和室をなくしフローリングとした広いLD空間の使い方!対面型のデスクでお子さんの勉強スペースを提案 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 700例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!家づくりのヒントとなる情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回はホワイトクルミ柄の明る~い

ナチュラルカラーのフローリングに

オーク材、タモ材のナチュラルカラーの

家具でコーディネートした事例を

ご紹介します

 

 

今回のコーディネート事例で

注目して頂きたい点は

間取りです。

 

今回の間取りはこちらです。

 

 

LDKは24畳、リビングダイニング空間は

柱芯から柱芯が5460㎜×5460㎜の

正方形の空間で

和室とある程度広いリビングダイニング

を確保することが難しい広さのため

和室をなくし、正方形の空間すべて

フローリングとなったLD空間です。

 

もしこの間取りに畳コーナーを

設けるならこんな形となるように

思いますが…ちょっと狭いですよね

 

 

そのため畳コーナーをなくし

フローリングとした広いLD空間となったんだ

と思います。

 

そこで今回の間取りでは

下の図のピンク色のスペースを

どのように使用するか?

そこに注目して頂きたく存じます。

 

 

5460㎜×5460㎜の正方形の空間には

赤い柱マークの位置に構造柱が

必要となるため、この柱があることを

前提に家具の配置を考えなければ

なりません。

 

インテリアショップBIGJOYが

このスペースを有効活用するために

考えた家具の配置、家具の提案は

こちらです。

 

 

このスペースに対面型のデスクを

提案し、LD空間全体を見渡す位置で

小中学校のお子さんが学校の宿題を

するスペースとして提案しました。

 

 

対面型デスクのため

小学校低学年のお子さんであれば、

ママやパパが子どもの勉強を

見てあげることができます。

 

 

お子さんの視界は目の前がリビング

 

 

横はダイニングとなるため

 

 

下のお子さんが幼稚園児の場合

目の前で遊んでても

どんなことをしているか

確認できるので、かえって集中できる

ように思います。

 

こんな家具の配置術はいかがでしょうか?

 

今回提案したデスクは

L字型でも一直線でも提案できる

便利な伸縮タイプのデスクで

 

写真のようにL字型にするとこうなり、

 

 

一直線にすると

 

 

こんな感じに伸ばして使用することができます。

 

 

 

(伸縮タイプのデスク、L字型のデスクの詳細はこちらをご覧ください)

 

縮めればデスクが収納家具となるため

デスクとして使用しなくなった場合は

普通の収納家具として使用できるのです。

 

今回はワークスペースの

隣のリビング空間には

大容量の収納ができる

大きなTVボードを提案!

 

 

こちらの壁面は柱芯から柱芯が3640㎜の

広い壁面に幅86㎝モジュールの

テレビボードを組合せて提案!

幅43cmのドロワーTVチェスト

幅2m15㎝のテレビボード

幅86㎝のドロワーTVチェストを提案

 

有効寸法3m50cmほどの壁面に

総幅3m44cmのテレビボードを提案!

 

 

片側の壁にぴったりテレビボードを

くっつけて、

 

 

片側の壁とテレビボードの間の隙間が

このぐらいとなります。

 

 

今回は広いLD空間だったので

幅180㎝のダイニングテーブルと

 

 

幅2m弱の3人掛けソファを

 

 

 

横に並べるように配置し

ソファ前を広々とした空間とし、

 

 

ソファ後ろも少しスペースを取り

お子さんのおもちゃ収納家具を置くことが

できるよう配慮した家具の配置提案と

なります。

 

 

 

お子さんの勉強もしっかりでき

お子さんのおもちゃも

テレビボードの引き出しとオープンラックに

しっかりと収納でき、

ソファ前の広いスペースでお子さんが

のびのび遊べる家具の配置提案が

できました。

 

 

参考にしてください。