リビングテーブルが立つ?!ソファ前を広く使用するためリビングテーブルの活用方法をご紹介 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 700例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!家づくりのヒントとなる情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

タイトルをご覧いただき、

「えっ!!!・・・???」

と思った方も多いと思います。

 

“リビングテーブルが立つ”とは

どういう事?と思った方が

多いのではないでしょうか?

 

先に写真をご紹介します。

 

じゃん・・・

 

 

“リビングテーブルが立つ”というのは

こんな感じのことです。

 

 

本来、ソファ前に設置する「リビングテーブル」を

立てることができるのです。

 

 

今回のリビングダイニングは

玄関ホールから入ってすぐがソファの背中

となるため、

 

 

ソファの背面に通路が必要となります。

 

 

そんな間取りの特徴を活かして

“リビングテーブルを立てる”という

提案を考えました。

 

間取りの特性上、ソファ前のスペースは

ソファ後ろに通路を設けるため

ややコンパクトとなります。

 

 

上の写真を見て頂くと

リビングの間口は柱芯から柱芯が3640㎜

お部屋の内寸は約3m50cmほどとなります。

ソファ後ろに75㎝ほどスペースを空け

ソファの奥行きが83㎝ほど

(ウッドフレームソファだからやや奥行きが

コンパクトとなります)

テレビボードの奥行きが47cmほど

3500㎜-750㎜-830㎜-470㎜=1450㎜

となります。

 

ちょうど幅200㎝奥行き140㎝の

アクセントラグが敷けるほどの空間が

ソファ前に空きます。

 

 

ソファ前をお子さんの遊びスペースとする

ためには、リビングテーブルが邪魔となって

しまうこともあると思います。

 

そんな時に「こんな使い方」は

いかがでしょうか?

 

 

“リビングテーブルを立てる”

という使い方です。

 

 

今回の間取りはソファ後ろに

通路を必要とするため

その通路の突き当りの壁に

ちょうどリビングテーブルを立てる

ことが出来ます。

 

コンソールテーブルのように

壁に立てかけるように設置することが

できるのです。

 

インテリアショップBIGJOYでは

「本当にリビングテーブルが必要なのか?」

という問題意識から

リビングテーブルを他の目的で使用する

提案をいくつかしてきました。

 

そのひとつがこちらです。

奥行50cmのリビングテーブルを

あえて2分割したタイプです。

 

 

2つのテーブルをばらして使う

ことができます!

ソファ横やソファ後ろで使用する

使い方提案!

 
(ソファ前のリビングテーブルをソファ後ろに並べる提案)
 
(ソファ前のリビングテーブルを1つをソファ横に提案)

 

また、こんなリビングテーブルも

提案してきました。それは・・・

リビングテーブルを通常のテーブルではなく

ラックをテーブルとして使用することで

 

 

ラックをサイドテーブルとしてやスツールとして

使用したり、飾り棚として使用したり、

 

(ソファのサイドテーブルとしてやスツールとして使用する提案)

 

 

これらのように

リビングテーブルを別の目的で

使う事を考え、ソファ前を広く空けることを

BIGJOYでは提案しております。

 

もちろん、リビングテーブルがソファ前に

ないと「なんだか物寂しい」「間が空き過ぎる」

という指摘もあると思いますが

 

BIGJOYとしては小さなお子さんがおもちゃを

広げて遊ぶ時期のみ

ソファ前のテーブルは必要なのではないか?

と考えており、お子さんがゲーム機で

遊ぶようになったり、

おもちゃを散らかすことがなくなったら

ソファ前にテーブルを戻すという使い方を

提案しております。

 

今回のモデルルームももちろん

リビングテーブルがなければ

なんだか間が空き過ぎるため

設置しましたが、使い方に合わせて

本来の目的とは異なる目的で

使用できるという考え方はとてもいい考え方

だと思います。

 

 

 

今回のコーディネートはベリッシュオーク柄の

フローリングとドアという明るい内装に対して

オーク材の家具をチョイス、

いつもナチュラルカラーのコーディネートは

丸みのあるデザインで提案する

事が多いのですが

 

 

今回はスクエアなデザインの家具で

統一させて頂きました。

 

 

 

かわいいナチュラルコーデ

ではなく、

重厚感のあるスタイリッシュな

ナチュラルコーデを提案しました。

 

 

参考にしてください。