MAGSカップ | ビーチバレー 清水啓輔のブログ

テーマ:
地元愛知県で開催している、「MAGSカップ」に行ってきました!



今回は大会運営と、2人制の試合に出場!



2人制大会は今年新しく始めた試みで、4人制から2人制競技への関心を高めていただけたらと、始めました。



僕自身が競技活動するにあたりサポートいただいている企業様より今回も大会にご協賛いただきました。








2人制大会は、地元高校生の香川君と出場しました!



まだきっとビーチバレーは始めたばかりだと思うので、ビーチバレーの楽しさを感じてもらえるよう一緒にプレーしようと思いました。



それが、結果どうだったか。






逆に、僕がビーチバレーの楽しさを思い出させてもらいました。



パートナーと二人で協力して点数を取ること、パートナーがいいプレーをしてそれを二人で喜べること、立てた作戦がハマって点数を取れること…



ビーチバレーは楽しいものなんだと、改めて理解することができました。





より高いレベルでやればやるほど、自分の力の無さを感じていました。



自分の成長も感じられないどころか、前より良くないんじゃないかなんて思っていました。



だから、僕は最近ビーチバレーを楽しめていませんでした。



なんでもやり始めた時は成長のスピードは早いです。



どんどんできるようになります。



何も考えなくても楽しめます。




ただ、キャリアを積んだとき、どうでしょうか。



伸び率も下がるし、相手もどんどん強くなっていきます。



何も考えずに楽しむことはできなくなってきます。





楽しんで、とよく言われます。



それがどういうことなのか、そこに哲学があるか。




これは非常に重要なことだと思います。






ただ、ひとつだけわかることがあります。



極限の状態を楽しめない人間は、弱いんです。



これだけは言えます。



生きるか死ぬか。そんな時、笑っていられるか。



それは余裕なのか、経験なのか、悟ったのか、理解したのか。



なんなのかは僕は今だに理解できていないんだけれど、今回香川君と組んで試合をして、原点に戻れたような気がしていて、それはこの「生きるか死ぬかの状況で楽しめるか」という命題の真理に、少なからず近づくことができたと僕は感じているんです。



だから今回は本当に良かったです。






凝り固まった僕には、まだビーチバレーを始めたばかりであろう香川君のプレーが光り輝いて見えました。



新鮮でした。



すごい角度でカットショットを打ってました。



少なからず僕よりビーチバレーの経験が少ない子が、誰にも取れないショットを打っている。



でも僕はそれを頭も身体も拒絶する。



僕にもできないはずなんてないのに…




僕はいつのまにかそのようなプレーをしようともしていませんでした。



きっとたくさんの経験を経て、それはハイリスクだと、頭も身体も「勝手に」理解しているんだと思います。



その思考になっているプレーが、他にもたくさんある気がします。



だから僕は楽しめないし、伸びもしないんだろうなと思います。



今回本当にたくさんのヒントを得た気がします。



香川君に負けないようにまた練習します。
結果は準優勝。



優勝したかったけど、それは次へ持ち越しだね笑


Keeeeesukeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス