家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例はBIGJOY独自の家具の配置術など家づくりに役立つ情報を発信してます

今回ご紹介するコーディネートは

こちらの写真から…

 

 

そうです!背なしソファ『フラットソファ』が

今日の主役です!

 

 

BIGJOYでは

背もたれのないソファのことを

フラットソファと言ってます!

 

今回提案したLDKは20帖で

10帖弱のリビングダイニングと

4帖の畳スペースという間取りで

ソファの後ろに4帖の畳スペース

なので『フラットソファ』を提案しました!

 

 

背なしソファと言っても

上の写真で畳スペースに置いている

背もたれクッションは

ソファの上で使用できます!

 

 

背もたれ部分は自由に動かすことができ

ソファのカバーの摩擦で

もたれても動きません!

 

畳の上だと少しは動きますが…

 

 

背クッションの向きは自在に変えること

ができるので、畳スペースで

遊んでいるお子さんの様子を

ソファに座って見守ることができます!

 

畳の上に置いた背クッションにもたれると

こんな視線となります!

 

 

背なしソファならではとなりますが

ソファがあっても畳スペースから

テレビが見やすくなります!

 

 

ソファの背がなければ

リビングの圧迫感もないので

スッキリとしたリビング空間となります!

 

こんなソファであれば

高低差38㎝ほどの小上がりの

ソファの床、ソファコーナーとなるのです!

 

 

こんなリビング空間もありですよね!

 

 

さて、次に

コーディネートの話をさせて頂きます!

今回のフローリングは

今まで、写真撮影したことがない床で

EIDAIのアトムジェニックというシリーズの

マッドオーク柄といって

ややグレーがかったフローリングでした

 

 

キッチンの上には

ウッドワンの天吊り(テンツリ)収納が

取り付けてあり、ブラック色のスチールフレーム

にダークブラウン色の板がついており

キッチンの背面にはPanasonicの

カスタムパーツ、羽目板ネイビーオーク柄

が取り付けてありました!

 

 

グレーがかったフローリングに

ネイビー色の木目、ブラック色のスチール

そんな内装に相性のいい家具は…

 

ウォールナット材の家具!

 

 

明るめなグレー色の内装に

ウォールナットブラウン色と

ブラック色、キャメル色の家具をチョイス

させて頂きました!

 

 

ダイニングはウォールナット無垢材の

天板にブラック色の脚のテーブルに

縦格子、横格子デザインの

異なる4種類のチェアを提案!

 

あえてチェアのデザインをバラバラとする

ことでカフェスタイルのような

インテリアを提案させて頂きました!

 

不揃い感がなんかいい感じでした!

 

 

フローリングの色柄と家具の色柄が

全く異なりますが、

相性がよければとてもいい感じになる

と思います!

 

参考にしてください!

 

 

『フラットソファのある暮らし』

はいかがでしょうか?

 

BIGJOYの最もおススメする

究極なソファこそ『背なしソファ』なのです!

 

なぜかって・・・

背もたれクッションを座りたい向きに

自在に操り、いろいろな寛ぎ方が可能と

なるからです!

 

これからソファを買う方は

『フラットソファ』を考えてみませんか?

 

 

参考にしてください!

 

 

 

 

 

 

本日はゴールデンウイーク明け、

第一木曜日なのでBIGJOY名古屋

ショールームはお休みとなります。

ブログは予約にて投稿させて頂いております

 

さて、今日のブログは

4月より始めた新しいコンテンツ

『マンションの家具の配置提案』です!

 

マンションならではの間取りをご存じですか?

マンションの構造体である大きな柱が

リビングダイニングの角にある場合と

ない場合があるのをご存じですか?

お部屋の角に大きな柱がある場合を

「インフレーム」というそうです!

それに対してバルコニーに柱がある場合は

「アウトフレーム」というそうです。

 

今回の間取りは110㎝角の大きな柱が

リビングダイニングの角にある間取りと

なります!

 

(間取り図はイメージ(仮想)となります、以下省略)

 

今までいろいろな間取りを見てきましたが

この構造体である柱がバルコニー側に

あればLD空間が四角形となるため

家具の配置がしやすいように思いますが

今回は、そんな柱が出っ張っている

部分を活かし家具の配置を考えてみました

 

まず初めに紹介する家具の配置は

この住空間に普通に家具を配置すると

こんな感じになると思います!

 

 

上の図で提案した主な家具のサイズは

幅150㎝のダイニングテーブルに

幅200㎝のソファ

幅150㎝のテレビボードです。

 

今回はこの後に紹介する家具の配置提案

は、今までモデルルームであまり

提案したことがない家具の配置なので

CGでイメージ画像を作成しました。

 

 

家具の配置図とCGがあると

とても分かりやすいですよね!

 

 

今回の間取りであれば

こんな感じに家具を配置することは

容易に想像できるとおもいます。

 

しかしながらBIGJOYならば

こんなユニークな家具の配置を

提案します!

 

それがこちらです!

 

先ほどの家具の配置と

比較すると、その違いが分かると思います。

 

今回、BIGJOYが考えた家具の配置は

『家具の配置を変えることができる提案』

がテーマとなっております!

 

お部屋の使い方に合わせて

家具の配置を変えることが

できる家具をチョイスしているのです!

 

こんな感じに・・・

 

 

どこが違うか?というと

ソファの向き、ソファとオットマンの位置が

異なります!

この提案はソファをダイニングで使用する

ソファダイニングという考え方となります!

ソファの座面の高さを椅子の座面の高さと

することで、

高さ70㎝のダイニングテーブルに

ソファとチェアを併用することができるのです!

CGで表現すると以下のようになります!

 

 

このようにソファの向き、オットマンの位置を

変えることで4人掛けのソファダイニングと

することができ、

やっぱりソファはダイニングでは

使いたくないという場合はソファの向き

を変えればいいのです!

 

上の図のようにソファをダイニングで

使用する家具の配置とした場合

オットマンの設置場所が面白い!!

 

 

ソファダイニングのソファの背と

2面の壁に囲われたスペースとなり

なんとも落ち着きそうな空間です!

オットマンのサイズは縦置きしている

ので幅70㎝奥行き92㎝と

ソファとしては十分な広さがあり

壁に大きなクッションを当てれば

“まさにソファ”となります!

 

ソファを横置きしたサイズ162㎝

オットマンとソファを縦置きしても

オットマンとソファを合わせて162㎝と

なるためソファをこんな組合せと

することができます!

 

 

上のCGで表現したダイニングセットと

ソファの配置を・・・

『やっぱりソファはソファダイニングでは

なく、ソファとして使用した配置』

と言いましたが、

上のCGではダイニングが2人

もしくはオットマン部分に座って3人用

のダイニングセットとなるため

こんな家具の配置換えも提案します!

 

“本格的にソファとダイニングを分離”

する家具の配置換えです!

 

 

ソファの位置はそのままで

ダイニングテーブルをキッチンの背面

に移動させた家具の配置となります!

 

 

この家具の配置の場合

ソファの組合せは

構造柱の壁に沿ってソファを縦置きする

提案をさせて頂きました!

 

 

このソファの配置は

実は構造柱の壁に沿ってデスクを設置

した家具の配置と微妙に関連があります!

 

初めに紹介した家具の配置のCGを

もう一度ご紹介します!

 

 

南面の掃き出し窓を背にして

リビングダイニング及びキッチン側を見て

勉強ができる特等席!となるデスクの

配置を提案しました。

冒頭に申し上げましたが構造柱が110㎝角

の壁がとなるため、奥行き50㎝ほどの

デスクを設置してもデスクと窓の間が60㎝

取れるためこんな家具の配置が可能と

なります!

上のCGをよく見て頂くと・・・

壁側の引き出し収納部分は

リビング側を向けているのに対して

家具の配置換えをして

ソファの背を構造柱の壁に沿って

配置すると・・・

 

 

ソファの背がデスクの引き出し部分と

少し被るので

引き出しを窓側にすることができるのです!

 

 

構造体である柱の壁と掃き出し窓のある

出っ張る部分、

1.5帖分のスペースををワークスペース

とする家具の配置を提案させて頂き

 

残りの8.5帖のスペースを

リビングダイニング空間とする

家具の配置となります!

 

 

このように構造柱の壁に沿って

お部屋の区画をLD空間とワークスペース

に分けることでこんな家具の配置を

考えることができました!

 

これぞ“構造体である柱の壁を活かす

家具の配置提案”となります!

 

同じ家具を用いて

初めに提案した標準的な家具の配置に

家具の設置場所を変えると

こんな感じとなります!

 

 

 

今回の10帖ほどのリビングダイニング

空間であれば、ソファをこの位置

ダイニングテーブルをこの位置と

決めてしまうのではなく

家族の成長に合わせて

お部屋の使い方が変われば

“家具の配置を変えて生活をする”

ということを提案したいと思います。

 

実際は・・・

 

 

この家具の配置となってしまうと

思いますが、このような10帖ほどの

リビングダイニング空間でも

 

 

こんなお部屋の使い方や

 

 

こんなお部屋の使い方も可能である

ということを表現したかったのです!

 

もちろんこの家具の配置をするためには

選ぶ家具は制限されますが

反対に限られた住空間をこんなに

活かすことができるのです!

 

前回のマンションの家具の配置提案④

でも申し上げましたが、

『家具の選び方』はお気に入りのデザイン

の家具を見つけるという考え方だけでなく

“家具の配置換え”を前提とした

『家具の選び方』もおすすめです!

 

最後に・・・

構造柱の壁をこんな活かし方もご紹介します!

 

 

今まで提案してきた同じ家具を用いて

提案した家具の配置で

構造柱の壁が110㎝なので

幅150㎝のデスクと奥行き40㎝の

シェルフを組み合わせると…

幅150㎝のデスクは壁から40㎝

はみ出しますが、奥行き40㎝のシェルフ

をはみ出した部分にくっつけると

こんなL字の家具の配置が可能となります!

 

この家具の配置をする場合は

10帖のリビングダイニングの隣の

5帖の洋室の可動式の壁をオープンにし

2つのお部屋を繋げると

実現可能となります!

 

 

テレビボードを5帖の洋室へ配置換えを

するとお部屋が広くなるため

構造柱の壁をこんな活かし方ができます!

 

 

私的にはデスクを窓を背にして

配置した方がおススメなので

 

 

この家具の配置がある意味斬新で

気に入りましたが・・・

 

みなさんはいかがでしょうか?

 

10帖ほどのリビング空間で

しかも構造体である柱の壁がある

間取りでも、

こんないろいろな家具の配置を

考えることができるというのが

とても面白いと思います!

 

こんな家具の配置提案こそ

BIGJOY流であり

“考える家具屋BIGJOY”の真骨頂とも

いえる提案となります!

 

家具の配置で悩んでいる方は

是非“考える家具屋BIGJOY”まで

お気軽にご相談ください!

 

 

このスペースが最高です!

 

 

参考にしてください!

 

今日のブログは先月より

不定期にアップしているNEWコンテンツ!

『マンションの家具の配置提案』

今回で4回目となります!

 

今日ご紹介する間取りは

マンションの間取りでもワイドスパン!

キッチンスペースの勝手口から

バルコニーへ出入りできるタイプの

家具の配置提案をご紹介させて

頂きます!

 

 

16.5帖のLDKと5帖の洋室という間取りと

なります!

 

皆さんはこんな間取りの場合

どのように家具を配置しますか?

 

インテリアショップBIGJOYが考える

標準的な家具の配置がこちらです!

 

 

リビングの北側の洋室を子供部屋として

使用することを前提とし

16.5帖のLDKにダイニングセットと

リビングセットを提案した家具の配置と

なります!

 

今回は、この間取りにBIGJOYならば

どんな家具の配置を考えるかという

コンテンツをご紹介させて頂きます!

 

まず家具の配置を紹介する前に

この間取りの特徴、家具選びのポイントを

お話させてください!

この間取りの特徴は2つあります!

 

ひとつめは・・・

 

リビングの北側に5帖の洋室があり

可動式の間仕切り壁を動かせば

リビングと洋室がつながります

 

 

 

今回の間取りは上の写真のように

木目柄の壁が可動式で

すぐ上の写真のように壁を収納する

ことができるのです!

 

その場合、南側の大きな窓のある壁から

北側の壁までの長手方向のスペースを

どのように活かすか?

が1つ目のポイントです!

 

この長手方向を活かす家具の配置を

BIGJOYが考えると…こうなります…

 

 

お部屋の長手方向を活かして

『島ソファ』を提案!

 

 

今回は家具の配置換えを前提としているので

上の写真のように1人掛け片肘ソファ2つ

とオットマン2つを提案します!

(写真の手前のソファはシェーズロングソファとなっておりますが、

奥のソファは1人掛け片肘ソファとオットマンに分かれております)

 

さらに・・・

 

ソファ後ろにデスクを設置!

 

 

上の写真は180㎝の天板に足が2本

中央に60㎝のチェストと2人が勉強できる

ようになっておりますが、

今回は幅120㎝のデスクと幅60㎝のチェスト

をあえて組み合わせる提案としております。

(その理由は後程紹介します)

 

テレビボードは南面の幅160㎝ほどの

壁に幅150㎝のテレビボードを提案!

カーテンが納まる10㎝ほどのスペースを

空けることを考え、幅150㎝のTVボード

をチョイスしております!

 

 

このように家具を配置すると

お部屋全体を上手に使用することが

できると考えました!

 

もちろんですが

この家具のチョイスは家具の配置換えを

前提として選んでおります!

では、どのように家具の配置換えをする

かというと・・・

 

 

こんな家具の配置となります!

5帖の洋室をしっかり活用でき、かつ

間仕切り壁を必要に応じて

出すことができ、散らかっている

洋室5帖のスペースを来客時に

隠すことができる家具の配置提案です!

 

ソファはあえてこんな形で提案

しております!

 

 

左右逆ですが・・・

上の写真のようにオットマンを

端に持ってくることで

ソファ横の通路が広く感じます!

収納したドアとソファの間は50㎝しか

ありませんが、オットマンなので

ソファの背がなく、ソファ横を通り抜ける

際に邪魔になるものがないので

通りやすいと考えました!

 

こんなソファの配置も

1人掛けの片肘ソファ2つと

オットマン2つの組合せとしているため

実現可能となります!

 

 

 

さらに・・・洋室5帖を子供部屋とした場合の

家具の配置を考えてみました!

 

それがこちらです!

 

ちょっと無理がありますが…

こんなソファの配置を考えてみました!

 

 

ソファをあえて2つに分割し

片側のソファを上の写真のように

斜めに配置する提案です!

 

さらに・・・

オットマンを2つつなげて

片側をテレビボード横の壁に

くっつけるように並べれば…

 

 

壁を背とする使い方が可能となります!

 

少し窮屈かもしれませんが

こんな家具の配置もありだと思います!

 

最後にこんなポイントにも注目してください

今回選んだテレビボードが150㎝と

小さいサイズとした点です!

 

 

上の図のように南面の壁にテレビボード

設置する場合は幅150㎝でなければ

納まりません。

しかしながら、

 

 

上の図のような家具の配置をする場合

東側の大きな壁にテレビボードを設置

するので幅150㎝では貧弱に見えて

しまいます!

そこで考えたのが・・・

 

幅60㎝のチェストをテレビボード横に

追加するという考え方です!

 

 

上の写真のように幅150㎝テレビボードと

幅60㎝のチェストを組み合わせれば

総幅2m10㎝のテレビボードとなります。

 

この2つの家具は台輪の高さが同じで

さらに、家具の奥行きも同じ、

幅60㎝のチェストの最上段の引き出しの

前板はテレビボードの格子と

同じデザインとなっているので

隣にくっつけても全く違和感がないのです!

 

家具の配置換えを前提として

家具をチョイスしているので

幅60㎝のチェストとTVボードを

組合わせてもOK!

幅60㎝のチェストとデスクを

組合わせてもOK!

(デスクとチェストは同じ高さ、同じ奥行き)

 

(TVボード・ユニット家具を横一列に並べた事例)

 

このような家具の選び方をすることで

様々な家具の配置が可能となります!

 

こんな考え方がBIGJOY流なのです!

ソファも足の高さを高くすることで

デスク、チェストと同じ高さとなるんですよ!

 

 

 

さらに・・・冒頭に申し上げたと思いますが

今回の家具の配置を考える上で

もう一つのポイントがあります!

それが下の図で表現した内容となります

 

 

キッチンの端(背面)から東側の壁

までの有効寸法が4m60㎝ほど

(※図面の下側を南とします)

 

通常、このような横長の長方形の場合

 

 

こんな家具の配置をする方が多いと

思います!

しかしながらこの家具の配置は

最低でも5m20㎝ほどは必要であると

考えます!

下の図をご覧ください!

 

 

上の図は少しゆとりのある寸法を

ご紹介しておりますが、

ダイニングテーブルとソファの間は

最低でも80㎝、理想を言えば90㎝以上

空けてほしい。また、ソファ前は最低でも

140㎝ほど空けてほしいので・・・

上の図は5m70㎝と書いてありますが、

マイナス50㎝までが許容範囲だと思います。

 

しかしながら、

今回は4m60㎝しかないため

その点を考慮して家具の配置を

しなければなりません。

 

その結果、考えた家具の配置は

こちらです!

 

 

半楕円形のダイニングテーブルを

キッチンにくっつけるように配置する

ことで、4m60㎝ほどの有効寸法を

うまく活用することができます!

 

同じような間取りではありませんが

同じような寸法のLD空間の事例を

ご紹介させて頂きます!

 

 

このLD空間の東西の壁は4m85㎝ほど

半楕円形のダイニングテーブルを西側の

壁にくっつけるように配置したり

 

 

ダイニングテーブルを反対向きに

配置することができます!

 

 

上の写真はソファをもう少し

ダイニングテーブルに寄せれば…

もう少しソファ前が広くなるのです!

 

 

 

上の写真のリビングダイニングも

ブルー色の壁が4m60㎝ほど

こんな感じに家具を配置することが

できます!

 

長くなってしまったので

もう少し簡単におさらいします!

 

今回の間取りの場合

家具選びのポイントは

家具の配置換えを前提とし

①リビングの北側の洋室をつなげる

家具の配置を考える

(長手方向を活かす家具の配置を

考える)

 

 

 

②キッチンの端から対面の壁までが

5m以下という点を考える

 

 

 

このように配置することで

ソファ前、ソファ横のスペースが

広くなります!

 

これらのように家具を選ぶ前に

様々なことを考え、家具を選んでみませんか?

もちろんお気に入りの家具を選ぶのも

おススメですが、

今回の家具の配置提案のように

お部屋の使い方を事前にしっかり

考えて家具選びをするのも

“あり”なのではないでしょうか?

 

参考にしてください!

 

インテリアショップBIGJOYでは

お部屋の間取りをお持ちいただければ

店頭にて家具の配置アドバイスを

させて頂きます!

 

お時間がありましたら是非

ご来店下さい!

ご遠方の方もコロナの関係もあるので

メールなどでもアドバイスをさせて頂きます。

お気軽にお問合せ下さい!

 

お問い合わせ先

info@bigjoy.bizまで・・・

 

 

マンションの家具の配置提案①②③を

ご覧になりたい方は下記のURLから

探して下さい!他のコンテンツも

一度にご覧いただけます!

2020年より前のコンテンツも遡って

見ることが出来ます!

 

 

 

 

マンションの家具の配置提案 ③

 

 

マンションの家具の配置提案 ②

 

 

マンションの家具の配置提案 ①

 

 

今回のご紹介するコーディネートは

こちらの写真から…

 

 

今回のLDKの内装は

フローリング・ドアが住友林業クレストの

ベリッシュ、グレイクリ柄でした。

キッチンカウンターもグレイクリ柄の色に

合わせた塗装で

リビングの天井の化粧梁も

グレー色の木目柄でした。

(RE51971 サンゲツ)

 

 

今回のコーディネート事例は

家具を入れる前のLD空間と

家具を入れた後のLD空間を

比較していただくため、

何もないLD空間の写真を撮影しました

 

上の何もないLD空間に家具を入れると…

 

 

こうなります!

 

こちらからのアングルだと・・・

 

 

こんな感じとなります!

 

インテリアショップBIGJOYが展開する

家具のレンタル事業「KAGURENT」を

ご活用頂ければ

このようなコーディネートを提案させて

頂きます!

グレー色の内装に合わせて

ブラック色の家具を中心にセレクトし

ダイニングには濃淡グレー色のチェアを

1本ずつ提案!

 

 

ブラック色の家具だけでなく

グレー色のチェアを取り入れることで

よりグレー色の内装とインテリアの

つながりができます!

 

 

今回のキッチンはタカラスタンダードの

オフェリアが装備されており

いままであまり見かけない

グレー色のキッチンパネルが取り付けて

ありました!

 

 

キッチンパネルはホワイト色がほとんどと

思いますが、このグレー色のキッチンパネル

(マルキーナグレー)かっこよかったです!

 

グレー色のチェアをダイニングで

提案することで

グレー色の木目の張りや

キッチンカウンターとの相性も

とってもいい感じとなります!

 

 

さらにリビングにはうす~い色の

ライトグレー色のアクセントラグに

大理石のローテーブルを提案!

 

 

丸いダイニングテーブルに

丸いリビングのローテーブルと

丸い形を意識した家具のチョイスも

いい感じで、

ラグを明るいグレー色とすることで

お部屋の雰囲気も明るくなります!

 

 

家具はブラック色やグレー色の濃い色でも

ラグを明るめにすることで

白っぽい壁や建具との調和もとれて

いい感じのリビングダイニング空間と

なりました!

 

 

今回のリビングダイニング空間は12帖ほど

ですが、丸テーブルのダイニングを置いても

いい感じで、横の長手方向を上手に活用できる

家具の配置ができたと思います!

 

 

今回も素敵なLD空間

期間限定のモデルルームをいい感じに

つくることができました!

コーディネートを参考にしてください!

グレー色のチェアは素敵ですよ!

 

 

何もない12帖のLD空間を

BIGJOYがコーディネートすると・・・

 

 

こうなります!

 

グレー&ブラックの落ち着いた大人っぽい

リビングダイニング空間となりました。

 

 

今回のブログはいつもとはちょっと異なり

家具の配置アドバイスついてお話させて

頂きます!

 

このブログを見て頂いている方の中にも

自分の家にどのように家具を置いたら

いいか悩んでいる方はいませんか?

 

今回は読者の方からそんな相談を

頂きました!

 

その方は新築からすでに数年経過し

新築当初から家具の配置をどのように

したらいいか?悩んでいたそうです。

そんな方から下記のようなメールを

頂きました!

 

なぜこのようなLDKの間取りに

してしまったのか?後悔しており

引っ越してから家具について考えると

憂鬱になっておりました。
それが、BIGJOY様のブログを知ってから

「色々な発想で固定概念に

捉われなくてもいいんだ」と目から鱗で、

新築から数年たちようやく家具について

向きになれるようになりました。

何らかの形で「応援しています」ということを

どうしてもお伝えしたく・・・と

(文章は実際のものとは多少異なります)

 

こんなメールを頂き、応援してもらえて

とてもうれしいという気持ちと同時に

なんとかBIGJOYとしてアドバイスが

できないか?と返信させて頂きました。

 

するとその方から返信があり…

平面図と現在の家具の配置などの状況を

教えていただき、

BIGJOY流の家具の配置アドバイスを

提案させて頂くこととなりました。

 

今回はそんな提案内容を

読者の方から「ブログに掲載していい」と

OKを頂いたのでご紹介したいと思います。

 

家具の配置に悩んでいた方のLDKは

こんな感じです!

 

(図面はイメージ図です)

 

17.5帖のLDKで広さてきには

標準的でよく見かける間取りですが

お部屋全体の形は長方形で

縦が4550㎜、横が6370㎜という寸法でした

図面の下側が南面で、西側の窓は腰高窓

図面の上、北側には4.5帖の洋室が

つながっております(図面には省いております)

 

この間取りのポイントは

図面を2つに分けます!

キッチンの左端から右と左に分けます

キッチン側が7.5帖

キッチンの左側が10帖というスペースと

なります。


また、キッチンの背面のスペースは

4帖ほどの空間となるため

ダイニングスペースとしては

ややコンパクトな空間となります。

 

さらに、図面の下(南)に掃き出し窓があり

西側の壁は窓があるものの腰高となっている

ため広い壁面があり

テレビのマルチメディアコンセントが

2か所あるという点を考慮します

 

皆さんであればどんな家具の配置としますか?

 

今回アドバイスさせて頂いた読者の方の

家族構成はご夫婦と未就学児2人の4人家族

今後も家族が増える可能性があることを

考えると、ダイニングテーブルの大きさは

やや大きめがいいと考えました。

 

この間取りを活かす家具の配置術として

BIGJOYが初めに考えたのが・・・

こちらの家具の配置です!

 

 

住み始めて数年間悩んでいた経緯を

考え、まず初めに普通には考えつかない

ような大胆に自由な発想で

家具の配置を考えてみました!

 

LDKの中央にソファとダイニングテーブル

を合体してひとつの島のように

家具を配置する提案です!

 

この発想は・・・

 

そうです。『ソファをダイニングで使用する

ソファダイニング』という考え方となります。

 

お部屋の中央に2人掛けの

背なし、フラットソファを2本並べ

その横に幅200㎝の大きな

ダイニングテーブルを設置する案です!

 

 

上の写真のようにフラットソファの座面を

ダイニングベンチのように活用することが

できるよう、ソファの座面の高さを

椅子の座面の高さと同じくらいに

することで実現可能となります!

 

(椅子の座面の高さとソファの座面の高さが同じくらいになる提案)

 

 

ソファの脚を高くすることで実現可能と

なります!

 

今回のソファの提案は・・・

 

そうです!小上がりの畳コーナー

のような“小上がりのソファコーナー”

を提案させて頂きました!

 

 

上の写真はブルー色の畳コーナーと

ソファの高さを揃え

小上がりの畳コーナーとソファを一体化

した事例となります!

 

今回は畳はなくソファのみとなりますが

小上がりのソファコーナーとして

お子さんがソファの上で遊ぶイメージを

しております!

 

お子さんが小さい時分は

ソファをベンチとして使用する場合は

大判のバスタオルなどを敷き

汚れ防止の点に配慮してください!

 

 

ソファをダイニングで使用する場合は

ダイニングテーブルの脚の形状にご注意

下さい!

 

ソファをダイニングで使用する場合

もっともダメなのがテーブルの脚が四隅に

あることです!

○トリの“リビダイ家具”といって

テレビコマーシャルが放送されておりますが

ソファ前のテーブルの脚が4本足で

四隅にあるのでソファから出入りする際に

テーブルの脚をその都度またがなくては

ならないのです。

テーブルの脚が四隅になければ

ファミレスの窓側の席のように

通路から横にスライドするように

窓側に座ることができるのです。

 

想像してみてください

ファミレスの窓側の席のテーブルの

四隅に足があると…

通路からスルスルっと入れませんよね!

 

今回提案した図面にも

ダイニングテーブルの脚の位置を

点線の楕円で表現しております・・・

 

家族構成を考えると

キッチンの背面のスペースに

ダイニングテーブルを設置すると

幅140㎝ほどとしなければならないと考え

このような配置となりました。

 

もちろんキッチンの背面のスペースも

有効活用できると考え

キッズスペースとして提案させて

頂きました!

 

 

キッチンの背面にデスクやおもちゃ収納ラック

を設置することでキッズスペースとなります。

お子さんがまだ未就学児なので

デスクは早いかもしれませんが、

小学生になれば学校の宿題をする

お子さんの様子をキッチンから見守ることが

できますよね!

 

そんなことを考慮して家具を配置してみました

 

さらに・・・

この家具の配置とは異なる提案もさせて

頂きました!

 

 

こんな配置です!

やはりソファダイニングは…という場合に

提案した事例です!

 

この家具の配置のポイントは

テレビボードの位置とソファの位置です

ダイニングテーブルの位置です

 

まず初めにご紹介するのが

テレビボードです!

 

 

こんなイメージのテレビボードで

天板をL字にすることができる

アイテムを用いました!

以前に同じようなデザインで

高さが70㎝ほどあるデスクの事例を

取り上げます!

 

 

このように家具をL字に配置することで

今回は掃き出し窓を背にしてテレビを

設置する家具の配置を考えました!

 

ソファの提案ですが・・・

広い壁面を活用し

フラットソファを島型で使用する

配置を提案しました!

 

 

4人家族でソファで寛ぐ様子を

図に表しましたがいい感じです!

 

 

上の写真のようにフラットソファを壁にくっつけて

壁にクッションを当ててソファのように

座ることができます!

広い壁面をかつようするソファの使い方提案と

なります!

 

 

ソファを上の写真のように島型として

上の写真では提案してませんが

ソファの背もたれ部分にクッションを当てて

反対向きに座ることができます!

 

 

こうすることで

リビング空間の北側の洋室で

遊んでいるお子さんを見守りながら

ソファで寛ぐこともできるのです!

ソファの背もたれの位置は

自由に動くのでいろいろな使い方が

可能となります!

 

さらに・・・ダイニングテーブルを

キッチンの側面にくっつけるような

家具の配置も提案します!

 

 

形は異なりますが、下の写真のように

ダイニングテーブルとデスクや収納家具の

高さを揃えることで

繋げることができます!

 

 

今回はダイニングテーブルとデスクを

Tの字に組み合わせる提案をさせて

頂きました!テーブルの位置によっては

デスク用のチェアとダイニング用のチェア

を併用することができますよね!

 

さらに・・・こんな家具の配置も

考えてみました!

 

 

家具がない間取り図を

もう一度見てください!

実はキッチン横の壁に

テレビのマルチメディアコンセントがあり

読者様から現在の家具の配置を

教えて頂き、現在このキッチンの側面に

テレビが設置されているそうです!

 

ラブリコという柱のようなパーツに

壁掛けテレビ用のパーツを取り付け

テレビを壁掛けとしているとのこと・・・

 

この位置にテレビが取り付けられるのは

とっても斬新な配置で

そんな読者様のアイデアを活用させて頂き

こんな家具の配置を考えました!

 

 

先ほど紹介した島ソファと

ダイニングテーブルを合体させる

アイデアです!

 

 

こんな感じにソファで寛ぐことができます!

 

さらにこの配置を下の図のように

変えることができます!

 

!!!

 

 

私自身もとってもワクワクするような

家具の配置で

西側の広い壁面に沿って

2人掛けのフラットソファを横に並べる

提案です!

 

先日CGでも似たような表現をさせて

頂きました!

それがこちらです!

 

 

広い壁もソファの一部として

活用するアイデアとなります!

 

ソファのサイズはなんと3m20㎝と

とっても大きなサイズで

家族4人が自由に寛ぐことができますよね!

家具の配置提案書を

この読者の方に送ったところ

この配置が気に入って頂きました!

 

普通の発想ではこの家具の配置は

思いつかないと思います!

ソファを椅子として使用する

ソファを床として使用する

ような自由な発想があればこその

BIGJOYらしい家具の配置が提案できた

ように思います!

 

ここまでに紹介してきた

家具の配置はなかなか想像できないような

家具の配置ですが、

もう1パターン、いや3パターン

(家具の配置換えを含む)

を考えさせて頂きました!

 

それがこちらです!

 

 

10帖の長手方向を活用する家具の配置で

約4m40㎝ほどのスペースに

ソファの背面に

半楕円形のダイニングテーブルを設置する

アイデアです!

 

 

上の写真のようにソファの背面に

半楕円形のテーブルを設置し

家族で食事をしながらテレビを見ることが

できます!(行儀が悪いですが…)

 

また、この家具の配置もソファをダイニング

でしようできるよう考えております!

 

 

ソファの向きを反転させると

ソファもダイニングのベンチとして

活用することができます!

 

お子さんのお誕生日会や節句の祝い

などホームパーティーをする際に

ソファも座る所として役に立ちます!

 

 

この家具の配置を・・・

ソファを反転させると…

 

 

こんな感じに使用することができます!

 

また、半楕円形のダイニングテーブルであれば

大きさは幅150㎝、幅165㎝でも

 

 

キッチンの背面のスペースに設置すると

10帖の広いリビング空間となります!

 

このソファではリビングが広すぎるので

1人掛けのソファを追加してもらうと

いいかもしれません・・・

 

今回はこんな感じに

家具の配置アドバイスをさせて頂きました

 

読者の方も大変喜んでいただき

この数年間悩んでいた家具について

より前向きに考えることができるのではないか?

と思います!

 

せっかく家族みんなで過ごすために

建てた家です!楽しく快適に住むことができる

よう“考える家具屋BIGJOY”の

アイデアという引き出しを活用してください

 

皆さんではなかなか思いつかないような

BIGJOYらしい家具の配置をご提案させて

頂きます!

 

今回相談内容をブログに掲載させて

頂くことを快く承諾頂き、読者様には

大変感謝しております。

この家具の配置アドバイスを参考にして

頂き、素敵な暮らしを実現して頂ければ

と思います!

 

 

その他の読者様にも

家具の配置を悩んでいるという方が

いらっしゃれば

info@bigjoy.bizまで

メールをください!

可能な限りアドバイスをさせて頂きます

 

 

 

 

 

 

今日のコーディネートは

こちらの2枚の写真から・・・

 

 

同じリビング空間に

2パターンの家具の配置を提案

しました!

南側が大きな掃き出し窓のある壁で

東側にソファを置く場合と

西側にソファを置く場合で

どちらの家具の配置が

リビングを広く感じるのでしょうか?

 

答えは…

 

この間取りの場合は

西側にソファを置く方がリビング空間が

広く感じます!

 

今回のリビングダイニングは

およそ12.5帖ほどの住空間で

特徴的なのがリビングの間口が通常よりも

910㎜広いことです!

木造建築の一戸建てでよく見かける

リビングの間口は柱芯から柱芯が3640㎜。

今回はそんな3640㎜よりも910㎜広いので

4550㎜という間口でした

掃き出し窓からキッチンの背面の壁までの

柱芯から柱芯の寸法は5005㎜

キッチンカウンターがあることから

掃き出し窓からキッチンカウンターまでの

寸法はおおよそ4m70㎝ほどとなります。

 

こちらの写真をご覧ください!

 

 

ソファを東側の壁に設置した場合は

ソファの奥行き90㎝前後あるため

ダイニングテーブルとソファの距離感が

やや狭く感じます!

 

それに対して・・・

 

 

カメラアングルがやや異なりますが

東側の壁にテレビボードを設置した方が

テレビボードの幅・奥行きともに

ソファよりも小さいので

すこしゆとりを感じます。

 

 

今回のような間取りの場合は

ソファを東側に設置するよりも

 

 

西側の壁面に設置した方が

リビング空間が広く感じるように思うのです

 

みなさん気づきましたか?

ソファの違いを…

 

もちろん2パターンの家具はすべて

同じ家具を思いているのですが

ソファを東側に設置した場合と

ソファを西側に設置した場合と

違いがあります!

 

それは・・・

 

 

分かりますよね!

カウチ部分の左右が逆となっております。

 

このソファは実は3人掛けとオットマンの

2つのパーツから成り立っております!

 

 

上の図の右側のように3人掛けとオットマンに

分離するソファを左のようにカウチソファとして

使用することが出来るソファなのです!

 

 

つまり、オットマンの位置を左右入れ替え

座クッションも左右入れ替えると

座って左肘のカウチソファにもなり

座って右肘のカウチソファにもなるのです!

 

 

それゆえ、今回のように

東西の壁のどちらにでも

ソファをテレビボードを設置できる間取り

であれば、家具の配置換えをしても

まったく不都合がないのです!

 

また、東側の壁に設置したソファを

少し前に動かしてみました!

 

 

今回のリビングの間口は通常よりも910㎜

広いため、こんな家具の配置も可能なのです

 

 

そうです!ソファの後ろに収納家具やデスクを

設置することが可能なのです!

 

もちろんソファ前が狭くなってしまうので・・・

 

 

これだけ広かったソファ前が・・・

 

 

こうなる訳ですから・・

このような配置をしても・・・

190㎝×190㎝のラグが敷けるほどの

広さは残るので

この家具の配置も“あり”だと思います!

 

お子さんのおもちゃ収納場所が足りない・・・

お子さんがリビングで勉強するスペースが

欲しい・・・

などと子育て期間中に必要なスペースを

ソファの位置を変えることで

実現可能となるのです!

 

 

このような家具の配置は

子育て期間中と期間限定なので

必要がなくなれば・・・

元の広いリビングに戻すことも

できますよ!

 

 

また、

今回選んだソファはウッドフレームソファ

なので、ソファのかっこいい背面を見せる

という視点から考えても、ソファを前に

出すこともおすすめです!

 

 

今回は広い間口を活かし

ソファの配置を変えたり、

東西に設置したソファとテレビボードを

入れ替える家具の配置を提案させて

頂きました!

 

 

みなさんはどちらの家具の配置が

いいと思いましたか?

このように比べることで

見えてくるものもあると思います!

 

参考にしてみて下さい!

 

 

最後に内装の仕様について

少しお話しさせて頂きます。

今回のフローリングはオーガニックペカン柄

ドアはネイキッドライト柄で

EIDAI産業のスキスムSというシリーズの

ドアが使用されておりました!

 

 

それゆえ、オーク無垢材の家具を

中心とした、飽きの来ないスタンダードの

シンプルな家具をチョイスさせて

頂きました!

 

参考にしてください。

 

 

 

 

 

今回提案した家具は

以下のURLで販売しております。

 

【ソファ】

 

 

【テレビボード】

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【シェルフ】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

 

今日のコーディネートはこちらの写真から…

 

 

今日の主役は“ソファ”です!

今回はあえて“片肘ソファ”を提案

させて頂きました!

その理由は…

リビング空間の横に3帖の畳スペースが

あることから、リビングと畳スペースを

ソファでつなげる家具の提案が

したかったのです!

 

 

このように間口が1820㎜(柱芯から柱芯の寸法)

奥行きは2730㎜という3帖の畳スペース

ソファを両肘タイプとしてしまうと

横につながる畳スペースを

ソファが間仕切る感じとなるように感じました。

 

そのため選んだソファは

“片肘ソファ”でさらに背が少し短く

ソファの端まで背もたれがない

タイプを提案させて頂きました!

 

 

また肘部分も背もたれのように

もたれることが出来るタイプであれば

肘に背を当てて

畳スペースを眺めながら

お子さんが遊ぶ様子を見守りながら

ソファで寛ぐことができると考えました。

 

 

さて今回のコーディネートは

LDKの広さは20帖

リビングが8帖、ダイニングが6帖

キッチンが6帖と標準的な広さが

確保された住宅でした。

 

内装はフローリングが

IKUTAの楢・樫といって

少し節のある表情豊かな木目柄

天井にもRE-51322というサンゲツの

木目柄の壁紙が貼られ

床・天井ともにナチュラルな木目柄

 

 

さらに、テレビボード後ろの壁は

階段となっており、手すりはブラック色

 

 

玄関ホールからリビングへ入るドアは

チャコールブラック色のような色で

 

 

キッチンにはかわいい手元灯が3つ

その奥の壁にはブラック色のLアングルで

支えられた棚が取り付けてあり

 

 

そんな内装に合わせて

オーク材のナチュラル色の家具と

ブラック色のチェア、ブラック色のソファ

ブラック色のラグを提案!

 

 

階段の壁にはグレー色の

アクセントクロスが貼られていたので、

(アクセントクロス FE-6208 サンゲツ)

ソファに合わせた

クッションにグレー色を取り入れ

 

 

ダイニング横のデスクカウンターに提案した

チェアをグレー色のファブリックを用いた

タイプとしました!

 

 

ダイニングテーブルは三角の無垢材を

組合せたユニークな天板模様で

 

 

細いブラック色のアイアンの脚に合わせて

丸脚のダイニングチェア3種類を

組合させて頂きました!

 

 

幅180㎝程のデスクカウンターには

天板高が75㎝の下のスペースに

幅30㎝高さ66.7㎝のチェストを提案!

 

 

兄弟2人並んで勉強する際に

近づきすぎると兄弟喧嘩が始まるので

ちょっと間隔をあけることを

おすすめしており、こんな家具があれば

互いの距離感が保たれ

いい感じに勉強できると思います!

 

 

ダイニングのイメージにリビングも

合わせるように家具をチョイスしております

 

 

ソファのベース部分の無垢材の色を

ブラック色に塗装したタイプを提案し

ダイニングのイメージの丸脚で揃え

 

 

リビングテーブルもスチールフレームの脚

のデザインが印象的で

天板に大理石を用いた丸テーブルを

チョイス!

 

 

テレビボードも足部分のみブラック色

としたナチュラル&ブラックの

BIGJOYオリジナル仕様のテレビボード

を提案させて頂きました!

 

 

LD空間が14帖で

リビングの横の畳スペースを

ソファでつなげる素敵な

コーディネートを提案することが出来ました!

 

 

参考にしてください。

 

 

 

 

今回提案した家具は

以下のURLで販売しております。

 

【ソファ】

 

 

【テレビボード】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【ダイニングテーブル】

 

 

【ダイニングチェア】

 

 

 

 

 

【チェスト】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

先週よりスタートしたNEWコンテンツ

マンションの家具の配置提案!

今日は首都圏などの大都市に多い

70㎡ほどの分譲マンションの

14.5帖LDKと

5.5帖の洋室を活用した

ユニークな家具の配置提案を

させて頂きます!

 

そして今回は間取り図だけでなく

CGを活用した家具の配置事例を

ご紹介させて頂きます!

 

今回紹介する間取りはこちらです

 

(間取り図はイメージ図)

 

南面(図面の下)にバルコニーがあり

(バルコニーはイメージ図には書いておりません)

LDKで14.6帖という住空間で

キッチンスペースは通路を含めて

5.5帖ほどあるため、

リビングダイニングスペースは約9帖ほど

の空間となります。

みなさんはこの9畳の空間をどのように

活かしますか?

また、リビングの隣の洋室は

稼働式の壁でお部屋を間仕切らず

リビングダイニングと洋室を

つなげて暮らすことも考えることが

できる間取です。

 

今回は

こんな間取りを活かすBIGJOY流

家具の配置術をご紹介したいと思います!

 

まずご紹介する家具の配置は…

こちらです!

 

 

この家具の配置のポイントは2つあります

一つ目はソファの向きと座り方の

提案です!

 

 

2人掛けのソファとオットマンをまたぐ

ように背もたれクッションを設置する

ソファの使い方を提案します!

 

 

本来ならば上の写真のように

オットマンを2人掛け片肘ソファの前に

設置しますが、

 

 

今回は背もたれの置く位置を

上の写真のように提案し

広いスペースに向けて座ることが

できるソファの活用術を考えました。

 

CGで表現するとこんな感じとなります。

 

 

ソファの背をこのように配置することで

ダイニング食事をしている人と

コミュニケーションを取ったり

キッチンで調理をしているママと

子供たちが会話をしたり

家族のコミュニケーションが促進される

と考えました!

 

次に2つめのポイントをご紹介します!

こちらのCGをご覧ください!

 

 

ダイニング側からリビング横の5.5帖の

洋室を見るアングルとなります。

 

 

今回の洋室は可動式の壁があるため

壁を動かし、オープンにすると

リビングと5.5帖の洋室がつながります!

そこへ高さ120㎝ほどの壁を設置

空間はつながっているけど

ワークスペースを間仕切るという

提案をさせて頂きます!

 

 

こんな感じをイメージしてください!

現在、BIGJOYでは上のCGのような

間仕切り壁を企画しております。

コロナ禍でテレワークがすすみ

ご自宅でいかに快適に仕事をするか?

デスクを設置するスペースを

新たに作るというテーマで

家具屋として何かしなければと

考えたのが、

 

『家具で壁を作る』という考えに至りました。

 

高さ120㎝で計画しているのは

デスクに座り、大人の頭が少し見えるか

どうかという高さとなります。

キッチンカウンターのような100㎝や110㎝では

やや低すぎて、仕事中に目線をあげると

壁の向こうの様子が見えてしまいます。

デスクに座り、顔を上げても壁の向こうの

様子が見えない高さ、

さらに、デスクに人が座っていることが

壁の向こう側から見えることを想定し

考えた高さとなります。

 

 

この壁を用いて

異なる家具の配置を考えました!

9帖ほどのリビングダイニングと

5.5帖の洋室をつなげる家具の配置を

提案させて頂きます!

 

それがこちらの家具の配置となります!

 

 

この家具の配置の面白いところが

間仕切り壁とデスクです!

 

CGで表現すると…

 

 

こうなります!

窓のカーテンを避けて

L字の間仕切り壁を設置し

その裏にデスクを設置!

 

 

そしてこの壁の面白いところが

壁の表側にも家具を置くことが

できるのです!

 

 

このように

9帖のLD空間と5.5帖の洋室を

最大限生かす家具の配置を

提案させて頂きます!

 

 

南面の横長の空間をこんな形で

使用できれば素敵ですよね!

いい感じですよね!

 

 

最後にもうひと案考えました!

将来子供部屋を1部屋増やさなければ

ならない状況となった場合

いままでつなげて使用していた

家具の配置を変えなければなりません。

 

そこでシングルベッドとチェストを追加した

家具の配置をご紹介します!

 

それがこちらの家具の配置です!

 

 

???

 

子供部屋に注目してください!

間仕切り壁を活用し、こんな斬新な

家具の配置が可能となります。

 

この家具の配置をCGで表現すると・・・

 

 

こんな感じとなります。

ヘッドボードがないマットレスとフレーム

100㎝のチェストを追加しました!

 

チェストの前面とL字の間仕切り壁を揃え

 

 

間仕切り壁を挟んでベッドとデスクを

配置しております

ベッドは窓と高さ120㎝の壁

70㎝のチェストに囲まれて

何とも落ち着くスペースとなるように

思います!

チェストの高さを70㎝とすることで

チェストの天板面が棚の役割を果たし

スマホを置いたり、読みかけの本を置いたり

照明を置いたり、スピーカーを置いたりと

宮付きのベッドフレームといって

棚付きのベッドフレームのように

使用できるのです!

 

 

このチェストも実は現在商品開発中で

チェストの幅をシングルベッドの幅と揃え

チェストの背面をきれいに仕上げることで

家具を間仕切りとして使用できるよう

BIGJOYが考えている家具なのです!

 

商品化されれば改めてご紹介させて頂きます

 

BIGJOYでは間仕切りの壁“家具の壁”

間仕切りできる家具、これまた“家具の壁”

を企画しております!

自由な発想で理想の家具を追求する

“考える家具屋BIGJOY”だからこそ

思いつく家具となります。

 

さらに・・・

 

もう一度家具の配置図をご覧ください!

 

 

子供部屋だけでなく、

リビングダイニング空間の使い方も

斬新な使い方となります・・・

 

2人掛けのフラットソファとオットマンを

すべて壁に沿って設置する!

という大胆な使い方となります!

 

この使い方はソファを小上がりの床

として使用していただく提案です!

フラットソファだからこそできる

活用方法で

壁面もソファの一部として使用する

活用術となります!

 

この提案をCGで表現すると…

 

 

こうなります!

 

 

ソファの座面の高さを椅子の座面の高さと

揃えることで

ソファをベンチとして使用する提案となります!

 

ソファに対して

ダイニングテーブルのお誕生日席のみ

つなげる使い方と

ダイニングテーブルの長手方向を

ソファ横に接するように設置する置き方と

2通りの使い方が可能ですが

今回はリビング空間を少しでも広く

感じることが出来るよう

ダイニングテーブルの向きをキッチンと

平行となるよう配置しました!

 

こんな使い方も“斬新”ですよね!

自由な発想で家具の使い方を考える

ことで実現可能となる家具の配置術と

なります!

10帖以下のリビングダイニング空間でも

家具の配置を色々変えることが出来

スペースを広く使用することが可能

なのです!

 

 

このところマンションの建設費用が

高騰していることから

首都圏の分譲マンションは80㎡以下の

物件も少なくないと思います!

 

 

BIGJOY流の家具の配置ができれば

きっち快適な暮らしが実現できる

のではないでしょうか?

 

 

参考にしてください!

 

 

家具の配置でお悩みの方は

BIGJOYまでお問い合わせください!

少々時間はかかるかもしれませんが

アドバイスさせて頂きます。

(※アドバイスするにあたり一定の条件があります

詳しくはメールにてお問い合わせください)

 

お問い合わせ先

info@bigjoy.biz

今日のコーディネートは

こちらの2枚の写真から…

 

 

今回提案した住宅は

理想の住まいでもある“平屋”

勾配天井がかっこよく

和風モダンな内装に対して

縦のラインを意識しチョイスした家具を

提案したコーディネート事例を

ご紹介します

 

 

キッチンの背面の壁は

ブラック色の板の上に角材を

格子状に並べおしゃれな壁でした

そんな縦ラインのイメージに合うよう

縦のラインを用いた家具をチョイス!

 

 

ダイニングテーブルの脚は

ブラック色で3本のラインがおしゃれな

デザインで、天板はオーク無垢材

ダイニングチェアは

ブラック色で縦のスポークがかっこいい

ウィンザースタイルのチェアを提案!

 

リビングもソファをウッドフレームソファとし

ソファの背面を縦の格子デザインを提案

 

 

ウッディだけどシンプルなデザインで

和風モダンスタイルにも合うソファを

提案させて頂きました!

 

 

和風モダンスタイルのコーディネートと

いうこともあり、リビングにはブラック色の

おしゃれなチェアを提案!

足先が細く、鋭くシェービングしたアーム部分

がおしゃれなデザインのチェアを

設置しました!

 

 

ダイニングとリビングにブラック色を

効果的に取り入れた

素敵なナチュラルコーディネートを

提案することができました!

 

 

 

最後にキッチン部分をちら見

グレー色のキッチン、グレージュ色のカーテン

グレージュ色のソファのカバー

ナチュラル&ブラック、グレージュ、グレー色

をテーマカラーとした素敵なコーディネートと

なりました。

 

参考にしてください。

 

 

 

 

今回提案した家具は

以下のURLで販売しております。

 

【ソファ】

 

 

【チェア】

 

 

【ラグ】

 

 

今日のコーディネートは

こちらの写真から…

 

 

パールペール柄のフローリングとドア

という明る~い内装のリビングダイニング

空間に“北欧スタイル”の家具を提案

させて頂きました!

 

東西方向に長い敷地を活かし

南面のリビングダイニングの壁には

大きな掃き出し窓!

東側、リビングの奥には和室と

あかり取りの横長の窓

北側は廊下や階段という住宅でした!

 

家具屋的にはこのような間取りの場合

北側の広く大きな壁に

テレビボードを設置できるように

設計されているかが重要です。

 

 

時々このような間取りの場合

窓と窓の間や窓と和室の間の壁にしか

テレビのマルチメディアコンセントが

ついていない場合があります!

そうすると大きなテレビボードを

置く場所がなくなり、家具の配置に困る

ことがあるのです!

 

今回は北側の壁に収納建具がなく

必要最低限のドアしかなく、

ちゃんとテレビのマルチメディアコンセント

が取り付けてありました。

 

そのため、ソファ背を掃き出し窓側とし

北側にテレビボードを設置できました!

 

 

そんな家具の配置がとてもいい感じの

リビングダイニングは

とても明るく!LDKは19帖、和室は4.5帖

という住空間でした!

 

 

そんな住空間に提案した家具は

オーク材やタモ材を使用したナチュラル色

の家具たち!

細い丸脚で足先が細くなった

北欧スタイルの家具たちをチョイス

させて頂きました!

 

 

やっぱり“北欧ナチュラルスタイル”はいいね!

 

このところグレー色や濃いめの内装が多く

特にマンションなどの情報誌を見ると

ウォールナットブラウンやブラック・グレー

ダークブラウン色の内装やインテリアが

提案されております。

そんな住空間はもちろん高級感があり

かっこいいですが、

やっぱり柔らかい雰囲気のナチュラルコーデ

もいいですよね!

 

 

今回提案した家具の中で注目したい点が

2つあります!

まず初めに紹介するのが

玄関ホールからリビングへ入り正面の壁に

収納家具を提案した点です!

 

 

このスペースです!

リビングの掃き出し窓と和室の建具の間の

壁は100㎝以上あったため

ソファを幅180㎝ほどとし、

この正面の壁に幅86㎝の収納家具を提案

 

ダイニングの北側の壁も空いているんですが

生活動線、メイン通路となるため

あまり家具を置きたくないと思い

このスペースに収納家具を提案しました!

 

 

観葉植物と幅86㎝の収納家具を合わせても

まだカーテンが納まるスペースがあります!

 

いい感じでした。

 

もう1点は和室の家具の提案です!

今回の間取りはリビングの東側に

4.5帖の和室があり、

キッチンから和室までが一直線で

とっても見通しがいい住まいでした

 

 

そんな和室をキッズスペースとして

提案しようと考え

腰窓下に高さ70㎝のシェルフ

和室の中央に幅90㎝の丸テーブルを

提案しました!

 

 

さらに・・・兄弟で遊んだり

お友達と一緒に遊ぶ時に便利な

この丸テーブル・・・

 

実は・・・

 

こんな感じにもなるのです!!!

 

 

幅90㎝と幅69㎝のテーブルが2枚にもなり

さらに小さなテーブルを出して

3連の大きなローテーブルとなるのです!

 

お友達と一緒にお絵描きしたり

おやつを食べたり・・・

ランチしたり・・・

 

ママとママ友たちはダイニングで

ランチやティータイムで団らん!

 

 

なんていうのもありですよね!

 

お友達を招くのがお好きな家族であれば

様々な楽しみ方が可能となります。

 

 

南側の窓下に収納家具を設置すると

建具の締め方によって

リビングダイニングから見ると

ごちゃつくおもちゃなどを隠すことが

できますよね!

 

 

後片付けする時は

建具を玄関側に寄せて

シェルフと収納家具に

いっぺんに整理整頓ができます!

 

 

キッチンからダイニング

リビングから和室と

横につながった横長のLDK+和室は

とても使いやすい住空間だと思います。

家づくりの参考にしてください!

 

 

やっぱり“明るい”ナチュラルコーデは

いいね!!!

 

 

 

今回提案した家具は

以下のURLで販売しております。

 

【ソファ】

 

 
シリーズ一覧ページ

【リビングテーブル】

 

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【シェルフ】

 

 

【キャビネット】

 

 

シリーズ一覧ページ