5/28 残雪と花咲く白毛門~笠ヶ岳(単独)2 | はなはな日記
新型コロナウイルスに関する情報について

はなはな日記

趣味の山歩きとにわいじり、フラッフィー(ふわふわ)コーギーの「さくら」との出来事、などなど。

9:30すぎ白毛門山頂に到着~

ここで再びyasubeさん一行に追いつく。

で、またここで今日は引き返すよ~っ、とお話しして

 

バイバイ、とお見送りまでしました(笑)

 

ふたりが歩いて行った後、しばらく景色を眺めていたけれど、空は青く澄んできて

そしてちょいと歩いた先には大好きな雪原がおいでおいでをしています。

 

あまりのもったいなさに、もうちょい先まで行ってみようかなあ、と。

 

てくてくてく。

あ、シャクナゲ咲いてる。

てくてくてく。

 

てくてくてく。

キレーな稜線だなあ。

山頂までのきっつい岩場と違い、笠ヶ岳までの道は楽しさいっぱい。

復路のきつさなんて、もうどうでもよくなっちゃうんですね。

 

そんなこんなで、とうとう笠ヶ岳に着いちゃった。

健脚のおふたりが着いていて、お昼を食べているところをお邪魔してしまいました。

静かな山頂を独占できてたのに、こんな写真撮ったりしてて、お騒がせしてスミマセン(笑)

 

チビさくらもこれで2度目の登頂となりました。

 

朝日岳の方向、眼下に避難小屋も見えます。

地元の超健脚さんたちは、この「馬蹄形」と呼ばれる一連の谷川山域を日帰りで歩いて

しまわれるのです。

帰りにすれ違ったソロの若い女性が、大きなザックをしょって歩いていきました。

この日は泊りだったのかな?

やったことないけど、私も寝袋持ってけば、この先も歩けるかなあ。

 

残雪と、青い空に筋の入った雲。ホント、いい日になりました。

 

谷川方面をのぞくと、真下にかわいいミネザクラの花々。

 

モデルはyasubeさん。

ご病気されていたとは思えないほど、お元気です。

 

私はひと足お先に下山して、途中の涼しい雪渓でお昼休憩。

ここまでは連れて来られないけど、さくらがいれば喜んだろうなあ。

 

またそのうち、今度は向かいの稜線を歩こう。

歩けるといいなあ。

 

帰りは松ノ木沢の頭でyasubeさんちと合流

休憩なしで下山なので、結構足にきました。

それに暑かった。

もっと水分取って、ポカリとかの経口補水液で電解質補給しないと足が攣るかもしれません。

この日はギリギリ大丈夫だったけど、甘いジュースやお茶じゃダメだったなあ、と反省。

 

14:30 駐車場着

コロナで一気に「遠い山」のようになってしまった谷川

おそらく、これからも登山口のホテルやスキー場が閉鎖になれば行けなくなる山も出てくるのでは。

あっという間に色々変わってしまったなあ、と思うと同時に

行っておいて良かったなあ、とつくづく思いました。

しかし、今年はお花たちまで自粛していたようだったなあ。

 

帰りはいつもの「みなかみ交流館」で、久々の温泉に入って帰りました。

平日で早い時間だったせいか貸し切り

水上の温泉街もひっそりとしていましたが、いいお湯でした~