家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

今回のリビングダイニングは

およそ8畳ほどの空間

そんな空間でもダイニングテーブル

チェア、ソファを置くことができる

家具の配置・コーディネート提案を

ご紹介します。

 

8畳というのは有効寸法3.5m×3.5m

ほどの空間です。

そんな空間にこんなコーディネートを

提案しました。

 

 

ソファとダイニングチェアを

同じテーブルで使用するプランです。

 

こんなソファをソファダイニングと言います

 

「ソファダイニング」といっても

その多くはソファの要素がつよく

形はソファ、座面の高さもソファ

座面の広さはチェアというものが

家具店で多く販売されております。

 

よく販売されている「ソファダイニング」

は座面の高さがソファなので

テーブルの高さが65㎝以下のものが

多いのです。

 

BIGJOYが今回提案した

「ソファダイニング」は

チェアをソファ化したもので

形はソファだけど座面の高さはチェア

であり、座面の広さもソファ

というタイプなのです。

 

 

もう一度おさらいします。

世の中でよく販売されている

「ソファダイニング」は

形はソファ

座面の高さもソファ

座面の広さはチェア

 

BIGJOYが提案する

「ソファダイニング」は

形はソファ

座面の高さはチェア

座面の広さはソファ

 
下の2つが異なります。
座面の高さをチェアに合わせる
ことで、ダイニングチェアと
ソファダイニングを一緒に
使うことができるのです。
 
 
今回のコーディネートのポイントは
昇降テーブルです。
使用用途に合わせてテーブルの
高さを変更することができます
 
ソファダイニングをソファとして
使用する時には
テーブルを低くします。
 
 
先程はソファダイニングで
テーブルの高さは70㎝ほどでしたが
テーブルを下げて、座面の高さほど
とするとリビング空間となります。
 
 

8畳の空間をリビングのみで使用する

こともできます。

この場合キッチンの背面に設けられた

カウンターで食事をすることができます。

 

 

今回設けられたカウンターの高さは

105㎝なのでハイスツールの高さは

69㎝の高いタイプを提案しました。

 

 

リビング空間でもあり

ダイニング空間でもある8畳のスペース。

昇降テーブルを用いて

ソファの形をしたチェア

(座面の高さがチェアというソファ)

を提案することで

リビングにも、ダイニングにもなるのです

 

【リビングとしてもダイニングとしても使用可能】

 

【リビング空間として使用する提案】

 

【ダイニング空間として使用する提案】

 

このように使用目的に合わせて

テーブルの高さを換えることで

いろいろな住空間となるのです!

8畳ほどの空間も

このようなアイテムを使用すると

空間を有効活用できます!

 

この提案はチェアを重ねて置ける

ことも重要です。

 

 

普段はリビングっぽく使用するため

チェアは必要ない!その場合は

チェアをテレビボード横に

重ねておけばいいのです。

 

 

2人以上で食事をする場合は

重ねたチェアが活躍してくれます。

 

今まで紹介した家具の配置・コーディネート

はソファの位置はそのままで

テーブルの高さを変える提案でしたが

 

今度はソファの位置、テーブルの位置も

変更する家具の配置提案をご紹介します

 

それがこちらです・・・

 

 

昇降テーブルをダイニングテーブルとして

使用し、キッチンカウンターにくっつけます

 

 

重ねて置いてあったチェアを2本と

ソファ横のサイドテーブルとして

使用していたスツールを

 

 

使って3人掛けのダイニングとなりました。

 

 

ソファもあえて片肘ソファを提案したのが

肘部分を背もたれとして

足を伸ばしてソファに座ることができる

よう、予め考えました。

 

 

ソファの肘にもたれてテレビを見ると

こんな感じです。

 

 

このように家具の配置を変更する

ことでソファ前は広くあけることが

できます。

 

 

お子さん(もしくは孫)が小さい場合は

こんな家具の配置もありですよね!

 

 

8畳ほどのコンパクトなリビングダイニング

空間でも道具の選び方によって

こんなに使いやすそうなお部屋となります。

 

 

おしゃれに暮らすことも大切ですが、

限られた空間を

有効活用する道具の選び方で

その空間での暮らし方が

変わります!

 

 

都心のマンションなどは10畳ほどの

リビングダイニングも良く見かけます

こんな考え方があるというのを

知って頂ければと思います。

 

ちなみに今回提案した昇降テーブル

円形にも、半円にも、楕円形の端がまっすぐ

となる形と折り畳みタイプのサイドの板に

よっていろいろな形ができます。

(2018年7月14日のブログを参考にして下さい)

 

 

昇降テーブルをご覧になりたい方はこちらをクリックして下さい。

 

是非参考にしてください。

 

 

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回はオーク材のフローリングに

キッチンの背面の壁に

グレー色のアクセントクロスが

貼られたリビングダイニング空間に

コーディネート提案させて頂きました。

 

 

ナチュラル色の床に

グレー色の壁

ダイニングの照明がブラック色という

仕様だったため

 

 

テーマカラーを

ナチュラル&グレー・ブラック色

としました。

 

 

ブラック色は

ダイニングのチェア(1本)、

 

 

サイドテーブル

ソファの背クッション、

アクセントラグをブラック色とし

 

 

グレー色をソファの背クッション

としたコーディネート提案です。

 

カーテンもグレー系、グレージュ色

という事もあり

ナチュラル&グレー・ブラック色の

素敵なコーディネートが提案

できました。

 

 

ナチュラル色にグレー色やブラック色

を取り入れると男性っぽくなりがち

ですが、

 

丸みのあるデザインで統一

することでハードな印象を

少なくすることができました。

 

 

ダイニングテーブルは

ダイニングスペースの広さを考慮して

奥行80㎝ほどの楕円形のテーブルを

提案し、

 

チェアもカーブが美しい

ウィンザーチェアを提案しました。

 

 

リビング空間はダイニング空間に

合わせて、楕円形のリビングテーブル

を提案し、

 

 

ソファもアームから背にかけて

丸みのあるデザインで

ナチュラルカントリー風な

デザインのソファを提案させて

頂きました。

 

 

 

ナチュラルカントリースタイルの

コーディネートでありながら

グレー色の壁面、ブラック色の

照明に合わせて

素敵なコーディネートを提案する

ことができました。

 

 

参考にしてください。

 

 

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

インテリアショップBIGJOYでは

こんな提案もしております。

 

先日あるお客様とお話する機会が

ありました。

その方はお住まいをリフォームする計画で

来月にも着工するというタイミングで

来店されました。

 

BIGJOYが提案する

「家具から始まる家づくり」とは・・・

 

 

家具の使い方から間取りを考える

というもので、

今回はリフォームの計画内容を

変更する提案をさせて頂きました。

 

その内容はこちらです。

詳細図はお話しできませんので

おおよそのイメージ図を

紹介させて頂きます。

 

もともとリフォーム会社が提案した

リフォーム後の間取りがこんな感じです。

 

 

リビングの中央やや下に仏壇スペース

があり、赤い壁は体力壁なので

抜けない壁ということもあり

このような提案となっておりました。

 

この間取りに家具を置くなら・・・

 

 

こんな感じとなると考えましたが

なんだかしっくりこないので

BIGJOY流になんとかリフォームプランを

変更することができないか?と

考えました。

 

問題点をおさらいしてみました。

 

 

リビング空間は縦長の長方形で

ソファを置く間口は一間半、2730㎜

ほどの空間で、

仏壇の位置が本当にこの場所しか

ないのかを考えてみました・・・

 

 

・・・

 

・・・

 

BIGJOYが家具の使い方から

このリビング空間であれば

こんなリフォームプランが望ましいと

考えました。

 

それがこちらです・・・

 

 

体力壁を活かし

リビングの向きを上下から

左右に変更!

ピアノも壁の裏側に隠すように

設置することを提案しました。

 

元の家具の配置がこちら

 

 

比較すると新たに考えたプランの方が

使いやすくなったように思います。

インテリアのことを考えると

ピアノを壁の裏側に設置することで

色の統一感を出すことができます。

 

このプランを

 

 

このように変更しました。

 

 

 

BIGJOYが考えたのが

「リビングの広さ」です。

長方形の縦長のリビングを

正方形のリビングにすることで

とても広々とした空間となります

 

 

(★印がプラン変更内容)

 

さらにとってつけたような位置に

あった仏壇を端に納めることで

しっくりきます。

 

お坊さんが来られても

リビングとは独立した空間みたい

なので不自然さがありません。

以前の場所では、ソファ前の

スペースなので

リビングの中に仏壇がある

ような空間でしたが、

この場所ならいい感じです。

 

さらに体力壁をあえてさらに伸ばす

ことでリビングの壁の向こう側に

ピアノを納めることができると

考えました。

 

 

 

ピアノの対面の壁面にも

収納家具を設置することができる

ため、もとのプランよりも

かなり使いやすい間取りと

なったように感じました。

 

これらの変更にともない

テレビのマルチメディアコンセントの

位置も移動する提案で

リビング空間を左右に使用する

提案をさせて頂きました。

 

家具の設置の仕方、道具の使い方

から間取りを考える!

これぞまさに

「家具から始まる家づくり」

なのです!

 

BIGJOYでは家具の提案だけでなく

リビングダイニングの仕様を変更する

提案などもしております。

 

注文住宅を設計途中の方であれば

大きな変更は提案しませんが、

使い勝手の視点から照明の位置や

マルチメディアコンセントの位置

収納スペースの見直し、

カウンターの削除など

様々な提案をさせて頂きます。

 

現在計画されている

間取りを使い方から検証することで

問題点が見えてくることがあります。

 

是非、早めの段階で

ご来店頂き、「家具から始まる家づくり」

という考え方から間取りのアドバイスを

させて頂ければと思います。

 

家具屋だからできること

家具屋だから気づくこと

家具屋だからそこまで考える

 

というアドバイスをさせて下さい。

 

 

このようなアドバイスは来店予約をして頂く必要がございます。BIGJOY来店予約ページよりご予約頂ければアドバイスをさせて頂きます。

 

 

きっと家具から始まる家づくり・・・

 

住宅を使い方から考える

具体的な使い方から間取りを

考えることで理想の住まいに

近づくことができます。

 

 

参考にしてください。

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネートをご紹介します。

 

 

今回はリビングに高低差40㎝ある

ダウンフロアが設けられたお部屋です。

フローリングはカバ材をウォールナット

色に塗装した床で

ドアはウォールナット色という内装でした

 

 

 

高低差40㎝もあるダウンフロアには

ブラック色の畳が敷いてあり

低く下がった床でゴロゴロしながら

テレビをみるシチュエーションでした。

 

そんなリビングに提案したのが

高さ40㎝ほどの超ローソファ

 

 

高低差40㎝とほぼ同じ高さで

フローリングとソファが一体となる

家具の配置提案です。

 

 

畳の上に置くことができる

超ローソファ、畳ソファは総幅2m45cm

コーナーソファ2つとアームレスソファ

1つの組合せソファです。

 

 

写真撮影はしませんでしたが、

もちろん組替え自由です!

 

さらに・・・

ソファ横にはこれまた高さ40㎝の

リビングテーブルを提案し

 

 

ソファの奥行にもピッタリ!

フローリングまでの高さもピッタリ!

という提案です。

 

 

ダウンフロアリビングの高低差と

ソファ、リビングテーブルの高さを

揃えることで・・・

何とも言えない一体感が

生まれます!

 

 

また、フローリングから飛び出して

いないので、

見た目もスッキリです!

 

 

ブラック色の畳にブラック色の

ファブリックで合わせ、

ウォールナットブラウン色と

ブラック色の相性も抜群でした。

 

 

ちょっと残念なのが・・・

ダウンフロアに設けられた

一体型のテレビボードの扉が

仕上り前なのか?これで完成なのか

分かりませんが、シナ合板のクリア

塗装のような仕上がりで

ここだけナチュラル色でした。

 

 

 

全体がややブラウンがかった仕上げ

に対して一部のみナチュラル色は

妙に目立ちました。。。

 

また、高低差40㎝のダウンフロアは

やっぱり高い印象でした。

階段でいえば2段分ほどの高低差

階段をひとつ飛ばしで

上がるような感覚となるため

このような高さ40㎝のダウンフロアで

あれば踏み板が必要ではないかと

感じました。

 

 

 

さて、話は変わりますが、

今回のリビングダイニングは

階段のフレーム、

キッチン上の棚、サッシなどが

ブラック色、

ダイニング奥の壁面はブラック色の

ようなこげ茶色ということもあり

 

 

ダイニングに合わせたチェアを

ブラック色を提案しました。

 

 

ソファもブラック色、クッションもブラック色

インテリア雑貨もブラック色という

コーディネートを提案させて頂きました。

 

チェアをブラック色とすることで

お部屋全体のバランスも良くなり

とてもいい感じに納まりました。

 

 

今回はベンチが造り付けなので

ダイニングテーブルの脚は2本足タイプを

提案させて頂きました。

4本脚ではテーブルの脚をまたいで

ベンチに入らなければならず、

とても使い勝手が悪くなる為

T字型の脚であればベンチが使いやすく

なるのです。

 

 

高低差40㎝を活かした
家具の提案ができ、とてもいい感じの
リビングダイニングを提案できました。
 
 
参考にしてください。
 
 
 
 

 

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

今回はフローリングが

グレージュオーク柄で少しグレーがかった

床にドアはウォールナットブラウン色という

内装に合わせて

ウォールナット材、無垢材の家具で

コーディネート提案させて頂きました。

 

 

今回のコーディネートで意識したのが

ダイニングテーブルからテレビボード

までの配置が一直線であること

 

ソファを中央に配置するからこそ

ウッドフレームのソファで

背中のデザインを含めた

家具の提案ができればと

考えました。

 

 

そして選んだソファはこちらの

ソファです!

 

 

このソファはウォールナット無垢材を

贅沢に使用したデザインで

BIGJOYの発案で開発されたソファ

なのです。

 

BIGJOYがこのソファの発案者なのですが

もっともこだわったのが座面の広さです。

座面の広さが70㎝もあるのです。

背クッションがなければ座面がフラットで

70㎝もあるため、ソファの上であぐらを

かいたり、体操座りすることができるのです

 

 

背クッションを当てれば普通に座る

ことができ、

背クッションを外して木に直接

もたれれば座面が広く使用できます。

 

肘の太さもほどよいう太さで

飲み物などがちょこっと置けるほど

の幅となるよう工場の担当者と

打ち合わせをして決めたデザイン

なのです。

 

後ろから見てもスッキリとした

デザインで

 

 

シンプルかつ無垢材の重厚感もある

デザインなのです。

 

 

リビングのドアは鏡面仕上げの

ウォールナット色のドアで

そのイメージに合わせてソファには

レザー仕様のこげ茶色の背クッション

を合わせ、

 

 

ウォールナットブラウン色と

ダークブラウン色が混在する

コーディネートを提案しました。

 

ソファの座面はダイニング奥の

壁面がややグレーがかった色という

こともあり、

 

 

グレージュ色のファブリックを提案し、

 

 

ウォールナットブラウン色、グレー色

グレージュ色、ブラック色、ダークブラウン色

という色の構成を提案しました。

 

家具と壁の色をあわせ、

家具とカーテン、ロールスクリーンの色を

合わせることで素敵なコーディネートと

なりました。

 

 

ダイニング空間はキッチンの向きと平行に

テーブルを配置!

この間取りであれば

このように横向きにテーブルを

設置することで大きなテーブルを置くことが

可能となります。

 

 

今回は幅180㎝奥行き80㎝の

ダイニングテーブルを提案させて頂きました

 

 

テーブルとソファの間もしっかり確保する

ことが出来、

 

 

ソファ前もほどよいスペースを

確保できる間取りでした。

 

 

グレージュオーク柄というグレーがかった

木目のフローリングですが、

ウォールナット無垢材との相性は抜群で

とても素敵なリビングダイニング空間と

なりました。

 

 

参考にしてください。

 

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例ご紹介します。

 

 

今回のリビングダイニング空間は

グレー色をテーマカラーとした

コーディネートで

差し色的にブラック色を

取り入れたコーディネートを提案

しました。

 

 

フローリングはウォールナット材

(イクタ・銘木フロア源平)

にドアはダルブラウン(DAIKEN)

という仕様で

 

 

キッチンはグレー色のような

リーフモカ色(クリナップ)でした。

 

 

キッチンの背面の壁面には

グレー色のアクセントクロス

リビングの天井にも

グレー色のアクセントクロスが

貼られたいたので

 

 

グレー色をテーマカラーとした

コーディネートを提案しました。

 

 

ウォールナットブラウン色とグレー色の

相性は良く、

今回のコーディネートは

リビングのメインアイテムである

ソファをグレー色、

アクセントラグをグレー色

 

 

ダイニングのチェアを4本中

3本をブラック色、1本をグレー色

としたコーディネートを

提案しました。

 

 

ダイニングチェアは同じデザインで

ブラック色とグレー色を

2色展開で提案させて頂き、

 

 

キッチンのバックパネルの

リーフモカ色との相性も抜群でした。

 

 

カーテンもグレージュ色で

ブラック色?ダークブラウン色?の

濃い色のレザータッセルが

ワンポイントとなり

 

 

さらにブラック色のチェア

ソファに合わせたストライプの

クッション、ブラック色のクッションが

アクセントとなり

素敵なコーディネートができました!

 

 

今回は円形のダイニングテーブル

 

 

一枚板のリビングテーブルと

 

 

丸い形をしたテーブルで

統一し、素敵なリビングダイニング

空間を演出することができました。

 

 

ウォールナットブラウン色に

グレー色やブラック色を

取り入れるコーディネートは

とてもいい感じです。

 

 

是非参考にしてください。

 

 

 

 


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回のコーディネートは

キッチン奥からリビングの掃出し窓までが

10mほどある縦長の空間です。

キッチンのカウンターから

リビングの掃出し窓までは7m50cmほども

あるとても広い縦長の住空間でした。

 

 

内装はフローリング・ドアともに

ミルベージュ色というナチュラル色で

 

 

キッチン裏の壁面は

北欧風な幾何学柄の壁紙が

貼られておりました。

(FE1314 サンゲツ)

 

 

この壁紙はフィンランドのテキスタイル

メーカー、フィンレイソンのデザイナー

アイニ・ヴァーリによってデザインされたもの

(1958年)

 

そんなナチュラルカラーの内装に

オーク材・タモ材の家具で統一し、

アクセントクロスの線がグレー色という

事もあり、

グレー色を取り入れたコーディネートを

提案させて頂きました。

 

 

先程も紹介しましたが

キッチンカウンターからリビングの

掃出し窓までが長いので

その長さを活かした家具の配置を

提案させて頂きました。

 

長さを活かす家具の配置術は

①ダイニングテーブルの向き

②空間を間仕切る家具の設置

という2つのポイントを重要視した

コーディネートの提案をさせて頂き

ました。

 

まず①のダイニングテーブルの向き

ですが、

 

(キッチンに対して垂直方向に向ける)

 

(キッチンに対して平行に配置する向き)

 

この2つの置き方ができますが、

縦長の空間を活かすテーブルの向きは

キッチンに対して垂直方向に

設置した方がよいと考えました。

 

 

さらに縦長の空間なので

ダイニングとリビングの間が

広く空いてしまいます。

そのため考えたのが・・・

 

「家具でお部屋を間仕切る」

 

という提案です。

 

この間取りに家具で間仕切らない

場合はこんな感じとなります。

 

 

ダイニングテーブル横、ソファ横の

スペースがとても広々とした空間と

なります。

 

 

その空いた空間を子どもの遊び場

として使用することもできますが、

 

こんな家具の配置もいかがでしょうか?

 

 

 

壁に沿って置いていたキャビネットと

シェルフをお部屋の中央に間仕切り

として配置する提案です。

 

 

このようにダイニングとリビング空間を

家具で間仕切ることで

縦長の空間を有効に活用するという

家具の配置提案となります。

 

 

リビング空間も十分な広さがあり

ダイニング空間とリビング空間の

間のスペースに家具を設置する

かたちとなります。

 

 

 

こちらの家具は2点とも家具の裏面が

きれいに仕上げており、

キャビネットについては家具の背面に

チャンネルサポートという金物を

取り付けており、

稼働タイプの棚を取り付けることが

できる仕様となります。

 

今回はキャビネットの隣にTVボードを

設置しておりますが、

ソファを横に置いた場合

サイドテーブルのように活用すること

もできます。

 

 

(こちらの写真は2018年4月17日に紹介したコーディネート事例でソファのすぐ横に同タイプのキャビネットを設置し(上置き付)裏面の棚をサイドテーブルとして使用するイメージを撮影したものです)

 

今回、リビングのソファの位置とTVボード

の位置をこのように考えたのには

理由がございます。

それは・・・

 

 

玄関ホールから入ってきてすぐが

リビングとなりますが、

玄関ホールからリビングへ入る

引き戸ドアがリビング側に

引き込む仕様となっているため

 

 

もしこの位置にテレビボードを設置

するとドア枠の縦線が気になるような

気がしたので

玄関側にソファを設置しました。

 

 

今回のような縦長の住空間は

ダイニングスペース、

リビングスペースの間に

キッズスペースをつくることが

できます。

 

 

キャビネットとシェルフを壁に沿って

並べて配置し、

その前の空間を広くあけると

そのスペースがキッズスペースとなり

小さなお子さんが遊べるスペース

となります。

 

 

 

お子さんが小学生となれば

家具を間仕切りのように設置し

そのスペースにデスクを置き

キッチン側に向いて

勉強する使い方もできます!

 

 

この家具の配置の場合

テーブルの向きをキッチンと平行に

設置すると

よりキッズスペースが広くなりますよ!

 

また、反対にこの配置は

空間を広くあける家具の配置なので

空間に対してバランスよく家具の配置

することを考えると

 

 

この家具の配置も悪くありません!

 

お子さんの成長に合わせて

家具の配置を換えるという

BIGJOY流の配置術を

是非参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

 

 

 


テーマ:

ここ最近気になることがあります。

 

このところinstagramやブログで

マイホームの写真を掲載している

方が増え、壁掛けのテレビを

取り付けているリビングを

よく見かけます。

 

そんな写真で多く見かけるのが

壁掛けテレビの取付位置が

高すぎないか?気になるのです。

 

大人目線!?と成り過ぎてませんか?

 

以前、こんなイメージの写真を

インスタグラムで見たことがあります。

 

 

床にちょこんと座ったお子さんが

上の方を見上げるように

テレビを見ている写真を見ました。

 

大人目線で考えると

ソファに座ってみる目線、

ダイニングやキッチンから見る目線

などどの場所からテレビを見るか?

と考えてしまうものです。

 

しかしながら

小さなお子さんは床でごろんとして

テレビを見ることがあります。

 

 

そんな姿勢から高い位置に取り付けた

壁掛けテレビを見ると

首が疲れるのではないでしょうか?

また、目も乾くように思います。

 

インテリアショップBIGJOYでは

あくまで勝手な考え方ですが

テレビボードの高さを30㎝~40㎝

ほどの低めなタイプをご提案しております

 

その理由はソファにきちんと座る

目線の高さだけでなく

 

ソファでごろ寝する姿勢や

床に座る姿勢

からテレビを見ることを考えて

そのいずれの姿勢からも

無理のない高さを考えた結果

テレビボードの高さを30㎝~40㎝

ほどが望ましいとアドバイス

しております。

 

 

上の画像はCGですが

高さ40㎝のテレビボードに

大きなテレビを乗せたイメージ画像です

 

壁掛けテレビの取り付ける高さが

高く成り過ぎないよう

考えて頂くことも大切ではないかと

訴えたいのです。

 

 

 

 

 

もちろんこんな考え方は

賛否両論あるとおもいますが、

床でゴロゴロしたり、床に座って

テレビを見るという考え方が

まったく考えられていない高さに

取り付けてあるように思う

ケースをよく見かけるので

こんなことをブログで発信したいと

思いました。

 

壁掛けテレビが高さ40㎝、44cmほどの

台の上に設置したイメージを

以前のコーディネート提案の中で

紹介したことがあります。

 

 

 

このテレビの位置は高さ44cmの

ベンチの上に乗せたほどの高さで

取り付けた場合のイメージとなります。

 

こんな位置でもありではないでしょうか?

 

きっと小さなお子さんが

こんなに上を見上げるように

見ることはないと思います。

 

 

これから壁掛けテレビを取り付けよう

とお考えの方是非検討してみて下さい。

 

参考にしてください。

 

 

 


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

今回も2階がリビングという

LDKに家具をコーディネートしました。

今回のLDKはいつもより

少し狭いリビングダイニング空間

でしたが、家具の配置を少し工夫する

ことで暮らしやすいお部屋となる

ようコーディネートさせて頂きました。

 

ブログのタイトルに書かせて

頂きましたが、今回の提案は

家具の配置術がメインコンテンツ

です。

 

「まるで迷路?」というぐらいの

家具の配置術です。

こちらをご覧ください!

 

 

吹き抜け部分の3階から撮影した写真です

ダイニングテーブルとキャビネット、

シェルフ2本をつないだ家具の配置術

この写真に矢印線を加えてみました・・・

 

 

こんな感じに・・・

 

家具の上もつながり、

通路もジグザグ・・・

まるで迷路の一場面を上から見ている

かのような家具の配置術となります。

 

キッチンからこの家具の配置を見ると

 

 

こうなってます。

この家具の配置で特筆すべき点は

ダイニングテーブル奥の活用方法です。

 

 

高さ70㎝奥行き86㎝の

ダイニングテーブルに

高さ70㎝幅86㎝の

キャビネットとシェルフを2本

合わせた家具の配置提案です。

 

 

このように配置すると

幅150㎝のダイニングテーブルが

キャビネットの奥行40㎝加算される

ので幅190㎝の大きなテーブルの

ようになります。

 

高さが揃っているため

このようにつなげるように

家具を配置することができます。

 

 

またテーブルの奥行と

家具の幅がピッタリなので

キャビネットとダイニングテーブル

シェルフとダイニングテーブル

どちらを合わせることも

可能なのです。

 

 

こんな家具の配置はいかがでしょうか?

 

まさにBIGJOYらしい家具の配置提案

となります。

 

今回はこの家具の配置方法だけでなく

さまざまな家具の配置を考えてみました。

 

同じ家具で様々な家具の配置術を

ご紹介させて頂きます。

 

次にご紹介するのが・・・

先程、迷路のように家具を配置した

ダイニングスペースに提案した

シェルフ2本のうち1本を

別の場所を設置する提案です

 

 

 

ジグザグに家具を配置した時は

ダイニングチェア横のシェルフは

チェア側に向いておりましたが

奥のシェルフを動かすと・・・

 

 

シェルフを窓側へ向く家具の配置

としました!

このようにすることでキャビネットと

シェルフが同じ場所となり

片付けしやすくなります。

 

動かしたシェルフは・・・

テレビボードの横へ移動させました。

 

 

この壁面は柱の芯から芯が3185㎜

というスペースで内寸は15㎝ほど

少なくなるので3035㎜ほど

そのスペースに幅2150㎜の

テレビボードと幅860㎜の

シェルフを置くと・・・

 

家具のサイズは合わせて3010㎜で

ちょうどぴったりはまります。

 

もともとテレビボードだけだった

スペースに幅86㎝のシェルフが

納まるのです。

 

 

ただご注意頂きたいのが

今回の幅3185㎜の壁面はすぐ隣に

2階のベランダへの大きな窓がある為

 

カーテンのスペースを考えなければ

なりません。

 

 

カーテンかシェード、ブラインドを

付ける場合、通常壁から6㎝~10㎝

ほどのスペースが必要なので

もしカーテンのスペースが必要な

場合このような家具の配置は

できません。

 

 

しかしカーテンなどのウィンドウ

トリートメントを窓の枠の内側に

取り付けるのであれば

壁の幅めいっぱい家具を置く

ことが可能となります。

 

カーテンを注文する前に

その壁面の使い方を具体的に

決めていればその使い方に

合わせてカーテンも取り付ければ

良いという事となります。

 

さらに・・・こんな家具の配置も

提案しました。

今回提案したリビングダイニングの

広さであれば

この配置がもっともおすすめです。

 

 

ダイニングテーブルをキッチンに対して

垂直方向に置くのではなく

キッチンと平行に配置することを

おすすめします。

 

 

その理由は

このようにテーブルを配置することで

ソファ前が少し広くなるからです。

 

 

もともとはこんな感じ・・・

 

 

違いが分かりますか?

 

すぐ上の写真はラグの大きさ

190㎝×130㎝というサイズで

 

 

テレビボード前からソファ前まで

ラグの大きさピッタリだったのです。

 

それが・・・

 

 

ソファ前にフローリングが見えるほどの

スペースを取ることができたのです。

 

 

 

ダイニングスペースを狭くすることで

リビングスペースを広くする

ことができたのです。

 

これらの写真を見て頂くと

先程までダイニングテーブル横に

配置していた収納家具が

ありません・・・

 

実は・・・キッチンの裏側に

全ての家具を移動させたのです・・・

 

じゃ~ん

 

 

いままでダイニング横にあった

収納家具がキッチンの背面に

納まるのです。

 

 

 

キッチンの背面に幅86㎝の家具を

3つ並べました。

86㎝×3=258㎝で

キッチンのサイズは255㎝~260㎝

ほどなのでピッタリ?と納まります。

 

今回のはキッチンの本体の幅が

2m57㎝ほどだったので

1㎝ほど家具の方が飛び出て

しまいました・・・

 

 

 

とはいえ天板の長さとほぼ同じな

ため、見た目はそれほど

気になりませんでした・・・

 

 

キッチン裏のスペースは注文住宅

の場合、収納スペースと

なる場合もありますが、あえて

キッチンの背面をスッキリさせ

このように置き家具を自由に配置

することもお勧めなのです。

 

 

さらに家具を動かしてみました・・・

 

ダイニングスペースはそのままで

今回ご紹介するのが・・・

 

「ソファ」です。

 

今回提案したソファは1人掛けの

コーナーソファと1人掛けのアームレス

ソファとオットマンの3つのパーツ

から成り立っており、

ソファ横に幅90㎝奥行き25㎝の

サイドテーブルを提案!

 

このソファの配置を換えます!?

 

するとこんな感じになります・・・

 

じゃじゃ~ーん

 

 

片側のコーナーソファをダイニング側へ

向けます。

 

ダイニングテーブル横のスペースで

お子さんが遊んでいる場合

子どもの様子を伺うようにソファの

向きを1か所だけ変える提案です。

 

 

今回提案したソファは

一見2人掛け片肘ソファのように

見えますが、別々のソファを

組合せているため

部分的に向きを換えることができます。

 

 

こんな使い方も可能です。

 

 

ソファの片側に設置していた

サイドテーブルをソファとソファの

間に置くことも可能です!

 

 

固定概念にとらわれず、

自由な発想でソファの使い方を

考えることでこんな使い方も

可能となります。

 

最後に、

ソファ後ろにぶら下がっている

チェーンは吹き抜け部分に

ある高い位置の窓の開閉用に

設けられたものです。

 

 

 

参考にしてください。

 

今回紹介した家具の配置を

最後におさらいします。

すべての家具の配置を一挙に集めました

 

 

 

 

 

限られた住空間をいろいろな

使い方ができることを

考えるのがBIGJOY流の

家具の提案です。

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回のLDKは

キッチンの背面をライトブルー色

(LW-2583 リリカラ)

のアクセントクロスを取り入れた

内装で、

 

 

フローリングはオーク無垢材

キッチンのカウンター笠木と

畳コーナーの縁がナチュラル色

という条件を考え

 

 

タモ材やオーク材を使用した

家具でナチュラルコーディネートを

提案させて頂きました。

 

 

ライトブルー色のアクセントクロス

に合わせて、ソファの背クッション

をライトブルー色とし、

 

 

ソファ横に置いたスツールも

ライトブルー色を取入れました。

 

 

 

ナチュラル色を多めにし

ライトブルー色を少しだけ取り入れた

コーディネートを提案しました。

 

さらに今回

ダイニングテーブル、ソファ

リビングテーブルは

曲線を取り入れた家具で統一し

 

 

 

 

 

円形のラグと丸い形のスツールを

提案し、

曲線がやさしい印象の

コーディネートを提案しました。

 

 

さらに今回初めて

コーディネート提案に登場するのが

カップボードの下台のみとなる

カウンターをダイニングテーブル奥に

提案しました。

 

 

幅は約120㎝×2つ

幅は約60㎝のユニットを4つ

 

 

ゴミ箱収納タイプ

家電収納タイプ

引き出し収納

開き扉収納の4種類を

組合せて幅2m40㎝ほどの

カウンターを提案!

 

 

このところカウンターのみで

キッチン裏の収納を

考える方も増えておりますので

このようなタイプを提案しております。

 

 

カウンターの天板はブラック色も

提案しておりますので

ナチュラル&ブラック色をテーマカラー

としたコーディネートでも提案可能です

 

 

 

名古屋は本日、観測史上初の

気温40度を超えたそうです・・・

 

とても暑い夏ですが、

このようなライトブルー色が入る

ナチュラルコーディネートは

なんとなく涼しく感じます。

 

 

季節に合わせて

ライトブルー色のクッションや

小物で“涼”を演出してみては

いかがでしょうか?

 

 

参考にしてください。

 

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス