カカフカカを無料でスマホの漫画アプリで読んだよ!

カカフカカを無料でスマホの漫画アプリで読んだよ!

カカフカカ最新刊まで無料のスマホ漫画アプリで読んでみました。
無料で一巻丸ごと立ち読みできるサイトや、タダでアニメも見れるマンガアプリのダウンロードの方法を教えますよ!アイフォンやアンドロイドに対応。タブレットも大丈夫!限定フルカラー漫画も

カカフカカ 全話 無料でよみましたよ~

 

 

 

カカフカカ 全話無料で読みましたよ!

 

 

タイミングにもよりますが、

 

 

キャンペーンの時とかチャンスです!!

 

 

 

そんなやついないでしょ~とかヾ(*・ω・)ノ

 

 

最初は思ってしまいましたが、

 

 

読んでいくうちにドハマりです(w´ω`w)

 

 

 

 

ところで、みんなはどうやってマンガ読んでるの?

 

 

↓私はここで全てタダで読みましたよ↓

 

 

漫画を無料で読む!

 

 

 

 

これだと、無料でいろいろ試し読みできるし

 

 

マンガの置き場所にもこまりませんよ

 

 

カカフカカ 全話 無料でした!!

 

 

 

カカフカカ ネタバレ 6巻 25話

 

 

 

カカフカカ ネタバレ 6巻 25話です。

 

 

 

 

ちょっと待って

 

 

そう言って、顔をおさえてうつむくハセの髪を、

 

 

亜希は思わず触ってしまいます。

 

 

彼の髪は自分が思っていたほど柔らかくはありませんでした。

 

 

ハセは驚いて顔を上げます。

 

 

亜希は何故かはわかりませんが、

 

 

しまった

 

 

と思ってしまいました。

 

 

ハセはおそるおそる亜希の肩に触れると、

 

 

少しずつ抱き寄せて髪に触れます。

 

 

彼の唇がこめかみから頬に当たりながら降りてくるのがわかります

 

 

どうしよう…

 

 

と思っていると、マンションの住人が出てきました。

 

 

何事もなかったようなフリをして会釈しますが、

 

 

実は、というか当然ですが、内心はとても焦っていました。

 

 

ハセは

 

 

ごめんね寺田さん

 

 

と言ったきり、目を合わさず部屋まで無言でした。

 

 

なんとなくですが、彼がいつもの顔をしていないのがわかりました。

 

 

部屋に戻って一人になると、あそこに人が来てなかったら…などと考えてしまいます。

 

 

そして、本行の時も頭を撫でていたことを思い出し、

 

 

そういうのに弱いのかな、と思いました。

 

 

添い寝を頼んできたのがハセだったら…

 

 

とか考え出すと止まらなくなるので、とりあえず買い物に行くことにしました。

 

 

その夜は栗谷と二人で夕食のあと、銭湯に行くことになりました。

 

 

 

カカフカカはこのサイトで、今すぐ無料で読めますよ!

 

 

 

 

 

カカフカカ ネタバレ 5巻 24話 

 

 

 

カカフカカ ネタバレ 5巻 24話です。

 

 

 

謝罪するところがありませんでした!

 

 

 

そうよ、謝罪される覚えなんてないわ!

 

 

 

亜希は何を謝るべきか考えても見つからず、

 

 

栗谷は自分の質問に答えず訳の分からない

 

 

謝罪におかしいと思っていました。

 

 

軽々しい謝罪は侮辱も同然だと言われ、

 

 

栗谷が何に怒っていたのかが分かった亜希は、

 

 

いつも通りの彼女なのだと思って安心するのでした。

 

 

そして、これまでのことを踏まえて栗谷は、

 

 

自分と亜希の立っている地点はさほど変わらないと言います。

 

 

そう言われればと考えてみると、確かにその通りだなぁと亜希は思うのでした。

 

 

 

翌朝、起きてきた栗谷は、朝ごはんある?と聞きます。

 

 

しばらくいいとは言ったけど、もういいとは言ってないのだそうですw

 

 

以前と同じようにおいしそうに食べてくれます。

 

 

夜は麻婆豆腐がいいと言って、栗谷は仕事にでかけました。

 

 

 

お互い思ったことをはっきりと言ったことで、

 

 

二人の関係は元に戻ろうとしているように見えます。

 

 

しかし亜希は、

 

 

今だからこそ本行に自分の気持ちを伝えるべきだと思うのでした。

 

 

 

そして、本行の部屋へ!

 

 

 

とりあえず座布団に座ると、いきなり本行が後ろから襟を引っ張ります。

 

 

自分がつけた歯型を見るためです。

 

 

その歯型のせいで、ここ数日は襟付きのシャツばかり着ていたのでした。

 

 

本行は薄くなってきた歯型を見て、

 

 

もう一度噛んでいいか?と聞きますが、当然お断りです!

 

 

断られて気を悪くしたのか、彼はムスッとして用件を聞きます。

 

 

亜希はこれで怯んではいけないと、

 

 

勇気を出して本行のことが好きだと伝えますが、

 

 

彼はへぇと言ったくらいで表情は変わりませんでした。

 

 

亜希はちょっと引くかな~と考えていましたが、

 

 

予想していた反応とは違いました。

 

 

じゃあ、僕がすることはたいがい嫌じゃないってこと?

 

 

と、彼は自分に都合のいい解釈をしてきますが、

 

 

むやみに触られたりするのはつらいと答えます。

 

 

カカフカカはこのサイトで、今すぐ無料で読めますよ!

 

 

 

 

カカフカカ ネタバレ 5巻 24話です。

 

カカフカカ ネタバレ 5巻 23話 

 

 

 

カカフカカ ネタバレ 5巻 23話です。

 

 

 

ハセは栗谷の顔を見て察したらしく…

 

 

たかが1回や2回やっただけでそんなに意味はないし、

 

 

なんの保証にも確証にもならない。

 

 

問題ないよ!

 

 

と、ニッコリ笑って言うのでした。

 

 

 

 

一方、亜希は栗谷から食事は作ってくれなくていいと言われたことで、

 

 

いろいろと考えさせられるのでした。

 

 

栗谷のことを、きついとか怖いと思っていました。

 

 

しかし、

 

 

食費で困っている時に助けてくれて、

 

 

作ったご飯をおいしそうに食べてくれて、

 

 

言葉に嘘がなくてまっすぐなところとかに亜希は惹かれていたのでした。

 

 

 

あの一件以来栗谷とは気まずくなってしまい、

 

 

それは会社でも同僚にはわかってしまいます。

 

 

休憩時間に同僚からそのことについて、

 

 

いろと詮索されている時に栗谷が現れます。

 

 

彼女はもう一度確認させてほしいと言ってきました。

 

 

彼女の本行に対しての気持ちがどうなのか尋ねたあとに、そういう行為に至ったのかと

 

 

それで、どんな気分だったかと聞きます。

 

 

 

亜希はとっさに謝りますが栗谷は、

 

 

謝るのなら何に対しての謝罪なのかはっきりしてちょうだい

 

 

と言うのでした。

 

 

 

何に対して…

 

 

亜希がはっきり答えらないのを見て、栗谷はあきれたようでした。

 

 

仕事からの帰り、

 

 

栗谷が怒っていただけではなくあきれてもいたことが、

 

 

亜希の心に重くのしかかります。

 

 

 

バイトを辞めた方がいいのかなと考えてしまうのでした。

 

 

カカフカカはこのサイトで、今すぐ無料で読めますよ!

 

 

 

 

 

カカフカカ ネタバレ 5巻 23話した。

カカフカカ ネタバレ 5巻 22話 

 

 

 

カカフカカ ネタバレ 5巻 22話です。

 

 

 

 

猫の性器について話すだけ話すと、本行はさっさと寝てしまいました。

 

 

何もなければ無いで、ほっておかれたようなもので、

 

 

亜希にとってはそれはそれでいろいろと考えてしまいます。

 

 

なかなか眠れず喉が渇いたので、起きて部屋を出ると…

 

 

なんとっ 栗谷が目の前に立っているではありませんか!

 

 

本行の部屋から出てきたところを見られたので、言い訳できません!!

 

 

どうしよう…と固まっていると、本行が起きてきました。

 

 

どこ行くの?

 

 

と、亜希の手をつかんで聞きますが、

 

 

そこで栗谷が目の前に立っていることに気がついたのでした。

 

 

大丈夫?変なことされなかった?

 

 

と、亜希を疑うようなことを聞きますが、

 

 

本行は、自分から亜希に添い寝してくれと頼んだのだと答えました。

 

 

そんなことなら、いくらでも私が!

 

 

と、栗谷は言いますが、亜希でなくてはダメなのだと、

 

 

これまでの経緯を説明するのでした。

 

 

アレが立たないことと書けないこと

 

 

亜希以外ではダメなので、協力してもらっていること

 

 

変なこと、亜希が嫌がることはしないこと

 

 

といった説明を本行が栗谷にしていて、

 

 

彼女が急に亜希に振り返ったとき、

 

 

驚いた亜希は顔をそらすのですが…

 

 

その時、本行に噛まれた跡を栗谷に見られてしまうのでした。

 

 

どうしたのそれ?

 

 

と栗谷が聞きますが、自分が噛んだと答えたのは本行でした。

 

 

それは栗谷にとってはかなりのショックだったらしく、

 

 

すぐには理解できないようでした。

 

 

翌朝、栗谷と話をします。

 

 

彼女は明らかに眠れなかったという顔をしています。

 

 

亜希はこれまでのことを正直に話します。

 

 

これは彼女もこたえたらしく、当分ご飯は作ってくれなくていい、と言って仕事にでかけました。

 

 

会社に行くとハセがいて、栗谷は今朝本行を連れ出してくれたことにお礼を言います。

 

 

ハセは栗谷の顔を見て察したらしく…

 

 

カカフカカはこのサイトで、今すぐ無料で読めますよ!

 

 

 

カカフカカ ネタバレ 5巻 22話でした。

カカフカカ ネタバレ 5巻 21話

 

 

 

カカフカカ ネタバレ 5巻 21話です。

 

 

 

 

これまで、栗谷の本行に対する気持ちを何度も聞いていたし、

 

 

プロポーズの現場にも居合わせたのだし…

 

 

彼女の気持ちを知った上で行動を起こそうとする以上、

 

 

はっきりと言っておくのが筋ではないかと亜希は思います。

 

 

心ここにあらずな亜希の顔を見て、

 

 

何かあるなら言って見なさい

 

 

という彼女の言葉に甘えて、亜希は自分の気持ちを話そうとしますが…

 

 

どこから話せばいいのか

 

 

今彼女に隠していること

 

 

今言えることは…

 

 

と、考えに考えた末

 

 

本行のことが好きになってしまったんですけど…

 

 

でした!

 

 

 

しかし、栗谷は表情を変えません。

 

 

逆に、告白はするのかと聞いてきます。

 

 

 

亜希は

 

 

自覚してしまった以上、伝えるだけは伝えたい。

 

 

と答えます。

 

 

心の中では栗谷が怒るだろうとハラハラしながら。

 

 

しかし、栗谷は怒るわけではなく、

 

 

それは仕方がないことだと言い、

 

 

本行にしつこくメールをしたりして彼の仕事の邪魔をしたりしていないことを評価します。

 

 

 

そして、その上で

 

 

つらい思いをするでしょうけど、

 

 

あまり気を落とさないようにね

 

 

 

と、亜希の望みは叶えられないことを前提としたような言葉をかけるのでした。

 

 

 

次の日の夜、仕事から帰ると本行がいました。

 

 

彼は顔を近づけて亜希の服の匂いを嗅ぎます。

 

 

ハセとのことが気になるのでしょうね。

 

 

そして、今日は添い寝してもらえるのかと聞いてきます。

 

 

この間と違って、怒ってないみたいでよかったと思ってしまうのでした。

 

 

その夜は、この前とは違ってそういうことにはならず、本行は猫の性器の話をします。

 

 

 

え~という顔をする亜希

 

 

カカフカカはこのサイトで、今すぐ無料で読めますよ!

 

 

 

 

 

 

 

カカフカカ ネタバレ 5巻 21話でした。

カカフカカ ネタバレ 5巻 20話

 

 

 

カカフカカ ネタバレ 5巻 20話です。

 

 

 

 

ハセに急に腕を引かれて、気がつくと彼の顔がすごく近くにありました。

 

 

亜希はハセにいきなりキスをされてしまいます!

 

 

 

亜希は彼から仕事を手伝ってほしいと彼の部屋に呼ばれていたのでした。

 

 

亜希は慌てて用事があると嘘をついて、とりあえず部屋から出ます。

 

 

ハセはうかつだったと自分の行動を呪います。

 

 

後になってイライラしても仕方ないので、

 

 

コーヒーでも飲もうとリビングに行くと本行がいました。

 

 

本行と軽く会話を交わして、彼の分も入れてあげることにします。

 

 

本行と亜希の関係を考えていると、本行がハセの服の匂いを嗅いでいます。

 

 

そして、亜希からも同じ匂いがしたと言います。

 

 

本行の表情からは彼の本心はうかがえませんが、気にしているかもしれませんね。

 

 

マーキングしといたから

 

 

というハセの言葉に、本行は少し浮かない顔をするのでした。

 

 

 

亜希はお茶碗としゃもじを持ったまま、

 

 

自分がハセに好きだと言ったら、

 

 

彼がどんな反応をするか考えていました。

 

 

栗谷が、まだかと聞きます。

 

 

彼女のご飯をよそっていたんですね…

 

 

亜希が、考えることがあると言うと、

 

 

栗谷も同じらしく、その日は彼女たち二人しかマンションにおらず、

 

 

飲みながら話そうということに…

 

 

おそらく、本行とのことなのだろうと思われる話が栗谷の口から語られます。

 

 

亜希は適当に話を合わせますが、心の中は穏やかではありません。

 

 

男の人は好きでもない女とでもやれるって言うものね。

 

 

という彼女の言葉が突き刺さるのでした。

 

 

カカフカカはこのサイトで、今すぐ無料で読めますよ!

 

 

 

 

 

 

カカフカカ ネタバレ 5巻 20話でした。

カカフカカ ネタバレ 4巻 19話 

 

 

 

 

カカフカカ ネタバレ 4巻 19話です。

 

 

 

 

バカなんです。

 

 

伏し目がちにそう言う亜希は、

 

 

我に帰って取り繕う様に何か言おうとしましたが、

 

 

ハセは思わず彼女をギュッと抱きしめてしまいます。

 

 

ハセの心臓の音がものすごい速さで大きく鳴っていました。

 

 

彼の腕の力強さと暖かさ、伝わる鼓動を感じていると、

 

 

亜希はその夜の本行との添い寝の約束も、

 

 

ぼうっとなって忘れてしまうのでした。

 

 

 

今までの人生で、これほど誰かに求められたことはなかった…

 

 

彼の腕の中が暖かく心地いい

 

 

ハセがどんな顔をしているのか見たくなって顔を上げた瞬間、

 

 

彼は仕事があるからと、ぐいっと亜希を放します。

 

 

帰りのタクシー代を渡そうとしますが、それを断って電車で帰ることにしました。

 

 

 

一人になって、今日のことを思い出します。

 

 

ハセが自分のことを本気で思っているとは考えていませんでした。

 

 

しかし、彼の体温や強く早くなった鼓動は、

 

 

その本心がそうではないことを物語っています。

 

 

 

マンションに帰ってきた彼女は、待っていた本行に今夜の添い寝を断ります。

 

 

約束していたことだし、しかも自分から言い出したことなので、申し訳ないと思いながら…

 

 

 

しかし、

 

 

今の、この気持ちのまま、本行に触れるのは無理だと思いました。

 

 

本行は相変わらず、感情を顔には出さずぼうっとした感じですが、

 

 

彼女のドタキャンを不愉快に思うのは当たり前ですね。

 

 

 

その夜、亜希はもやもやと考えこんでしまいます。

 

 

罪悪感なのか、寂しいからなのか…

 

 

そして、自分から誰かを積極的に求めたこともなかったことに気づくのでした。

 

 

カカフカカはこのサイトで、今すぐ無料で読めますよ!

 

 

 

 

 

カカフカカ ネタバレ 4巻 19話でした。

カカフカカ ネタバレ 4巻 18話

 

 

 

カカフカカ 4巻 18話のネタバレです。

 

 

 

 

俺と結婚してよ

 

 

そう言うと、亜希はびっくりした顔をしていたな。

 

 

と、ハセは必死になってしまったことが、

 

 

彼女にバレていないか気にしながら、

 

 

その時のことを思い出していました。

 

 

とりあえず、意思表示はした。

 

 

あとは、自信がなくて流されやすい彼女なら、それほど難しいことではないはず。

 

 

と、考えていました。

 

 

 

ところが!

 

 

 

亜希はそれどころではなく、本行と栗谷に何があったか…

 

 

そのことで頭がいっぱいです。

 

 

とくに、

 

 

栗谷の言葉が、二人に何があったのかを想像させるのに充分なのでした。

 

 

聞けば教えてくれるかもしれません。

 

 

しかし、それはできるわけがありません。

 

 

 

本行と関係があるということで、

 

 

必要とされていたというだけで、

 

 

栗谷に優位に立っている気でいました。

 

 

本行にまっすぐ突き進む栗谷と違って、

 

 

自分は待っているだけで何もしていなかったことを思うと、

 

 

居ても立っても居られないのでした。

 

何か言わなければ…

 

彼女はリビングに現れた本行に声をかけます。

 

何を話すのか決めていません。

 

 

慌てて口をついて出た言葉は

 

 

添い寝する?

 

 

でした。

 

 

しかし、

 

 

それは彼女が必死で考えて、

 

 

今彼に対してできる、ただひとつのことだったのでしょう。

 

 

 

言ったあとで後悔しますが、仕方がありません。

 

 

明日の夜にという話しになりました。

 

 

ありがとう、助かる

 

 

本行が立ち去るときに言った言葉が気にかかります。

 

 

 

翌日

 

 

やっぱり添い寝は断ろうと思って、

 

 

本行の部屋を何度かノックしますが、彼はいないようです。

 

 

栗谷も夕食はいらないそうなので、

 

 

自分だけだしコンビニですませるかと出かけると、

 

 

ハセにばったり出会います。

 

 

夕食まだだったら食べに行く?

 

 

と、ハセに言われて、

 

 

彼に、改めてプロポーズされていたことを思い出したのでした!

 

 

 

カカフカカはこのサイトで、今すぐ無料で読めますよ!

 

 

 

 

カカフカカ 4巻 18話のネタバレでした。

カカフカカ ネタバレ 4巻 17話

 

 

 

カカフカカ  4巻 17話のネタバレです。

 

 

 

 

朝食が終わって洗い物をしていると、栗谷が起きてきました。

 

 

何か食べたかったようで、卵焼きを作ってあげることにしました。

 

 

彼女は本行のことを聞いてきます。

 

 

本行はおとといから部屋にこもっていました。

 

 

亜希は栗谷と話しながら、

 

 

 

 

 

彼女が本行にプロポーズしたことを思い出し、

 

 

自分と本行との関係を後ろめたく感じてしまうのでした。

 

 

そんなことを考えていた亜希の顔を見て栗谷は訝しむのですが、

 

 

亜希は話題を変えようと、彼女をしばらく見なかったことについて聞きます。

 

 

 

彼女は、ちょっとね

 

 

と言って、亜希に言われたことについて考えてみたと言います。

 

 

一度、ちゃんと確かめるつもりだそうです。

 

 

 

確かめるって…と考えていると、本行が現れます。

 

 

栗谷は朝食を食べている本行に、今日の予定はと聞きます。

 

 

特にないと言うと、デートに誘います。

 

 

本行は相変わらず表情を変えません。

 

 

亜希は、ただ本行の頼みを聞いて協力した、

 

 

それだけのことなのですが、すんなりと受け入れることは出来ません。

 

 

それだけのこととは、本行にとってであって、彼女にとっては違いますよね。

 

 

彼がどう思うのか、変わらないその表情からはうかがえないのでした。

 

 

そんなことを考えてながら食器を片付けていると、

 

 

本行がキスをしようと顔を近づけてきました。

 

 

意表を突かれて、仰け反るように離れます。

 

 

支度ができた栗谷と出かける後姿を見送りますが、

 

 

亜希には本行の考えることは全く理解が出来ないのでした。

 

 

 

栗谷とデートに行く本行が自分のことをどう考えているのか…

 

 

帰って来た二人の会話は…

 

 

 

カカフカカはこのサイトで、今すぐ無料で読めますよ!

 

 

 

カカフカカ  4巻 17話のネタバレでした。