ソファを「島型!?」お部屋の広さを活かしたソファの活用術をご紹介します! | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回は横長のリビングダイニング空間に

家具を提案させて頂きました。

横長なLDKは23.5畳ほどの住空間で

 

(図面はイメージ図です)

 

ダイニングテーブル奥の壁から

テレビボードの背面の壁までが

柱芯から柱芯が9100㎜もある

長~いLD空間でした。

 

そんな横長の間取りを活かす

家具の配置術を提案しました。

その中心的な存在が『ソファ』です

 

今回の間取りは8畳ほどのリビング空間と

ダイニング空間の間に6畳弱の空間があり

さらに南北方向のそれぞれに

収納スペースがある間取りでした。

 

 

そのためソファ後ろのスペースが

やや狭い間口となるため

ソファ横の通路を

確保しなければならないと考えました。

 

リビングの間口は柱芯から柱芯が

3640㎜(有効寸法3m50cmほど)

収納スペースと収納スペースの間は

柱芯から柱芯が2730㎜で

有効寸法は2m60㎝弱でした。

 

(図面はイメージ図です)

 

そのためソファ横に通路を

80㎝~90㎝確保すると・・・

 

(図面はイメージ図です)

 

置けるソファのサイズは・・・

 

幅160~180㎝ほどと

しなければなりません。

 

しかしながらLDKで23.5畳ほどある

広い住空間に幅160㎝ほどの

2人掛けソファではやや小さいと考え

 

大きな「島型のソファ」を提案する

こととしました。

 

 

幅95㎝×奥行き95㎝の正方形の

コーナーソファを2つと

オットマンを2つを

組合せて「島型」のソファとしました。

 

 

このようにソファを設置することで

ソファ後ろからもソファの出入りが

できるのです。

 

 

 

 

さらに、

今回はソファ後ろの4畳半ほどの

スペースをキッズスペースとし、

 

 

大きなこたつテーブルを設置、

収納スペースと掃出し窓の間の壁には

幅86㎝のシェルフを設置!

 

 

お子さんがおもちゃを広げて

キッズスペースで遊び、遊び終えたら

オープンラックにおもちゃを片づける

事を想定し、

 

 

また、テーブルでお絵かきしたり

することを想定し、

大きなこたつテーブルとシェルフを

提案させて頂きました。

 

 

幅86㎝の家具は

このような壁にピッタリ納まり

ちょうどカーテンの納まり分が

余るように納まるのです。

 

 

今回は間取りの特徴を活かして

「島ソファ」を提案し、

ソファ後ろのキッズスペースと

リビング空間がつながるように

ソファを提案しました。

 

 

ダイニングから

 

 

リビングまで

長~い空間ですが、ちょうどいい感じに

家具たちが納まりました。

 

 

こんな考え方もBIGJOYらしい

提案のひとつとなります。

 

参考にしてください。

 

 

 

 

 

700例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!

新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ

無垢材を使用した家具多数取り揃えております