井上尚弥が渡米後初練習 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井上尚弥が渡米後初練習「自分自身に期待したい」100点満点の絵文字付き

◆プロボクシング WBA&IBF世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者・井上尚弥―ジェーソン・モロニー▽スーパーライト級(63・5キロ以下)ノンタイトル戦 平岡アンディ―リッキー・エドワード(10月31日=日本時間11月1日、米ネバダ州ラスベガス MGMグランド)

 WBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27)=大橋=が現地時間20日、ジェーソン・モロニー(29)=オーストラリア=との防衛戦に向け、滞在先のラスベガスで渡米後初練習を行った。いとこの前日本スーパーライト級、WBOアジアパシフィック同級王者・井上浩樹さん(28)相手のミット打ちなどに汗を流した統一王者は練習後、自身のSNSを更新。「初練習終えて改めて調子がイイ!自分自身に期待したい」とアップし、100点満点の絵文字を添えた。

 浩樹さんは「ミットもってんだけど 腕こわれそう」を感想をつぶやいた。

 井上は現地時間18日にラスベガス入り。19日に新型コロナウイルスのPCR検査などメディカルチェックを受けた。米で最も権威のあるボクシング専門誌「リングマガジン」は階級を超えたランキング=パウンド・フォー・パウンド(PFP)で、3位からミドル級、スーパーミドル級の2階級同時世界王者サウル・アルバレス(メキシコ)に次ぐ2位に浮上した。

 一方、モロニーもツイッターで「歴史を作る準備はできている」「私は常に準備ができている」などと自信を見せるコメントを並べた

 

あと10日・・・海外で力発揮できない日本人多いですが、井上選手はアマの頃から海外で試合してますし、プロでも今回で3度目(アメリカ2度目)ですので、心配ないでしょう。あとは、何事も無くゴングが鳴って欲しいですね。