三角絞めでつかまえて
映画の感想については基本的にネタバレ全開で書いていますので要注意です。あと、映画の見方が少し偏っているので、点数もそんなに気にしないでくださいね。ツイッターのアカウントは@kamiyamaz (カミヤマΔ)なので、適当にチェックしていただければ幸いです。
※このブログはフィクションです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

黄龍の村(ネタバレ)

黄龍の村

 

2021/日本 上映時間66分

監督・脚本・編集:阪元裕吾

製作:與田尚志、折上英作、スージュン

エグゼクティブプロデューサー:加藤和夫、小林一彦

企画・プロデュース:中野剛、近藤良英

プロデューサー:妙円園洋輝

共同プロデューサー:柳坂明彦、和田隆

協力プロデューサー:宇田川寧、田口雄介

撮影:伴徹

照明:宮永アグル

録音:村原孝麿

美術小道具・装飾・小道具:岩崎未来

スタイリスト:入山浩章

ヘアメイク:ほんだなお

音楽:遠藤浩二

主題歌:Helsinki Lambda Club

音響効果:岡部泰輝

音楽コーディネート:杉田寿宏

助監督:島田伊智郎

スタントコーディネーター:谷本峰

配給統括:増田英明

出演:水石亜飛夢、松本卓也、鈴木まゆ、秋乃ゆに、ウメモトジンギ、石塚汐花、大坂健太、美上のしおり、藤井愛稀、中村龍介、小玉百夏、安田ユウ、陸野銀次郎、海道力也、一ノ瀬ワタル、伊能昌幸

パンフレット:なし

(あらすじ)
レンタカーでキャンプ場へ向かう優希ら8人の若者たち。その途中、山の中で車がパンクしてしまい、携帯電話の電波も繋がらず、助けを求めて歩き始める。トンネルを抜けてたどり着いたのは、包丁が頭に刺さった案山子がある奇妙な村・龍切村だった。馬に乗って現れた老人は車を直してくれると話し、優希たちを自宅へ招く。老人の家では3人の女性が律儀に出迎えてくれ、夕食や布団まで用意されていた。老人の半ば強引な誘いでその夜は泊まることになるが、翌朝、外の音で目を覚ました優希は、不思議なお面を被った村人たちが外を練り歩く姿を目撃する。(以上、映画.comより)


予告編はこんな感じ↓

 

 


70点
 

 

私の感想はこんな感じ↓

 

 

 

<備考>

・11月16日(火)、本厚木にあるあつぎのえいがかんkikiにて、カレーを挟みつつ「アイダよ、何処へ」「スターダスト」を観てから、鑑賞。その後、「華のスミカ」「最強殺し屋伝説国岡 完全版」をハシゴしました。

・熱くても鍋つかみを使うのが禁止されているっぽかったりとか、村の酷さが細かく描写されてたのが好き。

・「ヴィーガンだけにピーマンは食べられるけどな」「何の罪もない村人を殺しやがって」の台詞に笑った。

・人肉食由来のクールー病なのか、一部の登場人物の手が震えてたような(うろ覚え)。

首が折れても自力で直す一ノ瀬ワタルさんが素敵。ちょっと烈海王を連想したけど、よくある描写でもある。

・梶原と「おびんたわらさま」のスピンオフ希望。

 

 

 

 

今年5月に観た阪元裕吾監督作。アクション、かなり頑張ってました。感想、書けてない…。

 

 

なんとなく思いだした「ヤバい村」映画。感想、まだアップできてない…。

 

 

なんとなく貼っておきたい大好きな映画。僕の感想はこんな感じ。

 

 

ふと思い出した倉田保昭さん主演×鹿島勤監督作。銀座シネパトスで観た記憶。

 

 

 

 

2021年11月公開で観たいと思っている映画の覚え書き

すみません…。もう11月の第3週になってしまいましたが(汗)、それでも毎月の恒例として! 僕が2021年11月公開で観たいと勝手に思っている映画を貼っておきますね↓


※①などの番号付きは「絶対に観る」、○は「一応観たい」、△は「興味ある~」って感じです。

11/5〜6

アンテベラム ①

映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ ②

エターナルズ ③

ほんとうのピノッキオ ④

花椒の味 △

記憶の戦争 △

これは君の闘争だ △

12番目の容疑者 △

告白 △

DANCING MARY ダンシング・マリー △

我が心の香港~映画監督アン・ホイ △

リスペクト △

メイド・イン・ヘヴン △

ボクたちはみんな大人になれなかった △

絶滅動物(VACATION) △

 


11/12〜13

半狂乱 ⑤

カオス・ウォーキング ⑥

テン・ゴーカイジャー ⑦

ファイター、北からの挑戦者 ⑧

アイス・ロード ⑨

唐人街探偵 NEW YORK MISSION ⑩

ドーナツキング ⑪

ボストン市庁舎 ⑫

マリグナント 狂暴な悪夢 ⑬

皮膚を売った男 ○

ドーン・オブ・ザ・ビースト/魔獣の森 ○

信虎 ○

フォーリング 50年間の想い出 △

tick, tick... BOOM!: チック、チック...ブーン! △

SAYONARA AMERICA △

サマーゴースト △

僕の世界の中心は △

恋する寄生虫 △

梅切らぬバカ △

 

 

11/19〜20

囚人ディリ ⑭

聖地X ⑮

モスル~あるSWAT部隊の戦い~ ⑯

ミュジコフィリア ⑰

ずっと独身でいるつもり? ⑱

リトル・ガール ⑲

ユダヤ人の私 ⑳

COME & GO カム・アンド・ゴー ㉑

土竜の唄 FINAL ○

1941 モスクワ攻防戦80年目の真実 ○

12人のイカれたワークショップ ○

JOINT ○

宮田バスターズ(株) 大長編 △

パワー・オブ・ザ・ドッグ △

茲山魚譜 チャサンオボ △

自宅警備員と家事妖精 △

無慈悲な光 △

 

 

11/26〜27

ザ・レッド・チャペル ㉒

ダ・ヴィンチは誰に微笑む ㉓

CHAIN/チェイン ㉔

水俣曼荼羅 ㉕

幕が下りたら会いましょう ㉖

ダーク・アンド・ウィケッド ○

ミラベルと魔法だらけの家 △

ベロゴリア戦記 第1章:異世界の王国と魔法の剣 △

私は白鳥 △

ディア・エヴァン・ハンセン △

 

 

本当なら10月末にアップする予定が、すっかり11月下旬… ('A`) 上のリストを作ったのは10月末なので、「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」「エターナルズ」はすでに観てしまっているワケですけど(汗)、それはそれとして(「エターナルズ」の感想はこちらにアップしております)。とりあえず今さらながら観たい映画を書いておきますと、今月は気になるドキュメンタリーが超多くて、まずは「ゲッベルスと私」に続く「ホロコースト証言シリーズ」の第2弾「ユダヤ人の私」は観ておきたいなぁと。さらに、”ドーナツ王”の人生に迫った「ドーナツキング」巨匠フレデリック・ワイズマンの最新作「ボストン市庁舎」、アート界の闇を暴いたという「ダ・ヴィンチは誰に微笑む」、トランスジェンダーの少女についてのドキュメンタリー「リトル・ガール」、北朝鮮の実態を暴いた「ザ・レッド・チャペル」、原一男監督が15年撮影した力作「水俣曼荼羅」も観る予定でございます。

 

 

11月公開作で購入した前売り券は11作品分だッ!
 
 
「ユダヤ人の私」の予告編↓ ヘビーなムードがムンムンですな…。
 

 

 
その他、せっかくオンライン試写に誘っていただいたのに、結局、観ないまま公開日を迎えてしまって非常に申し訳ないことこの上ない「半狂乱」とか、「ゲット・アウト」「アス」のプロデューサーによるパラドックス・スリラー「アンテベラム」とか、ジェームズ・ワン監督による「マリグナント 狂暴な悪夢」といった「怖い映画」もいろいろと上映されているので、キッチリ押さえておきたいところ。「リスペクト」「ボクたちはみんな大人になれなかった」に関しては、あまり観るつもりはなかったものの、愛聴しているラジオ番組「アフター6ジャンクション」の週刊映画時評コーナー「ムービーウォッチメン」の課題候補になったので、足を運ぼうと思っております (´∀`) ツキアイ
 
 
「半狂乱」の予告編↓ 広報担当の方、ごめんなさい…。

 

 

 

さて、恒例の「なるべく観に行きたい名画座上映作品」ですけど、もう11月下旬だし、さすがに挙げても意味ないかな… (´・ω・`) ウーン ただ、下高井戸シネマで11/20(土)~11/26(金)の「復讐者たち」「沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家」「ストップ・メイキング・センス」川越スカラ座で11/27(土)~12/3(金)の「ファンタスティック・プラネット」「ザ・クレイジーズ」「犬部!」関しては、なるべく足を運びたいなぁと。以上、2021年11月公開で観たいと思っている映画の覚え書きでした。本当にすみませんでした…。

 

 

 

 

スターダスト(ネタバレ)

スターダスト

 

原題:Stardust
2020/イギリス、カナダ 上映時間109分

監督・脚本:ガブリエル・レンジ

製作:ポール・バン・カーター、ニック・タウシグ、マット・コード

製作総指揮:ファビアン・ウェスターホフ、クリストファー・フィッグ、ロバート・ホワイトハウス、サスキア・トーマス

脚本:クリストファー・ベル

撮影:ニック・ノウランド

美術:エイダン・ルルー

衣装:パトコーシュ・ユーリア

編集:クリス・ギル

音楽:アン・ニキティン

出演:ジョニー・フリン、ジェナ・マローン、デレク・モラン、アンソニー・フラナガン、ジュリアン・リッチングス、アーロン・プール、モニカ・パーカー、マーク・マロン

パンフレット:★★★★(880円/コンパクトながら情報量多め。コラムは3本収録で、企画記事も多し)

(あらすじ)
1971年、3作目のアルバム「世界を売った男」をリリースした24歳のボウイはイギリスからアメリカへ渡り、マーキュリー・レコードのパブリシストであるロン・オバーマンとともに、初の全米プロモーションツアーを開始。しかし彼は自分が世間に全く知られていないこと、そして時代がまだ自分に追いついていないことを知る。ベルベット・アンダーグラウンドやアンディ・ウォーホルとの出会いなど、アメリカで多くの刺激を受けるボウイ。一方、兄の病気も彼を悩ませていた。(以上、映画.comより)


予告編はこんな感じ↓

 

 

 

60点


私の感想はこんな感じ↓

 


 

<備考>

・11月16日(火)、本厚木にあるあつぎのえいがかんkikiにて、「アイダよ、何処へ」を観てから、カレーを挟みつつ、鑑賞。その後、「黄龍の村」「華のスミカ」「最強殺し屋伝説国岡 完全版」をハシゴしました。

石津文子さんの評北村紗衣先生のレビュー吉村栄一さんの記事がタメになりました。

・ガブリエル・リンチ監督によるモキュメンタリー「大統領暗殺」は、映画評論家の町山智浩さんがラジオで紹介していたのを覚えております。

・パンフは、デヴィッド・ボウイについての著作も出されている田中純先生の文章が、映画と実情の違いが分かって面白かったです。

・あと、親交の深い写真家の鋤田正義さんのインタビューも良い仕事でした。

・ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演のコメディ映画「その男 ヴァン・ダム」には、デヴィッド・ボウイの名曲「Modern Love」カバーが使われてます…という、どうでも良い情報。

 

 

 

 

本作に出てくるアルバム。ベストアルバム以外も聴いてみようかしらん。

 

 

非常に連想した映画。僕の感想はこんな感じ。

 

 

デヴィッド・ボウイといえばこの主演作。昔はつまらなかったけど、今なら…。

 

 

デヴィッド・ボウイが好きになった映画。Blu-ray、買うかどうか、ずっと迷ってます。

 

 

大島渚監督作。若い頃は何が何やらだったけど、この前観たら超面白かったです。

 

 

デヴィッド・ボウイがモデルのミュージシャンが登場する映画。公開当時、彼女と観たという淡い思い出。

 

 

ニール・ゲイマンのファンタジー小説を映画化した作品。評判が良いので観たいッ!

 

 

 

 

アイダよ、何処へ?(ネタバレ)

アイダよ、何処へ?

 

原題:Quo vadis, Aida?
2020/ボスニア、ヘルツェゴビナ、オーストリア、ルーマニア、オランダ、ドイツ、ポーランド、フランス、ノルウェー 上映時間101分

監督・製作・脚本:ヤスミラ・ジュバニッチ

製作:ダミル・イブラヒモビッチ

製作総指揮:マイク・グッドリッジ

撮影:クリスティーン・A・メイヤー

美術:ハンネス・ザラート

衣装:マウゴザータ・カルピウク、エレン・レンス

編集:ヤロスワフ・カミンスキ

音楽:アントニー・コマサ=ラザルキービッツ

出演:ヤスナ・ジュリチッチ、イズディン・バイロビッチ、ボリス・レール、ディノ・ブライロビッチ、ヨハン・ヘルデンベルグ、レイモント・ティリ、ボリス・イサコビッチ、エミール・ハジハフィズベゴビッチ、エディタ・マロブチッチ

パンフレット:★★★★(800円/4本のコラムと年表がマジでタメになる!作品の理解を助ける良いパンフ)

(あらすじ)
1995年、夏。ボスニア・ヘルツェゴビナの町、スレブレニツァがセルビア人勢力によって占拠され、2万5000人に及ぶ町の住人たちが保護を求めて国連基地に集まってくる。一方、国連平和維持軍で通訳として働くアイダは、交渉の中である重要な情報を得る。セルビア人勢力の動きがエスカレートし、基地までも占拠しようとする中、アイダは逃げてきた人々や、その中にいる夫や息子たちを守ろうとするが……。(以上、映画.comより)


予告編はこんな感じ↓

 

 

 

75点

 

私の感想はこんな感じ↓

 

 

 

<備考>

・11月16日(火)、本厚木にあるあつぎのえいがかんkikiにて鑑賞。その後、カレーを挟みながら「スターダスト」「黄龍の村」「華のスミカ」「最強殺し屋伝説国岡 完全版」をハシゴしました。

・本作については、映画評論家の町山智浩さんの「たまむすび」での紹介がオススメ。タイトルの意味もわかります。

「池上彰と増田ユリヤのYouTube学園」の解説も超タメになりましたよ。動画内の監督インタビューがまた良くて、市民を基地に入れて守ったカナダ人指揮官の話はスゴいなと思ったり。

・アイダ役のヤスナ・ジュリチッチと、ムラディチ将軍役のボリス・イサコビッチは夫婦で、どちらもセルビア人ということで、本作に出演したことでバッシングされてるとか (´・ω・`) カワイソウ

・アイダの元教え子がセルビア人側にいたりと、「近所に住んでたような人たち」に殺される状況だったのが恐ろしい。回想のパーティーシーンでは、2つの民族が普通に仲良くしているだけにキツイ…。

・パンフを読んだら、セルビア人勢力のムラディチ将軍は、今年6月にジェノサイドの罪で終身刑が確定したそうです。

 

 

 

 

ヤスミラ・ジュバニッチ監督のデビュー作。非常に評判が良いけど、重そう…。

 

 

非常に連想したホロコースト映画。僕の感想はこんな感じ。

 

 

アイダの息子の部屋に貼ってあったジャン=クロード・ヴァン・ダム主演作。そこそこの面白さです。

 

 

 

 

エターナルズ(IMAX2D・字幕版、吹替版)(ネタバレ)

エターナルズ(IMAX2D・字幕版、吹替版)

 

原題:Eternals
2021/アメリカ 上映時間156分

監督・脚本:クロエ・ジャオ

製作:ケビン・ファイギ、ネイト・ムーア

製作総指揮:ルイス・デスポジート、ビクトリア・アロンソ、ケビン・デラノイ

共同製作:ミッチ・ベル

原案:ライアン・フィルポ、カズ・フィルポ

脚本:パトリック・バーリー、ライアン・フィルポ、カズ・フィルポ

撮影:ベン・デイビス

美術:イブ・スチュワート

衣装:サミー・シェルドン・ディファー

編集:クレイグ・ウッド、ディラン・ティチェナー

音楽:ラミン・ジャワディ

音楽監修:デイブ・ジョーダン

視覚効果監修:ステファン・セレッティ

ビジュアル開発主任:ライアン・メイナーディング

出演:ジェンマ・チャン、リチャード・マッデン、アンジェリーナ・ジョリー、サルマ・ハエック、クメイル・ナンジアニ、リア・マクヒュー、ブライアン・タイリー・ヘンリー、ローレン・リドロフ、バリー・コーガン、マ・ドンソク、キット・ハリントン、ハーリッシュ・パテル、ビル・スカルスガルド、ハーズ・スレイマン、ゼイン・アル=ラフィーア

声の出演(吹替版):恒松あゆみ、川田紳司、深見梨加、戸田恵子、杉田智和、金子睦、内山昂輝、稲田徹、花輪英司

パンフレット:★★★★☆(990円/特別版を購入。コラムが4本収録されていて、写真やイラストもいっぱい。映画が好きな人は買うべし)

(あらすじ)
遙かな昔から地球に存在し、7000年もの間、陰から人類を見守ってきたエターナルズ。最凶最悪の敵サノスによって半分が消滅させられた全宇宙の生命は、アベンジャーズの戦いによって復活したが、その時の強大なエネルギーによって新たな脅威が誕生し、地球に迫っていた。その脅威に立ち向かうべく、これまで身を潜めていたエターナルズが再び集結する。(以上、映画.comより)


予告編はこんな感じ↓

 

 

 

90点

 

私の感想はこんな感じ↓

 

 

 

<備考>

・ちゃんとしたネタバレストーリーを知りたい方はこちらのサイトの記事を読むと良いざんす。

「おっ、エターナルズが表紙じゃん」と思って「ビッグイシュー」を買ったら、ABBAでした…。

・11月6日(土)、池袋の新文芸座「共謀家族」を観てから、カレーを食べてグランドシネマサンシャイン池袋でIMAX版を鑑賞。

・11月15日(月)に新宿ピカデリーで吹替版を鑑賞(その後、「メインストリーム」をハシゴ)。

・エターナルズの宇宙船ドーモがモノリスっぽかった。

・冒頭のメソポタミア文明の少年が「存在のない子供たち」ゼイン・アル=ラフィーアでビックリ! 良いキャスティング。

・セルシがダーウィンの像に「チャーリー」って話しかけるあたり、実際に友だちだった可能性も?

・アクション演出、「X-MEN」的な超能力バトル感が強かった印象。イカリスvsマッカリ、vsファストス、セナvsディヴィアンツが好み。

・のちに映画スターになるキンゴが、スプライトが作る幻影を感心して観ているシーンが良かった。

・キンゴの付き人、良い味を出してましたな〜。カメラを何台も持っているギャグは嫌いじゃない。

・アンジェリーナ・ジョリー、演技が超上手い上に、トップスターなのに一歩引いて参加してるムードが素敵。白目も良し。

・マ・ドンソク演じるギルガメッシュがフライパンでパイを焼いてたくだり、フライパンを曲げる前提のチョイスって感じでいいね。

・バリー・コーガン、「聖なる鹿殺し」「驚くほど感じ悪くパスタを食べる人」ってイメージが強いから、「コイツは裏切るのでは?」とずっと疑いながら観てたけど、普通にイイ奴でホッとした (´∀`) ナァンダ

・MCUの世界には「スーパーマン」というフィクションが存在するのね。ちょっと好き。

・ディヴィアンツ、知性を得て事情を把握してからはエターナルズと共闘するかと思ったら、普通に殺し合ってましたな。仕方ないか…。

・みんなの力を1つにする超能力「ユニマインド」、ちょっと劇場用アニメ版「幻魔大戦」のラストを思い出しました。

・ラスト、イカリスが太陽に向かっていくのは、スプライトがその神話を作ったと考えると余計に切ない…。

・エンドクレジット、エターナルズがモチーフになったっぽい神様の像とか壁画とかが出てきて超カッコイイ!

・今週の「ムービーウォッチメン」の課題映画なので、みんなチェックして!m9`Д´) ビシッ

 

 

 

 

デジタル盤のサントラでございます。

 

 

原作コミック。まぁ、映画とはかなり違いますが、スプライトが悩むあたりは近い感じ。

 

 

クロエ・ジャオ監督作。僕の感想はこんな感じ。

 

 

マ・ドンソク(ドン・リー)の主演作でオススメなのはこれ。僕の感想はこんな感じ。

 

 

まさか主演の子がハリウッドの大作に出演するとはなぁ…。僕の感想はこんな感じ。

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>