ストットラー先生のウェビナー(Webセミナー)がいよいよ始まります!定期的なサポートをずっとお願いしていましたので、叶えてくださって本当に感謝です!<日程>第1回:2020/2/21(金)日本時間18時~第2回:2020/4/1(水)日本時間17時~第3回:2020/8/28(金)日本時間17時~第4回:2020/10/23(金)日本時間17時~※各回、約2時間です。英語でのセミナーですが、英語が苦手という方には、樫の木堂が日本語のサポートをします!日本語でのサポート内容&お申込み方法は、以下のとおりです。◆まずは、下記サイトからウェビナーに申し込んで 100ユーロをオランダの事務局にお支払いください。https://homeopathy.webinargeek.com/cmm-and-posology-case-studies※料金は全4回で100ユーロです。 全部受けても、1つだけでも100ユーロみたいです。 (単発受講・単発支払いというオプションは無いということです)次のように登録すると良いでしょう。1.最初のページの「Date and time」のメニューはそのままいじらずに、 First name(名前)とEmail(メールアドレス)を入力して "CONFIRM SIGN-UP"ボタンを押す。2.登録したメールアドレス宛に、ウェビナーのリンクが届く。 →ページの仕様で支払い前にリンクが届いてしまいますが、  支払いを済ませないとアクティブにはならないようです。3.クレジットカードやPaypalで支払い手続きをする。4.登録したメールアドレス宛に、支払い完了メール "Confirmation of your payment"が届く。◆ウェビナー登録の確認として、 kashinokidou@gmail.com宛に  支払い完了メールを転送 orスクリーンショットを送付していただきます。※登録者のみの日本語サポートです。 ご了承くださいませ。◆ウェビナー4回分のサポート料金として、20,000円 (スト先生講演会2019参加者は18,000円)を樫の木堂にお振込いただきます。 ※単発受講&サポートはできません。◆ご入金いただき次第、ウェビナーフォロー用の Dropboxのフォルダにご招待します。(BMプロジェクトと同じ形態) そこには、第1回~4回のフォルダを用意しています。◆次のサポートを提供します。・日本語による講義録。・質問を英語に翻訳して事務局に提出(開催10日前に締切)。・テーマのリクエストを英訳して事務局に提出(開催10日前に締切)。・復習会開催(希望者のみ。別途料金要(対面1,000円、Skype2,000円))。※リアルタイムでのサポートはありません。◆ケースの英訳・あっせんは サービスに含まれません。 ケースの監修を先生にお願いしたい方は、 各自で翻訳を用意して、直接、 事務局にご提出ください。 当初、ケースの英訳・あっせんも サービスに含めようと思っていましたが、 行わないことに決めました。 理由は、日本語でのサポートを 手厚くしてほしいという 要望があり、講義録レベルのものを 作成するとなると、 ケースを翻訳する余裕がなくなるということ。 それから、先生がケースを必ず取り上げるという 保証がないこと。 また、シェアするのに役立つケースかどうか こちらでは判断できないということもあります。 ただし、次のサポートはします。 ・ケースのまとめ方のアドバイス。 ・翻訳してくださるホメオパスのご紹介。 →翻訳料金や期限などは、その翻訳者とご相談ください。 ・翻訳されたケースを事務局に提出(必要な方のみ)。◆ウェビナー終了後、Dropboxのそれぞれのフォルダに、 講義録のPDFファイルを格納しますので、 各自ダウンロードしてください。 →次のウェビナーまでにはアップロードします。 ※途中参加の人も同じ料金なので、  1回目からの資料を見られるわけです。  ただし、質問する機会は減ります。◆講義録について日本語の手厚いサポートの希望が多かったので、講義録に近いものを用意することにしました。そのため、サポート代金は、1回につき講義録参加者料金(約5,000円)を目安に設定しました。ストットラー先生の日本でのセミナーは、1日6時間ですが、翻訳をはさむので、1日約3時間分の内容ということになります。ウェビナー8時間分の内容を100ユーロ(約13,000円)+20,000円=32,000円で利用できるということは、リーズナブルであると思います。試しに、ストットラー先生のインタビューの最初の3分の書き起こしをしました。この水準の書き起こしを講義録としてご用意します。---------以下書き起こし---------「(インタビュアー)疾患の分類について手短に説明してほしい。(ストットラー先生)まず、私のメソッドではなくハーネマンのメソッドである。30年間勉強してきたが、ハーネマンのホメオパシーは患者ではなく疾患を治療していたことが分かっている。ハーネマンは『オルガノン』の§71~81で様々な種類の疾患について言及している。大別すると、原因が外側にある疾患と、ソーラ・サイコーシス・スフィリスのようなマヤズムの傾向を基盤とした(内側の)慢性的な根本の疾患がある。原因が外側にある疾患とは、出来事・急性マヤズム・流行病で、急性的な特徴があり、突然始まり、急激に盛り上がり、終了がハッキリしていて消える。慢性病は全くことなり、ゆっくりで、30、40年後に最終的に慢性症状で死ぬ。バイタルフォースがソーラにゆっくりと影響を受けるためである。サイコーシスは全く逆で、素早く、激しく、過剰に反応する。3番目はスフィリスである。自己破壊傾向がある…。」---------書き起こし終わり---------開催時間を見ると分かりますが、全世界の参加者を対象とした英語でのセミナーとはいえ、日本の参加者の方々が参加しやすい時間帯での開催となっております!以上、ふるってご参加ください。皆さんの勉強に役立つよう、サポートさせていただきます。

  • 16Dec
    • エワルト・ストットラー氏講演会講義録再版の画像

      エワルト・ストットラー氏講演会講義録再版

      在庫切れになっていたエワルト・ストットラー氏講演会2016年、2017年の講義録を再版します。完全注文生産で、注文冊数のみ印刷発注予定です。◆2016年、2017年講義録について2016年:1冊16,000円2017年:1冊18,000円ですが、2019年講演会参加者は1冊1,000円引きとなります。◆2018年講義録について定価は質問集:16,000円1~3日目:22,000円「2018年(2019年ではありません)講演会参加者」は、質問集:12,000円ご自身が出席した日:5,000円となります。欠席した日は定価22,000円です。ご希望の方は、12月末までにご連絡ください。それまでの注文分をまとめて発注し、1月にご入金ご案内・発送いたします。※再版決定した場合は、1月初めに入金方法をご案内します。※在庫が残っている2018年講義録は ご入金いただければ、すぐに発送いたします。 内容は、下記のページにてご確認くださいませ。在庫ナシ①エワルト・ストットラー氏講演会2016  相談会・質問集https://ameblo.jp/kashinokidou/entry-12256698421.html在庫ナシ②エワルト・ストットラー氏講演会講義録2016 1日目(11月4日)https://ameblo.jp/kashinokidou/entry-12275723573.html在庫ナシ③エワルト・ストットラー氏講演会講義録2016 2日目(11月5日)https://ameblo.jp/kashinokidou/entry-12287207665.html在庫ナシ④エワルト・ストットラー氏講演会講義録2016 3日目(11月6日)https://ameblo.jp/kashinokidou/entry-12298610347.html在庫ナシ⑤エワルト・ストットラー氏講演会講義録2017 1日目・質問集https://ameblo.jp/kashinokidou/entry-12363431376.html在庫ナシ⑥エワルト・ストットラー氏講演会講義録2017 2日目https://ameblo.jp/kashinokidou/entry-12377828316.html在庫ナシ⑦エワルト・ストットラー氏講演会講義録2017 3日目https://ameblo.jp/kashinokidou/entry-12390076054.html在庫有!⑧エワルト・ストットラー氏講演会2018  ケース・質問集https://ameblo.jp/kashinokidou/entry-12438747884.html在庫有!⑨エワルト・ストットラー氏講演会講義録2018 1日目https://ameblo.jp/kashinokidou/entry-12455877293.html在庫有!⑩エワルト・ストットラー氏講演会講義録2018 2日目https://ameblo.jp/kashinokidou/entry-12496872875.html在庫有!⑪エワルト・ストットラー氏講演会講義録2018 3日目https://ameblo.jp/kashinokidou/entry-12528788026.html

  • 22Nov
    • 樫の木堂 臨時休業のお知らせ(12/3(火)~12/12(木))

      樫の木堂は、ストットラー氏講演会対応のため、12/3(火)~12/12(木)の間、臨時休業をいただきます。この間、Amazonでの販売も停止致します。臨時休業中にいただいたメールのご返信は、12/13(金)以降とさせていただきます。ご了承くださいませ。<ストットラー氏講演会について>詳細は下記のページをご参照ください。11/30までのお申込みです。https://ameblo.jp/kashinokidou/entry-12496848624.html今年は、残席ありますので、当日受付もする予定です。各日、1,000円プラスでお受けいたします。12/8(日)のみ残席少なくなっておりますので、ご注意くださいませ。

  • 09Nov
  • 17Oct
    • 持ち運びに便利なボーリッケのマテリア・メディカの画像

      持ち運びに便利なボーリッケのマテリア・メディカ

      ウィリアム・ボーリッケのマテリア・メディカを翻訳する「BMプロジェクト」。皆さまの応援のおかげで、全体の4分の3にあたる510個まで翻訳が終わりました!始めた時は2~3年かかることを想定していましたが、皆さまのご参加のおかげで、かなり早いペースでここまで来ました!入会いただいた方に、Dropbox内にある「BMプロジェクト」の本番フォルダのアクセス権を「無期限で」差し上げます。このフォルダ内のアクセス権を・自分のパソコンで閲覧できる・スマホやタブレットなどのモバイルで閲覧できる・文字を拡大できる・ダウンロードできる・ファイル内検索できる・紙に出力できるなどのメリットがあります。※個人での利用に限ります。 ネットやアプリへの転載、再配布、転売は禁止します。利用者の方々から・スマホで閲覧できるので、 いつでもどこでも参照できる。・重い本を持ち歩かずに済むのでラク。・老眼なので拡大できて読みやすい。・検索できて便利。と、大変ご好評をいただいております。<料金>有料サービスとなります。サービス入会料金は以下のとおり。・ストットラー氏講演会参加経験者(講義録購入者含む):5,000円・樫の木堂セミナー参加経験者・書籍購入者:6,000円・それ以外の方:7,000円<運営手順>①kashinokidou@gmail.comにメールする。 Dropboxで使用しているメールアドレスを ご連絡ください。  ※@は半角にご変更ください。②入会料金を振り込む。 入金を確認し次第、 データを格納しているDropbox内の共有フォルダに ご招待します。 データをダウンロードできます。 ※ご参加にはDropboxのアカウントが必要です。今まで翻訳したレメディー一覧です。これからどんどん追加していきます。--------------ABROT: ABROTANUMABSIN: ABSINTHIUMACET-AC: ACETICUM ACIDUM (ACETIC ACID)ACETAN: ACETANILIDUMACON: ACONITUM NAPELLUSACT-SP: ACTAEA SPICATA (ACTEA SPICATA)ADON: ADONIS VERNALISADREN: ADRENALINUM (ADRENALIN)AESC: AESCULUS HIPPOCASTANUMAETH: AETHUSA CYNAPIUMAGAR: AGARICUS MUSCARIUS (AGARICUS MUSCARIUS-AMANITA)AGN: AGNUS CASTUSAIL: AILANTHUS GLANDULOSAALF: ALFALFAALL-C: ALLIUM CEPAALL-S: ALLIUM SATIVUMALOE: ALOE SOCOTRINA (ALOE)ALUM: ALUMINAAM-BE: AMMONIUM BENZOICUMAMBR: AMBRA GRISEAAM-BR: AMMONIUM BROMATUMAM-C: AMMONIUM CARBONICUM (AMMONIUM CARB)AM-CAUST: AMMONIUM CAUSTICUMAMGD-P: AMYGDALUS PERSICAAM-I: AMMONIUM IODATUM (AMMONIUM JODATUM)AML-NS: AMYLENUM NITROSUM (AMYL NITROSUM)AM-M: AMMONIUM MURIATICUMAMMC: AMMONIACUM GUMMI (AMMONIACUM-DOREMA)AM-P: AMMONIUM PHOSPHORICUMAMPE-QU: AMPELOPSIS QUINQUEFOLIA (AMPELOPSIS)AM-PIC: AMMONIUM PICRICUM (AMMONIUM PICRATUM)AM-VAL: AMMONIUM VALERIANICUMANAC: ANACARDIUM ORIENTALE (ANACARDIUM)ANG: ANGUSTURA VERAANH: ANHALONIUM LEWINII (ANHALONIUM)ANT-C: ANTIMONIUM CRUDUMANTHRACI: ANTHRACINUMANT-T: ANTIMONIUM TARTARICUMAPIS: APIS MELLIFICAAPOC: APOCYNUM CANNABINUMARAL: ARALIA RACEMOSAARAN: ARANEA DIADEMAARG-MET: ARGENTUM METALLICUMARG-N: ARGENTUM NITRICUMARIST-M: ARISTOLOCHIA MILHOMENSARN: ARNICA MONTANA (ARNICA)ARS: ARSENICUM ALBUMARS-BR: ARSENICUM BROMATUMARS-H: ARSENICUM HYDROGENISATUMARS-I: ARSENICUM IODATUMARUM-T: ARUM TRIPHYLLUMARUND: ARUNDO MAURITANICA (ARUNDO)ASAF: ASA FOETIDA (ASAFOETIDA)ASAR: ASARUM EUROPAEUM (ASARUM EUROPUM)ASTER: ASTERIAS RUBENSAUR: AURUM METALLICUMAUR-M-N: AURUM MURIATICUM NATRONATUMAVEN: AVENA SATIVAAZA: AZADIRACHTA INDICABAC: BACILLINUM BURNETT (BACILLINUM)BAD: BADIAGABAPT: BAPTISIA TINCTORIA (BAPTISIA)BAR-C: BARYTA CARBONICA (BARYTA CARB)BAR-I: BARYTA IODATABAR-M: BARYTA MURIATICABELL: BELLADONNABELL-P: BELLIS PERENNISBENZ-AC: BENZOICUM ACIDUMBERB: BERBERIS VULGARISBETA: BETA VULGARISBISM-SN: BISMUTHUM SUBNITRICUM (BISMUTHUM)BLATTA-A: BLATTA AMERICANABLATTA-O: BLATTA ORIENTALISBOR-AC: BORICUM ACIDUMBORX: BORAX VENETA (BORAX)BOV: BOVISTA LYCOPERDON (BOVISTA)BROM: BROMIUM (BROMUM)BRY: BRYONIA ALBA (BRYONIA)BUFO: BUFO RANA (BUFO)BUT-AC: BUTYRICUM ACIDUM (BUTYRIC ACID)CACT: CACTUS GRANDIFLORUS (SELENICEREUS SPINULOSUS)CADM-S: CADMIUM SULPHURATUMCAIN: CAINCA (CAHINCA)CALAD: CALADIUM SEGUINUMCALC: CALCAREA CARBONICA (CALCAREA CARBONICA - OSTREARUM)CALC-ACT: CALCAREA ACETICACALC-AR: CALCAREA ARSENICOSA (CALCAREA ARSENICA)CALC-F: CALCAREA FLUORICA (FLUOR SPAR)CALC-I: CALCAREA IODATACALC-P: CALCAREA PHOSPHORICACALC-S: CALCAREA SULPHURICACALC-SIL: CALCAREA SILICATACALEN: CALENDULA OFFICINALISCAMPH: CAMPHORACANN-I: CANNABIS INDICACANN-S: CANNABIS SATIVACANTH: CANTHARIS VESICATORIA (CANTHARIS)CAPS: CAPSICUM ANNUUM (CAPSICUM)CARB-AC: CARBOLICUM ACIDUMCARB-AN: CARBO ANIMALISCARBN-S: CARBONEUM SULPHURATUMCARB-V: CARBO VEGETABILISCARC: CARCINOSINUM (CARCINOSIN)CARD-M: CARDUUS MARIANUSCAUL: CAULOPHYLLUM THALICTROIDES (CAULOPHYLLUM)CAUST: CAUSTICUMCEAN: CEANOTHUS AMERICANUS (CEANOTHUS)CHAM: CHAMOMILLACHEL: CHELIDONIUM MAJUSCHELO: CHELONE GLABRA (CHELONE)CHEN-A: CHENOPODIUM ANTHELMINTICUMCHIM: CHIMAPHILA UMBELLATACHIN: CHINA OFFICINALIS (CINCHONA OFFICINALIS)CHININ-A: CHININUM ARSENICOSUMCHININ-S: CHININUM SULPHURICUMCHION: CHIONANTHUS VIRGINICA (CHIONANTHUS)CHLF: CHLOROFORMIUM (CHLOROFORMUM)CHLOR: CHLORUMCHOL: CHOLESTERINUMCHR-AC: CHROMICUM ACIDUMCIC: CICUTA VIROSACIMIC: CIMICIFUGA RACEMOSA (CIMICIFUGA - ACTAEA RACEMOSA - MACROTYS)CINA: CINA MARITIMA (CINA)CINE: CINERARIA MARITIMA (CINERARIA)CINNB: CINNABARIS (MERCURIUS SULPHURATUS RUBER)CINNM: CINNAMOMUM CEYLANICUM (CINNAMOMUM)CIT-V: CITRUS VULGARISCLEM: CLEMATIS ERECTACOB: COBALTUM METALLICUM (COBALTUM)COCA: COCA-ERYTHROXYLON COCACOCAIN: COCAINUM HYDROCHLORICUM (COCAINA)COCC: COCCULUS INDICUS (COCCULUS)COC-C: COCCUS CACTICOFF: COFFEA CRUDACOLCH: COLCHICUM AUTUMNALE (COLCHICUM)COLOC: COLOCYNTHISCON: CONIUM MACULATUM (CONIUM)COP: COPAIVA OFFICINALIS (COPAIVA)COR-R: CORALLIUM RUBRUM (CORALLIUM)CRAT: CRATAEGUS OXYACANTHA (CRATAEGUS)CROC: CROCUS SATIVUS (CROCUS SATIA)CROT-H: CROTALUS HORRIDUSCROT-T: CROTON TIGLIUMCUND: CUNDURANGO (CONDURANGO)CUPR: CUPRUM METALLICUMCUPR-ACT: CUPRUM ACETICUMCUPR-AR: CUPRUM ARSENICOSUMCUR: CURARE (WOORARI)CYCL: CYCLAMEN EUROPAEUM (CYCLAMEN)DAM: DAMIANA (TURNERA)DAPH: DAPHNE INDICADIG: DIGITALIS PURPUREA (DIGITALIS)DIOS: DIOSCOREA VILLOSADIOSM: DIOSMA LINCARISDIPH: DIPHTHERINUMDOL: DOLICHOS PRURIENS (DOLICHOS PURIENS - MUCUNA)DOR: DORYPHORA DECEMLINEATA (DORYPHORA)DROS: DROSERA ROTUNDIFOLIA (DROSERA)DUBO-M: DUBOISIA MYOPOROIDES (DUBOISIA)DULC: DULCAMARAECHI: ECHINACEA ANGUSTIFOLIA (ECHINACEA - RUDBECKIA)ELAPS: ELAPS CORALLINUSELAT: ELATERIUM OFFICINARUM (ELATERIUM - ECBALIUM)EOS: EOSINUM (EOSIN)EPIG: EPIGEA REPENSEPIPH: EPIPHEGUS VIRGINIANA (EPIPHEGUS - OROBANCHE)EQUIS-H: EQUISETUM HYEMALE (EQUISETUM)ERECH: ERECHTHITES HIERACIFOLIA (ERECHTHITES)ERIG: ERIGERON CANADENSE (ERIGERON - LEPTILON CANADENSE)ERIO: ERIODYCTION CALIFORNICUM (ERIODICTYON)ERY-A: ERYNGIUM AQUATICUMESCH: ESCHSCHOLTZIA CALIFORNICAEUCAL: EUCALYPTUS GLOBULUSEUG: EUGENIA JAMBOS (JAMBOSA VULGARIS)EUON-A: EUONYMUS ATROPURPUREAEUP-A: EUPATORIUM AROMATICUMEUPH: EUPHORBIUM OFFICINARUM (EUPHORBIUM)EUPH-L: EUPHORBIA LATHYRISEUPH-PO: EUPHORBIA POLYCARPA (GOLONDRINA)EUPHR: EUPHRASIA OFFICINALIS (EYEBRIGHT)EUPI: EUPIONUM (EUPION)EUP-PER: EUPATORIUM PERFOLIATUMEUP-PUR: EUPATORIUM PURPUREUMFAB: FABIANA IMBRICATAFAGO: FAGOPYRUM ESCULENTUM (FAGOPYRUM)FEL: FEL TAURIFERR: FERRUM METALLICUMFERR-I: FERRUM IODATUMFERR-MA: FERRUM MAGNETICUMFERR-P: FERRUM PHOSPHORICUMFERR-PIC: FERRUM PICRICUMFIC-R: FICUS RELIGIOSAFIL: FILIX MAS (ASPIDIUM)FL-AC: FLUORICUM ACIDUMFORM: FORMICA RUFA (MYRMEXINE)FORMAL: FORMALINUM (FORMALIN)FRAG: FRAGARIA VESCA (FRAGARIA)FRANC: FRANCISCEA UNIFLORA (FRACISCEA)FRAX: FRAXINUS AMERICANAFUC: FUCUS VESICULOSUSFUCH: FUCHSINUM (FUCHSINA - MAGENTA)FULI: FULIGO LIGNIGALA: GALANTHUS NIVALISGAL-AC: GALLICUM ACIDUMGALI: GALIUM APARINEGAMB: GAMBOGIA (GAMBOGIA - GARCINIA MORELLA)GAUL: GAULTHERIA PROCUMBENS (GAULTHERIA)GELS: GELSEMIUM SEMPERVIRENS (GELSEMIUM)GER: GERANIUM MACULATUMGINS: GINSENG QUINQUEFOLIUM (GINSENG)GLON: GLONOINUMGLYC: GLYCERINUMGNAPH: GNAPHALIUM POLYCEPHALUM (GNAPHALIUM)GOSS: GOSSYPIUM HERBACEUM (GOSSYPIUM)GRAN: GRANATUMGRAPH: GRAPHITESGUA: GUACOGUAJ: GUAJACUM OFFICINALE (GUAIACUM)GUAR: GUARANA (PAULLINIA SORBILIS)GUARE: GUAREA TRICHILOIDES (GUAREA)GYMNO: GYMNOCLADUS CANADENSIS (GYMNOCLADUS)HAEM: HAEMATOXYLON CAMPECHIANUM (HAEMATOXYLON)HAM: HAMAMELIS VIRGINIANA (HAMAMELIS VIRGINICA)HECLA: HECLA LAVA (HEKLA LAVA)HELIA: HELIANTHUS ANNUUS (HELIANTHUS)HELL: HELLEBORUS NIGER (HELLEBORUS)HELON: HELONIAS DIOICA (HELONIAS - CHAMAELIRIUM)HEP: HEPAR SULPHUR (HEPAR SULPHURIS CALCAREUM)HEPAT: HEPATICA TRILOBA (HEPATICA)HIP-AC: HIPPURICUM ACIDUM (HIPPURIC ACID)HIPP: HIPPOMANESHIPPOZ: HIPPOZAENINUM (HIPPOZAENIUM)HURA: HURA BRASILIENSISHYDR: HYDRASTIS CANADENSIS (HYDRASTIS)HYDR-AC: HYDROCYANICUM ACIDUM (HYDROCYANIC ACID)HYDRANG: HYDRANGEA ARBORESCENS (HYDRANGEA)HYDRC: HYDROCOTYLE ASIATICA (HYDROCOTYLE)HYOS: HYOSCYAMUS NIGER (HYOSCYAMUS)HYPER: HYPERICUM PERFORATUM (HYPERICUM)ICTOD: ICTODES FOETIDA (POTHOS FOETIDUS)IGN: IGNATIA AMARA (IGNATIA)INDG: INDIGO TINCTORIA (INDIGO)INDOL: INDOLUM (INDOL)INS: INSULINUM (INSULIN)IOD: IODIUM (IODUM)IODOF: IODOFORMIUM (IODOFORMUM)IP: IPECACUANHA (IPECA)IRID-MET: IRIDIUM METALLICUM (IRIDIUM)IRIS: IRIS VERSICOLORJAB: JABORANDI (PILOCARPUS MICROPHYLLUS)JAC-C: JACARANDA CAROBA (JACARANDA)JAL: JALAPA (EXOGONIUM PURGA)JATR: JATROPHA CURCAS (JATROPHA)JOAN: JOANESIA ASOCA (JONOSIA ASOCA)JUG-C: JUGLANS CINEREAJUG-R: JUGLANS REGIAJUNI-C: JUNIPERUS COMMUNISJUST: JUSTICIA ADHATODA (JUSTICIA ADHATODA BASAKA)KALI-AR: KALIUM ARSENICOSUM (KALI ARSENICUM)KALI-BI: KALIUM BICHROMICUM (KALI BICHROMICUM)KALI-BR: KALIUM BROMATUM (KALI BROMATUM)KALI-C: KALIUM CARBONICUM (KALI CARBONICUM)KALI-CHL: KALIUM CHLORICUM (KALI CHLORICUM)KALI-CY: KALIUM CYANATUM (KALI CYANATUM)KALI-I: KALIUM IODATUM (KALI HYDRIODICUM)KALI-M: KALIUM MURIATICUM (KALI MURIATICUM)KALI-N: KALIUM NITRICUM (KALI NITRICUM - NITRUM)KALI-P: KALIUM PHOSPHORICUM (KALI PHOSPHORICUM)KALI-PER: KALIUM PERMANGANATUM (KALI PERMANGANICUM)KALI-S: KALIUM SULPHURICUM (KALI SULPHURICUM)KALI-SIL: KALIUM SILICICUM (KALI SILICATUM)KALM: KALMIA LATIFOLIAKAOL: KAOLINUM (KAOLIN)KOLA: KOLA (STERCULIA)KOU: KOUSSO (KOUSSO - BRAYERA)KREOS: KREOSOTUMLAC-AC: LACTICUM ACIDUMLAC-C: LAC CANINUMLAC-D: LAC VACCINUM DEFLORATUM (LAC DEFLORATUM)LACH: LACHESIS MUTUS (LACHESIS)LACHN: LACHNANTHES TINCTORIA (LACHNANTHES)LACT-V: LACTUCA VIROSALAM: LAMIUM ALBUM (LAMIUM)LAP-A: LAPIS ALBUSLAPPA: LAPPA ARCTIUMLAT-M: LATRODECTUS MACTANSLAUR: LAUROCERASUSLEC: LECITHINUM (LECITHIN)LED: LEDUM PALUSTRE (LEDUM)LEM-M: LEMNA MINORLEPI: LEPIDIUM BONARIENSELEPT: LEPTANDRA VIRGINICA (LEPTANDRA)LIAT: LIATRIS SPICATA (LIATRIS SPICATA - SERRATULA)LIL-T: LILIUM TIGRINUMLINU-U: LINUM USITATISSIMUMLITH-C: LITHIUM CARBONICUMLOB: LOBELIA INFLATALOB-P: LOBELIA PURPURASCENSLOL: LOLEUM TEMULENTUM (LOLIUM TUMULENTUM)LON-X: LONICERA XYLOSTEUMLUP: LUPULUS HUMULUSLYC: LYCOPODIUM CLAVATUM (LYCOPODIUM)LYCPS-V: LYCOPUS VIRGINICUSLYSS: LYSSINUM (HYDROPHOBINUM)MAG-C: MAGNESIUM CARBONICUM (MAGNESIA CARBONICA)MAG-M: MAGNESIUM MURIATICUM (MAGNESIA MURIATICA)MAGN-GR: MAGNOLIA GRANDIFLORAMAG-P: MAGNESIUM PHOSPHORICUM (MAGNESIA PHOSPHORICA)MAG-S: MAGNESIUM SULPHURICUM (MAGNESIA SULPHURICA)MALAND: MALANDRINUMMANC: MANCINELLAMANG-ACT: MANGANUM ACETICUMMED: MEDORRHINUMMEDUS: MEDUSAMEL-C-S: MEL CUM SALEMELI: MELILOTUS OFFICINALIS (MELILOTUS)MENIS: MENISPERMUM CANADENSE (MENISPERMUM)MENTH: MENTHA PIPERITAMENTHO: MENTHOLUMMENY: MENYANTHES TRIFOLIATA (MENYANTHES)MEPH: MEPHITIS PUTORIUS (MEPHITIS)MERC: MERCURIUS SOLUBILIS (MERCURIUS - HYDRARGYRUM)MERC-C: MERCURIUS CORROSIVUSMERC-CY: MERCURIUS CYANATUSMERC-D: MERCURIUS DULCISMERC-I-F: MERCURIUS IODATUS FLAVUSMERC-I-R: MERCURIUS IODATUS RUBERMERC-SUL: MERCURIUS SULPHURICUS, DRARG, OXYD, SUB-SULPHMERL: MERCURIALIS PERENNISMETHYL: METHYLENUM COERULEUM (METHYLENE BLUE)MEZ: MEZEREUMMICR: MICROMERIA DOUGLASII (MICROMERIA)MILL: MILLEFOLIUMMIT: MITCHELLA REPENS (MITCHELLA)MOM-B: MOMORDICA BALSAMICAMORPH: MORPHINUMMOSCH: MOSCHUSMUR-AC: MURIATICUM ACIDUMMURX: MUREX PURPUREA (MUREX)MYGAL: MYGALE LASIODORAMYOS-S: MYOSOTIS SYMPHYTIFOLIA (MYOSOTIS)MYRIC: MYRICA CERIFERA (MYRICA)MYRIS: MYRISTICA SEBIFERAMYRT-C: MYRTUS COMMUNISNAJA: NAJA TRIPUDIANSNAPH: NAPHTHALINUM (NAPHTHALINE)NARC-PS: NARCISSUS PSEUDONARCISSUS (NARCISSUS)NAT-AR: NATRIUM ARSENICOSUM (NATRUM ARSENICUM)NAT-C: NATRIUM CARBONICUM (NATRUM CARBONICUM)NAT-HCHL: NATRIUM HYPOCHLOROSUM (NATRUM CHLORATUM)NAT-M: NATRIUM MURIATICUM (NATRUM MURIATICUM)NAT-P: NATRIUM PHOSPHORICUMNAT-S: NATRIUM SULPHURICUM (NATRUM SULPHURICUM)NAT-SAL: NATRIUM SALICYLICUM (NATRUM SALICYLICUM)NICC-MET: NICCOLUM METALLICUM (NICCOLUM)NIT-AC: NITRICUM ACIDUMNIT-M-AC: NITROMURIATICUM ACIDUM (NITRO-MURIATIC ACID)NIT-S-D: NITRI SPIRITUS DULCISNUPH: NUPHAR LUTEUMNUX-M: NUX MOSCHATANUX-V: NUX VOMICANYCT: NYCTANTHES ARBOR TRISTISOCI: OCIMUM CANUMOENA: OENANTHE CROCATAOL-AN: OLEUM ANIMALE AETHEREUM (OLEUM ANIMALE)OL-J: OLEUM JECORIS ASELLIOLND: OLEANDER (NERIUM ODORUM)OL-SANT: OLEUM SANTALIOP: OPIUM (PAPAVER SOMNIFERUM)OPER: OPERCULINA TURPENTHUM (OPERCULINA TURPETHUM)OPUN-F: OPUNTIA FICUS (OPUNTIA-FICUS INDICA)OREO: OREODAPHNE CALIFORNICA (OREODAPHNE)ORIG: ORIGANUM MAJORANA (ORIGANUM)ORNI: ORNITHOGALUM UMBELLATUMOSM: OSMIUMOX-AC: OXALICUM ACIDUMPALL: PALLADIUM METALLICUM (PALLADIUM)PAR: PARIS QUADRIFOLIAPASSI: PASSIFLORA INCARNATAPERT: PERTUSSINUM (PERTUSSIN)PETR: PETROLEUMPH-AC: PHOSPHORICUM ACIDUMPHOS: PHOSPHORUSPHYS: PHYSOSTIGMA VENENOSUMPHYT: PHYTOLACCA DECANDRA (PHYTOLACCA)PIC-AC: PICRICUM ACIDUMPIN-S: PINUS SILVESTRISPIP-M: PIPER METHYSTICUMPITU-GL: PITUITARIA GLANDULA (PITUITARY GLAND)PIX: PIX LIQUIDAPLAN: PLANTAGO MAJORPLAT: PLATINUM METALLICUM (PLATINA)PLB: PLUMBUM METALLICUMPODO: PODOPHYLLINUM (PODOPHYLLUM)POP-C: POPULUS CANDICANSPSOR: PSORINUMPULS: PULSATILLA PRATENSIS (PULSATILLA)PYROG: PYROGENIUMQUAS: QUASSIA AMARA (QUASSIA - PICRAENA EXCELSA)QUEB: QUEBRACHO (ASPIDOSPERMA)QUERC: QUERCUS E GLANDIBUS (QUERCUS GLANDIUM SPIRITUS)QUILL: QUILLAYA SAPONARIARAD-BR: RADIUM BROMATUM (RADIUM)RAN-B: RANUNCULUS BULBOSUSRAN-S: RANUNCULUS SCELERATUSRAT: RATANHIA PERUVIANA (RATANHIA)RHEUM: RHEUM PALMATUM (RHEUM)RHOD-F: RHODODENDRON FERRUGINEUM (RHODODENDRON)RHUS-A: RHUS AROMATICARHUS-G: RHUS GLABRARHUS-T: RHUS TOXICODENDRONRHUS-V: RHUS VENENATAROB: ROBINIA PSEUDACACIA (ROBINIA)ROS-D: ROSA DAMASCENARUMX: RUMEX CRISPUSRUTA: RUTA GRAVEOLENSSABAD: SABADILLASABAL: SABAL SERRULATASABIN: SABINASACCH: SACCHARUM OFFICINALE (SUCROSE)SAL-AC: SALICYLICUM ACIDUMSAMB: SAMBUCUS NIGRASANG: SANGUINARIA CANADENSIS (SANGUINARIA)SANIC: SANICULA AQUA (SANICULA)SANTIN: SANTONINUMSAPO: SAPONARIA OFFICINALIS (SAPONARIA)SARS: SARSAPARILLA OFFICINALIS (SARSAPARILLA)SCROPH-N: SCROPHULARIA NODOSASEC: SECALE CORNUTUM (CLAVICEPS PURPUREA)SEL: SELENIUM METALLICUM (SELENIUM)SENEC: SENECIO AUREUSSENEG: SENEGASENN: SENNASEP: SEPIA OFFICINALIS (SEPIA)SIL: SILICEA TERRA (SILICEA)SKOOK: SKOOKUM CHUCK AQUA (SKOOKUM - CHUCK)SOLID: SOLIDAGO VIRGAUREA (SOLIDAGO VIRGA)SOL-N: SOLANUM NIGRUMSPIG: SPIGELIA ANTHELMIA (SPIGELIA)SPONG: SPONGIA TOSTASQUIL: SQUILLA MARITIMASTANN: STANNUM METALLICUM (STANNUM)STAPH: STAPHYSAGRIASTICT: STICTA PULMONARIA (STICTA)STIGM: STIGMATA MAYDIS (ZEA)STRAM: STRAMONIUMSTRONT-C: STRONTIUM CARBONICUM (STRONTIA)STROPH-H: STROPHANTHUS HISPIDUSSTRY: STRYCHNINUM PURUM (STRYCHNINUM)SUCC: SUCCINUMSUL-AC: SULPHURICUM ACIDUMSULPH: SULPHURSUMB: SUMBULUS MOSCHATUS (SUMBUL - FERULA SUMBUL)SYMPH: SYMPHYTUM OFFICINALE (SYMPHYTUM)SYPH: SYPHILINUMSYZYG: SYZYGIUM JAMBOLANUMTAB: TABACUMTARAX: TARAXACUM OFFICINALETARENT: TARENTULA HISPANICATARENT-C: TARENTULA CUBENSISTART-AC: TARTARICUM ACIDUMTAX: TAXUS BACCATATELL: TELLURIUM METALLICUM (TELLURIUM)TER: TEREBINTHINIAE OLEUM (TEREBINTHINA)TEUCR: TEUCRIUM MARUM VERUM (TEUCRIUM MARUM)THAL-MET: THALLIUM METALLICUM (THALLIUM)THEA: THEA CHINENSIS (THEA)THER: THERIDION CURASSAVICUM (THERIDION)THIOSIN: THIOSINAMINUM (RHODALLIN)THLAS: THLASPI BURSA PASTORIS (CAPSELLA)THUJ: THUJA OCCIDENTALISTHYR: THYROIDINUMTITAN: TITANIUM METALLICUM (TITANIUM)TONG: TONGO-DIPTERIX ODORATA (TONGO - DIPTRIX ODORATA)TOR: TORULA CEREVISIAETRIB: TRIBULUS TERRESTRISTRIF-P: TRIFOLIUM PRATENSETRIL-P: TRILLIUM PENDULUMTRINIT: TRINITROTOLUENUM (TRINITROTOLUENE)TRIOS: TRIOSTEUM PERFOLIATUMTRITIC: TRITICUM REPENS-AGROPYRON REPENS (TRITICUM)TROM: TROMBIDIUM MUSCAE DOMESTICAE (TROMBIDIUM)TUB: TUBERCULINUMTUS-P: TUSSILAGO PETASITESURAN-N: URANIUM NITRICUMUREA: UREA PURA (UREA)URT-U: URTICA URENSUST: USTILAGO MAYDISUVA: UVA URSIVAC: VACCININUMVALER: VALERIANA OFFICINALIS (VALERIANA)VANAD: VANADIUM METALLICUM (VANADIUM)VANIL: VANILLA AROMATICA (VANILLA - PLANIFOLIA)VARIO: VARIOLINUMVERAT: VERATRUM ALBUMVERB: VERBASCUM THAPSUS (VERBASCUM)VINC: VINCA MINORVIOL-O: VIOLA ODORATAVIOL-T: VIOLA TRICOLORVIP: VIPERA BERUS (VIPERA)VISC: VISCUM ALBUMWYE: WYETHIA HELENOIDES (WYETHIA)XAN: XANTOXYLUM FRAXINEUM (XANTHOXYLUM)XERO: XEROPHYLLUMX-RAY: X-RAYYOHIM: YOHIMBINUMYUC: YUCCA FILAMENTOSAZINC: ZINCUM METALLICUM (ZINC)ZING: ZINGIBER OFFICINALE (ZINGIBER)ZIZ: ZIZIA AUREA (THASPIUM AUREUM - ZIZIA)

  • 28Sep
    • 簡単解説:ボーニングハウゼン小論集3の画像

      簡単解説:ボーニングハウゼン小論集3

      10月末発売予定の『ボーニングハウゼン小論集3』収録されている各章の簡単解説です!◆21. 飲酒狂(philoposia)について古代ギリシャからいたアルコール中毒の治療。ボーニングハウゼンの時代も手を焼いていたようで、いろいろと対策が書かれています。◆22. 作用の長い持続期間レメディーの多量かつ頻繁な投与は危険です!という警告と、その症例。◆23. 偽膜性喉頭炎(クループ)の私の治療法論文の誤りの訂正ですね・・・・・。◆24. イェニヒェンの高ポーテンシー1,000C(1M)や10,000C(10M)のような高ポーテンシーは、昔は人力で作っていたので、労力と時間が大変かかりました。その薬剤師さんの苦労が書かれています。ボーニングハウゼンは、更にその薬剤師がウソをついていないかを検証しています。◆25. 高ポーテンシーの価値ストットラー先生がよく説明するモーペルテュイの法則が登場します!◆26. サイコーシスの病歴Thuj.の諸症状が解説されています。◆27. 動作と静止について動作に関わる悪化・好転に関するレメディー。ボーニングハウゼンのレパートリーと照合すると、ちゃんと反映されていることが、よく分かります。◆28. ホメオパシーの実践における高希釈のレメディーの使用ボーニングハウゼンは、高ポーテンシーのレメディーが治療に有効だということを、ここだけではなく何度も何度も何度も語っています。物質が入っていないと効かないと考える医師が多かったからですね。◆29. 症例集高ポーテンシーのレメディーを使用した症例集です。◆30. 臨床での観察結果患者がレメディーに反応しない場合の対策と、疾患別レメディー一覧。お申込みはkashinokidou@gmail.comまで!※@を半角にご変更ください。

  • 23Sep
    • 講義録3日目&小論集 同時予約開始!の画像

      講義録3日目&小論集 同時予約開始!

      ◆◆◆ストットラー氏講義録2018 3日目お待たせしました!2018年12月に開催されたストットラー先生による講演会3日目の内容が収録された講義録『エワルト・ストットラー氏講演会講義録2018 3日目』の予約を開始いたします。10月中頃入荷&発送予定です。定価は22,000円です。2018年講演会3日目参加者の方は5,000円となります。また、この本に基づいた復習会も開催予定です。詳細については、下記の下部の「今後のセミナー予定」をご参照ください。講義録の内容の詳細は、この投稿の巻末をご参照ください。※Amazonでの販売はございません。 樫の木堂直接お申込みのみの販売となります。※お一人様1冊のみのご購入です。◆◆◆ボーニングハウゼン小論集第3巻!◆◆◆第2巻まで発売されていた、『ボーニングハウゼン小論集』第3巻の予約販売を開始します。10月末入荷&発送予定です。Amazonでは、税込3,850円+送料・手数料でで販売予定ですが、樫の木堂では送料無料の定価3,500円で販売致します。内容の詳細は、この投稿の巻末をご参照ください。◆◆◆同時購入者は1,000円引き!◆◆◆上記の2冊を同時購入&同時発送希望者は、10月末まで1,000円引きします。※小論集の入荷を待って、 2冊を同時に発送する場合の料金です。 別々に発送を希望される場合は割引対象外です。※樫の木堂主催のセミナーでの 直接お受け取りの場合も1,000円引きとなります。◆◆◆今後のセミナー予定◆◆◆◆10/18(金)13:00~16:00ストットラープレセミナー@渋谷料金:5,000円(リピーター1,000円)◆10/27(日)10:00~12:00TSお役立ちセミナー@大阪(Zoomあり)料金:3,000円(午後のセミナー受講者は1,500円)◆10/27(日)13:00~16:00成瀬麻記子さん36種類ミネラル講座@大阪(Zoomあり)料金:8,500円◆10/28(月)10:00~12:00好転反応マイルドセミナー@梅田or天満or京橋(未定)料金:3,500円(リピーター1,000円)◆10/28(月)13:00~16:00ストットラープレセミナー@梅田or天満or京橋(未定)料金:5,000円(リピーター1,000円)◆10/29(火)10:00~12:30TBR基礎応用お役立ちセミナー@京橋料金:4,000円(TSセミナー参加者は500円引き)◆10/29(火)13:00~16:00ストットラープレセミナー@京橋料金:5,000円(リピーター1,000円)(TSセミナー参加者は500円引き)◆11/2(土)13:00~16:00ストットラー氏講演会3日目復習会@渋谷料金:1,000円(※講演会出席者・講義録購入者のみ)◆11/12(火)13:00~16:00ストットラー氏講演会3日目復習会@渋谷料金:1,000円(※講演会出席者・講義録購入者のみ)◆11/23(土)13:00~16:00ストットラープレセミナー@渋谷料金:5,000円(リピーター1,000円)◆◆◆「ストットラー氏講義録2018 3日目」内容◆◆◆※右の数字はページ番号薬量学 1 Q:子供に対する介入レメディーの頻度について 8 Q:介入レメディーのHep.とSulph.の使い分け 8 Q:介入レメディーで改善が止まった場合の対策について 9 Q:特定のノゾースを止めるタイミングについて 10 Q:介入レメディーを選択する際の優先順位について 10 Rad-br. 12 Carb-di. 13ケース3:認知症 13 患者の情報 13 ケース検討 16 Q:麻酔の害の中和目的でPhos.が根本の人にPhos.を与えると何が起こるのか? 24 Q:緑内障にPhos.を使う際も用心する必要があるのではないか? 25 Q:麻酔の害の中和にPhos.を使う場合のポーテンシーは? 26 Q:幼児に対してHep.とSulph.のどちらを与えればよいかの見分け方 26 Q:ケースではSulph.以外の介入レメディーは使わなかったのか? 28マテリア・メディカ 29 Cimic. 29 Sep. 42レメディー略称一覧 56付録:介入レメディーの特徴(ストットラー先生2016年資料) 58 Carb-v. 58 Carb-an. 58 Hep. 58 Sulph. 58 Carb-s. 59 Carb-ac. 59 Rad-br. 59付録:ボーリッケのマテリア・メディカ 59 Aceticum acidum(Acet-ac.) 氷酢酸 59 Aloe socotrina(Aloe.) ソコトラアロエ 60 Carboneum sulphuratum(Carb-s.) 二硫化炭素 62 Cimicifuga racemosa(Cimic.) アメリカショウマ 63 Radium bromatum(Rad-br.) 臭化ラジウム 64 Sepia officinalis(Sep.) イカの墨汁 65◆◆◆「ボーニングハウゼン小論集3」内容◆◆◆※右の数字はページ番号21. 飲酒狂(philoposia)について 122. 作用の長い持続期間 823. 偽膜性喉頭炎(クループ)の私の治療法 1224. イェニヒェンの高ポーテンシー 1425. 高ポーテンシーの価値 2526. サイコーシスの病歴 4227. 動作と静止について 5728. ホメオパシーの実践における高希釈のレメディーの使用 6929. 症例集 7630. 臨床での観察結果 87本書のレメディー一覧(訳者による追加) 90索引 96お申込みはkashinokidou@gmail.comまで!※@を半角にご変更ください。

  • 16Sep
    • 日本語で検索できるマテリア・メディカの画像

      日本語で検索できるマテリア・メディカ

      ウィリアム・ボーリッケのマテリア・メディカを翻訳する「BMプロジェクト」。皆さまの応援のおかげで、340個まで翻訳が終わりました!ページ数の多いポリクレストは大体、翻訳できましたので、残りの翻訳量は、あと3分の1くらいではないでしょうか。多くの皆さんにご参加いただけたおかげです!ありがとうございますm(_ _)m入会いただいた方に、Dropbox内にある「BMプロジェクト」の本番フォルダのアクセス権を「無期限で」差し上げます。このフォルダ内のアクセス権を・自分のパソコンで閲覧できる・スマホやタブレットなどのモバイルで閲覧できる・ダウンロードできる・ファイル内検索できる・紙に出力できるなどのメリットがあります。※個人での利用に限ります。 ネットやアプリへの転載、再配布、転売は禁止します。利用者の方々から・スマホで閲覧できるので、 いつでもどこでも参照できる。・重い本を持ち歩かずに済むのでラク。・老眼なので拡大できて読みやすい。・検索できて便利。と、大変ご好評をいただいております。<料金>有料サービスとなります。サービス入会料金は以下のとおり。・ストットラー氏講演会参加経験者(講義録購入者含む):4,500円・樫の木堂セミナー参加経験者・書籍購入者:5,500円・それ以外の方:6,500円※レメディーが一定数増えていくたびに、 入会料金を値上げしていく予定です。 ですので、早く参加いただいた方ほどオトクになります。<運営手順>①kashinokidou@gmail.comにメールする。 Dropboxで使用しているメールアドレスを ご連絡ください。  ※@は半角にご変更ください。②入会料金を振り込む。 入金を確認し次第、 データを格納しているDropbox内の共有フォルダに ご招待します。 データをダウンロードできます。 ※ご参加にはDropboxのアカウントが必要です。③入会時に、翻訳してほしいレメディーのMMを5個指定する。 フォルダ内の「BM翻訳レメディー一覧.xlsx」の表から 未翻訳のものをご指定ください。 そのMMを樫の木堂が優先的に翻訳して 追加・更新していきます。④樫の木堂が、完成した翻訳をフォルダにアップロードする。 追加・修正内容は「更新内容.xlsx」に記載します。今まで翻訳したレメディー一覧です。これからどんどん追加していきます。--------------ABROT: ABROTANUMABSIN: ABSINTHIUMACET-AC: ACETICUM ACIDUM (ACETIC ACID)ACON: ACONITUM NAPELLUSACT-SP: ACTAEA SPICATA (ACTEA SPICATA)ADON: ADONIS VERNALISADREN: ADRENALINUM (ADRENALIN)AESC: AESCULUS HIPPOCASTANUMAETH: AETHUSA CYNAPIUMAGAR: AGARICUS MUSCARIUS (AGARICUS MUSCARIUS-AMANITA)AGN: AGNUS CASTUSALF: ALFALFAALL-C: ALLIUM CEPAALOE: ALOE SOCOTRINA (ALOE)ALUM: ALUMINAAM-BE: AMMONIUM BENZOICUMAM-C: AMMONIUM CARBONICUM (AMMONIUM CARB)AMGD-P: AMYGDALUS PERSICAAML-NS: AMYLENUM NITROSUM (AMYL NITROSUM)AM-M: AMMONIUM MURIATICUMAMPE-QU: AMPELOPSIS QUINQUEFOLIA (AMPELOPSIS)ANAC: ANACARDIUM ORIENTALE (ANACARDIUM)ANG: ANGUSTURA VERAANH: ANHALONIUM LEWINII (ANHALONIUM)ANT-C: ANTIMONIUM CRUDUMANTHRACI: ANTHRACINUMANT-T: ANTIMONIUM TARTARICUMAPIS: APIS MELLIFICAAPOC: APOCYNUM CANNABINUMARAL: ARALIA RACEMOSAARAN: ARANEA DIADEMAARG-MET: ARGENTUM METALLICUMARG-N: ARGENTUM NITRICUMARIST-M: ARISTOLOCHIA MILHOMENSARN: ARNICA MONTANA (ARNICA)ARS: ARSENICUM ALBUMARS-I: ARSENICUM IODATUMARUM-T: ARUM TRIPHYLLUMASAF: ASA FOETIDA (ASAFOETIDA)ASTER: ASTERIAS RUBENSAUR: AURUM METALLICUMAUR-M-N: AURUM MURIATICUM NATRONATUMAVEN: AVENA SATIVABAC: BACILLINUM BURNETT (BACILLINUM)BAD: BADIAGABAPT: BAPTISIA TINCTORIA (BAPTISIA)BAR-C: BARYTA CARBONICA (BARYTA CARB)BELL: BELLADONNABELL-P: BELLIS PERENNISBENZ-AC: BENZOICUM ACIDUMBERB: BERBERIS VULGARISBETA: BETA VULGARISBISM-SN: BISMUTHUM SUBNITRICUM (BISMUTHUM)BLATTA-A: BLATTA AMERICANABLATTA-O: BLATTA ORIENTALISBORX: BORAX VENETA (BORAX)BROM: BROMIUM (BROMUM)BRY: BRYONIA ALBA (BRYONIA)BUFO: BUFO RANA (BUFO)BUT-AC: BUTYRICUM ACIDUM (BUTYRIC ACID)CACT: CACTUS GRANDIFLORUS (SELENICEREUS SPINULOSUS)CADM-S: CADMIUM SULPHURATUMCALAD: CALADIUM SEGUINUMCALC: CALCAREA CARBONICA (CALCAREA CARBONICA - OSTREARUM)CALC-AR: CALCAREA ARSENICOSA (CALCAREA ARSENICA)CALC-F: CALCAREA FLUORICA (FLUOR SPAR)CALC-I: CALCAREA IODATACALC-P: CALCAREA PHOSPHORICACALC-S: CALCAREA SULPHURICACALC-SIL: CALCAREA SILICATACALEN: CALENDULA OFFICINALISCAMPH: CAMPHORACANN-I: CANNABIS INDICACANN-S: CANNABIS SATIVACANTH: CANTHARIS VESICATORIA (CANTHARIS)CAPS: CAPSICUM ANNUUM (CAPSICUM)CARB-AC: CARBOLICUM ACIDUMCARB-AN: CARBO ANIMALISCARBN-S: CARBONEUM SULPHURATUMCARB-V: CARBO VEGETABILISCARC: CARCINOSINUM (CARCINOSIN)CARD-M: CARDUUS MARIANUSCAUL: CAULOPHYLLUM THALICTROIDES (CAULOPHYLLUM)CAUST: CAUSTICUMCEAN: CEANOTHUS AMERICANUS (CEANOTHUS)CHAM: CHAMOMILLACHEL: CHELIDONIUM MAJUSCHIM: CHIMAPHILA UMBELLATACHIN: CHINA OFFICINALIS (CINCHONA OFFICINALIS)CHININ-A: CHININUM ARSENICOSUMCHININ-S: CHININUM SULPHURICUMCHLOR: CHLORUMCHOL: CHOLESTERINUMCHR-AC: CHROMICUM ACIDUMCIC: CICUTA VIROSACIMIC: CIMICIFUGA RACEMOSA (CIMICIFUGA - ACTAEA RACEMOSA - MACROTYS)CINA: CINA MARITIMA (CINA)CINNB: CINNABARIS (MERCURIUS SULPHURATUS RUBER)CIT-V: CITRUS VULGARISCLEM: CLEMATIS ERECTACOB: COBALTUM METALLICUM (COBALTUM)COCA: COCA-ERYTHROXYLON COCACOCC: COCCULUS INDICUS (COCCULUS)COLCH: COLCHICUM AUTUMNALE (COLCHICUM)COLOC: COLOCYNTHISCON: CONIUM MACULATUM (CONIUM)COP: COPAIVA OFFICINALIS (COPAIVA)COR-R: CORALLIUM RUBRUM (CORALLIUM)CRAT: CRATAEGUS OXYACANTHA (CRATAEGUS)CROC: CROCUS SATIVUS (CROCUS SATIA)CROT-H: CROTALUS HORRIDUSCROT-T: CROTON TIGLIUMCUND: CUNDURANGO (CONDURANGO)CUPR: CUPRUM METALLICUMCUPR-ACT: CUPRUM ACETICUMCUPR-AR: CUPRUM ARSENICOSUMCUR: CURARE (WOORARI)CYCL: CYCLAMEN EUROPAEUM (CYCLAMEN)DIG: DIGITALIS PURPUREA (DIGITALIS)DIOS: DIOSCOREA VILLOSADIPH: DIPHTHERINUMDROS: DROSERA ROTUNDIFOLIA (DROSERA)DULC: DULCAMARAECHI: ECHINACEA ANGUSTIFOLIA (ECHINACEA - RUDBECKIA)ELAPS: ELAPS CORALLINUSEQUIS-H: EQUISETUM HYEMALE (EQUISETUM)ERIG: ERIGERON CANADENSE (ERIGERON - LEPTILON CANADENSE)ERIO: ERIODYCTION CALIFORNICUM (ERIODICTYON)ESCH: ESCHSCHOLTZIA CALIFORNICAEUG: EUGENIA JAMBOS (JAMBOSA VULGARIS)EUPH: EUPHORBIUM OFFICINARUM (EUPHORBIUM)EUPHR: EUPHRASIA OFFICINALIS (EYEBRIGHT)EUP-PER: EUPATORIUM PERFOLIATUMFAGO: FAGOPYRUM ESCULENTUM (FAGOPYRUM)FEL: FEL TAURIFERR: FERRUM METALLICUMFERR-P: FERRUM PHOSPHORICUMFL-AC: FLUORICUM ACIDUMFORM: FORMICA RUFA (MYRMEXINE)FORMAL: FORMALINUM (FORMALIN)FRAX: FRAXINUS AMERICANAFUC: FUCUS VESICULOSUSGALI: GALIUM APARINEGELS: GELSEMIUM SEMPERVIRENS (GELSEMIUM)GER: GERANIUM MACULATUMGINS: GINSENG QUINQUEFOLIUM (GINSENG)GLON: GLONOINUMGRAPH: GRAPHITESGUA: GUACOGUAJ: GUAJACUM OFFICINALE (GUAIACUM)HAM: HAMAMELIS VIRGINIANA (HAMAMELIS VIRGINICA)HECLA: HECLA LAVA (HEKLA LAVA)HELL: HELLEBORUS NIGER (HELLEBORUS)HELON: HELONIAS DIOICA (HELONIAS - CHAMAELIRIUM)HEP: HEPAR SULPHUR (HEPAR SULPHURIS CALCAREUM)HIPPOZ: HIPPOZAENINUM (HIPPOZAENIUM)HURA: HURA BRASILIENSISHYDR: HYDRASTIS CANADENSIS (HYDRASTIS)HYDR-AC: HYDROCYANICUM ACIDUM (HYDROCYANIC ACID)HYDRANG: HYDRANGEA ARBORESCENS (HYDRANGEA)HYOS: HYOSCYAMUS NIGER (HYOSCYAMUS)HYPER: HYPERICUM PERFORATUM (HYPERICUM)IGN: IGNATIA AMARA (IGNATIA)IOD: IODIUM (IODUM)IODOF: IODOFORMIUM (IODOFORMUM)IP: IPECACUANHA (IPECA)IRIS: IRIS VERSICOLORJAB: JABORANDI (PILOCARPUS MICROPHYLLUS)JUG-C: JUGLANS CINEREAJUG-R: JUGLANS REGIAKALI-AR: KALIUM ARSENICOSUM (KALI ARSENICUM)KALI-BI: KALIUM BICHROMICUM (KALI BICHROMICUM)KALI-BR: KALIUM BROMATUM (KALI BROMATUM)KALI-C: KALIUM CARBONICUM (KALI CARBONICUM)KALI-I: KALIUM IODATUM (KALI HYDRIODICUM)KALI-M: KALIUM MURIATICUM (KALI MURIATICUM)KALI-N: KALIUM NITRICUM (KALI NITRICUM - NITRUM)KALI-P: KALIUM PHOSPHORICUM (KALI PHOSPHORICUM)KALI-S: KALIUM SULPHURICUM (KALI SULPHURICUM)KALM: KALMIA LATIFOLIAKREOS: KREOSOTUMLAC-AC: LACTICUM ACIDUMLAC-C: LAC CANINUMLAC-D: LAC VACCINUM DEFLORATUM (LAC DEFLORATUM)LACH: LACHESIS MUTUS (LACHESIS)LAP-A: LAPIS ALBUSLAPPA: LAPPA ARCTIUMLAT-M: LATRODECTUS MACTANSLAUR: LAUROCERASUSLED: LEDUM PALUSTRE (LEDUM)LIL-T: LILIUM TIGRINUMLITH-C: LITHIUM CARBONICUMLOB: LOBELIA INFLATALYC: LYCOPODIUM CLAVATUM (LYCOPODIUM)LYCPS-V: LYCOPUS VIRGINICUSLYSS: LYSSINUM (HYDROPHOBINUM)MAG-C: MAGNESIUM CARBONICUM (MAGNESIA CARBONICA)MAG-M: MAGNESIUM MURIATICUM (MAGNESIA MURIATICA)MAG-P: MAGNESIUM PHOSPHORICUM (MAGNESIA PHOSPHORICA)MAG-S: MAGNESIUM SULPHURICUM (MAGNESIA SULPHURICA)MALAND: MALANDRINUMMANC: MANCINELLAMANG-ACT: MANGANUM ACETICUMMED: MEDORRHINUMMEDUS: MEDUSAMENY: MENYANTHES TRIFOLIATA (MENYANTHES)MERC: MERCURIUS SOLUBILIS (MERCURIUS - HYDRARGYRUM)MERC-C: MERCURIUS CORROSIVUSMERC-I-F: MERCURIUS IODATUS FLAVUSMERC-I-R: MERCURIUS IODATUS RUBERMERC-SUL: MERCURIUS SULPHURICUS, DRARG, OXYD, SUB-SULPHMEZ: MEZEREUMMILL: MILLEFOLIUMMORPH: MORPHINUMMOSCH: MOSCHUSMUR-AC: MURIATICUM ACIDUMMYGAL: MYGALE LASIODORANAJA: NAJA TRIPUDIANSNAPH: NAPHTHALINUM (NAPHTHALINE)NARC-PS: NARCISSUS PSEUDONARCISSUS (NARCISSUS)NAT-C: NATRIUM CARBONICUM (NATRUM CARBONICUM)NAT-M: NATRIUM MURIATICUM (NATRUM MURIATICUM)NAT-P: NATRIUM PHOSPHORICUMNAT-S: NATRIUM SULPHURICUM (NATRUM SULPHURICUM)NICC-MET: NICCOLUM METALLICUM (NICCOLUM)NIT-AC: NITRICUM ACIDUMNUX-M: NUX MOSCHATANUX-V: NUX VOMICAOL-AN: OLEUM ANIMALE AETHEREUM (OLEUM ANIMALE)OL-J: OLEUM JECORIS ASELLIOLND: OLEANDER (NERIUM ODORUM)OP: OPIUM (PAPAVER SOMNIFERUM)OSM: OSMIUMOX-AC: OXALICUM ACIDUMPALL: PALLADIUM METALLICUM (PALLADIUM)PAR: PARIS QUADRIFOLIAPASSI: PASSIFLORA INCARNATAPERT: PERTUSSINUM (PERTUSSIN)PETR: PETROLEUMPH-AC: PHOSPHORICUM ACIDUMPHOS: PHOSPHORUSPHYS: PHYSOSTIGMA VENENOSUMPHYT: PHYTOLACCA DECANDRA (PHYTOLACCA)PIC-AC: PICRICUM ACIDUMPIP-M: PIPER METHYSTICUMPITU-GL: PITUITARIA GLANDULA (PITUITARY GLAND)PLAN: PLANTAGO MAJORPLAT: PLATINUM METALLICUM (PLATINA)PLB: PLUMBUM METALLICUMPODO: PODOPHYLLINUM (PODOPHYLLUM)PSOR: PSORINUMPULS: PULSATILLA PRATENSIS (PULSATILLA)PYROG: PYROGENIUMQUAS: QUASSIA AMARA (QUASSIA - PICRAENA EXCELSA)QUEB: QUEBRACHO (ASPIDOSPERMA)QUERC: QUERCUS E GLANDIBUS (QUERCUS GLANDIUM SPIRITUS)RAD-BR: RADIUM BROMATUM (RADIUM)RAN-B: RANUNCULUS BULBOSUSRAN-S: RANUNCULUS SCELERATUSRHEUM: RHEUM PALMATUM (RHEUM)RHOD-F: RHODODENDRON FERRUGINEUM (RHODODENDRON)RHUS-A: RHUS AROMATICARHUS-G: RHUS GLABRARHUS-T: RHUS TOXICODENDRONRHUS-V: RHUS VENENATAROB: ROBINIA PSEUDACACIA (ROBINIA)ROS-D: ROSA DAMASCENARUMX: RUMEX CRISPUSRUTA: RUTA GRAVEOLENSSABAD: SABADILLASABAL: SABAL SERRULATASABIN: SABINASACCH: SACCHARUM OFFICINALE (SUCROSE)SAL-AC: SALICYLICUM ACIDUMSAMB: SAMBUCUS NIGRASANG: SANGUINARIA CANADENSIS (SANGUINARIA)SANTIN: SANTONINUMSARS: SARSAPARILLA OFFICINALIS (SARSAPARILLA)SCROPH-N: SCROPHULARIA NODOSASEC: SECALE CORNUTUM (CLAVICEPS PURPUREA)SEL: SELENIUM METALLICUM (SELENIUM)SENEC: SENECIO AUREUSSENEG: SENEGASENN: SENNASEP: SEPIA OFFICINALIS (SEPIA)SIL: SILICEA TERRA (SILICEA)SOLID: SOLIDAGO VIRGAUREA (SOLIDAGO VIRGA)SOL-N: SOLANUM NIGRUMSPIG: SPIGELIA ANTHELMIA (SPIGELIA)SPONG: SPONGIA TOSTASQUIL: SQUILLA MARITIMASTANN: STANNUM METALLICUM (STANNUM)STAPH: STAPHYSAGRIASTICT: STICTA PULMONARIA (STICTA)STIGM: STIGMATA MAYDIS (ZEA)STRAM: STRAMONIUMSTRONT-C: STRONTIUM CARBONICUM (STRONTIA)STROPH-H: STROPHANTHUS HISPIDUSSTRY: STRYCHNINUM PURUM (STRYCHNINUM)SUL-AC: SULPHURICUM ACIDUMSULPH: SULPHURSUMB: SUMBULUS MOSCHATUS (SUMBUL - FERULA SUMBUL)SYMPH: SYMPHYTUM OFFICINALE (SYMPHYTUM)SYPH: SYPHILINUMSYZYG: SYZYGIUM JAMBOLANUMTAB: TABACUMTARAX: TARAXACUM OFFICINALETARENT: TARENTULA HISPANICATART-AC: TARTARICUM ACIDUMTELL: TELLURIUM METALLICUM (TELLURIUM)TER: TEREBINTHINIAE OLEUM (TEREBINTHINA)TEUCR: TEUCRIUM MARUM VERUM (TEUCRIUM MARUM)THAL-MET: THALLIUM METALLICUM (THALLIUM)THEA: THEA CHINENSIS (THEA)THIOSIN: THIOSINAMINUM (RHODALLIN)THLAS: THLASPI BURSA PASTORIS (CAPSELLA)THUJ: THUJA OCCIDENTALISTHYR: THYROIDINUMTITAN: TITANIUM METALLICUM (TITANIUM)TRIL-P: TRILLIUM PENDULUMTUB: TUBERCULINUMURAN-N: URANIUM NITRICUMUREA: UREA PURA (UREA)URT-U: URTICA URENSUST: USTILAGO MAYDISVAC: VACCININUMVALER: VALERIANA OFFICINALIS (VALERIANA)VANAD: VANADIUM METALLICUM (VANADIUM)VANIL: VANILLA AROMATICA (VANILLA - PLANIFOLIA)VARIO: VARIOLINUMVERAT: VERATRUM ALBUMVERB: VERBASCUM THAPSUS (VERBASCUM)VIOL-O: VIOLA ODORATAVIOL-T: VIOLA TRICOLORVIP: VIPERA BERUS (VIPERA)VISC: VISCUM ALBUMWYE: WYETHIA HELENOIDES (WYETHIA)XAN: XANTOXYLUM FRAXINEUM (XANTHOXYLUM)X-RAY: X-RAYZINC: ZINCUM METALLICUM (ZINC)ZING: ZINGIBER OFFICINALE (ZINGIBER)

  • 04Sep
    • 10月の消費増税に伴う今後の対応について

      10月の消費増税に伴う今後の対応についてお知らせいたします。<2019年10月1日以降>Amazonで販売している書籍の消費税が8%→10%になります。送料は変更ありません。<2020年1月1日以降>◆セミナー代金に消費税がかかります。たとえば、3,000円のセミナーの場合、3,300円となります。◆樫の木堂直接通販の送料をご負担いただきます。今までは送料をこちらで負担してきましたが、今後はご負担をお願いいたします。書籍代金は変更ありません。ご注文後に、入金すべき料金(書籍代金+送料の合計)を返信いたしますので、お振込みをお願いいたします。送料の目安は・A5サイズで注文書籍の幅の合計が2cm以内:180円・A5サイズで注文書籍の幅の合計が2cmより広い:370円・A4サイズの書籍:370円です。・例1『腸内細菌のレメディー』を1冊ご注文の場合書籍代1,600円+180円=1,780円・例2『シュスラーのティシューソルト12種類-レパートリー編-』:2,200円『シュスラーのティシューソルト12種類-マテリア・メディカ編-』:3,200円『シュスラーのティシューソルト12種類-理論編-』:1,600円各1冊ご注文の場合書籍代7,000円+370円=7,370円となります。海外発送の場合は今までどおり、送料をご負担いただきます。ご不明な点などございましたら、kashinokidou@gmail.comまでお問合せください。今回の対応で、お客様のご負担が大きくなってしまいますことを心よりお詫び申し上げますと共に、ご理解いただきますようお願いいたします。今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、重ねてお願い申し上げますm(_ _)m

  • 21Aug
    • 10/27(日)TSセミナー@大阪開催!の画像

      10/27(日)TSセミナー@大阪開催!

      7月に成瀬麻記子さんと樫の木堂で、共同開催して大好評だったTSセミナー。健康増進Laboさんの招聘により、10/27(日)に大阪でも共同開催させていただくことになりました!7月開催のTSセミナーの感想はこちら↓↓↓https://ameblo.jp/kashinokidou/entry-12490846752.htmlネット(Zoom)でのご参加もできますので、遠方にお住まいの方もぜひご参加ください!詳細およびお申込みは、下記ページをご参照ください↓↓↓https://www.facebook.com/events/662145654279880/大阪行きに伴い、樫の木堂の各種セミナーを大阪で開催させていただきます。10/27TSセミナー@大阪にご参加の方は、それぞれ500円引きします。下記のセミナーについては、kashinokidou@gmail.comまでお問合せください。◆10/28(月)10:00~12:00好転反応マイルドセミナー@梅田or天満or京橋(未定)料金:3,500円(リピーター1,000円)◆10/28(月)13:00~16:00ストットラープレセミナー@梅田or天満or京橋(未定)料金:5,000円(リピーター1,000円)◆10/29(火)10:00~12:30TBR基礎応用お役立ちセミナー@梅田or天満or京橋(未定)料金:4,000円◆10/29(火)13:00~16:00ストットラープレセミナー@梅田or天満or京橋(未定)料金:5,000円(リピーター1,000円)

  • 22Jul
    • ストットラー氏講演会2018講義録2日目予約開始!の画像

      ストットラー氏講演会2018講義録2日目予約開始!

      お待たせしました!2018年12月に開催されたストットラー先生による講演会2日目の内容が収録された講義録『エワルト・ストットラー氏講演会講義録2018 2日目』の予約を開始いたします。8月10日入荷&発送予定です。定価は22,000円です。2018年講演会2日目参加者の方は5,000円となります。さらに、ストットラー氏講演会2019参加料金同時振込で、1,000円引きされます!この割引適用は、8/31(土)までのご入金となりますまた、この本に基づいた復習会も開催予定です。詳細については、下記の下部の「今後のセミナー予定」をご参照ください。講義録の内容の詳細は、この投稿の巻末をご参照ください。※Amazonでの販売はございません。 樫の木堂直接お申込みのみの販売となります。※お一人様1冊のみのご購入です。◆◆◆今後のセミナー予定◆◆◆◆8/2(金)13:30~15:30肝臓疾患のオーガノパシー@渋谷料金:3,000円◆8/29(木)10:30~13:30ストットラー氏講演会2日目復習会@日本橋料金:1,000円(※講演会出席者・講義録購入者のみ)◆9/7(土)13:00~16:00ストットラー氏講演会2日目復習会@渋谷料金:1,000円(※講演会出席者・講義録購入者のみ)◆◆◆「ストットラー氏講義録2018 2日目」内容◆◆◆※右の数字はページ番号レメディーを与える順番・ポーテンシー・間隔・期間 1 Q:レメディーを摂る間隔によって作用が変わるのか? 4 Q:病理や敏感さに応じてレメディーを叩く回数を調整することについて 5マテリア・メディカ 6 Dios. 6 Iris. 9 Kali-i. 12 Rheum. 14 Card-m. 16 下腿潰瘍のケースとプロトコル 17 Pall. 18 Plat. 20 Lil-t. 27 Cimic. 29 Aur. 31 Aur-m-n. 36ティッシュソルト 36 概要 36 Nat-m. 41 Nat-p. 43 Nat-s. 44 Nat-bic. 48 Q:Carb-di.の代わりとしてCarb-v.やNat-bic.が使えるか? 50ケース2:認知症 51 患者の情報 51 ケース検討 53 レメディー検討 55 Q:Hell.を選択した理由は? 56 Q:血流にまつわる認知症に対してKali-m.以外に、臓器のサポートをするマザーチンクチャーなどはあるか? 59 Q:マヤズムレメディーを与えていないのはなぜか? 59 Q:認知症と発達障害の異常と正常の見極め方について 62レメディー略称一覧 64付録:ボーリッケのマテリア・メディカ 67 Aurum metallicum 金 67 Aurum muriaticum natronatum 塩化金酸ナトリウム 69 Dioscorea villosa ヤセイヤマノイモ 69 Helleborus niger ヘレボルス 70 Iris versicolor ブルーフラッグ 71 Kalium iodatum カリウムのヨウ化物(ヨウ化カリウム) 72 Lilium tigrinum オニユリ 74 Palladium metallicum パラジウム 75

    • ストちゃんポイント2019:エワルト・ストットラー氏講演会2019の画像

      ストちゃんポイント2019:エワルト・ストットラー氏講演会2019

      『エワルト・ストットラー氏講演会 2019』受講料についてのご案内です。今年の講演会の定価は12月5日(木)ビギナー向け:15,000円12月6日(金)ビギナー向け:15,000円12月7日(土)ビギナー向け:18,000円12月8日(日)アドバンスト向け:23,000円12月9日(月)アドバンスト向け:20,000円12月10日(火)アドバンスト向け:20,000円となりますが、昨年講演会参加・講義録購入状況などに応じて付与される「ストちゃんポイント」のポイント数によって、受講料が割引されます。①経験者ポイント前回講演会2018参加日数1日につき+1pt(最高3pt)講義録2018購入冊数1冊につき+1pt(最高2pt)ただし、6日間通しで参加される方に限り、2016~2018年の3年間のストちゃんポイントが有効になります!!つまり、講演会参加:最高9pt講義録購入冊数:最高9pt1ptにつき、1,000円引きとなりますので、最大で18,000円引き!となります。②紹介ポイント今まで樫の木堂主催ストットラー氏講演会をa:受けたことがある人b:受けたことがない人aの方がbの方を紹介すると、aの方:参加者1名につき2ptbの方:参加日数1日につき1pt加算されます。※①+②がご自身のポイントになります。※aの方はbの人数に応じて加算されます。 つまり、3名紹介した場合は、 6pt=6,000円引きとなります。※入金後に紹介者が増えた場合は、 キャッシュバックします。ご自身のポイントを知りたいという方は、遠慮なくお問合せください。この割引適用は、10月31日(木)までの入金です。それ以降の入金につきましては、全て定価となりますので、お早目にお申込みください。ご不明な点がございましたら、kashinokidou@gmail.com (@を半角にご変更ください)まで、ご連絡ください!ポイント数、割引額、受講料をお知らせします。

    • ストットラー氏講演会2019参加予約開始!の画像

      ストットラー氏講演会2019参加予約開始!

      お待たせしました!治癒率に定評があり、年々、学ぶ人が増えている、オランダのホメオパスエワルト・ストットラー先生の2019年講演会予約開始です!<日時>※セミナーは全て10:00~17:10です。12/5(木) :ビギナー向け12/6(金) :ビギナー向け12/7(土) ビギナー向け&懇親会12/8(日):アドバンスト向け12/9(月):アドバンスト向け12/10(火): アドバンスト向け<場所>東京文具共和会館http://www.kyouwa-kaikan.co.jp/<内容(予定)>今年は質問OKにします!◆ビギナー向け・高低ポーテンシーの使い分け・ポーテンシーの上げ方・クライアントの反応・好転反応の見極め・症状が強く出た場合の対処◆アドバンスト向け・長期間に渡るケースでのレメディーの変遷→ノゾース・介入レメディー・メインレメディー変更のタイミングなど・その他、ケーステイクとそれに関連するマテリア・メディカ※上級者向けは、ストットラー先生の講義を 受けたことのある人やプレセミナー受講済の方が 対象になりますが、 そうでない方でも参加は可能です。 ただ、講義中の質問は、ご遠慮いただく 場合がありますので、ご了承ください。<受講料>今年も、申込者各々の講演会参加・講義録購入状況などに応じて付与される「ストちゃんポイント」のポイント数によって変わります。詳細につきましては、下記をご参照ください。https://ameblo.jp/kashinokidou/entry-12496860318.html<懇親会について>12月7日(土)の講演会後、先生を囲んで懇親会(という名の質問会)を開きます。時間:18:00~20:00参加料:5,000円(軽食・飲物付き)※通訳付きです。※講演会に参加されていない方も参加できます。<検討ケース募集>今年はスケジュールがタイトなので、個人的な相談会はお受けしない予定です。代わりに、アドバンスト向けのセミナー中で、ケースとして先生に検討いただきます。行き詰っているケース、相談したいケースなどありましたら、7/31(水)までにご連絡ください。<参加お申込み・質問>下記のフォームよりお申込みください。(締切:11/30(土))https://forms.gle/jbeQpHpTKrCAi6f98フォーム送信後、申込者のストちゃんポイント、受講料、お振込み先などの詳細をご返信いたします。ご不明な点などございましたら、kashinokidou@gmail.comまでご連絡くださいませ。決定事項・最新情報は、順次、下記のFacebookのイベントサイトに掲載していきます。フォローをお願いいたします。https://www.facebook.com/events/1961140497347239/

  • 15Jul
    • 夏コミ(コミケ:コミックマーケット96)に参加決定!の画像

      夏コミ(コミケ:コミックマーケット96)に参加決定!

      今や世界的に有名な、日本の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)」に、樫の木堂として参加が決定!ちなみに、サークルカット(カタログ掲載用宣伝カット)はこちら↓↓↓きっかけは、ある日、ふと「樫の木堂の本って同人誌だから、コミケ出れんじゃね??」と思ったこと。申込みをして、運良く当選しました!!!妹夫婦に当日スタッフ依頼をしたところ、二つ返事でOKいただきました。実は、私の妹は、若い頃、同人作家として、コミケに何度も参加していたので、この三連休、コミケのお作法について妹からいろいろと指南してもらっていました。樫の木堂は3日目(8/11(日))「評論(医療系)」ジャンル西2地区での参加になります。今回は採算などは、あまり気にせず、日本中のマニアック中のマニアが集まる雰囲気を楽しんで来ようと思っています♪もし、参加される方がいらっしゃいましたら、お立ち寄りくださいましたら幸いです(^^)