福永亮次 好調アピール | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

福永亮次 好調アピール 巡ってきた世界初挑戦のチャンス「熱く感動する試合を」

 

拡大

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(31日、大田区総合体育館)

 挑戦者・福永亮次が24日、都内の所属ジムで練習を公開。王者・井岡一翔との一戦に向けてミット打ちなど行い「体重もコンディションもバッチリ」と好調をアピールした。

 井岡とIBF王者アンカハス(フィリピン)の王座統一戦が新型コロナの影響で中止となり、巡ってきた世界初挑戦のチャンス。「熱く感動するような試合をして、最後は僕が手を挙げているイメージ」。風貌が世界6階級王者に似ていることから「リトル・パッキャオ」と呼ばれる男が大番狂わせの勝利を狙う

 

井岡のモチベーション次第でしょうね。前回9月のようなコンディションなら十分チャンスありそうですが、ガード無しで井岡に勝てないと思いますが、あと1週間本人の言うように熱く感動する試合をきたいしましょう。