日本人はソファがあっても座らない!という理由を解説します キーワードは「座面の広さ」です | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

「日本人はソファがリビングにあっても

 

座らない!」

 

 

みなさんはソファに座ってますか?

 

ソファを背もたれに床に座ってないでしょうか?

 

ソファの上に寝っ転がってませんか?

 

ほとんどの家にソファがあると思いますが

 

実際、ソファにどのぐらいの方が

 

座っているのでしょうか?

 

 

なぜソファに座らないのかを

 

独自の視点から解説したいと思います。

 

 

なぜ、ソファがあっても座らないのか?

 

その理由は座面の広さにあると思います。

 

日本人の多くは床に座ることが好き

 

なため従来のソファでは座面が狭いのです

 

一般的なソファでは座面の広さが

 

50cmから広くても55㎝ほどしかないのです。

 

 

「日本人は床に座る姿勢が好き!」

 

日本には従来、床に座るための道具が

 

ありました。それは「座ふとん」です。

 

 

日本古来からある床に座るための

 

クッション「座ふとん」の奥行きは

 

63cm~68㎝ほどあるのに対して

 

ソファの座面は50cm~55㎝しかないのです

 

 

 

そのためソファは狭く感じ、

 

ソファの上に座るのではなく

 

ソファの座面を背もたれとして

 

床に座ってしまうことが多いのです。

 

 

 

ではここでいう床に座る姿勢とは

 

どのような姿勢なのでしょうか?

 

床に座る姿勢とは以下のような姿勢です。

 

 

立膝をついた姿勢

 

体操座り

 

あぐら、胡坐をかく

 

女性座り!?

 

これらの座り方はすべて床に座っている

 

姿勢のシルエットとなります。

 

通常のソファは

 

上のような姿勢で座るものではなく

 

足をソファから下ろして座る設計になって

 

いるので座面の広さが50cmほどあれば

 

十分なのです。

 

 

しかし、下の図のような床の上で座る姿勢で

 

 

ソファの上に座るためには

 

先ほどご紹介した「座ふとん」ほどの

 

座面の広さがあれば可能ではないでしょうか?

 

つまり、ソファの上に足を上げて

 

座る座り方こそ、日本人の使い方に合う

 

ソファの使い方と言えると思います。

 

 

 

日本で販売されている多くのソファ

 

を見て頂くと、ほとんどのソファが

 

座面の広さが50cm~55㎝しかなく

 

ソファの上に足を上げる前提となって

 

おりません。つまり、

 

そんなソファは使わないままとなって

 

しまう可能性があるため

 

購入しないほうがよいではないでしょうか

 

 

ソファを購入するならば

 

座面の広さが60㎝~70㎝ほど

 

確保することができるソファを

 

おすすめなのです。

 

 

インテリアショップBIGJOYでは

 

独自の考え方でソファの奥行きは

 

コンパクトでありながら

 

座面を広く使用するためには

 

背中の背クッションをつけたり

 

外したりできるソファが

 

理想的なソファであると考えます

 

 

従来のソファの座り方を完全否定

 

するものではなく、

 

いろいろな姿勢でソファに座る

 

という考え方が重要であると思います。

 

 

 

すなわち、背クッションを当てると

 

足をソファの下に下ろして使用する

 

通常の座り方ができるようにし、

 

 

背中の背クッションを外すことで

 

座面が広くできるソファをおすすめ

 

しております。

 

 

ソファの中には奥行きが100㎝以上

 

の大きなソファもありますが、

 

日本の住まいの広さを考えれば

 

ソファ自体の奥行きはできるだけ

 

コンパクトがいいと考えます。

 

 

BIGJOYではソファの奥行きが

 

83㎝ほど~94㎝までのソファを

 

多く提案しております。

 

座面の広さを背クッションを

 

使うか使わないかで調整して

 

頂くことを考えております。

 

プチブラックを取入れたナチュラルコーディネート

 

BIGJOYでは十数種類のソファが

 

座面を広く使用できるソファとして

 

おすすめしております。

 

ファブリックソファ、レザーソファ

 

ウッドフレームソファがございます。

 

ファブリックソファは背とアームの

 

高さが同じタイプをおすすめ

 

させて頂いており、背クッションが

 

なくても背に直接もたれる

 

事ができるタイプをご紹介しております。

 

 

 

背とアームが同じ高さであれば

 

いろいろな形に変化することができます

 

上のように広い座面があれば

 

 

 

 

いろいろな姿勢で座ることができるのです

 

ウッドフレームソファは

 

 

これらのウッドフレームソファは

 

すべて背板に直接もたれることができ

 

背クッションを当てたり、外したりする

 

ことで自由な姿勢で座ることができる

 

 

ソファ達なのです

 

上の紹介したソファのほとんどが

 

座面が60㎝以上あり

 

座面が広くなることでソファの上で

 

床に座るような姿勢で寛ぐことが

 

できるのです!

 

ここで初めの仮説をもう一度

 

「日本人はソファがリビングにあっても

 

座らない!」ではなく

 

「日本人はソファの座面が広くないと

 

ソファの上に座らない!」

 

という仮説を提案します。

 

 

この仮説が検証されることで

 

従来のソファは日本のライフスタイルに

 

合わないソファであるということを

 

提案し、従来のソファの設計に一石を

 

投じるような考え方となります。

 

 

是非、インテリアショップBIGJOYが提案する

 

座面の広いソファが理想的であり、

 

座面が広くないソファは購入すべきでない

 

という考え方があるということを

 

ブログで発信できればと思います。

 

 

参考にしてください。

 

 

 

 

400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。