井上尚弥が12・14東京で防衛戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井上尚弥が12・14東京で防衛戦とIBF発表… 相手はKO率78・6%のIBF6位ディパエン

スポーツ報知

 

# スポーツ# ボクシング

 

プロボクシングの世界主要団体IBFは21日(日本時間22日)、WBA&IBF世界バンタム級(53・5キロ以下)統一王者・井上尚弥(大橋)が12月14日、東京でIBF6位のアラン・ディパエン(タイ)と対戦すると発表した。今後の日程で明らかにしたもので、今月19日には大橋秀行会長は「近々発表できる」と明らかにしていた。

 ディパエンは1991年2月生まれの30歳。2019年2月にプロデビューし、身長162センチ、オーソドックス・スタイルで12勝(11KO)2敗とKO率78・6%のハードパンチャー。今年3月にはIBFパンパシフィック王座を獲得している。19年6月には荒川竜平(中野サイトウ)とノンタイトル6回戦で対戦し、2回TKO勝ちを収めている

 

やっと発表されました。ってまだ正式

ではないですが、チケットとれるでしょうかね? 

たのしみにまってます。(^^)/