田中教仁が世界戦2日前に新型コロナ検査 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

田中教仁が世界戦2日前に新型コロナ検査「明日受けてきます」

◆プロボクシング WBA世界ミニマム級(47・6キロ以下)タイトルマッチ12回戦 スーパー王者ノックアウト・CPフレッシュマート―挑戦者・田中教仁(3月3日、タイ・ナコンサワン市庁舎前野外特設リング)

 前日本同級王者・田中教仁(35)=三迫=は2月29日も首都バンコクで午前、午後と調整。所属ジムに届いた動画で、シャドーボクシングなどで軽快な動きを見せた。

 世界戦目前だが、田中は3月1日に、新型コロナウイルスに関しての検査を受けることになった。「明日(1日)はコロナ対策になったので、検査を受けてきます」と本人が明らかにした。タイでは2月27日現在で40人の感染が確認されており、日本から帰国した老夫婦の感染が判明したばかり。タイ保健省は中国や日本など新型コロナウイルスの感染例が見られる地域から入国した場合、少なくとも14日間の自己観察とともに、毎日の検温や疑わしい症状が見られる場合にはマスクを着用するなどの協力を要請している。

 田中は2月26日に当地に入り。悪天候が続いたが、この日午後には回復した。「ようやく晴れました。思ったよりカラッとしていて慣れたせいもあるけど、結構過ごしやすい」。試合は屋外で、気温30度以上の中でのファイトが予想されるが、「強い日差しの中で試合しても、そんなに問題ないかな。今日、明日と汗を出して(体重をリミット以下に)落としきりたいと思います」と話した。

 20戦全勝のスーパー王者ノックアウト・CPフレッシュマート(29)=タイ=に初黒星をつけての戴冠(たいかん)を目指している

 

まあ検査できるならした方がいいでしょう。然し万が一陽性なら試合どころではないし、日本に帰国もすぐにはできないでしょうね。とにかく試合に集中することが大切でしょう。