ゴロフキンは村田戦に同意もDAZNとの間に問題発生 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

ゴロフキンは村田戦に同意もDAZNとの間に問題発生 年末に神戸で対戦計画

[ 2021年10月25日 05:30 ]

 

 

 ボクシングの米プロモート大手トップランク社のボブ・アラムCEO(89)が23日、ジョージア州アトランタで取材に応じ、契約を結ぶWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(35=帝拳)とIBF同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(39=カザフスタン)の対戦について「私たちとミスター本田(帝拳ジム・本田明彦会長)は、村田対ゴロフキンの実現に向けて尽力している。ゴロフキンはすでに同意した。ただ、ゴロフキンと契約を結ぶDAZNとの間に何らかの問題が生じてしまっている。しばらく様子を見ていかなければいけない」と状況を説明した。

 19年12月のスティーブン・バトラー(カナダ)戦以来約2年間試合から遠ざかっている村田と元3団体統一ミドル級世界王者ゴロフキンとの対戦は、12月28日に兵庫・神戸で予定されていると米スポーツ専門局ESPNなどが報じている。

 アラムCEOはまた、9月に米アリゾナ州ツーソンで行われた初防衛戦で4回TKO勝ちしたWBO世界フライ級王者・中谷潤人(23=M.T)について「間違いなくまた我々の興行で彼の試合を組みたい。とても良い選手で、前回の防衛戦では彼の戦いぶりに感心させられたからだ」と称賛した。

 

いつになったら正式発表・?ここへきての問題ってふぁいとまねーですかね?なんだか中止になりそうなきもします・・・・ 会場も神戸ったり東京って言ったりどこですかぁ~・・・

 

尚弥は来年4月に日本でビッグファイト、来夏は米国で アラムCEOが今後の計画明かす

[ 2021年10月25日 05:30 ]

 

 

 

 

 

 ボクシングの米プロモート大手トップランク社のボブ・アラムCEO(89)が23日、米ジョージア州アトランタで取材に応じ、契約を結ぶWBAスーパー&IBF統一世界バンタム級王者・井上尚弥(28=大橋)の今後の計画について明かした。

 アラムCEO「井上は12月に日本でタイ人の挑戦者と防衛戦を行う。12月に戦った後、4月にも日本で試合をこなし、次にアメリカで試合をするのは来年の夏だ。4月の試合の相手が誰になるかはまだ分からないが、重要なファイトを計画している。ドネアか、カシメロか、そのレベルの選手が相手だ。ビッグファイトで、特別な試合。今、ここで明かすことはできないが、来年最初の試合は日本で開催されなければいけない特別な理由があるんだ」

 アラムCEOは“特別な理由”については明かさなかった。IBFは公式サイトで井上が12月14日に東京でIBF世界バンタム級6位のアラン・ディパエン(30=タイ)と防衛戦を行う日程を発表。WBC同級王者ノニト・ドネア(38=フィリピン)、WBO同級王者ジョンリール・カシメロ(32=同)との王座統一戦は来春以降となる可能性が高くなっていた。井上は今年6月に米ラスベガスでIBF指名挑戦者のマイケル・ダスマリナス(29=同)に3回TKO勝ちしている。

 

 こっちも契約してても試合間隔あきすぎですね。やはり日本で報道されてるほどではないみたいですね。アラムより大橋会長の方が一杯試合くんでくれてるじゃん。こっちも12月正式の試合の正式発表まだですね、みんな年末で忙しので予定はやくたてたいのでおねがいいたします。