井上尚弥 カシメロに怒り!「一気に興味がなくなった」 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

スポニチアネックス

井上尚弥(撮影・島崎 忠彦)

 プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(28=大橋)が23日に自身のツイッターを更新。WBO世界バンタム級王者ジョンリール・カシメロ(32=フィリピン)に対して、世界ボクシング機構(WBO)が王座維持を発表したことについて言及した。  カシメロは今月11日(日本時間12日)にUAEのドバイで同級1位ポール・バトラー(英国)との防衛戦を予定していたが、体調不良を理由に前日計量を欠席。試合中止となり、王座はく奪の可能性もあった。WBOはカシメロ陣営に対し、10日以内に医療機関の診断書を提出し、医学的な根拠を示すことを命じていた。WBOが発表した文書によると、カシメロ陣営は14日に診断書を提出。「提出された証拠は正当な理由で十分である」として「カシメロはWBOチャンピオンのステータスを保持する」と決定した。  井上はツイッターでカシメロのネットニュースを引用して「こんな事があっていいのか???何が理由であれ決められた計量当日に秤に乗れなければアウトだと思うのだが。。」と怒り。さらに「一気にコイツへの興味がなくなった。減量苦で胃腸炎て…ダセェ奴だ。」と切り捨てた。  4団体統一を目指す井上の次戦は来年春にWBC王者ノニト・ドネア(39=フィリピン)との統一戦が有力。来年中には4団体を統一した後はスーパーバンタム級へ階級を上げて4階級制覇に向かうプランも明かしている。

 

お怒りもごもとも、カシメロに怒りというよりWBOに怒りでしょ。計量会場に現れないならその時点で試合放棄で王座はく奪が普通ですが、そうならなかったのがWBO。もうなんでもありですね。個人的にはウエイトまもらなくてもタイトルマッチと認定して勝ったらチャンピオン、または王座防衛なんて時代も来るのではとおもっとります。

胃腸炎とは云ってますが実際はウエイトつくれなかったんでしょうね。ただ王座統一を観たい側としては指立てて挑発のカシメロがぶっ倒されるのがみれるチャンスがまだ残った。これが井上との試合でウエイト作れなくて試合中止となるよりは良かったです。

さて井上の発言にどう言い返してくるか、カシメロとそのプロモターに注目。