神戸・独女ライター発「恋愛マッスル!」

タフでしなやかな女ほど、人生は色濃く、豊かになる!

彷徨いながら突き進み、人生を味わい尽くしたい-------。


数々の恋愛試練をくぐり抜け、自由と反逆を軸に進む独女ライターが

“生涯現役”を目指す「恋愛ジプシー」の世界へようこそ。


恋愛観・結婚観・いい女&いい男観をはじめ、

旅・食・女性の生き方・人生の愉しみ方を、独自の視点で発信しています。



クローバークローバーコメント、メッセージ、読者登録、どしどしお待ちしてますクローバークローバー
人気ブログランキングへ



ドキドキ恋愛おすすめ記事ドキドキ

●恋愛に駆け引きは必要?   ●結婚するのは何のため?  

●人は人生で何度人を愛せる?  ●年収4000万以上の男

●昔の女を美化する男   ●結婚は2回目がうまくいく!?   

●愛はまぼろし?   ●恋愛の最終手段は直感!  ●季節はずれのBBQ

●歳をとって損するのは女だけ?    ●幸せの基準   ●梅の頃に想ふ。

●結婚の目的     ●5年越しの再会    ●夜景を見るなら


プレゼントその他のおすすめ記事プレゼント

●歳をとると女が生きにくくなるのは、  ●生き方に惚れられる   

●おんなの敵はオンナ? ●彷徨いながら、突き進む。

●シングルライフの罪と罰 ●ニュートラルに生きたい。

●GET TO BE WILD!   ●素晴らしき仲間たち  ●平日シティクルーズ

●女はエイジレスで勝負!  ●久しぶりのフォトセッション♪

●招かれざる客   ●ライター入門  ●いい男、いい女。  ●筋肉LOVE

●車で分かる男選び①   ●車で分かる男選び②  ●TOKYO行ってました。

●今を生きる。    ●あと数時間  ●金持ち姐さん、貧乏姐さん

●神戸ルミナリエ   ●「最後」という言葉   ●信号無視な女

●私がオバさんになっても  ●while I live ●生きるってしんどい。

●なぜ女の年齢はタブーなのか?   ●“そのとき”が来るまで

飛行機旅のおすすめ記事飛行機

旅への思いやこだわり、旅先の写真も満載で、旅好きな方は必見!!

左欄のテーマ 「旅いろいろ」 「私の旅スタイル」 からご覧ください。


ひらめき電球各ブログテーマの内容については

●「ブログテーマ」リニューアル☆  をご参考に。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

母との2人暮らし①

 

 

皆さま、毎度お久しぶりです。

 

 

この数年来、あまりブログを書く気になれなくて

ほとんど放置状態でした。

(楽しみに待っていてくださる方がいたら、ほんとすみませんガーン

 

 

私にとってブログ書くのってかなり気合いがいることなんですよね。

なんてったって

ブログ書くのに余裕で2時間くらいかかるので滝汗

(過去には3〜4時間かけて書いたものもある)

 

さらにビジネスブログ(稼ぐ目的)にはしてないので

どうしても優先順位が低くなる。

 

※ちなみに参考までにこちらのブログもぜひ

◎コピーライターとしてのプライド

 

 

プロライターとしてのプライドもあり、文章の流れ、構成から文字の大きさ、

載せる写真の選定やレイアウトのこだわりまで

ほんと嫌になるくらい(仕事以上に)時間かけてたんです。

写真をたくさん載せる時は写真の選定から時間かかってるので

これからはできるだけ写真を載せないブログでいこうw

 

近況の写真はインスタやストーリーにアップしてるので

フォローしてくれたら喜びますグラサンハート

下矢印

Instagram

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

さて、前置きが長くなったけど

今日のお題は

「母との2人暮らし」。

 

これ書くのもなかなかに力仕事なんですけど

あえてサラッと書こうと思います。

 

 

2019年あたりから両親の様子を見に毎月実家と行き来する生活になり、

昨年2月、ついに22年のひとり暮らしにピリオドを打ち

実家に引っ越して本格的に父母のサポート(介護)を続けていた私。

昨年10月に父が亡くなり、

そこから母との2人暮らしが始まりました。

 

 

まだ元気な頃の両親は、そりゃーーよく口ゲンカしていた。

(とはいえ、私の前では一方的に母が父の愚痴を言い続け、

父は言いたいことをぐっとこらえてスルーしている感じ。そしてふとした時に爆発するw)

「ケンカするほど仲がいい」とよく言うけど

うちの両親は性格も真反対、ほんとに相性悪いと思ってました。

母は何度か離婚をほのめかすようなことも私に相談していたくらい。

 

 

よく言えば天真爛漫で可愛い母は

悪く言えば文句言いでデリカシーなさ過ぎ。

そして実直で何事もよく気がつく父は、悪く言えば細かくて融通が効かない(ガンコ)。

 

 

 

今思えば

父はものすごい愛で私たち家族を見守っていてくれたのだけど

母も娘もあまりそのことに気付いてなかったかもしれない。

 

 

父が亡くなってから母の落胆ぶりがすごく

あまり元気もないし(年齢的なものもあるけど)、

よく寂しい寂しいと言っている。

 

 

世間一般的には旦那さんが亡くなると

残された妻は俄然元気になる!と聞きますが

うちはそれには当てはまらなかったみたいです。。。

 

 

 

 

 

昨日の七夕。

実家のベランダからは星空が綺麗に見えて天の川もバッチリ見えた。

(これ天の川だよね?)

 

 

思わず母を庭に連れ出して一緒に星空を眺め、

「何をお願いする?」と聞いたら

「お父さんと会えますように」と母。

 

「そうか、夢で会えたらいいね」と私。

 

 

きっと、もしかしたら父も近くで見守ってくれているような気がする。

なんだか亡くなってからこんなに母が父を好きだったなんて!

 

なに言われてもぐっと我慢していた父も

なんのかの言って母が大好きだった。

 

うちの父と母、ほんとはとても仲が良かったんだなと思う今日この頃です。

 

 

 

母との日々、まだまだ続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>