Akigami Life 明紙「A-life」

Akigami Life 明紙「A-life」

ウール織じゅうたん・カーペット・壁紙のこと、施工のこと、Akigmiの日々のことを書いています。

 

 

 

 

 

 

 

壁紙スペシャリストAkigamiの壁紙専門誌

「WALLPAPERS Craftsmanship」 : 壁紙施工のヒント

壁紙施工のコト、ハウツーなどをご紹介しています。

 

 

 

壁紙を貼りの仕上がりは、貼った時ではなく

 

貼った後の経過の仕上がりが大切だと思いますが。

 

壁紙・クロスの種類は紙、織物、ビニル、不織布と色んな材質のモノがあります。

 

 

よくみるビニルクロス

貼っている時に糊がクロスに付いて拭き取っているのを見ると思います。

 

キレイな水を絞ったスポンジで拭き取って

タオルなどで、から拭きしていると思いますが、

その時はキレイに見えても後から茶色くなったり、ビニルが変色したりして

表に現れてきます。

 

 

 

 

 

丁寧な作業の一つとしては、テープを入れることですが、最近はあまり見ることがありません。

プロの施工の貼り方動画や画像などはよく見ることはありますが、

よくみると糊がクロスや天井周りに付いて拭き取っていることがみられます。

 

これが、紙や布、ビニルでも汚れ防止の壁紙だと変色やシミ的な事になるのです。

しかし、丁寧にするのは職人の技術と言ってもそればかりではありません。

現場環境や工期、料金などの問題があります。

色々な中で職人は丁寧かつ手際良く作業をして、良い仕上げを行っているのです。

 

 

 

 

 

テープを入れて作業するのは丁寧なことですが、もちろん作業の時間もかかります。

長い目で見るとあとから表に出てくる糊跡や、変色などがないような作業をしていける

現場環境にしていきたいですね。

 

 

 

数ある中からお読みいただきましてありがとうございました。