家具なび ~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

 

コーディネート事例をご紹介します

 

 

今回はナチュラルコーディネートに

 

グレー色とブラック色を取り入れた

 

提案です!

 

 

ナチュラルなコーディネートにグレー?

 

と思われる方もあると思いますが

 

ナチュラル色やベージュ色のみで

 

構成するコーディネートではややボヤケた

 

印象となるため

 

 

グレー色やブラック色を取り入れることで

 

少しひきしまったコーディネートとなります。

 

今回はダイニングのチェアを3種類、3カラー

 

グレー色のウィンザーチェア、

 

ブラック色のチェア、色違いでナチュラル色

 

座面がブラック色のファブリックを張った

 

ナチュラル色のチェアの4本で構成

 

 

少しデザインが異なったり、

 

あえて色を変える提案もいい感じです

 

ダイニングにグレー色とブラック色を

 

取り入れたのでソファのクッションに

 

グレー色を提案!

 

 

ブラック色の柄クッションも合わせて

 

調和を図りました。

 

ソファ後ろの収納家具もシェルフの

 

天板をブラック色、チェアをブラック色とし

 

 

テレビボードもブラック色の取手がついた

 

タイプをチョイスし、

 

 

お部屋全体に少しだけブラック色を取り入れた

 

コーディネート提案です!

 

 

イタリアンノーチェ柄というフローリングで

 

ナチュラル色よりも少しブラウンがかった

 

柄でウォールナット材のブラウン色の家具

 

も相性がよく、

 

 

今回のようにナチュラル色の家具も

 

相性がいいように思います。

 

ドアはベントウォールナット色(凸版印刷の柄)

 

 

タイトルに「ゆとりのある家具の配置提案」

 

と表記しましたが、

 

ゆとりを持たせる、部屋を狭く見せないために

 

部屋の広さに合せて、家具の大きさ、形状を

 

考慮した家具の配置提案となります。

 

今回の間取りは以下の通りです。

 

 

L字型のリビングダイニング空間で

 

リビング空間をとても広く使うことができる

 

間取りとなります。

 

リビングが広いためソファ後ろの空間を

 

有効活用すべくダイニングとソファが

 

横に並ぶような配置を提案しました。

 

 

そこで今回注目してもらいたい点が

 

キッチンのカウンターからソファ横の

 

掃出し窓までの距離と家具の大きさです

 

上記の図面にあるように

 

キッチンからソファ横の窓までが

 

4m75㎝ほどとなります。

 

ダイニングテーブルとソファが横並びとなる

 

配置を提案しており

 

仮に幅150㎝のダイニングテーブルと

 

幅200㎝のソファが来る場合

 

475㎝-350㎝なので残りが

 

125㎝となります。

 

ダイニングテーブルとソファが横に

 

並ぶ配置となれば

 

ダイニングテーブルの端とソファの間を

 

80㎝あけて、ソファと窓の間を45cm

 

あければ125㎝となります。

 

今回提案したソファはウッドフレームソファ

 

で肘部分が細身で幅180㎝ほどの

 

3人掛けソファ

 

 

幅150㎝の変形のダイニングテーブルを

 

提案しました。

 

 

導線を考えダイニングテーブルの手前を

 

広くとるため手前がカーブした

 

変形のダイニングテーブルを提案し、

 

 

ややコンパクトなソファを提案した為

 

幅4750㎜の空間にゆとりのある

 

家具の配置提案ができました。

 

 

 

お部屋の広さと導線を考え

 

家具の大きさ、デザインを選ぶことの大切さを

 

コーディネートで表現させて頂きました。

 

 

是非参考にしてください。

 

 

 

 

ソファ
Chelsea 
オーク無垢材を使用した背中のデザインがおしゃれなウッドフレームソファ!北欧スタイルのインテリアにぴったりなデザインです 幅179㎝

テレビボード
Rumble 節ありオーク材
節ありのオーク無垢材の前板にブラック色の取手がおしゃれなテレビボード!ヴィンテージスタイルのナチュラルコーディネートにもピッタリなデザインです 幅162㎝

シェルフ
OWN オーク材
ブラック色の天板がおしゃれなツートンスタイルの幅86㎝のオープンラック(シェルフ)幅86㎝ 

 

 

 

 

 

400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYがここ数年

 

コーディネートに提案してきたことがあります

 

それはソファ横、ソファ後ろの活用方法です

 

 

ソファの前にリビングテーブル、

 

センターテーブルを設置する方は多いと

 

思いますが、

 

インテリアショップBIGJOYではソファ前に

 

テーブルを置かず、サイドテーブルを設置

 

することもお勧めするようになりました。

 

 

先日のソファの選び方についても賛否両論

あったかと思いますが、

今回も無精な私だからこんな考え方と

なっている部分もありますのでご理解下さい。

 


どうしてソファ前のテーブルを置かず、

サイドテーブルを提案するかというと

ソファに座りながら、お気に入りの飲み物を

飲む際に、ソファ前のテーブルに置き

飲むためにマグカップを手にとる行為よりも、

ソファ横のテーブルの上に置き入りの

飲み物を置き、横に手を伸ばして

マグカップを手に取る方が

楽ではないでしょうか・・・?

 


サイドテーブルにテレビのリモコンや

スマートフォンを置いたり、読みかけの

雑誌や本、新聞などを置くのも距離が

近いので便利ではないでしょうか?

 


ソファ前は横よりも遠くなるため

(ソファのアーム横に座った場合)

ソファ前のリビングテーブルよりも

ソファ横のサイドテーブルが便利なのです

この考え方はソファのアーム横すぐの場所

に座る前提となります。

 


インテリアショップBIGJOYでは

いろいろなアイテムをサイドテーブルとして

提案してきました。

 


サイドテーブルに提案してきたアイテムは

オープンラック、ベンチ、ナイトテーブル

シェルフ、デスクなどがあります。

それぞれのアイテムを提案した事例を

ご紹介します!

まず初めに提案するのがオープンラックです

オープンラックは重ねるとシェルフにもなる

家具ですがサイズによってはソファ横にも

提案できます!


(高さ40㎝ 幅60㎝ 奥行き30㎝

http://item.rakuten.co.jp/joystyle-interior/cast-m-na/





高さ40㎝のオープンラックなので

来客時の予備用の椅子としても活用できる

使い方もあります。

ナチュラル色だけでなく、

ウォールナット無垢材タイプもあります



次に紹介するのがベンチです。

ベンチをソファ横に設置することもできます。


(高さ44cm 幅80㎝ 奥行き38㎝
引き出し付のドロワーベンチ 

http://item.rakuten.co.jp/joystyle-interior/home-ds/ 




引き出し付のドロワーベンチなので

子どものお気に入りのおもちゃなどを

収納できます!

もちろんベンチなので予備用の椅子

としても活用できます。

また、高さを44cmとすることでベンチ

としても活用できるリビングテーブルがこちら!


(高さ44cm/継足を外せば40㎝ 幅90㎝ 奥行き25㎝

http://item.rakuten.co.jp/joystyle-interior/block2-lt90wob/


奥行50cmとなるリビングテーブルを

半分25㎝の奥行きとしたリビングテーブル



片側はソファ前で使用し、もう片側をソファ

横に設置する提案です!

奥行25㎝とすることでソファと壁の間に

テーブル兼ベンチを収納することもできます



また、幅90㎝なので奥行き90㎝のソファに

合わせると・・・



ソファ横にピッタリおさまり、さらには



ソファとソファの間に入れたり



いろいろな使い方を提案することができます

次に紹介するのがナイトテーブルです。

ナイトテーブルには引き出しがついているものが

多いのが便利で普段使わないリモコンを

引き出しに収納しておくのも便利です!

耳かきや綿棒、体温計などもしまっておくと

便利ですよね!





ベッドの高さが45cm~50cmほどが

多いのでソファの座面の高さと合わせても

いい感じですよ!

次に紹介するのがシェルフ!

高さ70㎝のシェルフをソファ横やソファ後ろに

提案する事例です!



ソファ横に高さ70㎝のオープンラックを提案

2段目の棚板がサイドテーブルとしても活用できます



また、高さ70㎝のオープンラックを合わせる

のにはもう一つ理由があります!

高さ70cmなのでシェルフ横にスツールを置くと

デスクとして使用することができます







高さ70㎝のオープンラック、シェルフは

インテリアショップBIGJOYオリジナル企画の

アイテムです!

 

http://item.rakuten.co.jp/joystyle-interior/86-shelf-n/

 

 

ソファ横だけでなく、ソファ後ろにも提案した

 

事例もご紹介します

 

 

 

 

高さ70㎝と言えばオープンラックの他に

 

デスクがあります!

 

ソファの横面や後ろ面にデスクを合わせた

 

提案もしてきました。

 

 

 

 

これらのようにソファの横や後ろを

 

活用することでソファに座りながら

 

すぐ横に手を伸ばし、いろいろなものを

 

手に取ることができるのです!

 

一度使うとソファ前のテーブルに置くよりも

 

 

 

便利ではないでしょうか?

 

ティッシュボックス、テレビのリモコン、

 

エアコンのリモコン、パソコン、タブレット

 

スマートフォン、雑誌や本など

 

いろいろなものを置くことができますよ!

 

 

今回の提案は広さに対して

 

ソファを少し小さ目とすることで

 

ソファ横にサイドテーブルを置いたり

 

(こちらはスツールをサイドテーブルとして

提案してますので予備用の椅子にもなります)

 

 

ソファ後ろにデスクを設置したりと

 

いろいろな使い方ができればと

 

考えた家具の配置提案です。

 

 

もちろんそんなものを置くスペースがない

 

もっと大きなソファが置きたいという

 

ご意見もあると思いますが、

 

あったら便利な家具の使い方を

 

ご紹介させて頂きます。

 

 

 

ソファ横に広いスペースがあれば

 

サイドテーブルを置いて

 

お気に入りの飲み物と置き入りのお菓子を

 

設置して映画鑑賞はいかがでしょうか?

 

(BIGJOYが提案するサイドテーブルの活用方法)

http://www.bigjoy.biz/home/column/column3.html


 

 

子どもが早めに寝てやっと自分の時間が

 

とれるママの時間におうちカフェはいかがですか?

 

 

 

400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYでは

 

ブログやSNS、インスタグラムなどで

 

コーディネート事例、コーディネート画像を

 

配信しております!

 

中でもインスタグラムは

 

いままでコーディネート提案してきた400事例

 

の傑作選として一度にいろいろな

 

コーディネート事例を見て頂ける

 

貴重なページとなっております。

 

https://www.instagram.com/bigjoy_2016/

 

よければフォローをお願い致します。

 

 

その他、「家具なび(アメブロ)」を中心に

 

LIMIAなどのキュレーションサービスなどで

 

インテリアショップBIGJOYが考えた

 

独自のコンテンツを発信しております。

 

ウェブマガジンページを久しぶりに更新しました

 

合わせてご覧ください。

 

http://www.bigjoy.biz/home/magazine/

 

 

 

 

デザイナーがデザインしたおしゃれな

 

家具やブランドの家具ではなく、

 

使い方から考えたBIGJOYオリジナルの

 

家具をはじめとし、BIGJOYがセレクトした

 

家具で実際のお部屋をコーディネート

 

使い方から考えた家具を提案することで

 

いろいろな家具の配置術、使い方まで

 

具体的な事例でご紹介しております。

 

ここ最近、発信したコンテンツを

 

ここで少しまとめてご紹介したいと思います

 

 

BIGJOYが提案するオリジナルコンテンツ

 

「島ソファ」!家族みんなでソファの上で寛ぐ

 

ソファの組合せ方を変える、

 

トランスフォームを提案をいくつかさせて頂きました

 

今年に入ってから紹介してきた内容を

 

アーカイブとして紹介します。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

7月8日 広さを活かした「島ソファ」の提案!

 

http://ameblo.jp/kagunavi-bigjoy/entry-12290714343.html

 

 

ソファを縦置きして「島型」としたり、

 

ソファの中央、後ろから出入りできるカウチソファ

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

5月27日 ソファの中央から出入りできる組合せ

 

http://ameblo.jp/kagunavi-bigjoy/entry-12290714343.html

 

カウチスタイルのソファを自由な発想で

 

組合せ方を変えると中央から出入りできます!

 

 

廊下からリビングへ入ってすぐソファだけど

 

ソファの後ろからソファに入ることができる提案

 

 

サイドテーブルの組合せ術も見ものです

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

5月9日 「島ソファ」の組合せあれこれ!

 

https://ameblo.jp/kagunavi-bigjoy/entry-12273129994.html

 

こんな使い方ができるんだ~と驚くほどの

 

ソファの組合せ方をいろいろ試した提案です。

 

 

「これぞ!島ソファの真骨頂」

 

子どもの成長、家族の成長に合わせて

 

いろいろな使い方を創造できますよ!

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

3月14日 「島ソファ」とデスク、「島ソファ」とシェルフ

 

を組合せた提案

 

https://limia.jp/idea/70441/

 

高さ70㎝のソファ、高さ70㎝デスク、

 

高さ70㎝シェルフ、高さ70㎝ダイニングテーブル

 

で揃えたリビングダイニング!

 

 

高さを揃えることでいろいろな家具の配置を

 

提案したコンテンツです

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

1月30日 島ソファの組合せ提案

 

https://ameblo.jp/kagunavi-bigjoy/entry-12242899513.html

 

カウチソファの新常識、肘で間仕切る

 

ソファを紹介し!

 

 

カウチスタイルを島型に変形させたり

 

 

一直線としたり

 

 

自由な発想でいろいろな組合せ方を

 

提案しております!

 

 

インテリアショップBIGJOYでは

 

使い方から考えた道具、家具を

 

提案し、間取りに合うサイズ、

 

使い方を提案しております。

 

是非、BIGJOYが提案するコンテンツを

 

ご覧いただき、

 

家具のレイアウト、コーディネートの

 

相談にお越しください!

 

家具から始まる家づくりに基づいて

 

家具の提案、アドバイスをさせて頂きます

 

 

 

ソファ
Soleil 
2人掛け片肘ソファ(右肘・左肘)を2つならべていろいろな形にトランスフォーム 島のような形にすることができるソファなので「島ソファ」としてご紹介しております 

 

 

今回提案している島ソファは2種類ありますので

 

ご注意ください!

 

上記の島ソファは座面にキルティングがあるタイプです

 

 

400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

 

コーディネート事例を紹介します。

 

 

今回はクリエペール色のフローリングに

 

オーク材・タモ材のナチュラル色と

 

ウォールナット材のブラウン色を

 

ミックスしたツートンスタイルの家具を

 

いかしたコーディネート事例をご紹介

 

します。

 

 

ナチュラルな内装にウォールナット材の

 

家具が合うのかと思う方もいらっしゃる

 

と思いますが、

 

こんな感じでなかなか相性がいいのです

 

 

今回はすべての家具をウォールナット材に

 

するのではなく、ウォールナット材をメインと

 

してますが、ナチュラル色とツートンスタイル

 

とすることでこんな雰囲気となりました。

 

 

ダイニングテーブルの天板はナチュラル色

 

リビングテーブルの天板はウォールナット材

 

ソファはウォールナット材

 

 

テレビボードは外側はナチュラル

 

扉はウォールナット材と

 

 

リビングダイニング空間全体にバランスよく

 

.ナチュラル色とウォールナットブラウン色を

 

配置することでまとまりのある

 

コーディネートとなりました。

 

 

色のバランスについて

 

お話をさせて頂きましたが

 

 

今回、最も言いたいことが

 

ソファとテレビボードをどのように

 

配置するかという提案です。

 

図面のように

 

 

玄関ホール(図面の下が玄関ホール)

 

からリビングへ入ってすぐの壁面に

 

(青色のテレビコンセント)

 

ソファを置くべきか?

 

テレビボードを置くべきか?

 

みなさんはどちらがいいと思いますか?

 

玄関ホールから入ってすぐのところに

 

ソファを置いた場合は次のようになります

 

 

青い矢印はカーテンの納まり部分であり

 

幅180㎝の壁面ですが

 

カーテンとソファが被るため幅180㎝以下

 

幅170㎝ほどのソファでなければ

 

置くことができません

 

また玄関ホールから入ってすぐにソファの

 

背面があるので狭く感じます。

 

図面のように家具を配置した

 

CGを製作したのでご覧ください。

 

 

玄関ホールからリビングを覗き込むと

 

ソファの背面が見えてしまうので

 

狭く見えます。

 

 

この置き方はソファが小さくなり、

 

また、リビングへ入ってすぐにソファがあると

 

なんだかお部屋が狭く感じます。

 

BIGJOYではこのような間取りの場合

 

玄関ホールから入ってすぐの壁面に

 

テレビボードを設置し、対面の壁にソファを

 

設置することをおすすめします。

 

この置き方の方が大きなソファを置くことができ

 

お部屋が広く感じます。

 

 

こちらの置き方もCGを製作しました。

 

実際の配置を見て頂いても

 

この置き方の方がいい感じとなります。

 

 

玄関ホールから入ってすぐにソファを

 

置く場合はソファの後ろに通路があると

 

ソファ前が狭くなるのでご注意ください

 

 

こんな家具の配置が事前に計画されていることが

 

理想的な家づくりなのです。

 

この発想こそ家具から始まる家づくりなのです。

 

家具の配置を設計の段階で

 

しっかり計画することで

 

コンセントの位置やマルチメディアコンセント

 

の位置も理想的な位置につけることができます

 

参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

 

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回はオーク無垢材のフローリングに

 

ブルー色のドアが特徴的なLD空間

 

リビングのドアはウッドワンの

 

ピノアース オーダーペイントドアで

 

ブルー色の引き戸が採用されてました。

 

 

ピノアースのドアは引手がブラック色

 

という事もあり、家具の一部に

 

ブルー色とブラック色を取り入れた

 

コーディネートを提案!

 

 

テレビボードの背面とキッチン裏の腰壁

 

には古材風の柄のアクセントクロスがあり

 

ナチュラルカントリースタイルの

 

イメージでコーディネートさせて頂きました

 

今回の見どころは2点、

 

ひとつめは先ほどから申し上げている

 

ナチュラルな空間にブルー色と

 

ブラック色を取り入れたコーディネート提案

 

そしてもう一つが腰壁下の家具の提案

 

高さ70㎝のユニット家具とソファのサイズ

 

というポイントがあります。

 

それでは、まずナチュラルカントリー

 

スタイルにブルー色、ブラック色を

 

取り入れた提案について紹介します。

 

 

なんといってもブルー色のドアが印象的

 

であり、そのドアに合わせて

 

ダイニングのチェアをブルー色とした

 

提案です。

 

 

キッチンスペース奥のパントリー収納の

 

壁面もブルー色となっているため

 

リビング、ダイニング、キッチンと

 

それぞれの空間にブルー色を取り入れる

 

事となりました。

 

 

さらにはピノアースの引き戸の引手が

 

ブラック色という事もあり、

 

ダイニングチェアの1本、ユニットデスクに

 

合わせたチェア1本、ソファの背クッション

 

にブラック色を取入れさせて頂きました。

 

 

ナチュラルカントリースタイルの

 

コーディネートという事もあり、

 

ダイニングにはウィンザーチェアを

 

代表する英国のアーコール社の

 

クエーカーチェアも設置!

 

ウィンザーチェアを形をバラバラに

 

設置する提案をさせて頂きました。

 

 

テレビボードもオーク無垢材を

 

レンガを積み上げたようなデザイン

 

とすることでナチュラルカントリー

 

スタイルを演出させて頂きました。

 

壁紙の雰囲気ととても合う

 

コーディネートとなりました。

 

 

そして、2点目のポイント

 

腰窓下の家具の設置、高さ70cmの

 

ユニット家具「Handy」を提案!

 

 

幅120㎝のデスクと幅150㎝の収納で

 

幅2m70㎝の大型家具を提案しました。

 

ソファのサイズを少し小さ目とすることで

 

空いたソファ横のスペースに

 

しっかりと収納家具を設置!

 

 

まだカーテンがないのですが、

 

窓の高さが90㎝なので窓下が広くあいて

 

いるので収納家具とワークスペースを

 

設置することでスペースを有効活用

 

させて頂きました。

 

 

リビング空間は幅165㎝ほどの

 

コンパクトサイズのソファでアームがない分

 

小さいサイズとなります。

 

 

先日のブログで紹介した

 

「日本人はリビングにソファがあっても

 

座らない!床に座ってしまう」という

 

内容を加味して、ソファの背クッションを

 

外し小さな背クッションを設置することで

 

座面を広く使用することができます。

 

 

こうすることでソファの上で

 

床に座るような姿勢で寛げます。

 

日本のライフスタイルに合った

 

日本人向けの、日本のソファなのです。

 

アームレスソファなので

 

ソファ横にラックを設置し、サイドテーブル

 

として活用する提案をし、

 

 

先日もブログ内で紹介させて頂きましたが

 

ラックを来客時のスツールとして使用

 

することができるので

 

 

とても便利なアイテムです。

 

今回のリビングは小さなお子さんがいる

 

想定で、リビングテーブルを設置せず

 

KIDSデスク&チェアを設置!

 

 

子どもがお絵かきしたり、お手紙を

 

書いたり、お勉強したりするのに便利な

 

KIDSデスク&チェアを提案しました。

 

 

木のぬくもりたっぷりな

 

ナチュラルカントリースタイルの

 

コーディネート提案をさせて頂きました。

 

参考にしてください。

 

 

 

 

400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「日本人はソファがリビングにあっても

 

座らない!」

 

 

みなさんはソファに座ってますか?

 

ソファを背もたれに床に座ってないでしょうか?

 

ソファの上に寝っ転がってませんか?

 

ほとんどの家にソファがあると思いますが

 

実際、ソファにどのぐらいの方が

 

座っているのでしょうか?

 

 

なぜソファに座らないのかを

 

独自の視点から解説したいと思います。

 

 

なぜ、ソファがあっても座らないのか?

 

その理由は座面の広さにあると思います。

 

日本人の多くは床に座ることが好き

 

なため従来のソファでは座面が狭いのです

 

一般的なソファでは座面の広さが

 

50cmから広くても55㎝ほどしかないのです。

 

 

「日本人は床に座る姿勢が好き!」

 

日本には従来、床に座るための道具が

 

ありました。それは「座ふとん」です。

 

 

日本古来からある床に座るための

 

クッション「座ふとん」の奥行きは

 

63cm~68㎝ほどあるのに対して

 

ソファの座面は50cm~55㎝しかないのです

 

 

 

そのためソファは狭く感じ、

 

ソファの上に座るのではなく

 

ソファの座面を背もたれとして

 

床に座ってしまうことが多いのです。

 

 

 

ではここでいう床に座る姿勢とは

 

どのような姿勢なのでしょうか?

 

床に座る姿勢とは以下のような姿勢です。

 

 

立膝をついた姿勢

 

体操座り

 

あぐら、胡坐をかく

 

女性座り!?

 

これらの座り方はすべて床に座っている

 

姿勢のシルエットとなります。

 

通常のソファは

 

上のような姿勢で座るものではなく

 

足をソファから下ろして座る設計になって

 

いるので座面の広さが50cmほどあれば

 

十分なのです。

 

 

しかし、下の図のような床の上で座る姿勢で

 

 

ソファの上に座るためには

 

先ほどご紹介した「座ふとん」ほどの

 

座面の広さがあれば可能ではないでしょうか?

 

つまり、ソファの上に足を上げて

 

座る座り方こそ、日本人の使い方に合う

 

ソファの使い方と言えると思います。

 

 

 

日本で販売されている多くのソファ

 

を見て頂くと、ほとんどのソファが

 

座面の広さが50cm~55㎝しかなく

 

ソファの上に足を上げる前提となって

 

おりません。つまり、

 

そんなソファは使わないままとなって

 

しまう可能性があるため

 

購入しないほうがよいではないでしょうか

 

 

ソファを購入するならば

 

座面の広さが60㎝~70㎝ほど

 

確保することができるソファを

 

おすすめなのです。

 

 

インテリアショップBIGJOYでは

 

独自の考え方でソファの奥行きは

 

コンパクトでありながら

 

座面を広く使用するためには

 

背中の背クッションをつけたり

 

外したりできるソファが

 

理想的なソファであると考えます

 

 

従来のソファの座り方を完全否定

 

するものではなく、

 

いろいろな姿勢でソファに座る

 

という考え方が重要であると思います。

 

 

 

すなわち、背クッションを当てると

 

足をソファの下に下ろして使用する

 

通常の座り方ができるようにし、

 

 

背中の背クッションを外すことで

 

座面が広くできるソファをおすすめ

 

しております。

 

 

ソファの中には奥行きが100㎝以上

 

の大きなソファもありますが、

 

日本の住まいの広さを考えれば

 

ソファ自体の奥行きはできるだけ

 

コンパクトがいいと考えます。

 

 

BIGJOYではソファの奥行きが

 

83㎝ほど~94㎝までのソファを

 

多く提案しております。

 

座面の広さを背クッションを

 

使うか使わないかで調整して

 

頂くことを考えております。

 

プチブラックを取入れたナチュラルコーディネート

 

BIGJOYでは十数種類のソファが

 

座面を広く使用できるソファとして

 

おすすめしております。

 

ファブリックソファ、レザーソファ

 

ウッドフレームソファがございます。

 

ファブリックソファは背とアームの

 

高さが同じタイプをおすすめ

 

させて頂いており、背クッションが

 

なくても背に直接もたれる

 

事ができるタイプをご紹介しております。

 

 

 

背とアームが同じ高さであれば

 

いろいろな形に変化することができます

 

上のように広い座面があれば

 

 

 

 

いろいろな姿勢で座ることができるのです

 

ウッドフレームソファは

 

 

これらのウッドフレームソファは

 

すべて背板に直接もたれることができ

 

背クッションを当てたり、外したりする

 

ことで自由な姿勢で座ることができる

 

 

ソファ達なのです

 

上の紹介したソファのほとんどが

 

座面が60㎝以上あり

 

座面が広くなることでソファの上で

 

床に座るような姿勢で寛ぐことが

 

できるのです!

 

ここで初めの仮説をもう一度

 

「日本人はソファがリビングにあっても

 

座らない!」ではなく

 

「日本人はソファの座面が広くないと

 

ソファの上に座らない!」

 

という仮説を提案します。

 

 

この仮説が検証されることで

 

従来のソファは日本のライフスタイルに

 

合わないソファであるということを

 

提案し、従来のソファの設計に一石を

 

投じるような考え方となります。

 

 

是非、インテリアショップBIGJOYが提案する

 

座面の広いソファが理想的であり、

 

座面が広くないソファは購入すべきでない

 

という考え方があるということを

 

ブログで発信できればと思います。

 

 

参考にしてください。

 

 

 

 

400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(8)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

 

コーディネート事例を紹介します

 

 

今回はクリエモカ色のフローリング

 

ウォールナット色の床に

 

ウォールナット無垢材・ウォールナット材の家具

 

 

で統一したリビングダイニングをご紹介

 

します。

 

内装の特徴としてリビングの天井が

 

勾配天井となっており、杉板が貼られていること

 

 

とソファ後ろの壁面がアクセントクロスがあること

 

です。

 

アクセントクロスはRE2456で爽やかなライトブルー

 

色の壁紙に相性のいいウォールナットブラウン色

 

を合させて頂きました。

 

 

ソファのファブリックも濃いめのグリーン色で

 

ウォールナットブラウンと相性抜群!

 

ライトブルーの壁紙と濃いめのグリーン

 

クッションにグレー色のストライプを

 

合わせていい感じにコーディネートできました。

 

 

ダイニングチェアの張り生地も

 

グレー色を提案しており、

 

 

リビング空間の色を意識したカラーで

 

提案させて頂きました。

 

ダイニング空間もキッチン裏のパネルや

 

サイドのパネルがウォールナットブラウン色

 

 

なのでウォールナット無垢材の家具を提案

 

お客様の中には床もウォールナットブラウンで

 

家具もウォールナット材だと暗くなるのでは

 

と心配される方もあると思いますが、

 

日本の住宅は壁紙が白い場合が多く、

 

カーテンを濃いめにしなければ

 

お部屋は明るく、暗くなり過ぎないと思います。

 

 

今回はダイニングテーブルとリビングテーブル

 

ともにウォールナット材をパッチワークのように

 

接ぎ合せた板を使用し、

 

 

木目のないクリエモカ柄に木の質感を増す

 

ために木目に表情のある家具をチョイス

 

しております。

 

 

ソファの対面に設置したテレビボードと収納家具

 

はユニット家具「Wonder」を提案!

 

幅180㎝のテレビボードと幅90㎝の収納家具で

 

幅2m70㎝の大型テレビボードを提案させて

 

頂きました。

 

ユニット家具を用いれば、3m以上の大きな

 

収納家具もオーダーではなく既製品で対応する

 

ことができます。(天板は2m40㎝まで)

 

是非広い壁面、窓下(カーテン下)の空間に

 

ユニット家具をご検討ください!

 

 

今回も素敵なコーディネートが提案できました。

 

参考にしてください!

 

 

 

 

 

 

400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

 

コーディネート事例をご紹介します

 

 

今回の内装はアーキスペック、ブナ柄で

 

ホワイト色の木目をしたフローリングで

 

フローリングの1枚の幅も303㎜と大きな

 

タイプでした。

 

 

建具やキッチンの扉、造作家具や壁紙まで

 

スモークオーク柄で白い床に濃い家具

 

という内装でした。

 

 

BIGJOYが得意とするブラック色のチェア

 

ブラック色のダイニングテーブル

 

帆布のモスグリーン系のファブリックの

 

ソファでリビングダイニングを

 

 

コーディネートさせて頂きました!

 

 

今回は色についてのお話より、

 

スペースと家具のサイズについて

 

お話できればと思います。

 

ブログのタイトルにも書かせて頂きましたが

 

キッチン裏の収納スペースがあることで

 

ダイニングテーブルが小さくなるとすれば

 

キッチン裏の収納は必要なのでしょうか?

 

という問題意識について触れたいと思います。

 

道具屋である私たちのもとに

 

来て頂くお客様の多くはもうすぐ新居に引っ越す

 

という方が多く、すでに住まいも出来上がりそう

 

な段階でお見えになります。

 

そんなお部屋の図面を見て気づくことがあります。

 

「キッチンをまわりを重要視してしまいダイニング

 

スペースが小さくなってしまう」

 

「対面キッチンのカウンターがあるせいで

 

ダイニングスペースが狭くなっている」など

 

今回、コーディネートした物件もキッチン裏の

 

収納スペースがあるため、ダイニングスペース

 

リビングスペースが狭くなってしまうという

 

事例なのです。

 

 

次の図面を見て下さい。

 

 

キッチンから掃出し窓までが4m66㎝という

 

リビングダイニング

 

仮に幅150㎝のテーブル、幅200㎝のソファ

 

ソファとテーブルの間を90㎝とると

 

残りは・・・

 

466㎝-150㎝-200㎝-90㎝=26㎝

 

となるのです。

 

つまり窓とソファの間が26㎝であれば

 

幅150㎝のダイニングテーブルと

 

幅200㎝のソファを置くことができます。

 

しかしながらどうでしょう?今回の

 

キッチンにはキッチン裏収納がついており

 

 

扉の開閉スペースを考えると50cmは

 

取っておくといいので

 

幅135㎝のダイニングテーブルと

 

幅165㎝の2人掛けソファしか置けないのです

 

 

もし仮にキッチンの奥行きが最小限の65㎝

 

に納まっていれば・・・

 

こんなことになるのです。

 

 

 

上の図でブルー色の部分がダイニングスペース

 

となります。

 

キッチン裏の収納をなくすことで

 

扉を開けるためのスペースもなくせるので

 

おおよそ80㎝ダイニングスペースが

 

広くなります。

 

つまり、従来のキッチンまでのスペースが

 

4m66㎝だったの対して、+30㎝

 

やく5mのリビングダイニングスペースと

 

なるのです。

 

 

もう一度先程の数式を5mとして書きます。

 

500㎝-150㎝-200㎝-90㎝=60㎝

 

なります。

 

掃出し窓とソファの間が60㎝とれ

 

さらにはもう少し大きなソファを置くことも

 

できます!どうでしょうか最大2m20㎝の

 

ソファも置くことができます。

 

(このような位置にソファを置かなくてもよくなります)

 

今回の事例はキッチンスペースを重要視し、

 

キッチン裏の収納をつけた為、ダイニング

 

スペースが狭くなってしまったり、

 

リビングスペースを狭くしてしまうことが

 

あるのです。

 

設計の段階でキッチンスペースを除いた

 

スペースの有効寸法がどの程度あれば

 

よいか参考までに申し上げます。

 

先程の数式はキッチンの正面が掃出し窓で

 

テレビボードがキッチンの側面側の壁に

 

設置する場合は500㎜、5mほどあれば

 

いいでしょう!

 

また、キッチンの正面にテレビボードを設置

 

する場合は

 

テレビボードの奥行き50cm+ソファ前の

 

スペース180㎝+ソファの奥行き90㎝

 

ソファとダイニングの間90㎝+ダイニング

 

テーブルの幅150㎝とすると=5m60㎝

 

以上の寸法が必要となります。

 

参考にしてください!

 

 

 

今回のコーディネート提案において

 

もう1点説明したい点があります。

 

それはデスクカウンターを造り付け

 

とすべきか?すべきでないか?

 

という点です。

 

 

上の写真は写真の左側に

 

造り付けのデスクカウンター高さ43cm

 

のものがあり、

 

右側は置き家具でデスクと収納を設置

 

させて頂きました。

 

みなさんはどちらがいいと思いますか?

 

私たちは道具屋なのでもちろん右側の

 

デスクを作り付けないほうがよいという

 

考え方をおすすめします。

 

 

造り付けにしないほうがよいという理由は

 

次の事があるからです。

 

それは、使い方を固定しないという理由です

 

デスクという使い方に限定してしまうのではなく

 

将来は収納スペースとすることもできる

 

からです。

 

お部屋の使い方は家族の成長に伴い

 

変化するものです。

 

子どもが幼児期、小学生期、中高生期

 

大学・社会人となる時期、子どもたちが

 

独立し夫婦2人となる時期と

 

数十年間でいろいろな使い方が考えら

 

れるのです。

 

遊び中心の時期、勉強中心の時期

 

趣味の時間を費やす時期など

 

家族の年数によっていろいろな

 

使い方ができるよう、変化できるよう

 

できるだけ使い方が固定してしまわない

 

ようにして頂ければと思います。

 

 

今回、ソファ後ろのスペースを

 

幼児期から小学生期にかけて使用する

 

イメージで家具を配置させて頂きました

 

写真の家具の配置は子どもが小学生と

 

なる時期を想定し、

 

毎日学校から帰り、宿題をしたり、

 

学校以外の勉強する際に、ママが対面で

 

勉強を見て上げれるような状況を考えました

 

デスクをリビングダイニングに向けて設置し

 

空間を間仕切るように配置しております。

 

デスクを壁に固定しないことで

 

対面型のワークスペースができます。

 

 

デスク奥にはまだおもちゃで遊ぶ年頃なので

 

おもちゃが目立たないようデスク奥に隠れて

 

いるような家具の配置を提案しました。

 

 

こどもが大きくなればシェルフは子ども部屋に

 

もっていき、デスク部分のみを壁にくっつけたり

 

ユニットデスクなので足を外して収納家具に

 

変身することもできます。

 

リビングにワークスペースが必要ない場合は

 

収納スペースとして家具を使用して頂けるのです

 

デスクカウンターを壁に安易に固定する

 

のではなく、いろいろな使い方ができるよう

 

考えてみてはいかがでしょうか?

 

これらの2つの視点は設計段階、図面の段階

 

で気づくことができる点となります。

 

この考え方こそが家具から始まる家づくり

 

という考え方なのです。

 

設計の段階でいろいろなことに気づくことが

 

できれば、きっと理想の住まいに

 

近づくことができるのではないでしょうか?

 

もし、設計の段階でわたしたち

 

インテリアショップBIGJOYに相談頂ければ

 

これらのようなアドバイスを具体的に

 

させて頂きます。

 

使い方から考える家づくり、

 

きっと家具から始まる家づくりを

 

一人でも多くの方に気づいて欲しいと

 

考えます。

 

参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

 

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回はイクタのプリオス、ホワイトクルミ

 

色の明るいフローリングに

 

タモ材やオーク材の家具で統一した

 

ナチュラルコーディネートとなります。

 

 

今回のコーディネートの最大の特徴は

 

キッチンからテレビボードの壁面までが

 

「なが~い」ことです。

 

 

キッチンからテレビボードまでの距離は

 

おおよそ9.5m、LDKで26畳ほどの大空間でした

 

間口は3.5mほどの一般的な広さに対して

 

かなりなが~いリビングダイニング空間を

 

活かした家具の配置術を

 

ご提案させて頂きました。

 

 

なが~い部屋を活かすために考えたのが

 

インテリアショップBIGJOYオリジナル提案

 

「島ソファ」というソファの配置提案です。

 

 

幅254㎝奥行き162㎝というカウチソファを

 

 

左右入れ替え、縦に並べた提案となります

 

 

 

なが~いリビング空間だからこそ

 

できるソファの縦置き、通常であれば

 

ソファ前が狭くなってしまうのですが、

 

広いリビング空間なのでこのような配置

 

をしてもソファ前はとても広くあくのです

 

 

片肘ソファの奥行きは92㎝なので

 

縦に2つ並べるとソファの長さは184㎝

 

となります。(2本分で)

 

そしてソファの背面には幅180㎝の

 

ユニットデスクを配置!

 

 

幅180㎝高さ70㎝のツインデスクは

 

小学生の子どもが学校から帰り

 

宿題をさせるのにもってこいのスペース

 

となります。

 

 

ソファの背面の高さは

 

BIGJOYオリジナル仕様のソファで高さ70㎝

 

としているためソファとデスクの高さが

 

ぴったりとなるのです。

 

 

この使い方にはお子さんのリビング学習

 

という要素とソファのサイドテーブルとして

 

使用できる要素があります。

 

ソファの背面にティッシュBOXを置いたり、

 

 

テレビのリモコンを置いたり、スマートフォン

 

を置いたり、本や雑誌を置いたり、

 

お気に入りのドリンクを置いたりと

 

ソファに座りながらすぐ後ろに手を伸ばすと

 

いろいろなものが取れる使い方を提案

 

しております。

 

 

さらには・・・パソコンを設置すると

 

テレビを見る旦那さんとネットで調べもの

 

をしている奥さんがこんなことを言います

 

「ねぇ!これいいと思う?

 

買おうか迷ってるんだけど・・・」と

 

 

ネットショップで買い物中に意見を聞きたい

 

時にこのシチュエーションであれば

 

画面をひっくり返し、テレビを見ている

 

旦那さんに意見をすぐに聞くことができます

 

仮に離れた場所でネットを見ている際に

 

「ちょっと来てくれる?」と問いかけても

 

テレビに夢中で無視されると「ムッ」と

 

来ることはないでしょうか?

 

でもソファ後ろにパソコンを持ってくることで

 

家族のコミュニケーションも近い距離感が

 

保つことができると思います。

 

 

今回のコーディネートは家具を入れ替えて

 

いろいろな使い方の提案をしております。

 

次にご紹介するのが、ソファは「島ソファ」

 

のままでユニットデスクとオープンラックを

 

入れ替えた提案です。

 

玄関ホールからリビングへ入ってすぐ右側

 

のスペースに設置してあったオープンラック

 

 

2個をソファの背面に提案した配置です。

 

 

お子さんが小学生未満の場合、勉強よりも

 

遊ぶ時間が長いため、

 

ダイニング横のスペースに子どもの遊び

 

スペースを設ける提案です。

 

ソファの背面に子どものおもちゃや絵本を

 

たくさん置くことができ、

 

ご飯食べたらすぐに横で遊ぶことができます

 

 

先程提案したソファ後ろのサイドテーブル

 

としての役割はそのままで

 

ダイニングテーブルとソファの間を

 

勉強スペースとするか?

 

遊びスペースとするか?

 

置く家具の配置によって変わる提案です。

 

オープンラックもデスク同様高さ70㎝のため

 

ソファの背面の高さと同じなため

 

一体感のある家具となります。

 

さらにこんな配置も提案しております。

 

「島ソファ」とデスク&オープンラックという配置で

 

デスクをソファの背面に、オープンラックを

 

壁面に設置した場合次のような配置イメージ

 

となります。

 

 

ひとつのラックはテレビボード横に設置し

 

 

テレビボード面を充実した感じとすることが

 

できます。

 

 

 

幅86㎝の家具を2つ並べた場合、幅は172㎝

 

ユニットデスクは幅180㎝あり、

 

それぞれの家具を玄関ホールから

 

リビングへ入ってすぐ右側に配置した

 

のが次の写真となります。

 

 

幅180㎝の壁面のためデスクを設置すると

 

ドア枠ギリギリとなります。

 

 

しかしながら幅86㎝のシェルフの場合は

 

ややゆとりがありますのでドアの開け具合も

 

変わってくることでしょう!

 

 

お子さんが小学生低学年の頃であれば

 

こんな家具の配置はいかがでしょうか?

 

ソファをカウチスタイルに戻し、

 

オープンラックもソファの背面で使用する

 

提案です。

 

 

ソファはリビングダイニングの中央に配置する

 

ため窓側へ2人掛け片肘ソファを寄せて

 

中央の縦に並べたカウチソファを横にした

 

ソファの組合せ術です。

 

 

ソファ後ろの子供の遊びスペースから

 

ソファへ中央から入ることができる

 

配置となります。

 

 

幅3m50cmほどのリビング空間の間口に

 

対して幅2m54㎝のカウチソファを設置すると

 

 

上のような感じとなります。

 

「島ソファ」の時は幅184㎝なのでソファ横の

 

スペースはかなり余裕はありましたが

 

 

カウチソファとすると

 

2人掛け片肘ソファをカーテンギリギリまで寄せるて

 

 

ソファを設置すると残りのスペースは

 

 

約82㎝ほどとなります。

 

幅2m54㎝+82㎝+カーテンスペース15㎝=

 

幅351㎝となるのです。

 

今回のようにソファの中央からも出入り

 

できるようにすることで

 

片側の通路をふさいでしまっても

 

パパと鬼ごっこができると思います。

 

幅3m50cmという寸法はリビングでは

 

もっともポピュラーな広さとなるため

 

参考になると思います。

 

さらにこんな配置も

 

ソファ後ろのスペースを空けるために

 

ダイニング奥の窓とソファ横の窓の

 

間のスペースに幅172㎝のオープンラック

 

を並べた写真となります。

 

 

ややカーテンに影響がありますが

 

ギリギリ納まっております

 

 

この家具の配置も元気なお子さんとの暮らし

 

であればいい考えではないでしょうか?

 

 

 

最後に提案するのがダイニングテーブルを

 

キッチンカウンターにくっつけ

 

ダイニングとソファの間のスペースをできる限り

 

広くした提案でソファ、デスク、オープンラック

 

をコの字型に配置した事例です。

 

 

兄弟が横に並んで勉強すると

 

互いにちょっかいを出すので

 

窓側と階段側に分かれて勉強させる

 

家具の配置術です。

 

ダイニングスペースに向けてオープンラック

 

を配置することで間仕切りとなり

 

ワークスペースが独立したように感じます

 

 

インテリアショップBIGJOYが提案する家具は

 

高さ70㎝で統一ししております。

 

ダイニングテーブルの高さ、ソファの高さ

 

オープンラックの高さ、ユニットデスクの高さが

 

揃っているためいろいろな配置術ができるので

 

 

ダイニングテーブルにオープンラックを

 

合わせたり、

 

デスクとオープンラックを合わせたり

 

 

ソファとデスクを合わせたり

 

 

高さを揃えることで

 

壁に家具を設置するという考え方でけでなく

 

家具と家具を背合わせにするという発想が

 

出てくるのです。

 

家族の成長に合わせてお部屋の使い方を

 

変えることができる家具の配置術を

 

BIGJOYのオリジナルアイディアを交えて

 

ご紹介させて頂きました。

 

 

参考にしてください。

 

最後にルンバの目線ということで

 

ソファの下、脚部分からダイニングへ向けて

 

お掃除ロボットの通り道を

 

カメラで納めました。

 

 

なが~いリビングダイニングの家具配置術の

 

話をなが~く説明してしまいました。

 

お付き合いありがとうございました。

 

参考にしてください。

 

 

 

 

 

400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

 

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回はイタリアンノーチェ柄の

 

フローリングにウォールナット材の

 

家具でコーディネートした事例です。

 

 

特徴的な内装として壁の一部が

 

グレー色となっており、

 

幅180㎝の壁がアクセントクロスと

 

なっておりました。

 

 

通常壁から壁までの間にアクセントクロス

 

を貼ったり、

 

壁に凹凸を出してアクセント

 

クロスをすることが多いように思いますが

 

切り替えしたクロスの貼り方でも

 

悪くないと思いました。

 

 

幅180㎝のアクセントクロスに対して

 

幅160㎝の格子デザインのテレビボード

 

「Gallop」を提案!

 

テレビボードの両サイドに10㎝ずつ残り

 

アクセントクロスとテレビボードの

 

バランスがとてもいい感じでした。

 

 

ただ、家具の配置術という視点で

 

今回のアクセントクロスの位置を考えると

 

東側の壁面にアクセントクロス、

 

グレー色となっていた方がよかったと思います。

 

 

 

それはリビングの広さを目いっぱい

 

活用できるからです。

 

6月2日のLIMIAでも投稿しましたが

 

テレビボードとソファを東西のどちらに

 

設置するかを検証させて頂きました。

 

(図面は6月2日のLIMIA投稿より引用)

 

テレビボードを奥まった狭い壁に設置する

 

ことで、大きなソファを置くことができ、

 

(図面は6月2日のLIMIA投稿より引用)

 

さらにはソファの背面のスペースも有効活用

 

できます。

 

上記の考え方はあくまで

 

広いリビング空間を最大限活用するという

 

視点からの考え方となりますが、

 

 

今回は6月2日に提案したテレビボードと

 

ソファの位置が真逆となった事例となります。

 

(図面は6月2日のLIMIA投稿より引用)

 

アクセントクロスを活かした家具の配置術

 

だからこそ、このような使い方となります。

 

 

今回提案したソファは2人掛けの片肘ソファ

 

幅135㎝ほどのコンパクトサイズを提案

 

ソファの後ろスペースを活用するため

 

また、通路をしっかり確保するために

 

ソファをやや小さくしました。

 

 

ソファをやや小さくしたため

 

ソファ横にオープンラックを設置したり

 

 

ソファのオットマンを活用して

 

 

3人掛け相当のソファとしてソファを

 

組み換えしたりできるよう考えました

 

 

ソファ奥にオープンラックを設置し

子どものおもちゃや絵本を目立たない

ように家具を設置し、



ソファ横を広くとる家具の配置術は

お子さんが小学生未満で

おもちゃで頻繁に遊ぶ時期はおすすめです



お子さんが小学生ぐらいとなり

ソファに座ってニンテンドーD○などの

ゲームをするころとなれば

ソファの形を変えてソファスペースを

大きくしてもらうこともいいと思います。



今回は小さなソファを提案しましたが、

小さいながらもこんな使い方ができる

という事例を紹介させて頂きました。

もう一度お話しますが、

アクセントクロスがなければ

東側(ふきぬけ)にテレビボードを設置

したと思います。



そうすれば大きなソファが置けました。

アクセントクロスを無視すれば

そんな考え方もありですね!

参考にしてください。



 

 

 

 

 

400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 


 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。