1/17 赤城山 お空の上を歩こう♪ 不思議なアイスバブル(大沼編) | はなはな日記

はなはな日記

趣味の山歩きとにわいじり、フラッフィー(ふわふわ)コーギーの「さくら」との出来事、などなど。

赤城山の氷上散歩、場所は大沼に変わります。

誰もいない、静かな小沼とはうって変わって、ワカサギ釣りや観光客で賑わう大沼湖畔

そろそろ黒檜山~駒ヶ岳周回の登山者も下りてくる時間です。

(カメラの電池が切れちゃって、ここからはスマホの画像)

 

氷上には冬の風物詩 カラフルなワカサギ釣り用のテントが沢山張ってあります。

NHKのニュースで紹介されたとあって、観光客もけっこう氷の上で遊んでる。⇒「こちら」

ツルツルなので、皆、おっかなびっくり

 

私らは爪付きの靴なので、楽ちん 

ただ、割れて落ちやしないかと、人間も犬もかなり最初怖いです(笑)

こんな感じの脇をテクテク

 

湖畔の雪のある場所から、だんだん半透明の湖上へ

ちっちゃな空気の泡と、「アイスバブル」と呼ばれる、ガスが氷に閉じ込められた氷の泡が出てきます。

 

アップにすると、こんな感じ。

実際見てみると、五重塔のようになっていたりして、、ものすごく不思議で神秘的なんです

 

湖も沖まで来ると、氷が磨かれた鏡のようにクリアーになってきます。

奥に見えるのは赤城神社

これもこの時期 限定の景色ね。

 

ふあー、青空だあ・・・

 

どうでしょう!?

まるで、さくらがお空の上を歩いているようじゃないですかビックリマーク

 

美しかった赤城の氷上遊び

これも雪が少ないからこその景色

怖いよー、とシッポが下がりぱなしのさくらでしたが、こんなふうに白いところを歩かせて、

私が先に透明な場所を歩いてみせたら、ついてきてくれました。

 

さくら、おっかなびっくり(笑)

山に登らない方でも気軽に行ける?大沼散歩です。

ただ、その日の状態で氷も変わります。 滑り止めの靴も絶対必要。

そしてここまでの道路はいつもより少ないとはいえ、凍結しております。

冬用タイヤ、必須ですよー 音譜

 

≪参考≫大沼湖畔の 青木旅館HP

はなはなさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス