2017年7月~2018年2月手話狂言年間ワークショップのお知らせ | 社会福祉法人トット基金日本ろう者劇団

社会福祉法人トット基金日本ろう者劇団

1980年設立。おかげさまで2018年4月に創立38周年となりました。
江副悟史代表のもと、ろう者18名、聴者1名で活動しています。
手話狂言、視覚演劇、ムーブメントシアター、手話教室、視覚ワークショップ等...
東京都品川区のトット文化館を拠点に活動を展開しています


テーマ:

 

 

日本ろう者劇団は今年度の「文化庁・次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」において
手話狂言ワークショップを開催する運びとなりました。
つきまして、ぜひ多くの方々に手話狂言の世界に身近に感じていただけるワークショップを
創設いたしました。
=手話狂言ってなぁに?=
狂言のセリフは室町時代から江戸時代までの古いことばです。
日本ろう者劇団は和泉流狂言師三宅右近師の指導により、
昔から継承された狂言特有の動き、運びをそのままに、
手話表現の研究を重ね、古典芸能にふさわしい手話狂言を
作ることにつとめました。手話のセリフと声のタイミングや
間の取り方にも工夫を重ね、古典芸能の強靭さと手話の豊かな
表現力をあわせもつ、手話狂言が誕生したのです。
台詞を手話及び声で表情豊かに表現しますので、聞こえる人も
聞こえない人も共に楽しむことができます。
 

≪手話狂言(年間)ワークショップのご案内≫

能楽堂の舞台に立てるチャンス?!
全11回のワークショップを経て、喜多能楽堂で「手話狂言」に出演いただけます。このチャンスを逃さず、ご応募ください。
期 間:2017年7月~2018年2月
会 場:社会福祉法人トット基金 トット文化館(東京都品川区西品川2-2-16)
講 師:三宅狂言会 三宅右矩・三宅近成
    日本ろう者劇団 手話狂言俳優
参加費:全11回 10,000円(全日参加できる方のみ)
定 員:10名(申込みが多数あった場合は、抽選となります)
【参加条件】
・ろう者、難聴者で手話のできる方
・小学生から大人まで年齢問いません
【持ち物】
・動きやすい服装
・白足袋
・扇の貸出し有(欲しい方は劇団で購入可能)
=スケジュール=

第1回 7月23日(日) 午前10時~12時
「ビデオ鑑賞・講義・基本動作」
第2回 8月20日(日) 午前10時~12時
「基本動作・名乗り・台詞」
第3回 9月24日(日) 午前10時~12時
「基本動作・舞・扇を使う所作」
第4回 10月22日(日) 午前10時~12時
「基本動作・復習」
第5回 11月12日(日) 午前10時~12時
「基本動作・配役決定・台詞」
第6回 11月26日(日) 午前10時~12時
「基本動作・台詞・演技稽古」
第7回 12月 3日(日) 午前10時~12時
「基本動作・台詞・演技稽古」
第8回 12月17日(日) 午前10時~12時
「基本動作・台詞・演技稽古」
第9回 1月14日(日) 午前10時~12時
「基本動作・台詞・演技稽古」
第10回 1月21日(日) 午前10時~12時
「基本動作・台詞・演技稽古」
第11回 2月 4日(日) 午前10時~12時
「基本動作・台詞・演技稽古」
2月10日(土)・11日(日) 未定
「稽古・喜多能楽堂の舞台で発表会」

〆切:6月30日
 
=申し込み方法=
下記の内容をご記入の上、メールかFAXでお申込みください。
●手話狂言(年間)ワークショップ希望
●お名前
●ご住所・郵便番号
●連絡先(電話番号・FAX番号・メールアドレス)
●性別(男・女)
●ろう者・難聴者
 
=お問合せ=
社会福祉法人トット基金
日本ろう者劇団 手話狂言WS担当
〒141-0033東京都品川区西品川2-2-16
H P  http://www.totto.or.jp/
TEL 03-3779-0233
FAX 03-3779-0206
メール  jtd@japan.email.ne.jp

日本ろう者劇団さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス