2017年5月7日、9日、10日ワークショップのお知らせ | 社会福祉法人トット基金日本ろう者劇団

社会福祉法人トット基金日本ろう者劇団

1980年設立。おかげさまで2018年4月に創立38周年となりました。
江副悟史代表のもと、ろう者18名、聴者1名で活動しています。
手話狂言、視覚演劇、ムーブメントシアター、手話教室、視覚ワークショップ等...
東京都品川区のトット文化館を拠点に活動を展開しています


テーマ:
文化庁助成「次代の文化を創造する新進芸術家育成」事業
===========================
英国からデフアーティスト(ろう芸術家) が来日、滞在ワークショップを行います。
「ジンジャー・ブレッド・ウィッチ」という物語を一緒に作り、最終日に発表します。
どなたでもふるってご参加ください!
(日によって通訳の可否がありますのでご注意ください)
◆講師◆
ポール・ミラーPaul Miller ( ろう者、アニメ作家、イラストレーター、映像作家)
ニコル・ビビアン・ワトソン Nicole Vivien Watson (聴者、ダンサー、振付、ワークショップ講師)
☆アーツカウンシルイングランドから助成金を得て英国および日本で作品ワークショップを実施中。
◆日程◆
5/7(日) 13:00-17:00 (英語-日本手話通訳)
5/9(火) 19:00-21:00 (英語-日本手話通訳)
5/10(水) 19:00-21:00 (英語-日本語ー日本手話通訳)
※1日のみの参加可能です。
◆場所◆
トット文化館 (JR大崎駅から徒歩7分)
品川区西品川2-2-16
◆受講料◆
1日1000円 (都度、受付にてお支払いください)
◆お申込み先◆
jtd@japan.email.ne.jp 日本ろう者劇団 育成WS担当
1) 氏名
2) メールアドレス
3) FAX・電話番号
4) 舞台経験の有無(ある方は簡単にお知らせください)
5) 参加希望の日
ひと味違ったワークショップを体験しましょう!
多くの応募をお待ちしております☆





 

日本ろう者劇団さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス