1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年09月26日

2017年10月公開で観たいと思っている映画の覚え書き

テーマ:観たい映画の覚え書き
毎月の恒例として、僕が2017年10月公開で観たいと思っている映画を貼っておきますね↓


※①などの番号付きは「絶対に観る」、○は「一応観たい」、△は「興味ある~」って感じです。

10/7
アウトレイジ 最終章 ①
バッド・ウェイヴ ○
あゝ、荒野 前篇 △
エルネスト △
スマーフ スマーフェットと秘密の大冒険 △


10/14
猿の惑星:聖戦記 ②
リングサイド・ストーリー ○
アナベル 死霊人形の誕生 △
あなた、そこにいてくれますか △


10/21
アトミックブロンド ③
バリー・シール/アメリカをはめた男 ④
我は神なり ⑤
DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団 ○
ロキシー ○
セブン・シスターズ ○
ソニータ ○
女神の見えざる手 ○
あゝ、荒野 後篇 △
鉱 ARAGANE △
くぴぽ SOS! △
劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち △


10/28
ブレードランナー 2049 ⑥
ゲット・アウト ⑦
被ばく牛と生きる △




まだ「ワンダーウーマン」の前売り券2枚を使っていないにもかかわらず、10月公開で観たい映画を挙げるとするなら、やっぱり「ブレードランナー 2049」が筆頭でしょうな。いや、僕はそれほど「ブレードランナー」愛があるわけではないんですが(汗)、この難物をドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がどう料理したのかスゲー気になってまして。前売り券も2枚買ってあるし、すでに準備万端なのです ( ̄ー ̄) ニヤッ


購入した10月前売り券はこんな感じでございます。
10月公開作の前売り券

「ブレードランナー 2049」の予告編を貼っておきますね↓




その次に期待しているのが、シャーリーズ・セロン御大主演の「アトミックブロンド」ですよ。今、彼女を主役にした殺人スパイ映画がつまらないワケがないということで、もちろん前売り券を購入済み。あと、洋画枠では、「猿の惑星:聖戦記」も必見だと思っているし、“胡散臭い男”を演じさせたらトム・クルーズは最高だと思うので(「マグノリア」など)、「バリー・シール/アメリカをはめた男」も観に行きたいなぁと。その他、ポロポロと面白そうなB級サスペンスアクションみたいなのが何本かあるんですが、仕事の状況を考えると、そういうのを観に行く余裕はない気がいたします… (・ω・;) ウーン


「アトミックブロンド」の予告編↓ 70点以上の満足度は約束されているムードですな。




邦画では、何と言っても「アウトレイジ 最終章」ですよね (´∀`) ウフフ まぁ、いつも何だかんだと文句をつけちゃいますが、とりあえず愉快な作品なのは間違いないので、早めに劇場へ行ければと。あと、「リングサイド・ストーリー」は、「百円の恋」の武正晴監督の最新作だし、瑛太さんの格闘家役はちょっと興味がある感じ。それと、「DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団」タマフルとの関係を考えると観て応援したい気持ちはあるんですけど、「鷹の爪団」の映画自体、1本も観たことがないので、若干、躊躇っちゃったりもするのでした。


「DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団」の予告編↓ 面白そうなんですけどね。




最後に、滅多に行けない名画座系では、目黒シネマで9/30(土)~10/06(金)の「22年目の告白 私が殺人犯です」「模倣犯」、10/14(土)~10/20(金)の「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」「夜明け告げるルーのうた」、10/28(土)~11/03(金)の「光」「あん」キネカ大森で10/07(土)~10/13(金)の「夜明け告げるルーのうた」「夜は短し歩けよ乙女」、10/14(土)~10/20(金)の「アメリカン・スリープオーバー」「スウィート17モンスター」、10/21(土)~10/27(金)の「マジカル・ガール」「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」早稲田松竹で10/14(土)~10/20(金)の「夜に生きる」「ラビング 愛という名前のふたり」新文芸坐で10/22(日)~10/25(水)の「メッセージ」「LOGAN/ローガン」あたりに行きたいものの、まず無理だろうなぁ (´・ω・`) つーか、「新作映画は年間120本まで」という掟を今年も破ってしまった現在、仕事も問題が起きて大変になってきたし、観る本数をもう少し減らそうと思っております…。以上、2017年10月公開で観たいと思っている映画の覚え書きでした。ではでは~。






いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年08月28日

2017年9月公開で観たいと思っている映画の覚え書き

テーマ:観たい映画の覚え書き
毎月の恒例として、僕が2017年9月公開で観たいと思っている映画を貼っておきますね↓


※①などの番号付きは「絶対に観る」、○は「一応観たい」、△は「興味ある~」って感じです。

9/2
新感染 ファイナル・エクスプレス ①
スキップ・トレース ②
DARK STAR/H・R・ギーガーの世界 ○
ザ・ウォール △
禅と骨 △


9/9
散歩する侵略者 ③
三度目の殺人 ④
ダンケルク ⑤
おクジラさま ふたつの正義の物語 ⑥
西遊記2~妖怪の逆襲~ ○
HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話 △
あしたは最高のはじまり △


9/16
エイリアン:コヴェナント ⑦
アフターマス ⑧
オン・ザ・ミルキー・ロード △
汚れたダイヤモンド △


9/23
スイス・アーミー・マン ⑨
オペレーション・クロマイト ○
スクランブル ○
チェイサー ○
スティールパンの惑星 △
わたしたち △
プラネタリウム △


9/30
ソウル・ステーション/パンデミック ⑩
ブラッド・スローン ○
ドリーム ○
ヴェンジェンス △
レゴニンジャゴー ザ・ムービー △
亜人 △
ブルーム・オブ・イエスタディ △
夜間もやってる保育園 △




9月6日には、ジャン=クロード・ヴァン・ダム最新主演作「ファイナル・ブラッド」のDVDがリリースされる…というのは、置いとくとして。9月の注目作といえば、ゾンビ好きの間ではかねてから話題になっていたという“韓国産・最凶ゾンビ映画”「新感染 ファイナル・エクスプレス」は前売り券を購入済み。予備知識は全然入れていないんですけど、コン・ユが「サスペクト 哀しき容疑者」の時のような戦闘力を発揮してくれたらいいなぁと思っております(叶いそうにない願望)。それと、前日譚を描いたアニメ「ソウル・ステーション/パンデミック」の前売り券も当然ながら買っております ( ̄ー ̄) ニヤッ


9月の映画関係のチケット。タマフル映画祭映画秘宝まつりにも行く予定だったり。
9月のチケット


「新感染 ファイナル・エクスプレス」の予告編↓ 僕はあえて観てなかったり… (´∀`;)




絶対面白いだろうなと思っているのが、黒沢清監督の「散歩する侵略者」ですよ。というのは、僕は2011年に元となったイキウメの舞台版を観ていて、これが最高だったのです。「舞台を活かしたSF」ではありましたが、内容的に黒沢清監督との相性も良さそうだし、超楽しみでございます。同じ邦画枠では、是枝裕和監督の「三度目の殺人」もなかなか良さげで、間違いなく足を運ぶんじゃないかしらん (´∀`) ウフフ それと、日本人監督が「ザ・コーヴ」へのアンサーとして撮ったっぽい「おクジラさま ふたつの正義の物語」も観ておきたいなぁと。某映画みたいに微妙な内容にならないと良いんですが…。


「散歩する侵略者」の予告編↓ 舞台、もう一度観たいなぁ。




その他、「エイリアン:コヴェナント」はもちろん足を運びますけど、また「卵を発見→近づいたらフェイスハガーに襲われちゃった!(°д°;)」的な展開を見せられそうなのがちょっとイヤかも。どうせなら「DARK STAR/H・R・ギーガーの世界」も合わせて観たいものの、仕事の状況を考えると、そんな時間的余裕はない気がします。あと、ジャッキー・チェン最新主演作「スキップ・トレース」は観るのが義務なので前売り券を買ってあるし、アーノルド・シュワルツェネッガーが非アクション作品にチャレンジしたスリラー映画「アフターマス」も、そりゃあ観に行きますがな。


「アフターマス」の予告編↓ 面白いといいですな。




結局、いつも行けない名画座系で気になってるのは、キネカ大森で9/02(土)~9/08(金)の「ゾンビ処刑人」「ディストピア パンドラの少女」、9/16(土)~9/22(金)の「無限の住人」「マグニフィセント・セブン」早稲田松竹で9/09(土)~9/15(金)の「イップ・マン 序章」「イップ・マン 葉問」「イップ・マン 継承」新文芸坐で9/18(月)~9/20(水)の「潜入者」「ブラッド・ファーザー」って感じですかね。以上、2017年9月公開で観たいと思っている映画の覚え書きでした。ではでは~。






いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年07月25日

2017年8月公開で観たいと思っている映画の覚え書き

テーマ:観たい映画の覚え書き
毎月の恒例として、僕が2017年8月公開で観たいと思っている映画を貼っておきますね↓


※①などの番号付きは「絶対に観る」、○は「一応観たい」、△は「興味ある~」って感じです。

8/5
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 ①
劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング ②
宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲 ③
スターシップ9 ④
トランスフォーマー/最後の騎士王 ○
俺たちポップスター ○
リベリアの白い血 △
エブリシング △
夜明けの祈り △


8/12
RE:BORN リボーン ⑤
スパイダーマン:ホームカミング ⑥
海底47m ○
ターミネーター2 3D ○
ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦 △
少女ファニーと運命の旅 △


8/19
HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY ⑦
ベイビー・ドライバー ⑧
LUCK-KEY/ラッキー ⑨
蠱毒 ミートボールマシン ○
日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち △
隠された時間 △
いつも心はジャイアント △


8/26
ワンダーウーマン ⑩
エル ELLE ⑪
阿修羅少女(アシュラガール)~BLOOD-C 異聞~ ⑫
米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー △
パターソン △
ボブという名の猫 幸せのハイタッチ △
関ヶ原 △




そういえば、ジャン=クロード・ヴァン・ダム最新主演作「Kill 'Em All」「ファイナル・ブラッド」という邦題でDVDリリースされることになった…というのは、9月の話だから関係ないとして(前回と同じ書き出し)。8月公開作で何を置いても観に行きたいのが、「RE:BORN リボーン」ですよ。僕が大好きな坂口拓さん(いつの間にか忍者になってて少し心配… (・ω・;) ウーン)の主演作を、僕が大好きな下村勇二監督が撮影したということでね、「2016年に絶対観たい新作映画10本」「2017年に絶対観たい新作映画10本」で取り上げつつ、女のように股まで濡らして待っていたのです(アウトな文章)。本作では、「HiGH & LOW THE RED RAIN」のクライマックスで炸裂した近接殺人技術「ゼロレンジコンバット」が思う存分に観られるということでね、土日は家族と過ごす日だから無理ですけど(汗)、公開週に絶対観に行きますYO!ヽ(`Д´)ノ ウォォォォッ!


僕の気持ちを代弁する松尾象山を貼っておきますね(「餓狼伝」より)。
股まで濡らした松尾象山

「RE:BORN リボーン」の予告編↓ きっと、きっと、面白いハズなのです。




というか、8月は観たい邦画が結構あって。昨年、予想外に面白かった「HiGH&LOW」シリーズの最新作「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」については、「THE RED RAIN」で雨宮兄弟の戦闘力がズバ抜けて高くなったことが世界観にどう影響するのか気になって仕方ないし、なんとなくアウトなムードが漂う三池崇史監督作「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」も伊勢谷友介さん演じる空条承太郎が観たいので前売り券を買ってしまったし、「阿修羅少女 ~BLOOD-C 異聞~」もなんとなく観たい気持ち。あと、前作が“嫌いじゃないけど超キツかった”ので、観るかどうかはわかりませんが、「蠱毒 ミートボールマシン」も気になっております。


三池崇史監督、今回の実写化はどうなんでしょうか…。




洋画に関しては、予告編の「美女戦士は天然系?」のナレーションにイラッとしながらも「ワンダーウーマン」特典に目がくらんで前売り券を2枚買ってあるし、間違いなく面白そうな「スパイダーマン:ホームカミング」も2枚購入済み。前評判が超高いエドガー・ライト監督作「ベイビー・ドライバー」も絶対足を運ぶし、尊敬する映画評論家の町山智浩さんが紹介されていた「エル ELLE」も当然観ますがな。その他、「メッセージ」を観て、あらためて「SF映画っていいな (´∀`=)」と思ったので前売り券を買っちゃった「スターシップ9」「パッセンジャー」の感想でオチに使ったユ・ヘジン主演作「LUCK-KEY/ラッキー」も観る予定でございます。


現在、購入している8月公開作の前売り券はこんな感じ。
2017年8月公開作の前売り券

「ワンダーウーマン」の予告編↓ ナレーションの人に罪はないのですが…。




最後は、全然観に行けない名画座系。今月は、目黒シネマで8/05(土)~8/18(金)の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」「LOGAN/ローガン」新文芸坐で8/16(水)~8/19(土)の「キングコング:髑髏島の巨神」「GODZILLA ゴジラ」、8/20(日)~8/23(水)の「ワイルド・スピード ICE BREAK」「トリプルX:再起動」ユジク阿佐ヶ谷で8/26(土)~9/01(金)の「ハードコア」あたりに行けたらうれしいなぁ。それと、キネカ大森で8/19(土)~9/01(金)に開催される《第4回 夏のホラー秘宝まつり2017》も気になっております。以上、2017年8月公開で観たいと思っている映画の覚え書きでした。ではでは~。







いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年06月27日

2017年7月公開で観たいと思っている映画の覚え書き

テーマ:観たい映画の覚え書き
毎月の恒例として、僕が2017年7月公開で観たいと思っている映画を貼っておきますね↓


※①などの番号付きは「絶対に観る」、○は「一応観たい」、△は「興味ある~」って感じです。

7/1
それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険! ①
コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~ ②
リヴォルト ○
ディストピア パンドラの少女 ○
殺戮にいたる山岳 ○
善惡の刃 ○
特別捜査 ある死刑囚の慟哭 ○
犯人は生首に訊け ○
地獄愛 △
忍びの国 △
クロス △


7/8
ジョン・ウィック:チャプター2 ③
ライフ ④
メアリと魔女の花 ⑤
 ○
ヒトラーへの285枚の葉書 ○
バイバイマン ○
マイ・ライフ・ディレクテッド・バイ・ニコラス・ウィンディング・レフン △


7/15
パワーレンジャー ⑥
ケイト・プレイズ・クリスティーン ⑦
ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣 ⑧
カーズ/クロスロード ○
ハートストーン ○
銀魂 ○
アリーキャット △


7/22
ビニー/信じる男 ⑨
ウィッチ ○
十年 △
空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~ △
ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走~ △
JKニンジャガールズ △
ダイ・ビューティフル △
君はひとりじゃない △


7/29
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ ⑩
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 ○
東京喰種 トーキョーグール ○
ブレンダンとケルズの秘密  △
ワン・デイ 悲しみが消えるまで △
ローサは密告された △
静かなる情熱 エミリ・ディキンスン △
海辺の生と死 △




そういえば、ジャン=クロード・ヴァン・ダム最新主演作「Kill 'Em All」「ファイナル・ブラッド」という邦題でDVDリリースされることになった…というのは、9月の話だから関係ないとして(不要な書き出し)。7月公開作で最も楽しみなのは、やっぱり「ジョン・ウィック:チャプター2」でしょうな。前作のアクションはとにかく最高だったワケですが、今回も間違いなくゴリゴリに突き詰めたバトルを披露してくれるハズなのでね、公開週には足を運びたいと思っております (・∀・) タノシミー


「ジョン・ウィック:チャプター2」の予告編↓ 絶対面白いよね、これ!




それと、絶対劇場で観なくてはならないのが「ライフ」ですよ。「この映画の主人公はあなたです (´∀`=)」なんてぬるい&適当なことを抜かすような宣伝の映画かと思いきや、キャスティングが意外と豪華なSFホラーであり、予告編を観る限りはとても…怖そうなのです… (´Д`;) イヤーン 僕がこういう怖い作品をレンタルDVDなど観る場合、つい自分で画面を止めてしまったりする→面白さを減少させてしまいがちということで、すでに前売り券を買って、後退のネジを外しているのでした。


購入済みの7月公開作の前売り券はこんな感じでございます。
7月公開作の前売り券


「ライフ」の予告編↓ 絶対怖いよね、これ…。




その他、「それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!」は娘の付き合いで観る予定。モロにスタジオジブリムード全開の「メアリと魔女の花」に関しては、予告編を観た現段階では、ごめんなさい、僕にはあまり面白そうに見えなかったりして… (´・ω・`) ウーン ただ、「魔女、ふたたび。」というキャッチコピーや(ダブルミーニングなんでしょうけど)、スタジオポノックという社名などに、僕のような心の狭い人間の揶揄を“真正面から受け止める覚悟”を感じてね、この作品には足を運んでおかなければと思った…って、これはこれでずいぶん偉そうな文章でしたな (´∀`;) スミマセン あと、「反逆の韓国ノワール 2017」も時間が作れれば全作品観たいと思っております。


「メアリと魔女の花」の予告編↓ どうなんですかね、これ。




恒例として、ほぼ観に行けない名画座系で気になるのは、キネカ大森で7/08(土)~7/14(金)の「ホワイト・バレット」「ヘッド・ショット」、7/15(土)~7/21(金)の「ハードコア」「ナイスガイズ!」早稲田松竹で7/15(土)〜7/21(金)の「お嬢さん」「哭声/コクソン」、7/22(土)~7/28(金)の「トレインスポッティング」「T2 トレインスポッティング」新文芸坐で7/21(金)~7/25(火)の「ゴジラ」「シン・ゴジラ」って感じですかね。以上、2017年7月公開で観たいと思っている映画の覚え書きでした。ではでは~。







2017年05月31日

2017年6月公開で観たいと思っている映画の覚え書き

テーマ:観たい映画の覚え書き
毎月の恒例として、僕が2017年6月公開で観たいと思っている映画を貼っておきますね↓


※①などの番号付きは「絶対に観る」、○は「一応観たい」、△は「興味ある~」って感じです。

6/3
LOGAN/ローガン ①
ブラッド・ファーザー ②
武曲 MUKOKU ③
ラプチャー 破裂 △
ローマ法王になる日まで △
ゴールド/金塊の行方 △
女流闘牌伝 aki-アキ- △
20センチュリー・ウーマン △
海辺のリア △
光と血 △
ザ・ダンサー △


6/10
22年目の告白-私が殺人犯です-  ④
パトリオット・デイ ⑤
コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝 ⑥
マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白 ○
アイム・ノット・シリアルキラー ○
ある決闘 セントヘレナの掟 ○
怪物はささやく ○
コールド・ウォー 香港警察 堕ちた正義 ○
きらめく拍手の音 ○
残像 △
セールスマン △


6/17
レイルロード・タイガー ⑦
リベンジ・リスト ⑧
スペース・スクワッド ギャバン VS デカレンジャー ⑨
ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO ⑩
ドッグ・イート・ドッグ ○
キング・アーサー ○
こどもつかい ○
ハーフネルソン ○
映画 山田孝之3D ○
おとなの恋の測り方 ○
TAP -THE LAST SHOW- △


6/24
ハクソー・リッジ ⑪
マローダーズ/襲撃者 ○
ウィンター・ウォー 厳寒の攻防戦 オリジナル完全版 △
ジーサンズ はじめての強盗 △
ありがとう、トニ・エルドマン △




まぁ、読者のみなさま的には「またかよ (゚⊿゚) シネヨ」って感じだと思うんですけど(苦笑)、本当に仕事が忙しくて、まだ4月公開作の前売り券が4枚残っているありさま…。ううむ、この「ありさま」の部分を「early summer」と言い換えてみたら、どうだろう。そうか、6月は確かに夏というには早いかもしれないが、でも、暦の上では夏ではないか。とは言え、初代しまおまほさんは確か、「6月は『夏』ではなく『梅雨』」とおっしゃっていたような…なんてどうでも良いのだ。本当なら6月1日公開の「LOGAN/ローガン」は“映画の日”を利用して当日に安く観たかったものの、それは無理。でも、とても楽しみなのでね、4月公開作の前売り券4枚を使い切って、さらに5月公開作の前売り券をすべて消化した時! 僕は絶対「LOGAN/ローガン」を観に行くし、その時のブログの書き出しはもうずっとずっと前に決めてある。初めて文章を書く楽しさに目覚めた時のような興奮を抑えながら、丁寧にこう記すのです、「最近、めっきり近くのものが見づらくなってねぇ… (´・ω・`)」ってねーー(多くの人がこのブログから立ち去った気がする文章)。


「LOGAN/ローガン」の予告編↓ “娘要素”があるのがまたズルイんだよなぁ。




つーか、早く7月にならないかなぁ…って思ってて。だって、この瞬間、7月になってしまえば今の地獄のような仕事はどうにか終わっているハズだし(ダメ人間の発想)、何よりも7月は娘のマナ子(仮名/5歳)の生まれた月→彼女が生まれてきた喜びに包まれるように祝わなくてはいけない月間なワケで。いや、もうね、現時点では奥さん&娘への愛情で胸がはちきれんばかりであり、いっそ映画鑑賞もブログもやめて、すべてのベクトルを妻子のために向けて生きていきたい…なんて思うほどなんですが、しかし。それはそれで確実に面倒くさくなるというか、わずか数週間後に「お前らのためにブログを止めたのにぃ!ヽ(`Д´)ノキィィィィッ!」なんてDV夫&毒親にフォームチェンジして彼女たちをなじる未来が…見えた!? Σ(゚д゚;) ナンデスト! だが、そんな未来が見えたとしても、僕らは前に進まなければならない、だって生きるってそういうことじゃないか…なんて、自分でも何が何やらな文章を書いてみたのは疲れているからであり、4月公開作の前売り券4枚を使い切って、さらに5月公開作の前売り券をすべて消化した時! 僕は「ブラッド・ファーザー」「リベンジ・リスト」を“勝手な2本立て”として観ることでしょう。


「リベンジ・リスト」の予告編↓ 「復讐して、何が悪い」は100点のキャッチコピー。




邦画で期待しているのは、まずは「武曲 MUKOKU」ですよ。よくよく考えると熊切和嘉監督作って「鬼畜大宴会」しか観たことがなくて、僕はあれがスゲー苦手なんですけど(汗)、剣道をどう描くのか気になるなぁと。それと、入江悠監督の「22年目の告白 私が殺人犯です」もスゲー楽しみで。僕はリメイク元の韓国映画をすでに観ているから、たぶんシコルスキー顔で鑑賞することになると思いますが、あれをどう日本風にアレンジするのかしらん。とは言え、すべては4月公開作の前売り券4枚を使い切って、さらに5月公開作の前売り券を消化しないと何も始まらないんですけどね…。


「武曲 MUKOKU」の予告編↓ 僕は剣道家ってかなり強いと思っております。




その他、ジャッキー・チェン主演作の「レイルロード・タイガー」は義務教育&前売り券を購入済みだから観るし、サモ・ハン・キンポー絡みの「コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝」も前売り券を買っちゃってるから観ますがな。って、前売り券繋がりでは、areaさんから「海辺のリア」をプレゼントされたんですが、1ミリも観る気が起きない… ('A`) 予告編すら見てないけど、スゲー守備範囲外なムードだし、そもそも「リア王」自体が好きな話じゃないし…。もし観たら、間違いなくリア・ディゾンと絡めた感想を書くでしょうけど(僕の性格上、「ポイしないで」のフレーズは絶対書いてしまいそう…)、とりあえずは4月公開作の前売り券4枚5月公開作の前売り券を使ってからの話ですな。


ということで、リア・ディゾンの「恋しよう♪」を貼っておきますね↓




ちくしょう、まったく観に行けない名画座系で気になるのは、目黒シネマで6/03(土)~6/16(金)の「シン・ゴジラ」「キングコング:髑髏島の巨神」キネカ大森で6/03(土)~6/09(金)の「人魚姫」「ドラゴン×マッハ!」、6/17(土)~6/23(金)の「ネオン・デーモン」「ドライヴ」、6/17(土)~6/30(金)の《韓国映画“夏祭り”~さよならCJEJ~》での「怪しい彼女」「ベテラン」新文芸坐で6/04(日)~6/07(水)の「シチズンフォー スノーデンの暴露」「スノーデン」、6/08(木)~6/10(土)の「クリミナル2人の記憶を持つ男」「マン・ダウン 戦士の約束」、6/24(土)の「悲情城市」「危険な英雄」早稲田松竹で6/10(土)~6/16(金)の「ネオン・デーモン」「五日物語 3つの王国と3人の女」ラピュタ阿佐ヶ谷で6/10(土)~6/16(金)の「HOUSE ハウス」シネマブルースタジオで6/14(水)~6/27(火)の「ぼくのエリ」、6/28(水)~7/11(火)の「パンズ・ラビリンス」下高井戸シネマで6/17(土)~6/30(金)の「バンコクナイツ」って感じですけど、すべては4月公開作の前売り券4枚5月公開作の前売り券を消費してからの話なのです…。以上、2017年6月公開で観たいと思っている映画の覚え書きでした。ではでは~。






1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>