生きていることが奇跡!!宍倉清則のいまのキモチ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

昭和45年11月25日、三島由紀夫、自決の2日後、横浜文体で猪木、バレンタインと45分時間切れ

仕事から帰って、まずすることはテレビをつける。地上波ではない。チャンネルは常に日本映画専門の634になっている。今日、つけたら、三島由紀夫vs東大全共闘というのをやっていた。難しいことはわからないが。

 

昭和44年1月18~19日 東大安田講堂事件

           19日 静岡・浜北市体育館で猪木、ボブ・ボイヤーに11分16秒、反則負け

      5月13日 三島vs東大全共闘シンポジウム

      5月13日 静岡・駿府会館で馬場&猪木のBI砲がゴリラ・モンスーン&メディコ3号にストレート勝ち。1本目、馬場がモンスーンを14分58秒、エビ固め、2本目、猪木がメディコを4分46秒、体固め ※16日は決勝戦、猪木が初優勝

   45年11月25日 三島、自決

      11月27日 横浜文体で猪木がジョニー・バレンタインと45分3本で1-1から時間切れ。25日は試合なし

   47年2月19日 連合赤軍、浅間山荘事件

      3月6日 大田区体育館で新日本プロレス旗揚げ。宍倉少年、2階席で観戦する   

 

ただなんとなく並べた。たぶん、私は毎日、東スポに夢中だった。

東京女子が表紙に & その本家・東京プロレスでもタッグながら猪木が60分やってた

 

昭和42年1月14日 名古屋・愛知県体育館

NWA世界タッグ選手権 60分3本勝負

猪木&ヒロ・マツダ(1-1)ジョニー・バレンタイン&エディ・グラハム ①バレンタイン(12分35秒、裸絞め)猪木②猪木(30分44秒、コブラツイスト)バレンタイン③時間切れ ※猪木組が防衛 ※1・18東京・台東体育館で再戦をおこない、猪木組が2-1で勝利

 

これは忘れていたのではなく、そもそも知らなかった。正直でしょ。前座時代、アメリカ武者修行時代に60分をやることはないので、これが猪木、最初の60分フルタイムとなる。2本目の30分はきつそう…。

ウルスラ・アンドレス

007シリーズは別に詳しくないが、1作目の初代のボンドガールだけは覚えている。白い水着姿が鮮烈で、かっこよかったから。でも、007はエッチなシーンはちょっとだけ。ところが、WOWOWプラスで深夜に放送した作品は主演で、泊まり込みの看護師の役。看護師というだけでもいいのに、いきなり全裸でプールに飛び込んだり、部屋のカギを閉めて、若者を誘惑したり。当然、ぼかしはあるが、全裸のシーンが何度も。こんな作品があったとは。大変、満足しました。こういうのはビデオにもDVDにもなっていない。CSの強み。「ドクターノオ」でドキドキした人は、この作品、見た方がいい。

 

渋谷は午前9時半、突然の大雨。でも、すぐにやんだ。空って、どないなってんの? あっ、田コロに2つ、追加しました。サンマルチノ、キニスキーも田コロ、出ていたんだ。

 

60分にこだわってきたが、日プロ時代はセミの45分3本があって、猪木は8回も時間切れをやってる

猪木の60分フルタイムはシングル8回、タッグ6回の14回で、馬場の20回に次ぐ2位だ。シングルはバレンタイン、ドリー2回、ロビンソン、バックランド2回、ブロディ、藤波。日本プロレスではメインがタッグ、6人タッグの1本だと、セミファイナルがシングルの45分3本になることがある。タッグの45分3本もあるが、今回はシングルに限って。先日の林下vs朱里は43分。つまり、45分でも内容によっては60分に近い印象が残る。

 

★昭和42年

①6・19愛知・犬山 vsディック・スタインボーン ①猪木(34分56秒、片エビ)②時間切れ ※7・8蔵前で2-1で勝利

★43年

②1・4岡山・津島 vsビル・ミラー ①ミラー(18分35秒、体固め)②猪木(9分55秒、逆片エビ) ※1・16清水で2-1で勝利したが、3本目は反則勝ち

③2・24仙台 vsバロン・シクルナ ①シクルナ(21分59秒、片エビ)②猪木(8分36秒、コブラ) ※3・1名古屋でコブラで勝利

④4・20福島 vsキラー・コワルスキー ①コワルスキー(22分51秒、体固め)②猪木(13分5秒、コブラ) ※5・7熊本のワールドリーグ公式戦でも30分時間切れ

⑤5・19香川・観音寺 vsマリオ・ミラノ ①ミラノ(15分35秒、体固め)②猪木(14分4秒、コブラ) ※6・5横浜・戸塚で勝利

⑥5・30奈良 vsカリプス・ハリケーン ①猪木(19分32秒、コブラ)②ハリケーン(11分20秒、体固め)

⑦6・6群馬・高崎 vsカリプス・ハリケーン ①猪木(31分36秒、コブラ)②ハリケーン(4分18秒、体固め)

★44年 なし

★45年

⑧11・27横浜文体 vsジョニー・バレンタイン ①バレンタイン(18分12秒、体固め)②猪木(16分42秒、体固め) ※12・7浜松で2-1で勝利

★46年 なし

 

8回中、6回も43年に集中している。何を意味するのか? シングルでインター王者・馬場に負けない実績を残そうとしている。でも、コワルスキーもハリケーンもみんな全日本へ行った。雪辱できず。ミラノと引き分けは意外かも。ミラノは日本で初めて、ディック東郷のペディグリーをやった。衝撃だったけどね。なんか、こういうのを見ていると、面白くないですか? 想像力。スタミナのあるvsコワルスキーはきつかっただろうな、とか。

吉田拓郎は「我が良き友よ」しか知らない

WOWOWプラス、来週の日曜は吉田拓郎ライブ。75歳のいまでも、全公演のチケットが即日完売するという。まったく知らない世界。曲目が出ていたので、見たが「我が良き友よ」がなかったので、見ない。あれは、かまやつか? WOWOWプラス、770円だから、もう十分、元を取った。ほかに見るものなし。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>