家具なび~家具の使い方を提案するブログ~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが独自のアイデアで家具の配置術などを提案

家具なび~家具の使い方を提案するブログ~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが独自のアイデアで家具の配置術などを提案

家具なびで住宅探訪しませんか?インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアショップ。 コーディネート事例はBIGJOY独自の家具の配置術など家づくりに役立つ情報を発信してます

家具の配置換えを前提として家具の選び方

 

インテリアショップBIGJOYは

こんな家具の提案をしております!

 

下の2枚の写真をご覧ください!

 

 

このようにソファとテレビボードの位置

を変える。家具の配置換えを前提とした

家具選びを行いました!

家具の配置換えは2枚の写真を比較すると

分かり易いですよね!

 

今回の住宅は2階にリビングダイニング

空間が設けられた住まいで、

昨日紹介した住宅と同じある特徴が

ありました。

 

それは…

東面に大きな窓、南面と西面は

広く大きな壁という特徴です

 

そんな間取の特徴を活かしチョイスした

家具は…

 

“右”片肘2人掛けソファ+オットマン

 

です!

 

 

幅160㎝の2人掛けソファと幅70㎝の

オットマンを横並びにして

総幅2m30㎝の大きなソファを提案!

 

 

今回、「なぜ“右片肘”ソファに

こだわったかというと…」

 

それは…

 

 

上のようにソファをお部屋の中央に

配置して、右肘部分を背として

足を伸ばして座ると…

明るい窓を向いて座ることができる

と考え、

片肘にすることで2人掛け+オットマン

をくっつけて大きなソファとすることが

できると考えました!

 

今回の住宅は2階がリビングということ

もあり、階段で容易に搬入することが

できるソファをチョイスしたのです!

 

さらに…

 

 

ソファとテレビボードの配置を

変えると…右肘ソファにもたれて

足を伸ばして座ると…

テレビ画面が見やすいと考えました!

 

 

上の2枚の写真をご覧ください!

昨日と同様、ソファをお部屋の中央に

配置したコーディネートと

ソファを南面の壁に設置した

コーディネートでは

リビングの広さが大きく異なります!

 

 

この家具の配置の方が

お部屋がとても広く感じますよね!

 

 

ソファを中央に配置する場合でも

片肘ソファとすることで

窓に向かって開放的な印象となるため

両肘ソファよりも片肘ソファを

選んだ方がお部屋が広く感じると

思うのです!

 

今回の内装は…

 

 

フローリングがやや白っぽい

サテンチェリー柄の床に

ドアやカウンター、棚板はオフブラック色

アクセントクロスはグレー系でしたが

今回、そんな内装に対して

オーク材のナチュラルカラーの家具を

チョイスさせていただきました!

 

いつもなら、この内装であれば

ブラック系の家具か、もしくは

ウォールナットブラウン系の家具を

チョイスすることが多いのですが

今回はナチュラル系の家具を選びました。

 

 

その理由は…キッチンの面材が

ややグレーがかった、

ややブラウンがかった、

ナチュラル色と判断したからです…

 

 

事前に内装の色が分かるデータを

いただいており、キッチンの面材を

確認したところ…

”TYU469C”

という品番で、

グレーブラウンナチュラル?!

という微妙な色でした…

 

そんな色を考慮して…

思い切ってナチュラルカラーの

家具をチョイスさせていただきました!

 

 

さらに、リビングの西面の広い壁には

グラビオエッジという装飾壁が

取り付けられており、

ブロッコ、ライトブラウン色の壁

だったので、ダイニングチェアの

張り生地をブラウングレー色の

レザーを張ったタイプを選びました!

 

 

ダイニングテーブルの奥には

天板をブラック色に塗装したシェルフを

設置し、

 

 

ソファ前のローテーブルをブラック色

ソファに合わせたクッションをブラック色

とすることで、オフブラック色の

カウンターと合わせたコーディネートと

しました。

 

 

今回も間取りの特徴を活かした

家具の配置提案と

内装の色に合わせた家具のチョイスが

いい感じにできました!

 

是非、参考にしてください!

 

 

家具の配置換えもいい感じです!

どちらの家具の配置でも

ありですよね!

 

 

今日のコンテンツは

2パターンの家具の配置を比較!

『ソファの配置でリビングが広く感じる』

という内容となります。

 

下の2枚の写真をご覧ください!

 

 

今回のリビングダイニングは約12帖ほど

の広さで、6帖のリビングと

6帖のダイニングという住空間でした。

この住宅は北向き玄関で

南面(エアコンが取り付けられている)の壁

と西面の広く大きな壁面があり

東面に高い塀で囲われた中庭がある

特徴的な間取りでした!

 

そんな間取りの特徴を活かし

ソファをお部屋の中央に配置したパターンと

ソファを西面の壁に配置したパターンの

2パターンの家具の配置を比較し

ソファの配置でリビングが広く感じる

ということをご紹介したいと思います!

 

どちらの家具の配置が

リビングが広く感じるか皆さんも

分かりますよね!

 

そうです!

 

 

ソファを西面の広い壁に沿って配置した方が

リビングが広く感じます!

 

 

ソファがお部屋の中央にあると

この間取りの場合、ダイニング空間と

リビング空間をソファで間仕切ることと

なるからです!

 

とはいえ…今回のような

ウォールナット無垢材を使用した

かっこいいウッドフレームソファ

であれば

お部屋の中央に配置すると

とても素敵なリビング空間となりますよね!

 

 

しかしながら、今回のような間取りで

あれば、やはりソファを壁に沿って

奥のがベターであると考えます!

 

 

今回の住宅はここ最近人気の

『プライバシーが保たれる住宅』

で東側に設けられた中庭は

高い塀で囲われ、隣地からの視線を

まったく感じない住まいでした。

 

そんな大きな窓を正面にする

ソファの配置は

外の空気感を感じながら

寛ぐリビングとしてはいい感じだと

思うのです!

 

 

さらに、上の写真を見ると…

テレビボードからダイニングテーブルまでの

スペースが空きスペースとなるため

ソファ前のスペースがとても広く感じ

ますよね!

 

 

今回はダイニングに背なしのベンチを

提案したので

ダイニング側からソファ前の空間が

とても広々とした住空間となるのです!

 

このような12帖のリビングダイニング

の場合、その多くは南面に大きな窓があり

東西方向に壁となるケースが多いのですが

 

 

今回のリビングダイニングは

南面と西面が広く大きな壁となっており

L字の壁となるため

このような家具の配置が

可能となります。

 

 

今回はそんな広い壁を活かして

収納家具とソファ、テレビボードを

配置した素敵なコーディネートを

提案させていただきました!

 

 

家具は飽きの来ないシンプルな

デザインの家具でありながら

収納家具の扉がかっこいい

素敵な家具で構成しております!

 

 

落ち着いた内装に合わせて

素敵なコーディネートなりました

 

参考にしてください!

 

 

ソファの配置を変えることで

こんなにお部屋の印象が変わります!

 

インテリアショップBIGJOYならば

こんな素敵なリビングダイニング

のコーディネートを提案しております!

 

 

是非、家具をお探しの方は

インテリアショップBIGJOYへ

ご相談下さい!

 

 

今日から7月ですね!

名古屋市内もセミの鳴き声が聞こえ初め

このところの猛暑が厳しい毎日です!

 

今日は恒例の

6月にBIGJOYが提案してきた

コーディネート、家具の配置提案の

まとめをご紹介します!

 

今月最もお伝えしたいコンテンツは

 

『オットマンを複数組み合わせてソファ

とする画期的なアイデア』

 

です!

 

 

BIGJOYならばこんな家具を提案します!高さ30㎝の小上がりの畳コーナーとソファの高さを揃える | 家具なび~家具の使い方を提案するブログ~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが独自のアイデアで家具の配置術などを提案 (ameblo.jp)

2022年6月18日のブログです

 

このところBIGJOYでもよく提案させて

いただくソファが『背なしソファ』です!

 

中でもオススメなのが

BIGJOYが独自に商品開発した

オリジナルソファ『86ソファ』です!

巷の家具店で販売されている

『背なしソファ』の多くは奥行きが100㎝

ほどあるタイプが多い中

この『86ソファ』は名前の通り86㎝という

コンパクトな奥行きのソファとなります!

 

『86ソファ』の特徴は86㎝モジュールで

設計している点です!

今回は大、中、小の3サイズのオットマンを

組合わせて1つのソファとする提案を

考えました!

 

画期的なアイデアですよね!

 

オットマンのみでソファを構成するなんて…

今までの常識では考えられない

提案となります!

 

さらに今回はソファ横に高さ30㎝の

小上がりの畳コーナーが設けられており

その高さ30㎝のソファの座面の高さを

揃えることで、畳スペースとソファが

ともに一体の“床”として考える

提案となりました!

 

 

さらに…

オットマン3つを様々な形に組み合わせて…

 

 

横一直線に並べたり…

 

 

オットマン小サイズのみ離して設置し

1人掛けのソファとしたり…

 

 

3つをくっつけて、背もたれクッションを

併用すると、自由な向き、使い方が

自由自在となりソファを楽しむことが

できるのです!

 

ソファをオットマンのみで構成して

みませんか?

 

背なしソファはこんなコーディネート

にも提案させていただきました!

 

 

グレイッシュな内装のLD空間に

BIGJOYが家具を提案すると…

 

 

こんなコーディネートとなります!

キッチン上のブラウン色の木目柄の

アクセントクロスとソファ前の

古材のローテーブルをリンクさせ

チャコールブラック色のドアと

ブラック色のラグをリンクさせ

グレー色の内装に合わせて

グレー色の家具を提案した

素敵なコーディネート事例となりました!

 

モノトーンカラーコーディネート!グレー色の内装に合わせてグレー色の家具を提案! | 家具なび~家具の使い方を提案するブログ~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが独自のアイデアで家具の配置術などを提案 (ameblo.jp)

2022年6月26日のブログ

 

 

かっこいいですよね!

 

今月はまずソファを中心にお話

させていただきます!

もう1つご紹介したい

コーディネート事例があります!

 

それがこちらです!

 

 

上の2枚の写真を比べてみてください!

ソファの違いに気づきましたか?

 

カウチソファの左右を入れ替えることができる!その理由は…ソファの背と肘の高さと角度が同じだから… | 家具なび~家具の使い方を提案するブログ~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが独自のアイデアで家具の配置術などを提案 (ameblo.jp)

2022年6月21日のブログ

 

この家具の配置提案は

下のカウチソファの左右を入れ替える

ことができるというコンテンツです!

 

 

ソファの背と肘の高さと角度が同じ

という条件であれば

カウチソファの左右を入れ替える

ことができるのです!

 

 

そうするとお部屋の中央に配置した

ソファの中央部分の背がなくなるため

ダイニング空間とリビング空間を

ソファで間仕切らず、2つの空間が

つながるのです!

こんな家具の配置も素敵ですよね!

 

今月はソファだけに注目せず

ワークスペース、デスクの提案にも

注目したいと思います!

 

 

こちらの写真をご覧ください!

高さ70㎝のデスクカウンターに

高さ70㎝のシェルフをカウンターと

垂直方向に並べることで

L字型のデスクスペースを2か所

つくることができます!

 

 

壁側に2つ並べていたシェルフを

1つだけ動かすと…

 

 

こうなるのです!

 

とても素敵な住宅!間取り!LDKが20帖、隣接する6帖の洋室を合わせて26帖の空間に家具を提案! | 家具なび~家具の使い方を提案するブログ~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが独自のアイデアで家具の配置術などを提案 (ameblo.jp)

2022年6月24日のブログ

 

 

ダイニングキッチンに隣接した6帖の洋室

に設けられた3m50㎝ほどの長~い

デスクカウンターを活かす家具の配置

提案となります!

 

 

お子さんが小学生未満の時期は

遊びスペースを広くして

 

 

お子さんが小学生となり

勉強する時間が増えてきたら

このように家具の配置を変えて

6帖の部屋の使い方を変えていく

提案となります!

 

さらに…リビングダイニングと

隣接する3帖、4帖ほどの

ワークスペースの家具の配置も

提案させていただきました!

 

それがこちらです!

 

 

こちらは4帖のテレワークスペースで

 

 

3連の引き戸で間仕切ることができる

ので、リモート会議などのオンライン

の仕事も可能です!

 

テレワークに最適なスペース!LD空間に隣接する4帖の洋室はドアで間仕切れるからテレワークに最適! | 家具なび~家具の使い方を提案するブログ~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが独自のアイデアで家具の配置術などを提案 (ameblo.jp)

2022年6月6日のブログ

 

こんな家具の配置提案も…

 

 

こちらのテレワークスペースも

リビングと隣接する3帖の洋室です!

 

LD空間の奥に3帖の洋室がある住まい!テレワークスペースに最適なスペース!デスクの配置提案に注目 | 家具なび~家具の使い方を提案するブログ~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが独自のアイデアで家具の配置術などを提案 (ameblo.jp)

2022年6月15日のブログ

 

 

そんな3帖の洋室に

デスクとシェルフをL字になるよう

家具の配置を提案しました!

 

 

デスクとシェルフの高さが揃って

いるからできる家具の配置となります

(デスクの高さは723㎜)

 

このように家具と家具の高さを揃えたり

デスクカウンターと家具の高さを揃える

ことでL字型のワークスペースを

作ることができるのです!

 

6月もインテリアショップBIGJOYらしい

考えた家具の配置提案、

考えた家具の選び方を

ご紹介することができました!

 

7月も頑張って

読者の皆様、フォロワーの皆様にとって

有益な情報をお届けできるよう

頑張っていきたいと思います!

 

最後に6月はこんな

モデルルームも提案しました!

 

 

そうです!分譲マンションの

リビングダイニング空間となります。

 

インテリアショップBIGJOYでは

分譲住宅の一戸建て向けの

家具レンタルを数多く提案しておりますが

分譲マンションのLD空間にも

期間限定モデルルームを提案しております!

 

 

間取りや内装に合わせた家具のチョイス

具体的な生活のイメージができる

家具の配置を提案するのが

BIGJOYのこだわりです!

 

実際の生活ではそんな家具の配置を

しない!イメージが違うおしゃれな住空間

ではなく、実際の生活が具体的に

イメージすることができる

モデルルームの提案がBIGJOYは得意と

しております!

 

是非、マンションディベロッパーの

皆様、販売中の分譲マンションに

期間限定モデルルームを作ってみませんか

インテリアショップBIGJOYが提供する

家具レンタルサービス「KAGURENT」

で期間限定モデルルームをつくる

ことができます!

是非ご検討ください!

 

分譲マンションのモデルルームも家具レンタル「KAGURENT」で!期間限定モデルルームを提案! | 家具なび~家具の使い方を提案するブログ~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが独自のアイデアで家具の配置術などを提案 (ameblo.jp)

 

 

前回のブログは主寝室の家具の配置を

提案しましたが、今日は子供部屋の

家具の配置を紹介します!

 

今回の子供部屋は5.4帖

間口2730㎜×長さ3640㎜の6帖の空間

の中に0.6帖分のクローゼットがあるため

実際のお部屋の畳数は5.4帖となる

子供部屋です!

 

そんな子供部屋にBIGJOYが家具を

提案すると…こうなります!

 

 

上の写真の右手前にドア枠があり

左側に壁(角)が映っておりますが

このスペースが約0.9帖

 

 

そしてベッドとデスク、ブックシェルフを

設置したこのスペースが4.5帖ほどの

スペースとなります!

合わせて5.4帖の子供部屋となるのです!

(4.5帖は2730㎜×2730㎜で、お部屋の中

の有効寸法は2m60㎝×2m60㎝となります)

 

そんな4.5帖のスペースに

BIGJOYがベッドを提案すると

こうなります…

ベッドの配置に注目して下さい!

 

 

ベッドのヘッドボードを壁にくっつける

のではなく、ベッドのヘッドボードを

クローゼット側に向ける

家具の配置を提案しました!

 

通常であればヘッドボードが

壁側となりますよね!

 

 

なぜ、このようなベッドの配置としたか

というと…

 

それは…

 

壁の寸法とカーテンが関係しております!

 

 

通常、子供部屋のベッドの向きは上のCG

画像のようにベッドのヘッドボードを

壁にくっつけるように配置すると思いますが

上の画像のような家具の配置では

カーテンとベッドのヘッドボードが

干渉してしまうことがあるのです!

 

 

実際に今回のケースでも

微妙にカーテンとベッドが干渉するため

壁から10㎝ほど離してベッドを設置

しております!

 

そんなこともあり、ヘッドボードを壁側

に配置するのではなく、クローゼット側

にしたのです!

 

 

こんな家具の配置もありではないで

しょうか?

 

今回の子供部屋は家全体の長さが

7280㎜なので、南北に3640㎜の

6帖のスペースを確保し、6帖の

スペースの中に0.6帖のクローゼット

を設けたため、5.4帖の子供部屋を

2部屋南北に設計した住宅となります。

 

仮に、家の奥行きがあと910㎜長い

8190㎜であれば

南北に6帖の子供部屋+クローゼット

という標準的な子供部屋となります。

そんな6帖の子供部屋であれば

下のCG画像のように、

 

 

ベッド+デスクという配置が可能となります

幅100㎝のシングルベッドの背面に

幅100㎝のデスクを設置することが

できるのです!

 

 

今回のお部屋は6帖の中に0.6帖分の

クローゼットがあるので

デスクは配置できませんでした。

 

 

それでもベッドとクローゼット間は60㎝ほど

となるので、クローゼットの開け閉めには

全く支障がないスペースを空けることが

できるのです!

あと60㎝~90㎝広ければ

上のCG画像のようなベッド&デスクという

家具の配置が可能となるのです!

 

今回はベッドフレームのヘッドボードの

裏面がきれいに仕上がっているタイプを

チョイスしたので

こんなベッドの配置が可能となるのです!

 

 

あれもこれも説明したいので

話がちょっと外れてしまい申し訳

ございません。

 

お部屋の間口は有効寸法2m60㎝ほど

あり、幅100㎝のベッドと160㎝の

スペースが余ります…(窓の大きさも

幅165㎝ほど)

 

 

そんなスペースに奥行き45㎝のデスクと

奥行き30㎝のブックシェルフを提案!

 

 

幅120㎝のデスクと幅110㎝の本棚

合わせて2m30㎝の家具を提案しました!

 

デスクは窓から20㎝ほど離して設置し

そこから2m30㎝の家具を配置すると…

 

 

ドアから入ってすぐのスイッチのちょうど

際まで家具が設置されましたが

家具とスイッチは干渉せず

ブックシェルフの高さ110㎝ならば

スイッチの取り付けたかとも干渉しま

せんでした。

 

デスクの天板下も…

 

 

ちょうどコンセントを差すことが

できるようにデスクの袖収納を

設置することができました!

 

今回は建売住宅なので

家具の配置は後付けとなりますが

注文住宅であれば

コンセントの位置などは

家具の置き方に合わせて設計すると

お部屋の使い勝手がよくなると思います。

 

電気配線図の打ち合わせ時に

すべての部屋に具体的な家具の配置図

が平面図に記入してあれば

どの位置にコンセントがあることが

望ましいか?確認しながら

打ち合わせをすることができますよね!

 

こんな考え方こそBIGJOYが

掲げるコンセプト

『きっと家具から始まる家づくり』

となるのです!

 

 

今回は家具を置くスペースが

4.5帖という子供部屋の家具の配置

を紹介させて頂きました!

 

6帖の縦長の子供部屋でも

ほとんど同じ家具の配置となるので

参考にしてください!

 

 

 

 

今回ご紹介した家具は

以下のURLで販売しております。

 

【オープンシェルフ】

 

 

【チェア】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

BIGJOYならば7帖の主寝室に

こんな家具の提案をします!

 

 

7帖の主寝室は3185㎜×3640㎜

(有効寸法3m50㎝×3m5㎝ほど)

というスペースに家具を提案

させていただきました!

 

 

そんな7帖の主寝室に

幅140㎝長さ2m10㎝ほどの

ダブルベッドと

幅2m10㎝のユニットデスクを提案!

ベッドの長さとユニットデスクの

長さを揃えた提案となります!

 

ベッドのヘッドボードの上に

間接照明が取り付けられており

その照明のセンターラインに

左右を合わせるように

ダブルベッドを設置しました!

 

 

この家具の配置は

お部屋の有効幅3m50㎝の真ん中

1m75㎝にベッドの中心を合わせた

配置なので…

幅140㎝のベッドの半分70㎝を

1m75㎝から差し引くと…残りは105㎝

つまりベッドの両サイドに105㎝のスペース

があるということになります。

そんなスペースに、ユニットデスクを設置!

デスクの奥行きが47㎝なので

ベッドフレームとデスクの間は58㎝

となります!チェアを置くにはちょうどいい

スペースが残っていることとなります。

 

この家具の配置はまさに、

7帖の主寝室の典型的な家具の配置

と言えます!

 

しかしながら…

インテリアショップBIGJOYが

7帖の主寝室の家具の提案をすると…

 

 

こうなるのです!

 

ベッドの中心と間接照明の中心が

少しずれる提案となりますが

ダブルベッドとユニットデスクの間に

幅70㎝奥行き92㎝のオットマンを

提案!!!

 

 

こんな提案こそBIGJOYらしい

家具の配置提案となります!

 

今回提案したオットマンは

足の長さが16.5㎝、

座面(クッション部分)の高さは24.5㎝ほど

なので座面の高さは41㎝ほどとなります。

 

 

通常のソファであれば

座面の高さは30㎝~38㎝ほどなので

ちょっと高い仕様となるのです!

なぜ、そんな高さにしたか?というと

 

 

横のデスク用の椅子となるように

したかったからです!

 

つまり…オットマンが椅子になる!!!

という提案となります!

 

さらに…幅70㎝奥行き92㎝のオットマン

を縦に配置することで、

壁に大きなクッションを当てて座ると

1人掛けのソファとなります!

 

 

つまり…オットマンが1人掛けのソファ

となるのです!

 

オットマンは本来、ソファ前に置き

足置きとしての役割となりますが

こんな家具の配置をすると

オットマンが椅子になり

オットマンが1人掛けのソファとなる

のです!

 

今回提案したユニットデスクは

総幅2m10㎝で、幅60㎝の収納BOX

を2つ組み合わせているので

デスク部分は90㎝となります。

 

そんな90㎝のデスクと

92㎝のオットマンがちょうどピッタリ

に納まります!

 

 

こんな提案はいかがでしょうか?

 

インテリアショップBIGJOYでは

家具の使い方を追求し

年間200事例以上のモデルルームを提案し

累計1000以上のモデルルームの提案して

きた実績から

様々な家具の使い方、家具の配置

コーディネート事例を紹介してきました。

 

このオットマンの活用術も

その一つで

ただの足置きというオットマンを

役に立つ道具として使用する

提案こそ、BIGJOYらしい家具の

使い方となります!

 

参考にしてください!

 

最後にこんな提案も…

 

今回の7帖の主寝室は

3185㎜という幅なので

有効寸法は3m5㎝ほど

そんな壁に2m10㎝のユニットデスクを

設置すると…

 

 

デスク横に観葉植物を設置しても

ドアがちょうど納まります!

 

 

BIGJOYではドアの空き方、

空きスペースを計算して家具のサイズを

ご提案させていただきます!

 

お住まいの平面図をお持ちいただければ

その部屋に合う家具のサイズを導き出し

家具の提案をさせていただきます!

 

こんな情報も参考にしてください!

 

 

 

 

今回ご紹介した家具は

以下のURLで販売しております。

 

【オットマン】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【ユニットデスク】

シリーズ一覧ページ

 

 

昨日のグレイッシュなコーディネート

とはまったく異なる住空間!

 

やっぱり木の家具はかっこいいですよね!

 

 

今回のリビングダイニング空間は

フローリングがLIXILのラシッサ

Dフロア(TY-02D)チェリーF柄

ドアは同じくLIXILラシッサS

クリエモカ柄、

階段の踏み板がブラウンアッシュ色

という内装でした。

 

 

そんな内装に合わせて

チョイスした家具は…

ウォールナット無垢材を使用した家具と

チェリー系の色の家具をミックスした

提案となります!

 

 

ダイニングチェアとソファ

ソファ前のローテーブルは

ウォールナット無垢材を使用した家具で

 

 

ダイニングテーブルはベリーゼ材で

チェリー色のような塗装が施された

タイプを提案!

 

テレビボードも楠無垢材を

ウォールナットブラウン色に

塗装した家具を提案し、

 

 

その隣に同じような色のキャビネットを

配置しました!

 

 

ウォールナット無垢材の家具は

経年変化をするとブラウン色が

薄くなるため、LIXILのラシッサD

フロアのチェリーF柄の床と

相性がいい色となります!

 

 

今回の住宅はダイニングスペースが

吹き抜けとなっていたので

上の写真のように

リビングダイニングスペースを

上から見ると、床の色と家具の色が

相性がいいことが分かると思います!

 

また、今回は4.5帖ほどの

ダイニングスペースに丸テーブルを

提案させていただきました!

 

 

平面図と電気配線図を見ていると

ダイニングスペースにダウンライトが

3つ並んでいたので、丸テーブルが

合うのか不安でしたが、

現場で天井を見ると

 

 

天井部分に垂れ壁が存在したので

図面上では3つ並んでいた

ダウンライトが2つと1つに

分けられていたので

丸テーブルでも照明との違和感が

ありませんでした。

 

 

そんなこともあり

2m60㎝角の正方形のダイニング

スペースに丸テーブルがピッタリでした!!

チェアをお部屋の対角線上に配置し

動線も確保でき、素敵なダイニング空間と

なりました。

 

 

今回のLDKは19.5帖ほどの住空間に

3帖小上がりの畳コーナーが設けられて

おりました!

 

 

とても広々としたLDK+畳スペースです

よね!

 

階段がLD空間内にせっちされており

階段下のスペースにはデスクカウンターも

設置されておりました!

 

 

今回のコーディネートは

チェリー系のフローリング

ウォールナットブラウン色のドア

グレー色のキッチン、一部の畳に

合わせて

経年変化したウォールナット材の

家具とウォールナットブラウン色

グレー&ベージュ色をテーマカラー

として素敵なコーディネートを

提案することができました!

 

 

参考にしてください。

 

 

 

 

 

今回ご紹介した家具は

以下のURLで販売しております。

 

【ソファ】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【ダイニングチェア】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【スツール】

 

 

インテリアショップBIGJOYでは

こんなモノトーンカラーの

コーディネートも提案しております!

 

 

今回のLD空間の内装は

フローリングがLIXILのラシッサ

Dフロアのナチュラルクレイ柄

 

 

ドアはLIXILのVINTIAチャコールブラック

階段の踏み板はスモークオーク柄

キッチンはオフェリアのJK-800C

というグレー色だったので

家具もグレー色を提案!

 

 

ダイニングテーブルはコンクリート調の

セラミック天板、

チェアは同型でライトグレー色と

ダークグレー色のタイプを互い違いに

配置しました!

 

 

リビング空間もライトグレー色の

ソファに、ダークグレー色の

テレビボードをチョイス!

 

濃いグレーと薄いグレー色が

織り交ぜられた

モノトーンカラーのコーディネートを

提案させていただきました!

 

 

また、今回の内装の中で唯一の

ブラウン系の木目柄の壁紙が

キッチンの下がり天井に取り入れ

られていたので…

 

家具もソファ前のリビングテーブルの

天板のみ木目の家具をチョイスしました!

 

 

このアングルの右上の下がり天井の

木目柄と左下の古材のローテーブルの

色がピッタリで

内装の中で唯一のブラウン系の木目柄と

家具の中で唯一の木目の家具を

合わせたコーディネートとなりました!

 

 

リビングの上は吹き抜けとなっているので

上からリビングの様子を見ると

「ライトグレー色の床に

 ライトグレー色のソファ」

 

「チャコールブラック色のドアに

 ブラック色のラグ」

 

「グレー色の階段の踏み板に

 グレー色のテレビボード」

 

がとてもいい感じにコーディネート

されていることがわかりますよね!

 

 

今回のリビングダイニング空間は

約12帖弱で、階段スペースを除く

7帖ほどのリビング空間と

4.6帖ほどのダイニング空間でした。

 

 

この上から見たスペースが

7帖のリビングスペースで

3185㎜×3640㎜のスペースと

なります。(柱芯から柱芯の寸法)

今回の間取りはソファ後ろが階段スペース

となっているので、ソファ後ろに

通路が必要となります。

 

それゆえ、ソファの背が高いと

通路が狭く感じるため

 

 

こんなソファを提案しました!

 

このソファは『背なしソファ』と

なります!

 

 

幅160㎝の2人掛け背なしソファと

幅70㎝(奥行きともに100㎝)の

オットマンを横に並べた

総幅2m30㎝のソファとなります。

 

そんなソファに異なる3種類の

背もたれクッションを3つ

背なしソファの上に置きました!

 

 

ソファの背を自由に動かすことが

できるので、時には『ソファの床』

のみとすると

リビング空間がとても広く感じます!

 

 

背もたれクッションを1つだけでも

ありですよね!

 

今回はグレー色の内装に合わせて

グレー色の家具をチョイスし

アクセントクロスの木目柄に

合わせて古材のローテーブルを

提案するなど、細部に至るところまで

コーディネートすることができ

モノトーンカラーのとても素敵な

コーディネートを提案することが

できました!

 

 

ウォールナット無垢材や

オーク無垢材の家具はありませんが

こんなグレイッシュなコーディネートも

かっこいいですよね!

 

 

参考にしてください。

 

 

 

 

今回ご紹介した家具は

以下のURLで販売しております。

 

【ソファ】

 

 

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【背もたれ】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【ダイニングテーブル】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【ダイニングチェア】

 

 

今日のコーディネートは

こちらの2枚の写真から…

 

 

このソファはもともとオーク材の

ナチュラルカラーのソファでしたが

 

 

ブラック色に塗装しました!

 

 

カバーもブラック色のレザーで製作し

真っ黒のソファとしました!

 

黒い木のソファってどうかな?と

思いましたが、国産高級車の販売店

のラウンジにブラック色のソファがあり…

やっぱりブラック色のウッドフレーム

ソファはかっこいいなぁと…

 

みなさんはブラック色のソファは

どう思いますか?

 

今回の内装はフローリングが

大建工業、DAIKENのマイフロア

オーク(チャコール)という床で

ドアはオフブラック柄でした。

 

 

キッチンはブラウン色の木目柄

(オフェリア TJK10006C)

ということもあり

ウォールナットブラウン&ブラック

色をテーマカラーとした

コーディネートを提案しました!

 

 

リビング空間はウォールナット無垢材の

テレビボードとラウンジチェアを設置

ソファとローテーブルは

ブラック色としました!

 

 

ダイニングはテーブルをウォールナット

無垢材を使用したタイプで

チェアをブラック色をチョイス!

 

 

リビングダイニング空間を

ウォールナットブラウン色とブラック色

をミックスしたコーディネートとしました!

 

かっこいいですよね!

 

今回は家具を搬入する前の

リビングダイニング空間を撮影しました!

 

 

家具がないリビングに

家具を入れると…

 

 

こうなります!

今回のリビングの間取りは

 

 

ソファ後ろに通路が必要なため

玄関ホールからリビングへ入って

左側に幅90㎝のシェルフを提案!

通路の奥なので、デッドスペースに

なってしまうスペースに

収納家具を提案し、スペースを

有効活用することができます!

 

 

家具がないリビングに

家具を設置すると…

 

 

一気に生活のイメージが具体的に

みえてくるものです!

 

 

インテリアショップBIGJOYでは

分譲住宅のリビングダイニングを

期間限定のモデルルームとするため

家具をレンタルしております。

 

 

家具があるリビングダイニングと

家具がないリビングダイニングでは

お部屋の印象が変わります!

 

インテリアショップBIGJOYは

内装の色に合わせて家具をチョイスし

お部屋の広さに合わせて

家具の大きさを考えて

期間限定のモデルルームを

提案しております!

 

今回のような一戸建て住宅だけでなく

 

 

マンションのリビングダイニング空間も

期間限定モデルルームの提案を

しております!

 

名古屋圏のみの対応となりますが

住宅を販売している業者様は

是非、BIGJOYが提案する家具レンタル

『KAGURENT』を是非ご検討ください!

 

 

ブラック色のウッドフレームソファは

かっこいいですよね!

今後もナチュラル色のウッドフレーム

ソファを『ブラック色』に塗装させて

いただきます!

 

ブログの読者の方で

色変えを希望される方は

是非、BIGJOYへご相談ください!

ソファだけでなくローテーブルなど

でも対応させていただきます!

家具の仕様によってはブラック色に

することができないものあるので

希望される方はメールでお問合せ

ください。

 

 

 

 

今回ご紹介した家具は

以下のURLで販売しております。

 

【ダイニングチェア】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

今日のコーディネートは

こちらの2枚の写真から…

 

 

今回の住宅は20帖のLDKと

隣接する6帖の洋室

合わせて26帖の大空間に

家具を提案させていただきました!

 

 

注目していただきたいのが

ダイニングキッチンの奥に設けられた

6帖の洋室です!

この6帖の洋室とダイニングを隔てる

建具はブラック色のスチールフレーム

にガラスがはめ込んであり

抜け感があるとても素敵な建具があり

さらに、6帖の洋室とリビングを隔てる

壁には室内用のデコ窓がとりつけられて

おりました。

 

 

そんなLD空間と隣接する6帖の洋室には

窓下の壁にデスクカウンターが

設置されておりました。

 

 

今回はそんなデスクカウンターを用いた

活用術をご紹介したいと思います。

家具をチョイスする前に住宅会社へ

デスクカウンターの高さを確認したところ

デスクカウンターの天板トップの高さは

70㎝という回答を聞きました。

 

そこで提案したのがこちらです!

 

 

高さ70㎝の「ハチロクシェルフ」です!

BIGJOYが提案するコーディネートで

よく目にする幅86㎝モジュールの

「86家具」です!

そんなオープンラックを高さ70㎝の

デスクカウンターに横づけする

家具の配置を2か所提案!

 

 

こうすることで兄弟二人が

L字型の広いデスクで並んで勉強

することができ、

さらに、ランドセル置き場もでき

学校の教科書や道具置き場にもなります

 

さらに、デスクカウンター下の

スペースも有効活用できるよう

高さ66.7㎝の収納家具も提案しました

天板の厚みは30㎜、3㎝なので

天板下は67㎝空いている計算となります。

そこに高さ66.7㎝の家具は

調度ピッタリサイズなのです!

 

 

こうしてデスクカウンター下の活用

デスクカウンターの高さと家具の高さ

を揃えることで

デスクカウンターに対して縦に

家具を配置する活用方法が可能と

なるのです!

 

 

高さ70㎝のデスクカウンターと聞いて

おりましたが、長~いカウンターなので

壁側に支える柱があるにもかかわらず

若干前に垂れていますね…

高さ70㎝のシェルフと比べると数ミリ

段差ができてました…(^_^;)

 

さてこのLDKと隣接する6帖の洋室は

実はキッチンスペースからもつながって

いるのです!使い勝手最高ですよね!

 

 

お子さんが勉強している様子を

キッチンから確認したり…

お子さんがいない間は

ママのワークスペースとして

使用するもの便利ですよね!

 

今回この6帖の洋室の活用方法を

2パターン提案させていただきました

 

ひとつは先ほど紹介した

デスクカウンターに対して

L字にシェルフを配置して

L型の学習スペースを2か所つくる

提案となります。

 

 

そしてもうひとつが…

 

 

先ほど2か所に設置していたシェルフを

室内窓下のスペースに並べて

デスクカウンターとシェルフをL字に

する家具の配置提案です!

 

 

お子さんたちが小学生未満の時期は

この6帖の洋室はお子さんの遊び場として

活用するため、デスク後ろのスペースを

しっかり空けておきたいと考えました。

 

 

こうすることで広い遊び場ができますよね!

 

さらに…シェルフ2本並べた家具は

お子さんのおもちゃや絵本、道具箱を

収納するスペースとなるのです!

 

この室内窓下におもちゃ収納を設置する

ことでリビングダイニング空間に入って

奥のキッズスペースを見ても

おもちゃ収納が壁で隠れるため

スッキリとしたLD空間と6帖の洋室と

なりますよね!

 

 

先ほどはこの6帖の洋室がキッチンと

繋がって便利という話をさせて

いただきましたが、

実はリビングと6帖の洋室が

繋がっているのです…。

 

それがこちらの写真です。

 

 

ソファから室内窓を隔てて

キッズスペースでもある6帖の洋室が

見えるのです!

 

お子さんたちが遊んでいる様子や

 

 

勉強している様子を窓越しに見ることが

できるのです!とてもいい間取りですよね!

 

 

LDKと隣接する6帖の洋室は

リビングともつながり

 

 

ダイニングともつながり

 

 

キッチンともつながっているのです

 

 

とても素敵な住宅でした…

 

さて、今一度リビングダイニング空間に

話を戻したいと思います。

 

 

今回のLD空間は約15帖ほどの空間で

 

 

約6帖ほどのダイニング空間と

9帖ほどのリビング空間となって

おりました。

 

 

そして今回の内装はオーク柄の床と

ドアという内装で

先ほども紹介しましたが、ブラック色の

スチールフレームの窓と建具があり

キッチンカウンター下には特徴的な

アクセントクロスが貼られておりました。

 

 

そんな内装に合わせて提案した家具は

ナチュラル色のオーク材の家具と

ブラック色&グレー色のチェアやソファ

となります。

 

 

ダイニングはブラック色のアイアンの脚

のダイニングテーブルに

ブラック色のウィンザーチェア3本と

同型でグレー色のチェアを合わせ

ました。

 

 

床の色、建具の色、アクセントクロスの

色柄と家具との相性が抜群でした!

 

リビング空間は…

 

 

ダイニングと同様

ナチュラルカラーのオーク材に

ブラック色の脚というテレビボードと

ローテーブルを提案!

 

 

ソファはチェアと同様

ブラック&グレー色となるよう

 

 

1人掛けの片肘ソファを2つ

ブラック色とグレー色

ブラック色のオットマン2つを

組合わせたソファを提案し、

 

 

片肘ソファとオットマンの間に

奥行き25㎝のサイドテーブルを

設置しました!

 

 

総幅2m80㎝ほどのソファとなりますが

今回のリビングは横長の広い空間だった

ので、そんな大きなソファを設置しても

まだこれだけのスペースが空いているほど

広い空間でした…

 

 

今回はLDKが20帖と広い空間にも

かかわらず、6帖の洋室が隣接しており

高価そうなブラック色のスチールフレーム

のガラスの建具で洋室を隔てているので

抜け感があり、建具で隔てても

繋がった感じがとても良かったです!

 

 

洋室とリビングも室内窓から

互いに様子に様子を見ることができる

ものよく考えてますよね!

 

 

家族がそれぞれどのスペースで

何をしていても

すぐに確認ができる

つながりのある住空間は

とても魅力的な住まいでした…

 

 

そんか広い住空間に

今回、家具を提案することができ

私自身もとても幸せでした。

 

 

是非、こんなLDK+6帖の洋室の

ような家づくりをしてみてください。

 

 

参考にしてください。

 


 

今回から

『ナチュラル&ブラック色のコーディネート』

カテゴリーを増やしました!

 

 

 

 

今回ご紹介した家具は

以下のURLで販売しております。

 

【ソファ】

 

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【テレビボード】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【チェア】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【ラグ】

 

 

【ダイニングテーブル】

 

 

【ダイニングチェア】

 

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【オープンシェルフ】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【チェスト】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

今日のコーディネート事例は

一昨日のブログの内容と関連して

おります!

 

というのも…2つのリビングダイニング

空間の内装は壁紙の雰囲気は違うけど

床の色とドアの色が同じなのです!

 

フローリングの色が

オーガニックペカン柄(ナチュラル色)

ドアの色がショコラブラウン柄

(ウォールナットブラウン色)という

内装です!

 

 

こちらが一昨日紹介したLD空間で

ウォールナットブラウン色のテーブルや

収納家具、アイボリー色のソファ、

ブラック色のチェアという家具を

チョイスしたコーディネートに対して…

 

今回は…

 

 

ウォールナット材のウォールナット

ブラウン色とオーク材やタモ材の

ナチュラル色をミックスした

ツートンカラーのコーディネートを

提案させていただきました!

 

実は、今回家具をチョイスする際に

カーテンの色のことを考えいなかった

のです!というか知らないまま

家具をチョイスしてしまったのです…

 

現場に到着し、リビングダイニング空間

の様子を確認した際に…

 

「しまった…今日の家具のチョイスは

失敗したかも…」

 

と思わず考えてしまいました。

その理由は、カーテンの色が

ネイビーブルー系で、壁紙も青色がかった

グレー色やダークグレー色が採用されて

いたからです。

 

 

一昨日のLD空間は床の色やドアの色は

同じでも、壁紙はアイボリー系

カーテンもベージュ系と比較的明るい

印象のお部屋に対して

今回のLD空間はダーク系の要素が

取り入れらていたのです。

(リビングのアクセントクロス TH30013

リビングの下がり天井の壁紙 FE74922)

 

 

でも、実際に家具を設置してみると…

 

『なかなかいいではありませんか?』

『いい感じだ~、これも”あり”だね!』

 

と感じてしまったのです。

 

 

どうしていい感じかと思ったかというと…

 

ちょっとしたことかもしれませんが

 

 

ソファの上に置かれた

こげ茶色のレザーのクッションが

効いていると考えたからです。

 

 

ソファの上にベージュ系のクッションのみ

ではなんだかぼんやりとして

ネイビーブルーのカーテン、

青みがかったグレー色のアクセントクロス

とのバランスが合わなかったのではないか?

と思ったのです。

たかがクッション1つですが、

今回は内装の色と家具の色の調和を取るのに

重要な役割を果たしてくれていると

感じました…

 

 

ブラック色の近いタイル調の壁紙

(サンゲツ FE74150)と

ナチュラル&ウォールナットブラウン色の

ツートンカラーのテレビボードとの

相性も心配していたよりも

いい感じに納まりました!

 

 

かえって同系色よりもメリハリが出て

いい感じなのではないでしょうか?

 

今回、なぜこんなツートンカラーの

コーディネートとなるような家具を

チョイスしたかというと…

 

 

今回のリビングダイニング空間は2階で

写真は撮りませんでしたが

玄関のシューズボックスがナチュラル色で

上の写真のように階段の手すりも

ナチュラル色だったから

ウォールナットブラウン色のみというより

ナチュラル系の色も入れようと考えたのです

 

 

そんなこともあり

ナチュラル系の家具を少し多めにした

ツートンカラーのコーディネートと

したのです!

 

見落としていたLD空間のカーテンの色

を事前に確認していれば

ツートンカラーのコーディネートは

選ばなかったかもしれませんが

 

 

結果的に「なんかいい感じ」の

コーディネートができたように思います。

 

たまにこんなお客様がいらっしゃいます

「内装の色を考えるとウォールナット

ブラウン系の家具が合うLD空間だけど

ナチュラル色の家具が好きだ」という

お客様がいらっしゃいます。

 

そんな方にオススメなのが

今回のツートンカラーのコーディネート

です!ナチュラル色の家具を少し多めにして

ウォールナットブラウン色の家具も

取り入れるという家具の選び方を

参考にしていただきたいのです。

 

 

最後に、先ほどもお話ししましたが

今回のリビングダイニングは

都市型2階リビングダイニングという

住宅でした。

そんな住宅ならではの特徴があります!

 

それは…

 

2階リビングダイニングの場合

建物の間口全体を活用することが

できる!!!

 

という点です!

 

 

どういうことかというと

上の写真をご覧ください!

リビングの間口がとても広く

ソファ後ろにお子さんの遊びスペース

を設けることができるほど

広いリビング空間なのです!

 

南向き玄関で

1階がリビングダイニングの場合

玄関ホールや階段スペースの兼ね合いで

そのスペースを除くスペースが

リビングの間口となるのです!

 

 

こんなようなリビングダイニング空間

となるケースが多いのです。

それに対して今回は…

 

 

5メートル弱のリビング空間と

なるため

(柱芯から柱芯の間口5005㎜)

 

 

ソファ後ろにもアクセントラグを敷く

ことができるほどのスペースが空く

こととなります!

 

 

2階リビングであれば

お部屋の広さを活かして

このような家具の配置が可能となる

のです!

 

 

ソファ後ろにオープンラックを設置して

お子さんのおもちゃや絵本などを

収納することができるスペースとしたり

デスクを設置して

勉強スペースとすることもできるでしょう!

 

 

今回はカーテンの色を事前に確認

することができなかったからこそ

こんなコーディネートとなりましたが

『このコーディネートも素敵』と

感じた事例をご紹介させて

いただきました。

 

家具選びのプロセス、実際の

コーディネート事例を是非参考に

してください!

 

 

 

 

今回ご紹介した家具は

以下のURLで販売しております。

 

【ソファ】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【テレビボード】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【リビングテーブル】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【サイドテーブル】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【オープンラック】

 

 

シリーズ一覧ページ

 

 

【ダイニングチェア】