京口、YouTube生配信でKO「狙いたい」 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

赤羽ジム・川島会長に制裁金50万円 ラウンドガール数人が飲酒で会場内徘徊

 日本ボクシングコミッションはフラッシュ赤羽ジムの川島会長に制裁金50万円、9月8日からのプロモーターライセンス6カ月停止処分を科した。19日までに公式サイトで発表した。

 同ジムが主催した9月8日の興行でラウンドガール数人が控室で飲酒し、一部が酩酊(めいてい)状態で会場内を徘徊(はいかい)したことが新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに違反し「社会的信用を著しくおとしめる行為」とした。

 

然し前回のチケ無し観戦と今回の酩酊徘徊が同じ制裁金50万円?ライセンス停止が6か月って効果あるんでしょうか。ケースバイケースで制裁金決めて欲しいものですな。あとこれって本人に事情聴取したうえでの事なんでしょうかね?

 

 

 

王者・京口、YouTube生配信でKO「狙いたい」 コロナ禍国内初の男子世界戦へ

 「ボクシング・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ」(11月3日、インテックス大阪)

 スーパー王者の京口紘人(26)が19日、都内の所属ジムで3度目の防衛戦へ向けた練習を公開。新型コロナウイルス感染拡大後、海外から選手を招く国内初の男子世界戦として注目を集める。また、京口のYouTubeチャンネルで生中継するという国内初の試みもあり、KOなど「分かりやすい内容」での完勝を誓った。

 YouTuberとなって初の試合でさらに知名度アップだ。2ラウンドのスパーリングなどでキレのいい動きを披露した京口。コロナの影響により前戦から1年1カ月ぶりの試合となるが、「スパーリングも80ラウンドを超えて順調。緊急事態宣言が出てからもやれることはやって来た。みんな同じ状況だと思うので、不安はない」とアピールした。

 アマチュア日本代表も指導したフィジカルトレーナーの寺中靖幸氏の指導を受けてパワーもアップ。井上孝志トレーナーは「本当に体も大きくなってライトフライ級の体になった」と目を細める。

 京口は試合からは遠ざかっていたが、昨年11月にYouTubeチャンネルを開設。今では登録者数が14万に迫る人気者。この日にYouTubeから届けられた登録者数10万人突破記念の盾を披露し、「存在感を示せたかな。影響力もそれなりについてきたと思う」と感じている。

 防衛戦はカメラ5台、実況解説付きというテレビとほぼ同じ体制で、自身のYouTubeチャンネルで生中継。視聴者のために「ボクシングを分からない人でも分かりやすい内容を見せられたらいい。KOは誰もが分かるのでチャンスが来たら狙いたい。一番は完勝」と力を込めた。

 年下で同じ14戦無敗の挑戦者タノンサックについて「勢いのある選手なのかな」と話す。ただ、自身は世界戦を6試合経験していることから「キャリアには差があると思う。その差を見せられるようにしたい」と自信を示した。

 

後2週間、コロナ後初の世界戦開催で、本来なら待ちにまった世界戦・・となって欲しかったですが、(youtubeでは盛り上がってるのですかね?)私の世代というより私は世界戦はテレビでなんですが・・14万の登録者が全部観たとしたらテレビの視聴率にしたらどれくらいなんでしょうかね。京口選手の人気が上がるならそれはそれでいいのでしょうが。ところでyoutubeでの配信の場合ってリアルタイムで観れなかったらどうなるんでしょうか?録画ってできるんでしょうか?再放送は?全くねッとについてはわからん。アナログの私はテレビがいい~然し今後のボクシングはこういう形での視聴になるなら勉強していかないと、ついていけない・・