コロナウィルスの流行が始まった頃

クラスターが発生したひとつにライブハウスがあった。

その後のライブハウスへの風当たりは大変強いものとなった。

その後のコンサート、エンタテインメント業界の苦境は想像以上。

 

出演者側も含めて保証も支援も微々たるもの。

それはどの業界も皆同じかとは思いますが...

 

で、表題。

そもそもライブハウスとはなんだ?

今更ではあるが。

 

報道(の様な)番組で音楽業界の、ライブハウスの状況を伝える時に

「このライブハウスはレストランとして申請しているため...」とか、

「このライブハウスは貸しホールとして営業しているため...」とか、

ライブやっていれば全部ライブハウスなのか!?という素朴な疑問。

レストランとして申請しているのであれば、ライブ観に行って食事がとれて...

と思って行ったらテーブルすらない?なんてこと起こり得るわけで。

 

僕はこの機会にこの辺をはっきりさせるべきだとおもう。

 

先ず

1.ライブハウスの定義!

興業で成り立っていること!

 

以外に少ないのではないかと思います。

先ず音楽があって、そのチケットを売って収入を得ていることが大部分を占める会場こそが"ライブハウス"と名乗っていいと思う。基本的に主催となり、チケット販売により出演者への支払から何から賄われていること。誰かがそれじゃ持たないとか成り立たないという意見を聞きますが、そんなことないと思います。興業が前提となっているのであれば、料理があってもスタンディングだとしてもライブハウスと名乗るべきだと思いますし、基本はこうでなければならないと思います。

 

2.レストランとして登記しているところ

これは"ライブレストラン"とか"ライブバー”とするべきではないかと。"出演を依頼"されてブッキングさせて頂き、精算しようとしたら”ウチからの領収書です"といきなり「会場レンタル費」と記載された領収書を渡されたりして、ちょっと状況が飲み込めなくなってしまうことが多々(笑)。あぁ、源泉したくないのねと思ってしまいますね。こういうところはチャージバック率(会場側の取り分)は低くするべきだと思いますね。全てがそうではないと思いますが、"興業ヘの責任感"が感じられないことが多々。

 

3.貸しホールとしての収入が多くを占める場合

これは"ライブホール"とか"ライブシアター"などどすべきだと思います。比較的キャパの大きなところが多いとは思いますが、月間スケジュールのうちプロモーターが入っていることが多い所ですね。入場者数により変動するなど細かい対応をしているところも多いです。

 

気にするべきか?と言う意見もあると思いますが、このご時勢、政府の皆さんにはご理解頂いた上でこの3パターンで税制調整してもらったりしたらとても嬉しいですね。こういうところの棲み分けがはっきりしないところが音楽や芝居などが"文化"として中々根付いたようで実は根付いていない日本になってしまう要因のひとつに思います。

 

アーティストにとってここの棲み分けはとても重要です。

会場とアーティストは持ちつ持たれつが基本ですが、

ライブハウスの収入向上のためにコンサートを演っている訳ではないのです。

育てたり育てられたり、継続していくところが重要なんです。

 

ここの部分をお客様、皆様に判って欲しいなと思う今日この頃。

政権を運営している議員の先生方には是非、ご検討頂きたくおねがします!

 

この内容の続きはまたの機会に。

 

 

今年こそはブログに残そうと思う。

ホントに💧

 

今年は元旦から大雪で大変でしたね。

被害に遭われました皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 

なんだかんだと昨年12月駆け抜けてみれば、

年明けからまた最悪な状態なコロナ。

 

もうぐうの音も出ないくらいに打ちのめされている僕らの業界ですが、

元旦から数日自宅で過ごしたのは実家をでてから初でした!

 

初売りた初詣での状況も人出は思ったよりあったとはいえ

とても静かなお正月に感じました。

 

コロナの影響で経済的な打撃は大きいと思いますが、

思い返してください

昔はお正月って静かでしたよね。

神社等はにぎわっていましたが。

 

流通・小売りの方々には怒られるかも知れませんが、

これで良いんじゃないかと感じます。

もう3が日は休日って決めてもらったほうが良いと思うけどなぁ。

31日から3日までは休日。

 

スーパーやドラッグストアなどは営業していたほうが良いとは思いますが、

いっそ法令で1~3までは営業なし、5日までは日本は休日!

としてしまうのはどうでしょう?

だって、初売りって3日や4日からでしたよね?

そこに勝負かけたほうが結果売り上げ上がるような感じがしますね。

働き方改革っていうんだし。

 

コロナのせいとはいえ、穏やかな正月3が日を過ごせたのは良かったと思います。

まぁ、自宅で作業はしていたし、事務所に出たりもちょっとしたのですけどね。

どうでしょう?

 

今年の終戦記念日はとても静かに感じた。

 

広島と長崎の事もそう。

新型コロナの影に為れてしまったようにさえ感じる。

 

ここ数年国際的には緊張感は凄まじく高まっているように

僕らにさえ感じられるのに、

この状況に流されて良いのかとさえ感じる。

 

祖父は先の戦争では南方へ、一度戻って満州へ。

両方とも悲惨な状況を見てきたそう。

戦後戻れたのは昭和23年か24年か。

 

改めて"体制の維持"は何のため?

人類は全て皆幸せになる権利があるはず。

幸せである基準はそれぞれで良いし。

 

どの国がどんな思想や体制であっても口を挟む樹はないけど、

それは全ての国民が幸せになるためのものであって欲しい。

 

もちろん今の日本に不満も文句もあるけれど、

日本で生まれ育ってこれた事には感謝している。

 

国も個人も隣人の物を奪ったり批判繰り返したり嫌がらせしたり

そんなもので利益や財産得ても本当に幸せなのだろうか。

その前に自らの中を見直し深め改善していく事が

長い目でみたらとても大切で有意義なのではないだろうか。

 

日本だってそうだ。

問題山積みなのにいつも得意の先送りw

 

少なくともみんなが未来を楽しみに出来る世界になって欲しい。

子供たちの悲しい顔は見たくない。

 

なにが出来るか真剣に考えよう。

なにをすべきか真剣に考えよう。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/87a08c593bff9a3c2bf4c4d7dda90ecba1f26949