チェアと併用できるソファダイニング!?ソファの座面の高さをチェアに合わせると可能です! | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYです。

今日は、少しくどいかもしれませんが

昨日のブログで取り上げた

ソファダイニングについて

もう一度取り上げたいと思います。

 

 

BIGJOYが提案するソファダイニングは

ソファの足を高くして椅子のように

使用する、真のソファダイニング!です

(独自の考え方ですが・・・)

 

一般的なソファダイニングは

形はソファ

座面の高さもソファ

だけど

ソファほどの奥行きはなく

座面の奥行きが50cm未満と

なっているものが多くございます。

(通常のソファよりもソファ全体の

奥行きもコンパクトとなります)

 

座面の奥行きが50cm未満では

ソファとして寛ぐことができない為

一般的はソファダイニングは

ソファの形をした椅子といえます。

 

そんな一般的なソファダイニングは

座面の高さがソファなので

おおよそ38㎝ほど、

その高さにテーブルを合わせると

テーブルの高さは65㎝前後。

通常のダイニングテーブルは

高さ70㎝ほどなので5㎝ほど低い

テーブルとなります。

 

それゆえ、チェアの脚をカットしなけば

ソファとチェアの併用はできません。

 

 

これだけ多くの家具の種類がある中で

どうしてソファの座面の高さを

椅子に合わせるソファダイニングが

テーブルの高さ70㎝に合わせる

ソファダイニングがないのでしょうか?

 

 

その理由は・・・

ソファダイニングを企画するメーカーは

ソファダイニングを椅子としてではなく

ソファとして考えているからです。

 

『ソファ』というしがらみがある以上

ソファの座面の高さをチェアに合わせる

というのは非常識となってしまいます。

 

しかしながらBIGJOYでは

そんな常識を覆す、考え方に

たどり着きました。

それは、ソファを本来のソファの使い方

とは異なる使い方を前提に考えれば

常識を覆せると考えました。

 

ソファの本来の使い方と

異なる使い方とは・・・

 

・・・

 

・・・

 

ソファの座り方(使い方)です。

通常と異なるソファの座り方を前提として

考えることで、ソファを椅子として使用する

ことが可能となります。

 

通常、ソファに座る時フローリングに

足を下ろして使用するものですが、

BIGJOY流のソファの使い方は

ソファの上に足を上げて

使用するソファの使い方となります。

この使い方が通常とは異なる使い方

となります。

 

この考え方において重要なのが

ソファの座面を床として考える

ことです。

 

 

ソファの座面も床と考えれば

 

ソファの上に足をあげて、

あぐらをかいたり、体操座りをしたり

正座をしたり、立膝をついたり

床に座るような姿勢で座ることが

できます。

 

先日、とあるテレビ番組で

久○雅○さんが100万円もする

高級ソファがリビングにあるにも

かかわらず、ソファには座らず

ソファ前で正座をしてテレビを見てしまう

と言っていました。

 

やはり、日本の生活は床に座ると

落ち着くのでしょう!

ソファは欧米から入ってきた道具ですが

アジア圏の床に座る文化を

考えれば、SOFAからソファと

カタカナとするように、日本式、アジア式

のソファとなればいいのではないかと

思いうのです。

 

BIGJOYが提案するソファは

座る部分、座面の広さが60㎝~70㎝

ほどあり、座ふとんのサイズほどの

座面の広さがあります。

それだけ広い座面であれば

ソファの座面の上に足を上げて

使用することができ、

足を下ろして使用するときには

椅子として使用することができると

考えました。

 

そんなソファダイニングの事例を

いくつかご紹介したいと思います。

 

こちらをご覧ください。

 

 

 

この2枚の写真は

1枚目がダイニングテーブルと

チェア4本をセットにし、

カウチソファをリビングで使用する

家具の配置提案です!

 

もう1枚はソファをダイニング側に

移動し、ソファダイニングとして

使用し、チェアとソファを

併用する提案となります。

 

このようにソファダイニングと

することで、リビング空間が

とても広々とした住空間となります

 

 

ソファをソファとして使用するのではなく

ソファダイニングとして使用する

ことでとても広いリビング空間となります。

 

ここで重要なのが

ダイニングテーブルは高さ70㎝で

足をカットしていない椅子と

ソファを併用していることです。

 

このような考え方があれば

ソファをソファとして使用したり

ソファをソファダイニングとして

使用したり、お部屋の使い方に

合わせて家具の配置を

変えることができます。

 

次にご紹介する事例も

どうような家具の配置提案です。

 

 

こちらは昇降タイプの

リビングテーブルを提案し、

キッチンカウンターにハイスツールを

設置し、軽食はキッチンカウンター

を使用する家具の配置提案となります

 

 

ソファ前のテーブルを低くすると

ソファはソファとして使用する提案となり

 

 

ソファ前のテーブルを高さ70㎝と

高くするとソファダイニングとなる

家具の配置提案となります。

 

 

この家具の提案は椅子がスタッキング

重ねることができるため

こんな使い方が可能となります。

 

 

ソファをソファとして使用する時は

チェアを重ねて設置し、

ソファダイニングとして使用する時は

チェアをテーブル横に移動する

家具の使い方となります。

 

また、リビングとダイニング別々に

することも可能です。

 

 

 

昇降タイプのテーブルにチェアと

スツールを合わせて

ダイニングセットとなり、

ソファも配置を変えて、

ダイニング空間とリビング空間に

分けて使用する家具の配置も

可能となります。

 

 

ソファは片肘ソファをあえて

提案したのは肘部分を背として

足を伸ばしてソファに座ることが

できるよう考えての事です。

 

 

上の写真の向きでテレビに向かって

足を投げ出して、使用して頂くと

快適です!

 

このようにソファをソファとして

使用したり、

ソファをソファダイニングとして

使用したり、

お部屋の使い方に合わせて

家具の配置を変えることが

できるのです!

 

こんな家具の使い方こそ

BIGJOY流の家具の使い方

提案となります。

 

ソファを椅子として使用する

上で紹介したソファダイニングは

マスタードイエローの背クッションを

外して使用すると座面の広さが

60㎝ほど確保できます。

 

高さ70㎝のテーブルでも使用できる

真のソファダイニングでは

ないでしょうか?

 

さらにご紹介するのが

LDKがコンパクトなお部屋で

ソファダイニングを使用する

提案です。

 

 

こちらは2世帯住宅の

親世帯のリビングダイニングで

ダイニングテーブルとソファを

両方置くことができない部屋でも

ソファダイニングとすることで

ソファとしても使用でき

ソファを椅子としても使用する

ことで孫と一緒に食事をする

ことが出来ます!

 

親世帯ご夫婦2人であれば

ソファダイニングとスツール

 

 

 

食事を終えた後は

片肘ソファの肘部分を

背もたれとして、足を伸ばして

ソファとしてゆったりと

寛ぐことができます。

 

 

お孫さんが親世帯の1階に下りてきて

じいじとばあばと食事をするときは

重ねて置いたチェアを出してこれば

 

 

4~5人で食事をすることができます。

 

 

こんな使い方もできます。

 

最後に昨日ご紹介した

ソファダイニングの使い方は

この写真からもその高さが

適正な高さであることを証明して

くれます。

 

こちらをご覧ください。

 

 

壁側に設けられたベンチ収納と

ソファの高さがほぼ同じ!

ややソファの方が高いほどです。

ダイニング用として造り付けられた

ベンチの高さとソファの座面の高さが

同じ高さとなります。

 

 

こちらはBIGJOYオリジナルの

足をソファに取り付けたことで

ソファの座面の高さが高くなって

おります。

 

このようにベンチの高さと

ソファの座面の高さが揃うから

ソファを椅子のように使用できるのです

 

 

 

 

ソファの座面の高さとチェアの座面の

高さが同じような高さとなるのです。

 

このように使用することで

ソファをソファダイニングとして

使用したり、

ソファをソファとして使用したり

使い方に合わせてソファの

活用方法を変えることが

できるのです。

 

従来のソファダイニングは

座面の奥行きが50cm未満のものが

多く、ソファの形をした椅子なので

ソファのような寛ぎを求めても

ソファのように寛ぐことができなのです。

椅子だから・・・

 

BIGJOYが提案する

ソファダイニングは

座面の奥行きが広く、

ソファとして寛ぐこともでき

かつ、ソファの座面が高ければ

ソファを椅子としても使用

できるのです。

 

 

また、ソファとチェアが併用できる

のです。

 

 

非常識を見方を変えることで

常識のように考えることができる

とBIGJOYは思います。

 

 

参考にしてください。

 

BIGJOYはものづくりのストーリー

ではなく、使い方のストーリーを

重要視しております!

このところ、作り手の顔が見える

プロダクトを価値として

紹介しているメディアもあると

思いますが、

素材の良さやつくりの良さは

重要ですが、それ以上に重要なのが

道具として使い方のストーリーを

語ることと考えております。

BIGJOYの名古屋ショールームには

このところ首都圏や関西圏、

四国、北陸からなど遠方から

ご来店頂けるようになりました。

これも、ブログを通して

使い方の発信をしてきたことが

そのようなことにつながっていると

実感しております。

 

小売店として道具の使い方を

メーカー以上に考え、自分たちで

使い方を発見したり、

使い方から商品を自ら企画デザイン

することが大切であると思います。

 

BIGJOY名古屋ショールームには

そんな家具の使い方という

情報があふれるほどございます。

是非、ご遠方からでも

ご来店くださいませ

 

きっと今まで考えもしなかった

家具の使い方に出会えるかも

しれません。

 

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ