Akigami Life 明紙「A-life」

Akigami Life 明紙「A-life」

ウール織じゅうたん・カーペット・壁紙のこと、施工のこと、Akigmiの日々のことを書いています。

 

 

カットアンドループとは、ループ状の繊維とカットされた繊維を組み合わせて作られたカーペットのスタイルです。カットとループのパイルの長さを変え、凹凸感、立体感のあるモダンな表情をつくられたり、これにより、カーペットに幾何学的または抽象的なデザインを施すことができます。

 

 


  

 

カット&ループのパターン
カットパイルカーペットには、ランダムに走るループで作られた波状の線がいくつかあり、大理石のテクスチャーに似ています。昔は多色使いのドラマチックなデザインが多かったですが、最近ではソフトで落ち着いた色調のものが多くなりました。

 

今日では、カットやループのスタイリングのバリエーションが格段に増え、そのほとんどが立体的なデザインから、より幾何学的なデザインへと移行しています。現在のスタイルには、小さな四角やひし形のパターンがあります。また、ピンドットスタイル(短いカットパイルのカーペットで、小さな間隔でいくつかのタイトなループがまとめられています。また、「波」のような抽象的なパターンもあります。

 

長所
カット&ループスタイルの一番の利点は、外観です。カットアンドループパターンは、カーペットに素晴らしい質感と視覚的な興味を与えます。
今日のデザイントレンドの多くはテクスチャー(質感)に大きく依存しているので、カット&ループスタイルは現代的なインテリアによく合います。

 


短所
このスタイルのカーペットの欠点は、カーペットが本来の性能を発揮していても、使い古したような印象を与える傾向があることです。これは、長いカット繊維が短いループ繊維の上で曲がったり、膨らんだり(ねじれを解けたり)して、ループ繊維を効果的に隠すことによって引き起こされます。

カットされた繊維の長さに関わらず、繊維には動いたり、曲がったり、平らになったりする性質があります。カットパイルカーペットでは、すべての繊維がカットされており、隣の繊維に支えられて一緒に動くので、あまり目立ちません。カット&ループでは、カットされた繊維の間に隙間(ループが存在する部分)があるため、カットされた繊維が傾くと、より顕著になります。そのため、カーペットが擦り切れたように見えてしまうのです。

カット&ループのもう一つの欠点は、コストです。一般的に、カット&ループのほとんどは、同程度の品質と繊維の種類のバーバー、サキソニー、フリーズよりも高価になる傾向がありますが、これはパターンを作るための複雑さによるものです。


推奨される用途
他のスタイルのカーペットと同様に、カット&ループにも様々な品質のものがあります。カットアンドループがあなたの家に適しているかどうかを決める際には、カーペットの通行量やカーペットを長持ちさせたい期間などを考慮する必要があります。

種類にもよりますが一般的なアドバイスとしては、階段や廊下のような人通りの多い場所でのカットアンドループの使用は控える方がよいでしょう。人の往来が多い場所では、この影響がさらに顕著になります。
カット&ループは、寝室や書斎など、交通量が少ない場所や中程度の場所に適していると言えます。

 

また、ランダム感や凹凸感により、汚れの目立ちにくさ(視覚効果)という部分もありますので、子供部屋に敷いて、数年後、模様替えと共に敷き替えるのもよろしいかと思います。



ラグを作る
カットアンドループスタイルのカーペットは、美しいエリアラグを作ることができます。それは、無限の色の選択で微妙なパターンを提供できるからです。このスタイルのロールカーペットでエリアラグを作ると、ラグのトレンディな質感を楽しめますが、長期的には使い古したような外観になる心配はありません。

 

 

数ある中からお読みいただきましてありがとうございました。

 

 


 

AGI ウール織じゅうたん専門WEBショップ
https://akigami.shop-pro.jp/

AGI STORE カーペット&壁紙専門店 - ツクツク!!
https://tsuku2.jp/agi-carpet-shop