じぎりん星人の非公式生ブログ『ちいさなしあわせを楽しむ暮らし』

じぎりん星人の非公式生ブログ『ちいさなしあわせを楽しむ暮らし』

ちょっぴり疲れているきみのために、ほっこりするコミックエッセイ、フォトエッセイをお送りしています。6月21日、『つきがみえないよるでさえ』を出版。たいせつなひと、ペットをなくしたかたのかなしみにそっと寄り添う、大人向け絵本です。

こんばむわ。


いつもきょうもありがとう。


いつも、

絵本『つきがみえないよるでさえ』の

応援、みまもりを

ありがとうござります。


おまたせして

ごめんなさいね。


バイトに行きはじめて

ばたんきゅーで

なかなかあげれず

もうしわけない。



たくさんのかたがたに

おせわになった

愛知のたび、

ようやくかけます。


もりだくさんなので、

ちょっとずつかきますよね。


日曜日、

出版パーティーがおわってから、

名古屋にむかいました。



はじめての、特急ひのとり。



名鉄に、のりかへて。




やってきたのは、

ゆかりん&たくみくん親子のすむまち。


今回、

ほんとにほんとに、お世話になりました。


おふたりに

はじめてお会いしたのは、

2019年7月13日のことでした。




たいへんな病気をかかえながら、

ギターをれんしうして、

みるみるうちに上達して

関西まで

ライブに来てくれたゆかりん。

そのすがたは、

見る人のこころをうちました。

そんなゆかりんを支える、

たくみくんは、

ゆうくんとおないどしには

とてもおもえないぐらい、

しっかりしています。


そんな、ふたりに。





















うそやんか。




近鉄の改札はとおれて

安心していたなら、

名鉄は、

ゆるしてくれなかった。




チャージをして、

ようやく

改札をでたなら。


ひゃああ。




おふたりが、

むかえにきてくれている

やくそくになっていたなら。


ひだりか右のどっちかと

LINEで

送ってくれていたはずなのだが、

そのあと

会話をたくさんしたなら、

うんと前になってしまい、

さかのぼれなかったのだった。


何回か、

うろうろを

くりかえしたなら。


(さしんは、おかりしました。)




ゆかりんが

くるまからおりて、

じぎをさがしてくれていた。





ようやく、会えたああ❗️



きょうは

ここまでしか

かけなかったなら、

また

べつのまきにしますよね。



いつも、

きょうも

ありがとう。



いつも、

きみがしあわせでありますようにね。



また、

あしたぐらいに。





おまけは、

おもしろくはないまきです。

こんなふうに、

きみに支えられながら

本ができたんだなあ、って

おもったまき。


























こんばむわ。


いつも、きょうもありがとう。


いつも、

きみとじぎの絵本

『つきがみえないよるでさえ』の

応援、みまもりを

ありがとうござります。



ご紹介されていたことに、

いまごろきづいてしまいました。

ほんとうにごめんなさい。

chou chouさん。

ほんとにありがとうござります。


この時と同じ、yokoさん

のコシチャイムとのコラボイベントが、

こんしうの日曜日午後2じから

川西のCandyえんとつ町店でおこなわれます。

できごとがおおすぎて告知が遅くなり、

ほんとうにごめんよね。


さて、

せんしうの金曜、

お友だちの谷川文江さんの

出版パーティーがありました。


文江さんが出版された

『切り花を2週間長もちさせる

はじめての花との暮らし』。






パーティーのまえに

美容院にいっていたなら。





会場の

ホテル竹園芦屋は、じぎにとって

思い出の場所。


なおちゃんから

プロポーズをされたばしょでした。






(全然かっこよくないことばを

いつか発表できたらとおもうます)



などとおもいでにひたりながら、

パーティーのメッセンジャーを

みなおしていたなら。







1時間まつがって、

美容院にきていたことが判明。


でももうあとのまつりなので、

パーティー開始時刻に

電車に乗り、

パーティー会場へ。



ホテル竹園芦屋は、

巨人の定宿なのです。






ついた。



お色直しみたいに

出てったらえらいことなので、

そーっと入ったなら、

ちょうど

お食事がはじまったとこだった。


立食だったならもうないとおもたのに、

ひとりずつのやつだった❗️




一般社団法人Flower Works Japanの

7周年記念も兼ねていることもあり、

きちんとしてるのに、

あったかいパーティーって

なかなかありません。

文江さんのお人柄のなせるわざですね。




このアレンジメントは、

なんと文江さんが15分でその場で作成。

みんなをあっと言わせたそう。




文江さんが

テーブルを回って、

その秘訣を伝授してくださいました。


終始、

愛とお花と笑顔にあふれた、

すてきなパーティーでありました。





出版講座の仲間と

再会できるのも、

出版パーティーのうれしみ。



つぎの出版パーティーは、

1番みぎの、

あっちゃんかも。

たのしみにしていますよね。


いちばん左の

戸谷有里子さんの

著書は、こちら。




先日、

コミュニケーションコンシェルジュの

吉田正美さん


今蔵ゆかりさん。


先日お会いした時には

まにあわず、

もらいそこねていたサインを

ちゃっかりもらってしまいました。




こちらの本です。



文江さん、

みなさまほんとにありがとう。




この日初めてお会いした方も。



いちばん左、

イメージコンサルタントの

桐元智恵子さんは

お隣のお席でした。




パーティーには

来られていませんでしたが、

鄭由美さんも

谷川文江さんのことを

書いていらっしゃいました。

なぜか、このリブログより下に

書けなくなってしまったので、

さきにごあいさつをかきますよね。

こちらが一番下になってしまいました。

ごめんなさいね。


いつも、

きょうも

ありがとう。


いつも、

きみがしあわせでありますようにね。


また、

あしたぐらいに。



こちらが、

由美さんの記事です。

由美さん、

いちばん最後になってしまって、ごめんよね。


こんばむわ。


いつも

きょうも

ありがとう。


いつも、

絵本『つきがみえないよるでさえ』の

応援、みまもりを

ありがとうござります。


まささん、アッキーさん、

いつもリブログありがとう。




どとうの週末をすごしており、

おくれぎみですみません。


金曜日の、

和歌山からの

帰りのことを

書きますよね。


静哉くんとちづちゃんのところにいって、


6じに

すずちゃんに

駅に送ってもらい、

もし

8じまでに

大阪についたなら、

ジムに行こうと思って、

検索をしてみたなら。




とうちゃくが、

ちょうど8時ぐらいであった。










下のほうにでてきた

検索結果をみたなら、

1じかんちかく

早いのがあった。



なんで

こんなことに、

とおもったなら。






ではなく。








くるときにも

それで検索したやつで来たので、

浜寺公園まわりで、

ふつうより

かなり

時間がかかっていたのだった。





とおもって

しらべたなら、



1050えんと、

1020えんの

ちがいであった。






うそやんか。




で、ありました。





いつも、

きょうも

ありがとう。




いつも、

きみがしあわせで

ありますようにね。




また、

あしたぐらいに。



おまけ