サプリメントアドバイザー@hiroの健康ブログ
  • 23May
    • 乳酸菌生産物質の正体

      乳酸菌生産物質は、そのほとんどが短鎖脂肪酸です乳酸菌に関連する機能性食品は、プロバイオティクス、プレバイオティクスおよびバイオジェニックスに分類されます。最近、これらのなかでバイオジェニックスが脚光を浴びており、そのなかでも特に「乳酸菌生産物質」が注目されています。乳酸菌生産物質の正体は短鎖脂肪酸ですから、これについてご説明いたします。短鎖脂肪酸短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)は、炭素数6以下の脂肪酸であり、 具体的には酢酸、プロピオン酸、イソ酪酸、酪酸、イソ吉草酸、吉草酸、カプロン酸、乳酸、コハク酸を指します。但し、乳酸、コハク酸は短鎖脂肪酸に含めないとする見解もあります。反すう動物における短鎖脂肪酸の役割摂取した飼料が反すう胃内で微生物の発酵を受ける反すう動物においては、 発酵の際に生じる短鎖脂肪酸(主に酢酸、プロピオン酸、酪酸)が主なエネルギー源となります。反すう胃内で生成した酪酸の多くは反すう胃粘膜でβ-ヒドロキシ酪酸に変換されるため、肝門脈に現れるのはおよそ10分の1となります。このとき生成されるβ–ヒドロキシ酪酸も反すう家畜にとってはエネルギー源となります。またプロピオン酸の多くは、肝臓で糖の産生に利用されます。反すう動物が必要とする糖分の多くはプロピオン酸から産生されます。ヒトにおける役割ヒトの大腸内においても腸内細菌が食物繊維(難消化性糖類)を発酵する際に短鎖脂肪酸が産生され、健康維持に欠かせない役割を果たしています。ヒトの場合、酢酸、プロピオン酸、酪酸の3種が代表的な短鎖脂肪酸です。ヒトの体においては、短鎖脂肪酸が作られる部位は腸内細菌が多い大腸です。作られた短鎖脂肪酸は大腸から体内に吸収されます。吸収された短鎖脂肪酸のうち、酪酸は大腸上皮細胞のエネルギー源として利用され、酢酸とプロピオン酸は肝臓や筋肉で代謝利用されます。また、短鎖脂肪酸の受容体が全身の様々な部位にあり、短鎖脂肪酸はこれらの部位の生体調節機能を果たしています。短鎖脂肪酸のなかには生活習慣病と密接な関係があるものが多いので、癌や肥満、糖尿病、免疫疾患を予防・治療する手段として短鎖脂肪酸の利用が活発に研究されています。 短鎖脂肪酸は体内に吸収される前の段階で、腸管においても重要な働きがあります。すなわち、短鎖脂肪酸は酸性の成分なので、腸内で短鎖脂肪酸が産生されると腸内が弱酸性の環境になります。すると、悪玉菌の出す酵素の活性が抑えられるため、発がん性物質である二次胆汁酸や有害な腐敗産物ができにくくなり、腸内環境が健康に保たれます。また、弱酸性になることでカルシウムやマグネシウムなどの重要なミネラルが水溶性に変化し、より体内に吸収されやすくなり、ミネラル不足を補うことができると言われています。ヒトの健康とのつながり有害物質からのバリア機能の強化酢酸には大腸のバリア機能を高める働きがあると言われています。例えば、酢酸を多く生産するビフィズス菌を摂取していると、病原性大腸菌に感染しても体内にその毒素が入り込むのを防げることが示されています。また、酪酸には腸管細胞のMUC2遺伝子を活性化することで、粘膜物質であるムチンの分泌を促し、大腸を保護する作用があると言われています。発がん予防短鎖脂肪酸は腸内を弱酸性にすることで有害な二次胆汁酸をできにくくするため、大腸癌の予防につながります。また、酪酸は大腸細胞の異常な増殖を抑える、アポトーシスを促す、大腸細胞の病変を抑えるなどの作用により、大腸癌の発症を抑えるといわれています。さらに、プロピオン酸は肝臓癌細胞にある短鎖脂肪酸受容体に作用して、肝臓癌細胞の増殖を抑えるという研究報告があります。肥満の予防短鎖脂肪酸は脂肪細胞にある短鎖脂肪酸受容体に作用して脂肪細胞へのエネルギーの取り込みを抑え、脂肪細胞の肥大化を防ぎます。また、神経細胞にある短鎖脂肪酸受容体にも作用し、交感神経系を介してエネルギー消費を促すなど、エネルギーバランスを整える働きがあります。糖尿病の予防酪酸には腸管にあるL細胞に作用して、腸管ホルモンであるGLP-1の分泌を促す作用があります。GLP-1は糖尿病を予防・改善する作用があり、インスリンを分泌する膵臓β細胞数の減少を抑えたり、インスリン分泌を促す作用があります。例えばGLP-1受容体との作用性を高めたGLP-1受容体作動薬は、糖尿病治療薬のひとつとして使われています。食欲の抑制酪酸やプロピオン酸は、腸管のL細胞からGLP-1のほかPYYのような腸管ホルモンも分泌します。GLP-1やPYYは、脳に作用して食欲を抑える働きがあり、満腹感を持続させて過食を防ぐことが知られています。また、酢酸はそれ自体が脳に直接作用して食欲を抑えるという研究報告もあります。免疫機能の調節腸には全身の免疫細胞のおよそ60%が集中しており、腸の免疫バランスの崩れ(特に過剰な免疫反応)は全身に影響すると言われています。酪酸には過剰な免疫反応を抑えるTreg細胞という免疫細胞を増やす効果があり、これには酪酸が大腸上皮細胞のヒストンのアセチル化を促進する働きが関与していることが分かっています。腸の免疫疾患である炎症性腸疾患の患者は日本でも増えており、治療法が見つかっておらず難病に指定されています。こうした患者では、腸内細菌中の酪酸産生菌の数が減っているケースが多いとされます。こうした炎症性腸疾患やクロストリジウム・ディフィシル感染症の患者に対しては生体便移植により、酪酸菌を含めた腸内細菌全体を移植する方法により治療できる可能性があることが示されています。ヒトにおける短鎖脂肪酸の供給源短鎖脂肪酸ができるためには腸内細菌による発酵が必要です。食物繊維の中には腸内細菌によっては発酵されないものもあります。実際に発酵に使われる成分としては、レジスタントスターチ(でん粉性の食物繊維)、非でん粉性の食物繊維、オリゴ糖の順で多くなっています。 ヒトの大腸内発酵の基質 発酵基質 1日あたりの供給量 レジスタントスターチ 8 - 40 g 非でん粉質の食物繊維 8 - 18 g オリゴ糖・糖アルコール 4 - 14 g タンパク質(消化酵素など自身の体由来) 5 - 18 g 難消化性タンパク質(食事由来) 4 - 10 g ムチン 2 - 3 g また、食物繊維の種類によっても、腸内細菌が作り出す短鎖脂肪酸の割合が異なり、レジスタントスターチは酪酸を比較的多く作る傾向があり、オリゴ糖、フラクトオリゴ糖は酢酸を多く作る傾向があります。 食物繊維の発酵で生じる短鎖脂肪酸の割合 食物繊維 酢酸 プロピオン酸 酪酸 レジスタントスターチ 41% 21% 38% 小麦ふすま 61% 19% 20% ペクチン 71% 15% 8% グァーガム 58% 27% 8% オーツブラン 57% 21% 22% フラクトオリゴ糖 78% 14% 8% (フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の「短鎖脂肪酸」の項を抜粋・改訂)このように、本来、腸内で善玉菌により生産されている乳酸菌生産物質には優れた健康効果があるため、これを体外で生産した乳酸菌生産物質サプリが注目されているわけです。そして、私のお勧めしている乳酸菌生産物質は、「天然美通」です。天然美通の公式ページをご覧ください↓↓↓乳酸菌生産物質の詳細に関しましては、バイオジェニックスとは何でしょうか?をご覧ください。自分磨きサークルブログを更新したらここで報告ブログランキング応援サークル

      360
      テーマ:
  • 20May
    • 働きアリ型起業家とキリギリス型起業家

      僕の知っている起業家には、おおまかにわけて二種類います。働きアリ型とキリギリス型です。働きアリ型は、毎日精力的に職場や現場に出向き、 商品開発・打ち合わせ・集客・仕入れ・顧客サポート・社員教育など、 お金を生み出すための仕事に精を出します。彼らの生活は非常にストイックで、 スケジュール帳は常に仕事の予定で真っ黒、 頭のなかは仕事のことが大半を占め、 日々あちこちを飛び回ったり、社員と一緒に業務をこなしたりして、 口癖のように「忙しい、忙しい」とつぶやきます。恐らく一般的な人は、「社長」というと こういうタイプをイメージすると思います。もちろん大きな目的ややりがい、充実感をもって、 自らの意思でそうした生活を選んでいる人もいますが、 忙しく働かざるを得ないから仕方なく働いている人もいます。ふたつめのキリギリス型は、 出勤・出社する習慣があまりなく、 日々こなさなければならない業務もろくになく、 時には1ヶ月や2ヶ月働かずに遊んだり、旅行したり、趣味に没頭したり、 仕事と全く関係ない夢を追ったりしています。彼らの生活において、仕事が占める比重は非常に小さいです。基本的にはアリとキリギリスのキリギリスのように、 毎日好きなことをして自由に暮らしています。かといって収入が小さいかというとそういうわけでもなく、 まったく働いているように見えないのに、 働きアリタイプの起業家より大きな金額を 売り上げている人も珍しくありません。アリとキリギリスの童話では、 冬がやってくるとキリギリスは飢えてしまいますが、 働かないキリギリス型起業家は別に冬が来ても飢えることはなく、 むしろスキーやスケートを楽しんでいます。(そもそも起業家の役割は働くことではないので、 働きたくなかったら働かなくていいのです、 事業さえちゃんと回っていれば)もちろんほとんどの起業家はこうした両極端ではなくて、 働きアリ型とキリギリス型の中間のどこかにいます。ただどちら寄りが多いかというと、やはり圧倒的に働きアリ型寄りです。ちなみに僕はご存知の通り、 キリギリス型を目指してネットビジネスを始め、 一時期せっせと自動化に精を出したので、 今はそれほど仕事のことを考えなくても問題ない状況です。(面白そうな仕事の話があったら働きますけど。 これも仕事というよりもはや趣味ですね)他の起業家が汗水たらして働いている間、 僕は趣味で音楽学校にいったり、作曲したり、 旅行したり、本読んだりしてます。今ワケあって住所不定無職の 地元の友人(38歳♂)を一時的に養っているのですが、 ライフスタイルだけ見たら外部の人はどちらが無職か まったく判別がつかないでしょう。(この話も面白いと思うので、気が向いたらそのうち記事にします)すると先日、働きアリタイプのとある社長さんから、 自由に生きているだいぽんさんが羨ましい、と言われました。「自分も早くヒマになりたいです」と。その起業家さんは30代ですが、 すでに相当な金額を稼いでいて、 年に数回新商品を作って販売し、 その度に数百万〜数千万程度一気に売り上げるスタイルです。正直自分一人が自由に暮らしていく程度の金額であれば、 年に1〜2ヶ月働けば十分稼げます。あとは10ヶ月くらいお休みしても、 普通のサラリーマンより豊かな暮らしはできるでしょう。かなり貯金もあるだろうし、暇になりたいのであれば、 すぐにでも暇な生活を始められます。…ただ、働かないって実は相当勇気がいることなんですよね。もともと仕事に追われない生活を夢見て ビジネスの世界に飛び込んだ人でも、 気づけばみんな働きアリ型起業家への道に 足を踏み入れてしまうのです。当面生活に困らない収入や貯金があるその社長さんも、 今はまだ働かずにはいられないそうです。これは以前の僕も経験したことです。アフィリエイトで1日2〜3万くらい売れるようになり、 働かなくても生きていけるだけの収入が得られるようになった後も、 もっと収入を増やそう、色々なビジネスに手をのばそうと、 気づけばせっせと働いてしまっていました。なぜなら「未来の保証がないから」。仮に今ビジネスが調子よくて、 とある方法で月収100万円などの金額を稼げていたとしても、 果たしてそれがいつまで続くかはわかりません。サラリーマンなら会社が自分の面倒を 老後まで見てくれるような幻想を抱かせてくれますが、 自分が事業主の場合は誰も幻想なんか見せてくれません。自分の面倒は自分で一生見なければならない、 ということがリアルに分かります。はたして5年後、10年後も同じように稼げるのか?20年後、30年後は?そうした不安は常に付きまとうし、 日本では大きく稼いでも税金でがっつりもっていかれるので、 想像以上に貯金もたまりません。そこでもっと貯金・収入を増やして安心を手に入れるために、 さらなる労働への道に突き進んでしまいます。なぜキリギリス型起業家が働かずに収入を維持できて、 しかも将来に対するお金の不安もないかというと、 以下の三つをもっているからです1、いつでも好きなときにお金を稼げる確信2、ちょっとした環境変化では揺らがない安定収入の仕組3、自分が汗水たらして労働しなくても回る仕組もちろん一生贅沢しても使い切れない資産を手に入れ、 それを分散投資することによっても働かない安心な生活は手に入りますが、 それよりは上記3つを手に入れるほうが圧倒的にラクで、早いです。これらを持っている人は、例え月収50万〜100万くらいでも、 「働きたくないときは働かない、でも安心」 という自由なキリギリス型起業家になれます。これらを手に入れるためには、 単純に仕事量を増やすだけではだめです。いくら頑張って働いていも、方向性が間違っていたら、 自由のない働きアリ型からは抜けだせません。もしキリギリス型を目指すのであれば、 上記3つが必要だということを理解し、 次回の記事で解説するようなポイントを意識して ビジネスを進めていってください。(今回は長くなるのでいったん切ります)PS. 六本木のYeloというカキ氷バーに行ってきました。ホリエモンが紹介していて気になっていたんですよね。普通のカキ氷とは一味違うラインナップです。キャラメルチャイ。ティラミス。 ビターキャラメルマスカルポーネ。 うますぎて絶句。口に入れた瞬間溶けていきます。鹿児島のむじゃきのしろくま、 下北茶苑大山の抹茶が最強クラスだと思ってたけど、 それに匹敵するうまさ。カキ氷って子供の頃はシャリシャリ食べるものだと思ってたけど、 本当にうまいカキ氷は噛むものではないということを最近知りました。お近くにお住まいの方はぜひ行ってみてください。これから暑くなるのでちょうどいいと思います。その後、近くのカジノバー「BACKDOOR」へ。ゲームセンターのメダルみたいに、 数千円分のチップを買って遊びます。ブラックジャック、ルーレット、ポーカー、バカラなど。ディーラーさんがいて、結構本格的に遊べます。換金はできませんけどね。しばらく勝ったり負けたりを繰り返していましたが、 最終的に破産して手持ちチップがゼロになりました。ルーレットもブラックジャックも奥が深い…。常連さんたちはルーレットを回し始めてすぐに 球がどのあたりに落ちるか分かるらしく、 ものすごい金額のチップを荒稼ぎしていました。この人達、ラスベガスやマカオに行けば 一財産築けるんじゃなかろーか…。上記記事は、だいぽんさんのブログから抜粋した記事です。だいぽんさんの書籍が無料で貰えます。是非、貰っておいてください↓↓↓自由な人生を手に入れる教科書自分磨きサークルブログを更新したらここで報告ブログランキング応援サークル

      360
      テーマ:
  • 17May
    • 節約しているつもりでお金をドブにすてていませんか?ー機会費用という考え方ー

      先日知り合いの30代の起業家と話した時のこと。彼は地方で仕事をしているのですが、 法人向けのコンサルティングなので、 顧客と直接顔を合わせる機会が多いです。クライアントは東京に多いので、 重要な打ち合わせがある度に地方から 新幹線or飛行機に乗って東京に上京してきます。(家族が待っているので仕事が終わるとすぐに帰ります)「打ち合わせがある度に上京するのは大変じゃないですか?東京に住まないんですか? 持ち家じゃないですよね?」と僕が訊くと、「住みたいです」とのこと。「東京のほうがお客やパートナーと打ち合わせしやすいし、人脈も作りやすい。 セミナーなどにも気軽に参加できる。東京に憧れもある。でも家賃が高いから悩んじゃうんですよねぇ、妻も物価が高いと反対するし」 と笑っておられました。失礼ながら、この人は何を言っているんだろう・・・?と少し不思議な気持ちになりました。お金がもったいないから、できるだけお金が減らない方法を選択したい。その気持ちはわかります。しかし地方と東京の生活費の差なんて、 よほど人気のエリアに住もうとしなければ、 せいぜい月に5万円とかその程度でしょう。彼は上京の度に交通費がかかっているので、 月に2万円くらいの出費が余計にかかっています。彼が地方に住んでいることによる金銭的メリットは せいぜい月3万とか、そんなものです(年間30〜40万?)。彼のコンサルティングは1件成約する度に30万から、 多い時で50万円近い金額をいただきます。 (月に平均2〜3件成約)ということは、彼が東京で生活することによって余分にかかるお金は、 年間でたった1件成約が増えればペイするということになります。そして彼の話を聞く限り、東京に拠点を移して交流の機会を増やしたり、 打ち合わせの頻度を高めたり、セミナーなどでノウハウを学ぶ機会を増やしていけば、 少なくとも年間で数件は成約を増やせるはずです。つまり彼は東京に拠点を移せば、 収入を少なくとも100万円以上増やすことができるのですが、 家賃や物価の高さを理由に地方にしがみつくことで、 本来得られるそのお金を失っています。言い換えると、こういうことです。「彼が憧れの都会生活や移動の不便を我慢し、 年間30〜40万の生活費を節約することによって、 年間数十万(数百万?)のペースで彼の口座からお金が消えていく」また彼の奥さんも事務の仕事をしていて、 月20万円くらいの手取りはあるそうです。でも彼としては、奥さんに仕事を辞めてもらい、 家事や自分の仕事のサポートをしてもらいたいそうです。そうすれば彼はより仕事に集中できるようになり、 より多くの案件をこなすことができます。でも、奥さんは仕事を辞めたくはないとのこと。まあ女性だって働きたい人もいるでしょうから、 本人が働きたいのであれば働けばいいと思いますが、 奥さんは別に仕事が好きなわけではなく、 むしろ仕事とはただひたすらにつらいものだそうです。奥さんの働きたいという意思は、もっぱら将来に対する不安や、 人間は働いて給料を得なければならないという義務感からくるものだそうです。こうして奥さんは毎日朝からせっせと働きに行き、 その結果夫は家事や奥さんのケアに意識や時間を割かれ、 こなせる仕事の量=売上が減ります。今回のケースの場合、夫の時給が高いので、「奥さんが毎日辛いのを我慢して職場に行き、 心身にダメージを負いながらも一生懸命働いて、 月数万円〜数十万円のお金を捨ててくる」という状態になっています。お金を減らしたくないはずなのに、お金が減る選択をしてしまう。これは機会費用というものに対する意識がとても希薄なためですね。機会費用とは、選ばれなかった他の選択肢によって 本来得られたであろう価値や利益のことです。家賃や物価、あるいは月々固定で入ってくるお給料などは、 明確に数字で表されているのでとても分かりやすいです。いくら節約できたか、どれくらいお金が増えたかということがあっさり可視化されます。しかし機会費用については、 実際はその選択肢を選んでいないわけなので、 明確に成果が通帳や家計簿に記載されず、 たとえ損をしたとしても実感が湧きにくいです。こうして、目先の30万円を節約をするために年収を100万円減らす、 月給20万円を維持するために月30万円の収入を減らすといったような、 「お金を増やすつもりでお金をドブに捨てる」という矛盾した光景が出現するわけです。例えば、以前書いたこちらの記事も機会費用の話ですね。このケースでは、勤め先での仕事を頑張ってしまうことによって、 より大きな収入を見込めるビジネスで成果を出すスピードが遅くなり、 結果的にお金を損してしまうというような話でした。今回の記事とあわせて読んでみてください。似た事例として、僕の友人のともしんさんの話があります。ともしんさんの奥さんは以前、 辛い家庭環境が原因で精神的な病気になってしまったのですが、 ともしんさんは彼女の病気を回復させるために、 アフィリエイトで稼いだお金のほとんどを高額なセラピーに投資したそうです。保険がきかないので、1回あたり5万円や10万円かかりますが、 彼は別に失敗してもいいと思ったとのこと。(当時彼は今ほど稼いでいません)彼の論理はこう。「セラピーによって病気が治り、妻が生きやすくなって、 夫婦で幸せな楽しい人生を送れるようになれば、 それには軽く数億円、いや、それ以上の価値がある。 仮に10回セラピーを受けて症状が改善せず、 100万円が失われたとしても、11回目で素敵な先生に出会えて、 病気が治ってくれれば、圧倒的な成功だ。99回失敗して100回目でようやく回復したとしても余裕で黒字だ。こんな費用対効果の高い投資はない。治療費に100万とか安すぎる。 迷う意味がわからない」結果、とあるセラピーが奥さんにてきめんに効き、 今は病気が治って夫婦で仲良く暮らしています。こういう思考ができる人だから、 ともしんさんが今豊かで幸せなのは当然のことなのです。もし彼が数万円の治療費をもったいないからといって節約していたら、 かわりに彼は”夫婦での幸せな楽しい人生”という、 途方もなく大きな価値を失っていたかもしれません。目先の分かりやすいお金に飛びつく前に、 機会費用というものをじっくり検討すると、 より良い判断を下しやすくなるので、 習慣化することをお勧めします。あとはもうひとつ、機会費用と合わせて知っておくべき概念として、 埋没費用(サンクコスト)というものがあるのですが、 そこまで説明すると長くなるので割愛します。気になる人はぜひ検索してみてください。PS. 前回も書きましたが、ここ一週間ほど農家向けサービスを やっている友人が僕の家に滞在していました。滞在最終日、友人は静岡で仕事をしてそのまま帰る予定らしく、 僕も暇だったので一緒に静岡までついていきました。夕方、仕事を終えた彼と合流し、熱海へ。6時頃には商店街はほとんど閉まっていて、 まるでゴーストタウンでした^^:適当に入ったお店でもち豚しゃぶしゃぶ。 意外にうまかった。熱海のレトロな温泉宿で一泊し、翌日は沼津へ。 目的は日本で唯一の深海魚水族館です。 深海魚丼を食べて腹ごしらえ。 微妙にグロい。 味は・・・悪くなかったけど、一度食べれば十分かな(笑) 深海魚水族館は気持ち悪い魚や可愛い魚がいっぱいいました。それほど大きくはないので1〜2時間で回れます。 とげとげのカニ。世界最大のダンゴ虫、ダイオウグソクムシ。冷凍シーラカンス。 さすがに生きた個体はいませんでした。 でかい。 普通の水族館ではなかなか見られない魚がいるので、 一度くらい訪れてみると楽しめると思います。友人はその後、新幹線に乗って帰って行きました。僕も新幹線で東京に帰るので、先に彼を見送ったのですが、 ここでも機会費用を意識させられる出来事が・・・。友人はまだ稼ぎ始めて日が浅いので、 金銭感覚はサラリーマン時代と変わっておらず、 お金を節約する習慣が身に染み付いています。新幹線では基本的に指定席ではなく自由席のチケットを買います。チケットの価格差はおよそ1000円。岡山駅まで行くので、乗車時間はおよそ3時間です。友人は体力がある方ではないので、 前日の仕事や移動、及び水族館などで疲労が蓄積したらしく、 かなりふらふらになっていました(荷物も非常に重い)。それでも座れるだろうという希望的観測に従って 自由席チケットを買ったのですが、 いざやってきた新幹線の自由席はびっしりと満員。すでにたくさんの人が席に座れず立っていました。彼は「ぐへー」と言いながら、重い荷物を引きずって 絶望した顔で電車に乗り込んで行きました。彼はあの疲れ果てた体で、 最悪3時間くらい立ちっぱなしで帰ることになるだろうと思いました。その間は溜まった仕事をすることも、体を休めることもできません。僕も昔経験しましたが、 新幹線で何時間も立ちっぱなしというのはかなりつらいです。3時間、彼がつらいのを我慢して得られるお金はたったの1000円です。(時給333円の棒立ちするお仕事)すでに時給換算すればまず数千円はあるだろう彼にとって、 それはどうみても賢い選択には見えませんでした。お金を減らしたくないなら、プラス1000円支払って確実に座席に座り、 その3時間を仕事にあてた方が、確実にお金の節約になります。(少なくとも時給1000円以上の仕事はできるでしょう)しかも棒立ちしなくていいので身体的にも圧倒的に楽です。 翌日以降の体調も変わってくるでしょう。もちろん運良く自由席に座れれば、 座って仕事ができる上にチケット代も節約できてお得ですが、 その利益は最大でも1000円。他方、座席に座れなれければ、数千円〜数万円の損失+3時間の苦痛。冷静に考えたら、こんなギャンブルはやるべきではありません。どう考えてもリスクとリターンが割に合いません。お金を節約したいと言いながら、 わざわざ苦痛が多くお金も減る選択をして帰っていく彼を見て、 僕はちょっと複雑な気持ちになりました・・・。PPS. 僕は近距離の移動は基本的にタクシーを使うし、 新幹線はだいたいグリーン車だし、食事はすべて外食するようにしています。最近は部屋の掃除なども代行業者に依頼するようにしました。買い物する時も、よほどの金額でない限り「もっと安いものはないだろうか」と時間をかけて吟味したりしません。嫌味に聞こえるかもしれませんが、 僕にとってはこのほうがお金の節約になるのです。収入が一定のラインを超えてくると、 目先のお金を節約するより、時間や体力を節約したほうが、 結果的にお金が増える状態になっていきます。時給2000円ある人が、自炊に1時間かけ、 働く時間がその分減ってしまうと、 仮に自炊することによって500円節約できたとしても、 収入が2000円減るので、1500円の損失です。1日働けば1万円稼げる人が、 交通費を1000円節約して余分に体力を消耗し、 翌日疲れが残って仕事効率が半分になってしまうと、 節約できたお金1000円-減ってしまう収入5000円で、4000円の損失です。収入が大きければ大きいほど、時間や体力を失うことによって 失われるお金がえげつない金額になっていきます。とはいえ、僕も最初からこのような思考だったわけではありません。僕も昔は機会費用についての意識が希薄でした。もともと貧乏だったので、出費にかなり敏感だったのです。アフィリエイトで稼ぎ始めてから、セミナーなどで東京にくる機会が増えましたが、 「ベッドで寝るだけで何千円も払うなんてもったいない!」と、 かたくなにホテルを利用せず、いつもネットカフェで宿泊していました。新幹線は自由席が基本でしたし、 移動でタクシーを使うなんて思いもよらないことでした。しかしあるメルマガで機会費用についての考え方を学び、 いかに自分が無駄の多い行動をしていたかを自覚させられました。お金をケチって時間や体力を余分に消耗することが、 結果的に苦痛を増やし、幸福度を減らすだけでなく、 お金までも減らしているのだと気付きました。500円を節約するために5000円の収入を減らす、 1万円を節約するために10万円の収入を減らすというような、 非合理な選択を無数にしている自分に気付きました。僕は典型的な”節約しているつもりでお金をドブに捨てる人”だったのです。それからは、心理的な抵抗を理性で抑えつけ、 できる限り機会費用を考慮した合理的な選択をするようにしました。目先のお金を節約したり、増やそうとしたりする前に、 その結果失われるものに思いを馳せ、比較検討するようになりました。今でもまだ完璧ではないと思いますが、 わりとナチュラルにそういう思考ができるようになったことで、 少なくとも成功のペースは加速させられたと思っています。あなたも”節約しているつもりでお金をドブに捨てる人”になっていないかどうか、 ときどき振り返ってみてください。PPPS. タイムリーな記事を見つけたので追記。 ぜひ反面教師にしてください。上記記事は、だいぽんさんのブログから抜粋した記事です。だいぽんさんの書籍が無料で貰えます。 是非、貰っておいてください。自由な人生を手に入れる教科書自分磨きサークルブログを更新したらここで報告ブログランキング応援サークル

      356
      テーマ:
    • 理想的な食生活を考える参考にーマクガバンレポート

      マクガバンレポート理想的な食生活のあり方を考えるときに参考になるのが、『アメリカ合衆国上院栄養問題特別委員会報告書』(通称:『マクガバンレポート』)です。マクガバンレポートとは、1977年に米国で報告された、食事と慢性疾患の因果関係についての研究結果の報告書です。現代の米国が、あまりに多い心臓病やがんの疾病を国民的課題とみなし医療改革を掲げ、 上院に置いた「国民栄養問題アメリカ上院特別委員会」により、7年に渡って調査された研究結果であり、ジョージ.S.マクガバン委員長の名前に由来したレポートです。このレポートの中で、「ガン、心臓病、脳卒中などの生活習慣病は、 肉食中心の誤った食生活がもたらした“食源病”であり、薬では治らない」 と指摘され、食事や栄養の摂り方と病気の関連が初めて公式の場で明らかにされました。これをきっかけに、肉食中心の食生活が見直され、同時に栄養学を重視し健康増進のサプリメントを法的に整備させ、予防医学にも真剣に取り組みました。このおかげでガン死亡者数が抑えられ、 高騰していた医療費の大幅削減ができたのです。翻って、現代の日本での死亡理由をみてみると、 ガン、心臓病が1位、2位を占めています。なかでも、大腸がんの増加は著しいものがあります。かつて大腸がんの発生率は、ハワイの日系移民が日本人より多く、 欧米白人と同程度であることが知られていました。しかし最近の日本人の大腸がん発生率は、 アメリカの日系移民と欧米白人とほぼ同じレベルに達しています。これは、高たんぱく・高脂質な食品の摂取過多といえる「欧米型食生活」が、原因のひとつであると考えられています。理想の食事とは?マクガバンレポートの中で「理想食」として挙げられているのが、元禄時代以前の日本の食事です。つまり、一切の添加物を排し、精白していない穀類を主食とし、季節の野菜や海草、小さい魚介類を摂る食事のことです。けれども、現実にはこの「理想」に近づくのは極めて難しいと言わざるを得ませんね。私たちのおなかに棲んでいる腸内細菌は、ともに人生を歩んでいるパートナーです。このパートナーとともに健康でいたいのですが、乱れがちな食事内容、不規則な生活、過度のストレスなど、私たちの身の回りには健康を脅かす要因があふれ、腸内細菌のバランスも敏感にその影響を受けてしまいます。でも、自分の健康は自分で守るほかありません!どうぞ健康な毎日を送るために、もう一度、自分の大切なパートナーである腸内細菌に目を向けてみてください。あなた自身の腸内細菌と上手に付き合っていくことが大切なのです。TV・雑誌出演のスペシャリストがイチオシ!【天然美通】 天然美通は、乳酸菌生産物質です。この乳酸菌生産物質に興味のあるかたは、「バイオジェニックスとは何でしょうか?」をご覧ください。自分磨きサークルブログを更新したらここで報告ブログランキング応援サークル

      48
      テーマ:
  • 16May
    • 【ガン】自助退縮とは? by川竹文夫

      自助退縮とは?「自然退縮の実例が、一つの団体で10人もまとまったら、世界が震撼する」数年前、世界的免疫学者、故安保徹氏は、私にそう言って檄を飛ばしてくれた。ガン患研には、すでに53人が登録されている。自然退縮に変わる名称・<自助退縮>>を提案しつつ、 私は今、53人のドキュメントを出版するべく執筆を開始した。その、もっとも基本的な考えを、ここに示す!医者の戸惑い自分の患者のガンが<自然退縮>してしまったとき、主治医はどんな反応を示すのでしょうか? あなたはどう思いますか?「おめでとう! ガンは消えていますね」「頑張りましたね」などと、一緒に喜んでくれるでしょうか?残念ながら、そんなことはまずあり得ません。医者の反応は、おおむね以下のようなものです。「おっかしいなあ・・・」「うーん(あとは首をかしげるばかり)」膵臓ガンが消えたある女性会員の場合、主治医は・・・。「ここにあったはずなのに」。そう言いながら、以前ガンがまだあったときの画像に慌てて切り替え、「ほらね、あるでしょ」と。卵巣ガンが消えた別の女性会員はこんな証言を寄せてくれました。いつもは、画像を見せながらガンの大きさに必ず言及する主治医が、その日に限ってまったくその話題に触れないことを奇妙に思い、質問したそうです。「先生、あのぅ、ガンはどうなっていますか?」すると主治医は小さな声でポツンと、「写ってないね」。決して「消えている」ではなく、あくまでも、「写っていない」だったとか。再発肺ガンが消えた男性の場合、主治医は小さな声で「誤診かなぁ・・・最初の検査の間違いかなぁ」と繰り返すばかり。 あってはならない! 一体なぜ・・・。医師たちは、<自然退縮>を素直に認められないのでしょうか? ガンが消えたことを、患者と共に喜べないのでしょうか?その理由は明白。自然退縮は、彼らにとって決して、<あってはならない>ことだからです。ガンとは、見つけ次第、手術で切って取る、放射線で焼き殺す、抗ガン剤で毒殺する。それ以外に有効な治療法はない。いや、それらすべてを駆使しても、多くの患者は命を落としてしまう・・・それがガンという病。だのに、たとえ初期であっても、治療もしないガンが消えることなど、決してあり得ない。ましてや再発ガンや末期ガンまで消えるなどとは・・・あってはならない・・・。これが、医師たちの常識であり、信念なのです。ますます、あってはならない!無理もありません、仮にも、一切の治療を受けずに、ガンが消えた患者がいたとしたら、医者は、自分が長年頼りにしてきた、常識も信念も否定されてしまうのですから。さらにその上・・・。再発・転移・進行ガンや末期ガンの場合、彼らが手を尽くしてもなお、治すことは極めて困難。治療はただ延命を目的としたものにならざるを得ません。にもかかわらず・・・。そんな患者たちのガンがあるときすべて消失していたとしたら、医者にとっては、なおさら認めがたいだろう。なにしろ、自分たちの力がまったく及ばなかったガンが、消えてしまったのだから。ましてや・・・。中には、医者の勧める治療を明確に拒否する患者もいる。そんな患者のガンが消えたとなれば、それは感情的にも認めがたい。それこそ、<あってはならない>ことなのです。 不当なる無視!自らの知識では説明できない<事実>が現れたとき、事実に合わせて知識を修正してゆくのが、科学的な態度。だのに医者たちは、そんな謙虚さを放棄し、あろうことか、認めがたい事実のほうを否定するのです。そうして、身の安全を守ろうとする。逃げようとするのです。ガンが<自然>に消えるなど、あり得ない。そもそもガンではなかったのではないか。ガンであったとしても、この事例は、例外中の例外。何かの偶然に起こった奇跡のようなもの。わざわざ真面目に論じるほどのものではない・・・と。このようにして自然退縮は、医者たちによって、長く、不当に無視されてきたのです。希望の光しかし、私たちガン患研は、以下のように考え、主張しています。自然退縮にこそ、ガンという病気の本質が、そして身体に優しい治し方、本当のガンの治し方が、示されているのだと。医者がどこまでも、自然退縮を無視し続けるなら、それなら、私が、ガン患研が、それを究明するしかありません。自然退縮は、すべてのガン患者の希望の光になるに違いないのですから・・・。圧倒的な努力 そこで私は何よりもまず、世界的に通用している、自然退縮という名称を改めてみたいと考えました。なぜなら・・・。<自然>という言葉には、<何もしないのに、ガンが消えた>。何もしていないのだから消えた<理由が分からない>という、二つの意味合いが含まれているからです。何もしないのに消えたなんて、とんでもない。理由もなく消えたなんてとんでもない。53人はみんな、ライフスタイルを整え、食事を変え、心の持ち方を根本的に改めました。<ガンの原因と結果の図>に示された、ガンの原因を、一つひとつ、取り除いていったのです。そのプロセスで大きな自己変容と自己成長を遂げ、人生そのものを、まったく新たに築き直したのです。ガンが消えたのは、その圧倒的な努力の結果。命がけの自助努力が、53人の、ガンを消失させたのです。医者には、患者のその努力がまるで見えていない。いや、最初から、そんなことには関心もないのです。だから、何もしないのにガンが消えたなどと、言うのです。もう一度書きます。何もしないのに、ガンが消えたなんて、とんでもない! 理由もなく消えたなんてとんでもない! ガンが消えたのは、患者本人の圧倒的な努力の結果です。 命名!だから私は、世界に先駆けて、<ガンの自助退縮>、英語では、constructive regressionと命名しました。そのことによって、ガンの消失は、その気にさえなれば、そして、必要にして充分な努力さえ積めば、誰にでも引き起こすことのできるものであることを訴えたのです。ライフスタイルの乱れ、食事の乱れ、心の持ち方の乱れ。ガンの原因を一つひとつ取り除いていけば、ガンという結果が消滅することは、あまりにも当然なのですから。そして今、ガン患研では、53人の<自助退縮>を数えるまでになりました。世界一の実績です。しかもその数は、少しずつですが、毎年着実に増え続けているのです。もはや医学界も、例外中の例外、奇跡などというレッテルを貼り、無視し続けることはできないのではないでしょうか。あなたなら、できる!ガン患者のほとんどは、三大療法に疑問を感じつつ、しかしガン治療にはこれしかないと思い込んでいます。いや、思い込まされています。医者にしか、病院にしか、ガンは治せないと思い込んでいる。思い込まされているのです。だから、もはや、治る見込みが少なくなってきていることを知りつつも、そこにすがりついてしまうのでしょう。何という、悲しく切ないことでしょうか。私は再発を経験しました。再発ガンは、<自助退縮>させることに成功しました。だから、もしあなたが、今の治療に行き詰まっているなら、それにもかかわらず疑問と不安を抱えて、今の治療にすがる他に道を見いだせないでいるのなら・・・私は、言いたい。53人と声を合わせて、心から、次のように言って差しあげたいのです。 医者という赤の他人に、すべてを預けてしまうのは、あまりにも悔しい。医者の言葉に負けてしまうなんて、あまりにも、もったいない。治る力は、すでに、あなたの中にあるのだから。治す方法は、いくらでもあるのだから。<自助退縮>は、誰にでもできる。あなたなら、できる。どうかどうか、勇気を奮い、自分を信じてあげてほしい。たった一度の人生、決して二度とはない人生なのだから。 ガンを消失させるためには免疫力を高めることが必要です。免疫の70%以上が腸管免疫ですから、これを高めることがなにより大切です。最近、腸管免疫を高めるものとして乳酸菌生産物質と呼ばれるものが脚光をあびております。この乳酸菌生産物質は、本来腸内で善玉菌により生産されているものですが、 これを体外で生産することができるようになったのです。ガン患者である私は、乳酸菌生産物質として評価の高い「天然美通」をお勧めしております。天然美通の公式ページをご覧ください↓↓↓↓ 【がん・あなたが治るため】一覧1.私の使命、私たちの願い by川竹文夫2.自助退縮とは? by川竹文夫3.どんなガンでも、自分で治せる! by川竹文夫4.相性がいいのは、こんな人 by川竹文夫5.Q&A ガンの患者学研究所代表 川竹文夫自分磨きサークルブログを更新したらここで報告ブログランキング応援サークル

      130
      テーマ:
  • 14May
    • ステロイド剤の恐怖~対処療法は病気を悪化させる

      病気による症状を体への警告と知る病気になると、熱が出る、炎症が起こる、痛みが出る、下痢をするなどの症状に苦しめられる。どの症状も不快でつらい。現代医学は、この不快でつらい症状を薬でできるだけ迅速に取り除くことを基本に発展してきた。しかし、これらの不快でつらい症状は、病気から回復するのに必要なプロセスなのである。もともと発熱、炎症、痛みは、敵に襲われたことを人体に知らせ臨戦体制を敷くための警報である。すなわち、この警報が鳴つたら、免疫系が、敵を撃退するために活動を開始するのである。しかも、発熱と炎症には、血液が病気の箇所に集まることで治癒を進める効果がある。発熱は病原体が増殖するのを抑え、一方で、病気と戦う白血球の増殖を進める。発熱によつて体がだるくなれば、勉強、スポーツ、仕事をすることなく、寝るだろう。寝ることによつて人体に蓄積していた疲労が取り除かれる。こうして病原体と戦い、傷を修復する体力が回復する。発熱があるから治癒が進むのである。だが、現代医学では、強力な薬の力によつてすぐに熱を下げてしまうから、患者の気分は一時的によくなるが、本格的な治癒は遅れてしまう。かぜをひいたときに解熱、鎮痛、消炎剤を飲むことは、症状を抑えるだけで、病気を長引かせる結果になる。アレルギーは、人体に入ってきた動植物にふくまれる微量物質を排除する反応である。これはもともと免疫系の正常なはたらきであるが、よくはたらきすぎてアレルギー疾患を引き起こすのである。アレルギー疾患の代表は、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症である。アレルギーは、薬では根本的に治らない病気である。アレルギーはリンパ球と異物である抗原との反応である。このときに細胞からヒスタミンやプロスタグランジンといつた物質が放出されることによって、抗原を体外に吐き出す、くしゃみや鼻水という反応が起こる。したがつて、ヒスタミンやプロスタグランジンの放出を薬で抑えると、不快な症状は一時的に抑えることができるが、アレルギーの根本的な治癒にはならない。では、どうすればいいのか。アレルギー疾患の人たちは、リラックスの神経である副交感神経が優位になっているから、これを是正すればよい。すなわち、親は子どもを甘やかすのをやめ、早寝早起きをさせ、外で元気に遊ばせることで緊張感を持たせ、交感神経を興奮させるとよい。ロサンゼルスに住む京子(仮名)さんは、くしゃみと鼻水に6年間も悩まされた。そこで彼女が病院を訪ねると、アレルギーと診断され、ディプロスパンというステロイド剤が処方された。ステロイド剤を服用するとアレルギーの不快な症状はきれいにおさまつた。彼女は、症状が出るたびにステロイド剤を飲んだ。これを何度も繰り返したあとに、彼女に異変が起きた。体と顔がふくれてきて、全身から力が抜け、寒気がして、ベッドから起き上がれなくなつたのである。ステロイド剤の恐ろしい副作用が彼女を襲った瞬間だ。それで仕事を1週間も休んだ。彼女は収入がなくなる恐怖におびえながら、ステロイド剤の恐ろしさを初めて知つた。そこで彼女は別の医師にかかった。この医師は、彼女にステロイド剤の使用をただちにやめさせ、食事もガラリと変えさせた。彼女は、それまで好物だった肉をやめ、野菜中心で塩分の少ない食事に切り替えたのである。医師は、彼女にベッドで昼間から寝ると起きられなくなるからと、日中は歩行することをすすめ、仕事にも復帰させた。ステロイド剤の恐ろしさを身をもって体験した京子さんは、もう決してステロイド剤を服用しないことを誓った。【現代医学の落とし穴】記事一覧01 免疫系は強すぎても弱すぎても病気になる02 免疫系をコントロールする交換神経と副交感神経03 リラックスのしすぎで起こるアレルギー04 病院がもっとも危ない!05 現代医学が患者を殺す?!06 対処療法は病気を悪化させる07 主役は自然治癒力、医療とクスリは脇役08 更年期障害は本当の病気ではない自分磨きサークルブログを更新したらここで報告ブログランキング応援サークル

      254
      テーマ:
    • 透析になりたくなければ医者にかかるな!? 武田・安保見解一致。

      下記は、敬愛する安保徹先生の2013年6月19日(星陵会館)の講演の書起こし(一部)です。 今から15年位前、透析に入っている人の人数を見たら10万人でした。丁度その頃一年に一万人位患者が増えてるというので、15年経ちましたから25万人になったのかなと思い最近の統計を見てみたら40万人になっていました。 医学が発達していたら一万人を5千人にしたり4千人にできるはずなのに、むしろ一年に2万人規模で新しい透析患者が入っている。 透析に入る人の人数の増加を止められないのは、「なぜ、急性腎不全や慢性腎炎になっているか?」、根本的な原因を専門家が理解してないからなんです。 過酷な生き方で血流障害が起こって血流が悪くなると、尿を作れないのです。腎臓は大量の血流から原尿を作り、電解質や水分を再吸収し尿を作っているのですが、出だしの血流がないと腎臓は十分働けません。その血流を悪くしているのは、生き方の過酷さなんです。 透析に入った人の何人かに透析前の状況を聞いてみると、皆殆ど徹夜みたいな生き方が何日か続いていたとか、悩み事が続いて顔色が悪かったとか、独特の血流障害が来て腎臓をやられていたとか、答えます。 このタイミングで病院にいくと、浮腫が来ているし、蛋白尿が出てるし、血液検査で腎機能低下のデータがでます。 そこで利尿剤の投与と血圧を下げる治療が始まります。 ところが、これが決定的に血流を悪くする治療になっているのです。利尿剤は尿の再吸収を低下させ尿を増やすので身体の水分量と関係無く尿を出すので喉が乾いてすごく苦しみます。血液を更に濃縮していくので更に血流を低下させます。 普通の臓器は血液が回ってこなくても耐えるしか無いのですが、腎臓は血流を呼び込む独特の自前の装置を持っています。一つは、骨髄に働きかけ造血を促す因子を再生する装置です。この装置で、わたしたちは血流を増やしたり減らしたりする調節を行っているのです。 もう一つ、腎臓は血圧を上げる装置を持っています。ですから腎性高血圧といって腎臓が悪くなると、血圧を上げることができます。血圧計で測れない程血圧を挙げることができます。200ちょっとなら腕を締めつければ測れるけれど、250、300となると血圧は測れません。 血圧が上昇することを現代医学はまるで身体の失敗のように捉えて、降圧剤で血圧を下げにかかります。ところが、腎性高血圧は血圧を上げて腎臓に血流を呼び込む為の反応なのです。 だから意外と急性腎不全で生き返る人、透析やってもやめれる人は血圧が高い人、薬に抵抗力が高い人が助かっているんです。 このように、腎臓の専門家の所に行くと、利尿剤と降圧剤で徹底的に血流を止められ透析に入ってしまいます。透析に入るかどうかの判断には、一月位様子をみてください。このとき、薬を半分に減らし、身体を暖め、程々の水分を採って血流を増やせば一週間で完全に透析から逃れることができる場合が多いのです。 更に、私の体験で驚いたのが、透析に入った人でも身体を暖め、程々の水分を摂りだすと自前のオシッコが出てくるんです。透析に入るとすごく水分を制限されますから自分の腎臓は使わないという状況になってしまいます。腎臓の専門家でない先生に診療してもらった場合は、腎臓が悪くても透析に入るまでにはならないのです。透析に入っている人たちは、殆ど腎臓の専門医にかかっている人たちです。 乳酸菌生産物質は、直接腸内の免疫機構を刺激することで、身体全体の機能活性を促すものとして注目されています。この乳酸菌生産物質は、本来善玉菌が腸内で作り出しているものなのですが、体外でも作り出すことができます。私は乳酸菌生産物質として評価の高い天然美通をお勧めしております。天然美通の公式ページをご覧ください↓↓↓ 新潟大学名誉教授 安保徹博士の講演動画一覧1.ガンは強いストレス状態で発生するが、新しい免疫学で退治できる2.働きすぎ、悩みすぎ、薬の飲みすぎが免疫力を低下させ病気を呼ぶ3.腸の免疫力を高める食事法 by安保徹4.体を統合的にとらえ病気を根本的に治す「新しい免疫学」5.腸の免疫力を高める食事法(Ⅱ)6.血流をよくし自律神経を整え膝痛から腰痛、五十肩まで治す7.白血球の自律神経支配の法則8. 透析になりたくなければ医者にかかるな!? 武田・安保見解一致。 自分磨きサークルブログを更新したらここで報告ブログランキング応援サークル

      137
      テーマ:
    • 【花粉症対策】腸は免疫器官と密接につながっています

      腸には免疫細胞の60ないし70%が集中しているバランスが崩れた免疫システムを改善するためには、生活環境や食生活を見直すことが大切ですが、こうした環境調整は一朝一夕にはできません。また、たとえできたとしても、アレルギー症状はすぐによくなるものではなく、加齢による衰えにはあらがいようがありません。しかし、免疫システムのバランスを劇的に改善するいい方法があります。それは「腸内環境」を整えることです。近年、免疫システムには「腸」が大きく関わっていることが分かってきました。腸は「食べものの消化吸収」や「便の排泄」を行うための器官です。口に入れた食べものは、食道を通って胃に運ばれ、胃酸によってドロドロに消化されたあと、小腸に運ばれて栄養分が吸収されていきます。この小腸の長さは成人では5ないし7メートルもあり、広げると面積はテニスコート1面分くらいにもなり、24時間休みなく動き続けています。さらに小腸は十二指腸、空腸、回腸に分かれています。十二指腸では肝臓と膵臓の消化液が流れ込み、胃で消化しきれなかった食べものの消化を助けます。小腸の腸粘膜の表面からも消化酵素が分泌され、食べものはアミノ酸やブドウ糖、脂肪酸などに分解されていきます。小腸の腸粘膜には多数のヒダがあり、ヒダの表面には長さ1ミリ弱の小さな「絨毛」という突起がびっしりとついています。消化酵素によってドロドロになった食べものは、腸の収縮・弛緩によって移動しながら、絨毛から栄養分が吸収されていきます。小腸で吸収された栄養はその大半が肝臓に運ばれ、肝臓から心臓を経由して、血流に乗って全身へと運ばれます。一方、栄養分が消化吸収された残りカスは大腸に運ばれ、腸内細菌による発酵・分解が進み、最終的に便になって排出されます。このように、腸は栄養分を消化吸収する働きをします。しかし、運ばれてくる食べものにはさまざまなウィルスや細菌が付着しているので、腸のなかは数多くのウィルスや菌にさらされています。つまり、腸はこうした有害物質を体内に吸収してしまいやすい場所ともいえるのです。そのため、腸には身体にある免疫細胞の60~70%が集まっています。有害な物質が腸から体内に吸収されてしまわないように、腸内では免疫細胞が24時間365日休みなく有害な細菌やウィルスをブロックして守ってくれているのです。腸内の、特に免疫細胞が多く集まっている場所を「パイエル板」(免疫細胞をつかさどる器官)といいます。パイエル板は小腸の内側にあり、繊毛が少なく平らになっている部分です。腸に病原体が入ってくると、パイエル板の表面にある粘液でおおわれた細胞が反応し、病原体をパイエル板のなかに取り込んで、免疫細胞に引き渡してやっつけてくれます。さらにパイエル板は、病原体をブロックする抗体を多くつくり出す場所でもあります。このパイエル板は腸内に多数存在しており、まさに腸は免疫システムの集合体なのです。アレルギーは免疫システムの乱れです。近年の研究で、乳酸菌がこの免疫システムを調節してくれることが分かりました。花粉症対策は様々ですが、その一つとしてサプリメントの活用をご検討ください。花粉症対策に人気のあるサプリメント人気商品には「乳酸菌」を配合したものが多いようです。① アレルライトハイパー(日清食品)はリフレクト乳酸菌(T-21株)、② 酒蔵の乳酸菌 米のしずく(菊正宗)はライスパワー乳酸菌 LK117、③ アレルナイトプラス(オリエンタルバイオ)は植物性ラクトバチルス乳酸菌、④ まもり高める乳酸菌(ハウス)は乳酸菌L-137、そして、⑤ アレルケアはL-92乳酸菌を、それぞれ配合しています。乳酸菌はプロバイオティクスであり、腸内細菌叢のバランスを改善し、身体によい作用をもたらします。抗生物質は菌を殺して身体を守りますが、プロバイオティクスは身体によい菌を増やすことで健康を守ります。 生きたまま腸まで辿り着いた乳酸菌が、そこで乳酸などの代謝産物を産生する?そして、この産生物が我々にとって有益な健康効果をもたらす?有益な健康効果をもたらすのは生きて腸に辿り着いた乳酸菌の代謝産物だから、当然、花粉症対策サプリに配合されている乳酸菌は、 生きたまま腸まで届いている?ところが、 腸内細菌研究の第一人者である光岡博士は、「摂取した乳酸菌は腸内には定着しない」と言います。すなわち、腸内細菌研究の第一人者である光岡氏らの研究によれば、 乳酸菌は胃酸などで死滅させられるため、ほとんど生きて腸まで到達しません。さらに、 生きて到達することができた菌も、先住民である善玉菌に阻まれて、定着することはできません。勿論、腸内で増えることもできません。 乳酸菌の摂取により、腸内のビフィズス菌が増えウェルシュ菌や大腸菌などの有害菌が減少して腸内菌叢のバランスが改善されます。これにより、糞便水分含量が増加し、糞便の色調などが改善され便秘の予防につながり、その結果、糞便中の腐敗性生成物も減少することが明らかにされています。つまり、乳酸菌を摂取すると、摂取している期間中は糞便から摂取菌が検出され、摂取後は検出されなくなります。よく広告では『この乳酸菌は生きたまま腸に届き、健康によい効果がある』と述べられ、「摂取した乳酸菌が腸内で増殖する」ような印象を与えますが、これは誤りです。乳酸菌が生きたまま腸に届いたときは、 生きたまま腸内細菌叢を通過するのであって、腸内で増殖するのではありません。摂取を止めると摂取した乳酸菌はすべて糞便とともに排泄されてしまいます。それでも、乳酸菌などのプロバイオテクスは、人体に良い影響を与えます。乳酸菌は腸内環境を整えるだけでなく、以下のような嬉しい効果をもたらします。・免疫力強化・花粉症予防・アレルギー症状改善・肌荒れ改善すなわち、乳酸菌には「花粉症予防効果」があります。ただし、乳酸菌は薬ではなく食品ですから、すぐに効果を発揮するものではありません。最低でも2週間は同じ種類の菌をとり続けてください。確かに、乳酸菌は花粉症対策に有効ですが、あなたは乳酸菌だけで満足ですか?乳酸菌に関連する機能性食品は、プロバイオティクスとプレバイオティクスおよびバイオジェニックスの3つに分類することができます。これらの中で、 プロバイオティクスとプレバイオティクスは、主に腸内フローラを改善することにより、さまざまな保険効果を示すとされています。プロバイオティクスは生きた微生物ですから、生きて腸内に到達しなければ、効果を発揮できません。なお、死菌も善玉菌の餌になるので有用とされますが、これはプレバイオティクスと同様であり、プレバイオティクス的効果といえます。これに対して、バイオジェニックスは、「体全体に直接作用し、腸内の免疫機能(腸管免疫)を刺激したり、コレステロール・血糖・血圧を安定させたりして生活習慣病や老化を防止する食品成分の総称」であり、「死菌を含めた乳酸菌の菌体成分が腸管免疫を刺激することで生体活性を促し、腸内フローラにも好影響を与える」ことになり、一度に高濃度の菌を摂取すると腸管免疫を直接刺激するので、より大きな効果を期待できます。生菌を多く取ろうとすると、ヨーグルトや乳酸菌飲料の大量摂取が必要ですが、バイオジェニックスの発想により「死菌でも構わない」とすると、長期間発酵させた乳酸菌生成物を加熱処理し、錠剤などにすることも可能です。そうすれば「兆」を超える単位の菌が簡単に摂取できるようになります。これが乳酸菌生産物質なのです。サプリメントにすれば、体調が悪いときや病気の予後に使えるようになるでしょう。すなわち、体外で作られた乳酸菌生産物質および乳酸菌の死菌が、プロバイオティクス以上の効果を奏することが判明し、とりわけ「乳酸菌生産物質」が注目されております。プロバイオティクスから始まった日本の機能性食品の研究は、バイオジェニックスへとたどり着いたことで、新たな段階へ突入しております。乳酸菌生産物質として評価の高い天然美通をお勧めいたします。天然美通の公式サイト↓↓↓ 自分磨きサークルブログを更新したらここで報告ブログランキング応援サークル

      95
      テーマ:
  • 12May
    • 【バイオジェニックス】乳酸菌生産物質はバイオジェニックスの代表格です

      乳酸菌生産物質は、ビフィズス菌や乳酸菌が人の腸内で毎日生産している物質です。すなわち、善玉菌が腸内で作り出している機能性食品のことです。乳酸菌生産物質は、 プロバイオティクス、プレバイオティクスおよびバイオジェニックスからなる、 乳酸菌に関連する機能性食品のなかで、バイオジェニックスに分類されます。バイオジェニックスは、下表の通り、腸内フローラを介することなく身体に直接作用することもできます。この点で、 腸内フローラを介してしか働くことができない、プロバイオティクスやプレバイオティクスとは大きく異なります。3者の違いを示す一覧表 プロバイオティクスとは、人の健康に働きかける生きた微生物(細菌や酵母など)のことです。ところが、プロバイオティクスは、実は胃酸などによりほとんど死滅させられてしまいます。万一、小腸・大腸にまで到達できても、今度はそのほとんどが先住民である腸内細菌により拒絶され、やはり死滅させられます。もっとも死滅したからといって、無駄になるわけではありません。後述のプレバイオティクスと同様に善玉菌の餌となり、腸内フローラを善玉菌優勢にさせます。ただし、これはプロバイオティクス的効果とは言えず、バイオジェニックス的効果と言うことができます。対して、バイオジェニックスは、腸内フローラを介さずとも多種・多様な働きを体にもたらす食品成分なのです。バイオジェニックスは、体全体に直接作用することで、腸内の免疫機能を活発化したり、コレステロールや血糖や血圧を安定させたり、活性酸素を減らす働きがあります。したがって、バイオジェニックスこそが、「生活習慣病や老化の防止に有望だ」という考え方が広まりつつあります。特に、乳酸菌の作り出す物質(即ち乳酸菌生産物質)は、直接腸内の免疫機能を刺激することで体全体の機能活性を促し、結果的に腸内フローラにも良い影響を与えます。 ここで、是非、考えていただきたいことがあります。プロバイオティクスとプレバイオティクスは、腸内フローラを介して、人の健康に働きかけております。対して、バイオジェニックスは、 腸内の免疫機能を介することなく働くこともできるということです。例えば、花粉症対策としてヨーグルトが有効であるといわれております。これはその通りであり、ヨーグルト(プロバイオティクス)の摂取は、腸内の善玉菌の増加を促しますから、花粉症に対する免疫力を向上させる可能性があります。つまり、プロバイオティクスやプレバイオティクスの摂取により、花粉症に対する免疫力を向上させることができるかもしれません。ところが、花粉症を発症するということは、 本来、花粉症に対する免疫力が弱い腸内フローラの宿主である可能性があります。つまり、腸内フローラ中の善玉菌、悪玉菌の数は大きく変動いたしますが、 その菌の種類は生涯変わりません。花粉症を発症した人(宿主)は、 花粉症を発症しやすい腸内フローラの持ち主であるかもしれないのです。だから、ヨーグルトを摂取することにより花粉症に対する免疫力を向上することを試みるよりも、バイオジェニックスの摂取により、腸内フローラを介することなく、直接的に花粉症に対する免疫力を向上させるほうが確実性があるのです。この乳酸菌生産物質は、人間の健全な腸内環境を人為的に作り出した環境下、つまり“研究室や工場”で作りだすことができます。すなわち、乳酸菌生産物質は体外で作り出すことができます。なお、プレバイオティクスは、腸内に棲みついている善玉菌の増殖を促し、 腸内フローラのバランスを整える食品成分のこと(簡単に言うと善玉菌の餌になるもの)で、 腸内フローラを善玉菌優勢にさせるものです。 バイオジェニックスの機能性食品としての作用機序上述の免疫機能の活発化(=免疫刺激)による体全体の機能活性は、下図のような作用メカニズムで表すことができます。バイオジェニックスを中心に捉えてみると、腸内フローラ改善と免疫刺激が、相互に影響し合いながら生体機能活性を高めていくことが分かると思います。 バイオジェニックス(特に乳酸菌生産物質)は、プレバイオティクスやプロバイオティクスとは違って、これまでの腸内フローラ改善だけに留まらない生体機能活性をもたらす特性を有しています。 乳酸菌生産物質は、プロバイオティクスの進化した形であり、プレバイオティクスなどと組み合わせて摂取することにより、生活習慣病予防や代替医療、健康維持、長寿に貢献いたします。天然美通は、厳選した大豆を選び抜かれた乳酸菌を用いて2年以上もの時間をかけて発酵・熟成させることにより製造された乳酸菌生産物質です。この乳酸菌生産物質によれば、直接的にあるいは間接的(腸内フローラを介して)に、免疫力をアップさせることができます。↓↓↓自分磨きサークルブログを更新したらここで報告ブログランキング応援サークル

      154
      テーマ:
    • ホームレスのおっさんを生活保護したらウ〇チこいて逃げられた話

      お金は他人や社会に影響力を及ぼせるツールでもあります。例えばビル・ゲイツやウォーレン・バフェットは、 これまでに数百億ドルにものぼる寄付を行い、難病の克服や教育支援、途上国の貧困解消に多大な貢献をしています。僕は富豪というわけではありませんが、 何の因果か20代のうちに個人で3億円以上稼いでしまったので、 数人程度の生活なら無理なく支えることはできます。借金生活のどん底にいた両親を救い出すことができましたし、 本当に困っている友人を助けることもできました。 以前、反響が大きかった記事のひとつに、 「ホームレスのおっさんを生活保護した話」 というのがあります。昔僕がカラオケ屋でアルバイトをしていた頃、 仲良くしていた先輩がいたのですが、 ある日久しぶりに連絡を取ってみたらホームレス化していたので、 東京に部屋を借りてあげて生活再建を手伝ったときの話です。今でもときどき、「あのホームレスの先輩はどうなったの?」 と聞かれることがあります。そこで、今回はそのホームレスだった彼の後日談でも書いてみようと思います。はたして彼は無事生活再建を果たしたのか・・・?結論から言うと、逃げられました。現在音信不通です。彼が生活再建できるよう色々手伝ったのですが、 ちょっと僕の手には負えませんでした。着の身着のまま、所持金数十円と煙草数本と ライターだけ持って東京にやってきた先輩に、 僕はまず1Kの小さな部屋を借りてあげました。先輩は住所不定無職で保証人もいないので、 まともな物件は審査に通りません。なのでとりあえず僕名義で部屋を借りて、 先輩がアルバイトなりなんなりして生活が安定したら、 改めて自分で住む部屋を探してもらおうと思いました。家財道具や、携帯や、就職活動のための服なども僕が買いました。当面の生活費も貸しました。使っていなかったパソコンも譲りました。そのうち収入が入るようになったら、 月1万ずつでもいいので気長に返してくれと言っていました。 (別に催促する気もありませんでしたが)先輩は鬱の影響かコミュニケーション能力が劇的に低下していて、 会話がかみ合わなかったり、手がプルプル震えたりしてました。僕が渡したお金でときどき1円パチンコとかしてたので、 (あれ? この人ちょっとクズ化してるかも・・・) と思いましたが、まあ息抜きも必要だと思い、大目に見てました。僕が知っている先輩は面倒見も良かったし、 仕事もそこそこ真面目だったし、快活で話も面白い人だったので、「生活が安定しさえすればまた元の状態に戻ってくれるだろう」「今は病気の影響でちょっと変なだけだ」と思ってました。人間短期間でそんなに変わるわけないと思ってました。さすがにバイトの面接は落ちまくりましたが、 1ヶ月くらいかかって、どうにかダイソーで働けることになりました。就職祝いということで焼肉を一緒に食べました。週5で働くということだったので、給料が入るようになれば、 僕が援助しなくても最低限の生活は送れるようになるだろうと思いました。それからもちょくちょく先輩に会って様子を聞きましたが、 仕事は大変だと言いながらも、同僚の話やお客の話を色々としてくれるので、 一生懸命やっている様子が窺えました。実際コミュニケーション能力や プルプル震える症状も改善の兆しが見られたので、 特に不安や疑問もありませんでした。ところが、2ヶ月経っても、3ヶ月経っても、 やたらと先輩がお金を借りにきます。一回一回は小さな金額なのですが、 さすがにもう給料は支払われただろうという時期になっても まだお金を借りに来ます。不思議に思って理由を聞くと、「祖母が亡くなって急きょ鳥取に帰らなくてはならなくなり、交通費がかさむ」「祖母は一人暮らしだったので自分が喪主になることになり、 葬式をあげなければならず、しぱらく出費が続く」「葬式の準備で忙しく、あまりバイトをすることができない」などといった答えが返ってきました。まあそういう理由であれば仕方がないなと思い、 その後も何度かお金を貸し、家賃も僕が払い続けていました。それから2ヶ月くらい経って、 先輩がダイソーのバイトを辞めたと言ってきました。代わりに深夜のコンビニとラーメン屋のバイトを始めたそうです。そちらのほうが自宅に近いし、時給も高いということでした。彼から聞いた時給や勤務時間から推察すると、 最低でも月20万円以上の収入にはなる計算です。いよいよ先輩もこれで自立できると僕も安堵しました。ところが。それから2~3ヶ月経っても、 やっぱり先輩がお金を借りにくるのです。しかも最初は1万や2万だったのに、 今度は「5万円貸して」など、徐々に金額が大きくなっていきます。これまで先輩に費やしたお金もゆうに100万円を超えていました。また、先輩に携帯を買ってあげた当初は、 彼はよくネットサーフィンをしたり、 無料のゲームをやったりしていたのですが、 この頃めっきり携帯を触っている姿を見かけなくなりました。僕がLINEをしても、電話をしても全く繋がりません。携帯料金が払えなくて止められたのだろうと僕は思っていました。(携帯の名義は先輩にしていました)先輩はたまにふらりとうちにやってきては、 申し訳なさそうにお金を無心して帰っていきます。僕が旅行などで1ヶ月近く家をあけたことがあるのですが、 その間お金を借りれなかった先輩は一気に激痩せしていました。どうやらほとんどご飯を食べれていなかったようです。(ラーメン屋で賄いが出ると言っていたのですが・・・)この辺りで、「あれ? この人ほんとにちゃんと働いてんのかな?」という疑惑が首をもたげました。給料日だと言っていた日にまた先輩がやってきて、 お金を返してくれるのかと思いきや、「給料は振り込まれたけど、銀行のキャッシュカードが割れてお金がおろせない」「鳥取の銀行だから直接銀行に行くこともできない」などとのたまいます。しかし僕もその銀行口座は持っていて、 東京にも一店だけ支店があることを知っていました。先輩にはすぐにその支店に行ってもらおうと思ったのですが、 ホームページで調べたら、キャッシュカードの再発行には 本人確認資料や通帳が必要だそう。先輩は家を追い出されて何も持たずに東京にやってきていたし、 住民票も移していなかったので、必要な書類を準備できません。銀行に問い合わせてみても本人確認できなきゃ無理だというので、 鳥取にいるという先輩の弟に住民票を代理で取得してもらって、 それを郵送してもらうということになりました。「再発行までにだいぶ時間がかかりそうだから、 申し訳ないけど食費だけ貸してほしい」僕はまたしぶしぶ先輩に数千円渡しました。この頃の僕の最大の悩みはもはや先輩でした。僕は基本的に人に貸すお金は返ってこなくてもいいものとして貸すので、 別に先輩がお金を返してくれなくてもいいのですが、 今後も永久にお金を無心され続けたり、 家賃を払い続けたりするのはごめんです。生活再建を手伝おうにも、 本人とろくに連絡も取れず、 働いているかどうかも、働く気があるかどうかも分からない状態では、 次の打ち手を考えることもできません。本当に働いているかどうか、 色々探りも入れてみたのですが、 先輩が嘘とは思えないくらい流暢に職場の話をするので、 いまいち判別がつきません。キャッシュカードの再発行が終わっているはずの時期になっても、 先輩はやってきませんでした。このままではらちが明かないと思って、 事情を知っている友人に付き合ってもらい、 彼が働いているというバイト先に行ってみることにしました。(お店の名前は聞いていました)先輩は僕の家の近くに住んでもらっていたので、 バイト先もそんなに離れてはいません。コンビニとラーメン屋で働いているということだったので、 まずはコンビニの方に寄ってみました。店内に入って、ざっと見渡しても先輩は見当たらなかったので、 レジにいる店員さんに「○○さんって働いてますか?」と訊いてみたら、店員さんは怪訝そうに、「僕は1年以上ここで働いているけど、 そんな人は見たことも聞いたこともないですね」と言いました。やっぱり働いてなかったかー、と僕はがっくり力が抜けました。続いてラーメン屋の方に向かいました。先輩はよく店でどんなふうにラーメンを作っているかを教えてくれたので、 もしかしたらこちらでは働いているかもしれないと、 淡い期待を抱いていました。お店に入って、若い女の店員さんに、 「○○さんっていう人働いてますか」と訊きました。外国人らしい店員さんは、 質問の意味がよく分からないらしく困った顔をしていましたが、店の奥から店長っぽいおじさんが、「そんな人雇ったことないよ!」と怒ったように返してきました。しかもよく見たら、このお店ラーメン売ってないし。台湾料理屋だし。仕方ないので友人とビールを飲みながら 豚の角煮と牡蠣の土手煮を食べました。(激ウマでビビりました) 池ノ上『光春』もはや先輩が働いていないことが確定したので、 問いただすために先輩の家に向かいました。しかし玄関を叩いてみても応答がありせん。時間を変えてもう一度行きましたが、やっぱり応答がありません。電気もずっと真っ暗でした。「自殺でもしてるんじゃないの?」と友人が言うので、 僕も若干不安になりました。とりあえずその日は、 「大事な話があるから○日にうちに来てくれ」 と置手紙をして帰りました。その日にやってこないようだったら、 大家さんに連絡して鍵を開けてもらおうと思いました。(今思えば部屋を借りたときに合鍵を作っておくべきでした)幸い、指定した日に先輩はやってきました。僕がバイト先に行ったというと、先輩はようやくすべて白状しました。ダイソーでは少しだけ働いたが、 すぐに精神的に辛くなって辞めてしまったこと。僕から借りたお金だけで食いつないでいたこと。僕が買ってあげた携帯も、譲ってあげたパソコンも、 お金に困って早々に売ってしまったこと。祖母の葬式の話も、割れたキャッシュカードの話も嘘だということ。電気もずっと止まっていること。僕が先輩の家を訪れたときは居留守を使っていたこと。鬱が辛くて今後も働くのは難しいということ。なんですぐばれるしょーもない嘘をついたのか聞いたら、 とにかく僕から目先のお金を借りるのに必死だったということでした。さすがの僕もお手上げです。先輩の自力の生活再建は無理と判断し、 生活保護の申請をすることにしました。友人がすぐに生活保護支援をやっているNPOに電話してくれて、 その日のうちに相談に行くことになりました。NPOの事務所は一見普通のマンションでした。チャイムを鳴らすとすぐに一室に通され、ソファに座って少し待たされました。本棚には労働問題とか格差問題とかの書籍がずらりと並んでいました。生活保護者支援の他にも、企業から不当労働行為を受けた 労働者の支援なども行っているようです。やがて20代の若い男性がやってきて、詳しい事情を訊かれた後、 生活保護制度の詳細を解説してくれました。生活保護を受けるには、 以下の4つの要件を満たさなければならないということでした。1、資産がないこと2、生活に足る収入がないこと3、援助してくれる身内、親類がいないこと4、働けない事情があること逆に言えば、この4要件を満たしているなら、 国は申請者に必ず保護を認めなければならないということです。別に住所不定でもいいし、住民票がある地域で申請しなくてもいいそうです。先輩の場合、資産は皆無だし、現在収入もありません。両親はすでに亡く、親族との交流もなく、 唯一の身内の弟とも険悪な仲で、まず援助は期待できません。鬱病や拒食症の診断を受けているので、4の部分もクリアです。申請しさえすればまず審査は通るだろうとNPOの人も言っていました。(別に診断書を提出したりする必要はない、というのには驚きました)受給できる金額は、東京の場合、生活費として月約8万円。このほかに月53,700円まで家賃が補助されるようです。その他、医療費や一部バス代は無料になる他、 引っ越し費用、最低限の家財道具の購入費用なども支給されます。(あと就活のための費用や、資格取得のための費用なども支給されます)申請すると審査がおりるまでに10日前後かかりますが、 その間生活が苦しければ、保護費を数千円ですが前借りすることもできます。ただ自治体によっては、窓口に訪れた人に、 生活保護の申請をさせずに追い返してしまうケースもあるそうです。(申請をさせると保護を認めざるを得なくなるため)申請する日はNPOの人が福祉事務所に ついてきてくれることになりました。万一事務所側が申請を拒否するような素振りがあれば、 代わりにバトルしてくれるそうです。僕は用事があって申請にはついていけなかったのですが、 先輩の話によれば、生い立ちとか交友関係とか資産状況とかを かなり詳しく訊かれたそうです。(軽く半日かかったそうな)その後待つこと数日。先輩から連絡があって、無事保護決定通知書が届いたそうです。今後先輩は、その気になれば半永久的に月13万円程度 国から受け取り続けることも可能になります。ちなみにバイトとかして収入を得ると、 それに応じて保護費が減ってしまうため、 一度保護を受けた人はますます働く意欲をなくして、 保護から抜け出せなくなる人が多いそうです。65歳くらいになると働くよう催促されることもなくなり、 病気か寿命で死ぬまで保護費や医療費が支給されます。仮に月13万円を50年間受け取り続けると・・・7800万円!医療費とかも含めたら、1億円くらい支払われる計算になります。生活保護受給者数は現在200万人以上。近年加速度的に増えているようです。 そりゃ国の社会保障費も大変なことになるわ・・・。どうしても自力で生活できない人はいるので、 生活保護制度をなくすべきとは思いませんが、 実際に生活保護を申請してみて、 この制度は結構ずさんだなーというのは感じました。生活保護の要件の、3、援助してくれる身内、親類がいないこと4、働けない事情があることこの辺りはその気になれば簡単に偽装できちゃうし。(診断書とかいらなかったし、援助できる身内がいても、 「私は援助しません」って身内が言い張れば通る模様。 それ、口裏合わせられたら終わりやん・・・)何はともあれ、今後は家賃が支給されるので、 先輩は新しい部屋を借りることになりました。しばらく不動産屋を回っていたようですが、 やがて新しい部屋が見つかったと先輩から報告を受けました。僕が借りている部屋は解約することになったので、 それまでに部屋を掃除して、鍵も返してくれるようお願いしました。ところが、この頃から先輩がぱったりやってこなくなりました。新居にもう引っ越してしまったのか、家に行ってもいません。僕は彼が引っ越した先の住所を知らないし、 彼は携帯も持っていないので、連絡手段もありません。 鍵も返してもらっていません。退去の日には立ち会って、管理会社に鍵を返す必要があるので、非常に困りました。仕方なく管理会社に事情を話して、鍵を持ってきてもらうことにしました。部屋の中には入れないため、 先輩がちゃんと部屋を綺麗にしていったかどうかも分かりません。まあさすがに掃除くらいはしていくだろうと思いましたが・・・退去の日、部屋に向かうと、道路に車が止めてあって、 管理会社の人が先に来ているようでしてた。部屋のドアがあけ放されてあって、 その近くで管理会社のおばちゃんが 腕組みしながら怖い顔で仁王立ちしてました。目が合ったので、 「部屋、大丈夫でした?」 と僕は訊きました。「大丈夫じゃないです」 おばちゃんが怒った声で言いました。「トイレ見てください」僕が恐る恐る部屋に足を踏み入れると、 これまで経験したことのないような、 猛烈な悪臭が鼻をつき刺しました。いたるところに蠅がぶんぶんしていました。臭いの発生源はトイレでした。トイレはひときわ蠅がたくさんいて、 もはや息ができませんでした。便器の蓋は閉まっていました。恐る恐る蓋を開けると・・・ナンデヤネン!(ノ`△´)ノ ┫:・’∵:.┻┻:・’.:∵なみなみと溜まった山盛りウ○チ。容量的にもはや限界。 あと一回やったら絶対溢れるレベル。しかも先輩が引っ越してから2週間は軽く経っています。ここしばらく春のポカポカとした陽気が続いていました。完全に熟成されています。僕はそっと便器を閉じて、おばちゃんの所に戻りました。そりゃおばちゃんも怒ります。多分長く不動産業をやっていても、 至近距離で山盛りう○ちを拝む機会はめったにないでしょう。一応、他人に部屋を貸していた僕の責任もあるので、平謝りしました。「トイレを綺麗にしてからもう一度呼んでください!」おばちゃんはプリプリしながら帰っていきました。綺麗にすると言っても、困りました。水が止まっているわけではないようだったので、 多分詰まったのをそのまま放置したのだろうと思いました。この状態で便座のレバーを倒して水を流したら、 茶色いナイアガラの滝が出現します。僕の手には負えないので、業者を探すほかありません。携帯で都内の業者を調べて何件か電話し、 即日対応できそうなところに依頼しました。異臭が充満する部屋で待っていたくはないので、 その間近くの喫茶店に避難します。2時間くらい待って、ようやく業者から到着したという連絡が入りました。換気のためにドアも窓も開け放していたので、 そのまま作業に入ってもらいました。さらに1時間待って、業者から終わったという連絡が入ったので、 喫茶店を出て部屋に戻りました。業者のお兄ちゃんから6万円請求されました。「半端なく色々詰まってました」「毎日1、2件出動するけど、半年に1回あるかどうかのひどさ」「素人が見たら多分吐きます」とか言われました。先輩が僕に何も連絡せずに黙って引っ越していった理由も想像できました。多分トイレが詰まった時、先輩はインターネットも電話もないので、 業者を探して連絡することが難しかったのでしょう。そのまま生理的欲求に従って排泄を繰り返した挙句、 手の付けられない状況になってしまったのでしょう。そして保護費がおりたとはいえ、 業者に依頼するお金ももったいなかったのでしょう。考えた結果先輩が導き出したのは、 「う○ちを残して黙って去る」 という結論だったのだと思います。もう僕のお金をあてにしなくても生きていけるし。逃げてしまえば僕にこれまでのお金も返さなくていいし。僕は散々支援してきた先輩に う○ちだけ残して逃げられるというあまりの事態に、 頭真っ白になって怒りも湧きませんでした。というか、もはやもう面白かったです。 まるで漫画みたい。業者にお金を払う時、なんでこうなったのかって訊かれたので、 正直にこれまでの顛末を話したら、 「あんまりそういうこと(=知り合いに部屋貸すとか)しない方がいいっすよ」って兄ちゃんに真面目にアドバイスされました。しかも、業者がやってくれたのは詰まりの解消まででした。清掃まではしてくれなかったので、 便器の中は茶色いものがびっしりこびりついていました。相変わらず鼻も曲がりそうでした。このままでは管理会社のおばちゃんを呼べません。この便器を綺麗にしなければなりません・・・。もうすっかり日が落ちていました。電気が止まっているので部屋が暗く、 掃除は明日に持ち越すことにしました。近所のスーパーでトイレブラシとマスクと洗剤とゴム手袋を買いました。夜のうちに便器にクレンザーを力いっぱいぶちまけておきました。翌朝10時に管理会社のおばちゃんがまた見に来るそうなので、 朝のうちに掃除しなければなりません。目覚ましに叩き起こされて、爽やかな朝日の降り注ぐ中、 眠い目をこすりながら便器をこすりにいきました。なんで俺が先輩のフンの後始末をしなければならないのだと、 この辺でようやく腹がたってきました。 例の生活保護申請の時に手伝ってくれた友人が 掃除に付き合ってくれたのが救いでした。(なんていいヤツなんだ!)クレンザーをぶちまけたにもかかわらず、 トイレの中はやっぱり涙が出るほど臭かったです。マスクとゴム手袋で武装して、 トイレマジックリンを一度に使い切る勢いで吹きかけ、 友人が率先してトイレブラシで一心不乱にこすってくれました。(なんていいヤツなんだ!)トイレは見違えるほどピカピカになりました。 これがトイレの本来あるべき姿だよね、うん・・・。トイレブラシは即捨てました。最後に消臭スプレーを一本使い切る勢いで部屋中に撒きました。おばちゃんも綺麗になった便器を見て納得したらしく、 これにて引き渡しは完了となりました。6畳の和室だったのですが、なぜか畳が焦げていて、壁紙も汚れていました。交換費用は敷金から差し引かれるそうです。鍵も交換になるので、それも敷金から差し引かれるそうです。クリーニング費用も含めると、敷金だけでは足りなくて、 1~2万追加の支払いがあるかもしれないということです。最後に、ポストに郵便物がたまっていたので一通りチェックすると、 僕の宛名でBIGLOBEからインターネット未払い料金の請求書が入っていました。延滞金とか色々ついて3万円でした。その後、僕もマンションを引っ越したので、 先輩も僕に連絡をとることはできません。街でばったり会わない限り、 もう二度と会うことはないでしょう。今回の経験で、人の人生を変えるというのは 簡単なことではないなと感じました。彼が望むなら、僕はネットビジネスだって手とり足とり教えたし、 学びたいことがあるならその手段を提供する気もありました。(先輩にもそう伝えました)時間もたっぷりあるのだから、 何かを始める環境としては非常に良かったはずです。しかし先輩は、何も行動を起こそうとはしませんでした。ひたすら何もしない日々を繰り返し、 お金が足りなくなったら借り、徐々に追いつめられ、 最終的に生活保護に落ち着いて、 また何もしない日々に戻りました。結局本人に現状を変える意志や覚悟がなければ、 どんなチャンスや幸運が目の前に落ちていても意味がないのです。まあ僕としても不本意な結果に終わったわけですが、 今回の件で得られた知見もありました。「安易に人にお金をあげちゃいけない」「安易に地元から人を呼んじゃいけない」「安易に人に部屋を借りてあげちゃいけない」「人を助けるということはその人の人生の重みを背負うことになる」「○○してあげている、という意識を持っている限り感謝はされない」「むしろお金を渡すときはこちらが感謝しながら。感謝できない相手ならお金を渡す(使う)べきじゃない」「短期間でも人は変わる(悪い方に)」「クズはいる」「生活保護は凄い」というようなことを学びました。貴重な人生経験です。ブログのネタにもなったし。勉強代100万はちょっと痛いですが・・・。実は他にも友人に部屋を貸しています。その友人は今回の先輩とは比較にならないくらい誠実でいいヤツだし、 彼が近くにいることで僕の人生も確実に幸福度アップしてるので、 少しも嫌な気持ちにならないばかりか、 できることならいつまでも居てもらいたいです。感謝しながらお金を払えます。今回の僕の失敗は、「人生を背負ってもいいと思えるほど先輩は僕にとって大事な存在か?」ということを深く考えなかったことが最大の原因です。だから僕も徐々に先輩の存在がストレスになってしまい、 それが知らず知らず態度に現れて、 先輩の失踪という結果に繋がったのでしょう。しかし、先輩はこの後どんな人生を送るんだろう・・・。「このまま一生ボロい1Kに住んで、信頼しあえる家族も友達もいなくて、 手取り8万のショボイ生活をしながら、孤独に老いて死んでいくのかなぁ。 くそみたいな人生だなぁ。くそだけに」と友人がぼやいていました。一緒に便器をこすった経験からか、 彼も先輩に対してなかなか辛辣な言葉を吐きます。【だいぽんさんのブログから転載】Amazonベストセラーランキング1位を獲得した電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」が無料で貰えます。 さらに、「Prologue Freedom Seminar」という、約2時間の初心者向けセミナー映像も無料で貰えます。↧↧↧自分磨きサークルブログを更新したらここで報告ブログランキング応援サークル

      29
      1
      テーマ:
  • 08May
    • ガンは強いストレス状態で発生するが、新しい免疫学で退治できる

      &amp;amp;amp;amp;amp;amp;lt;span data-mce-type="bookmark" style="display: inline-block; width: 0px; overflow: hidden; line-height: 0;" class="mce_SELRES_start"&amp;amp;amp;amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;amp;amp;amp;lt;/span&amp;amp;amp;amp;amp;amp;gt;by 新潟大学大学院医学部教授 安保 徹ガン患者のほとんどは強いストレスを自覚「福田ー安保理論」に沿って見ていくと、現在、死亡原因の30%を占めているガンも、本来は決して不治の病ではないことが理解できます。自律神経のバランスを整え、 免疫力を高めていけば、ガンとの共存はもちろん、 自然退縮も望めるのです。ところで、これまでの医学では、ガンは食品添加物、紫外線、タバコ、排気ガスなどの外的要因によって遺伝子が傷つき発生すると考えられてきました。しかし、この外的要因説には、 疑問を抱かざるを得ない部分が大いにあります。たとえば厚生労働省によると、肺ガンはタバコを吸っている人が、 吸わない人より10~20倍かかりやすいといわれます。肺がん患者の9割以上が、喫煙している計算です。一方、社会的には禁煙傾向が続いているのに、 肺ガン患者は増加しています。現在は男性のガンの1位、女性のガンの3位を肺ガンが占めますが、ことに女性の場合、ガン年齢者の喫煙率は10%以下でしょうから、実際には、 「タバコを吸わない人に肺ガンが増えている」 としか考えられないわけです。「福田ー安保理論」は、 こうした矛盾に対しても、 正しい答えを導き出してくれました。すなわち、ほかの多くの病気と同様、ガンも心身のストレスという内的要因で発症してくる病気だったのです。実際、ガンの患者さんにストレスの有無を聞くと、「働きすぎの生活を続けていた」 「ひどくつらい思いをした」 「痛み止めを飲み続けてきた」など、 10人中8~9人は強いストレス状態にあったと答えます。外的要因による発ガンは、せいぜい3割程度でしょう。では、働きすぎ、心の悩み、薬の長期使用が 発ガンを促すしくみを、 簡単に説明しましょう。私たちの体内では、毎日ガン細胞が生まれています。しかし、免疫力が十分にあれば、リンパ球がその芽をこまめにつみ取ってくれるので、増殖はしません。この絶妙なバランスを乱し、 ガンを呼び込む体調を作っていくのが、働きすぎ、心の悩み、薬の長期服用などのストレスです。心身のストレスは交感神経を緊張させて、白血球中に顆粒球を増やし、 リンパ球を減らします。過剰に増えた顆粒球は、 活性酸素を放出して組織を破壊します。破壊された組織には、 その後、細胞の分裂・増殖が起こって修復されます。しかし、交感神経の緊張状態が続いて修復がひっきりなしに繰り返されると、細胞核内で細胞増殖を調整している原型ガン遺伝子が異常をきたし、細胞を無限に増殖させるガン遺伝子に変化します。その際、リンパ球が十分に働くことができれば、 ガン化した細胞を攻撃してくれますが、交換神経が緊張していると リンパ球が足りず、力も弱っているため、発ガンを許さざるおえないわけです。ちなみに、 リンパ球にはキラーT細胞、古いB細胞、NK細胞、NKT細胞の 4種類のガンを攻撃する細胞があります。このうちNK細胞はパーフォリン、 NKT細胞はファス分子と呼ばれる物質を 放出してガン細胞を破壊しますが、パーフォリン、ファス分子ともに、 副交感神が優位でないと分泌できません。こうして発ガンのしくみがわかると、 ガンはどう治していけばよいかという道すじも見えてきます。 ガンを治すための4カ条1.生活パターンを見直す働きすぎ、 心の悩みなどのストレスをへらし、 体調がよくなるまでしっかりと休養をとる。また、鎮痛剤を使っている人は中止する。2.ガンの恐怖から逃れるガンは怖い、治らないとおびえると、 交感神経の緊張を招き、治癒が滞る。免疫力が高まれば進行は止まり、 治癒できると信じ、 気楽に付き合うこと。また、転移は治る前兆なので、 起こってもあわてない。3.消耗する3大治療(手術、抗がん剤、放射線治療)は受けない、続けない抗がん剤や放射線治療は白血球を減少させ、 ガンと闘う力を奪うので、すすめられても断り、 現在継続中の人は中止する。どうしても手術が必要な場合は、 最低限の範囲で受ける。4.副交感神経を優位にして免疫力を高める新潟大学名誉教授 安保徹博士の講演動画一覧1.ガンは強いストレス状態で発生するが、新しい免疫学で退治できる2.働きすぎ、悩みすぎ、薬の飲みすぎが免疫力を低下させ病気を呼ぶ/3.腸の免疫力を高める食事法 by安保徹4.体を統合的にとらえ病気を根本的に治す「新しい免疫学」5.腸の免疫力を高める食事法(Ⅱ)6.血流をよくし自律神経を整え膝痛から腰痛、五十肩まで治す7.【安保徹】白血球の自律神経支配の法則8. 透析になりたくなければ医者にかかるな!? 武田・安保見解一致。自分磨きサークルブログを更新したらここで報告ブログランキング応援サークル

      432
      テーマ:
  • 04May
    • 【バイオジェニックス】乳酸菌と乳酸菌生産物質の違い

      乳酸菌が蚕(カイコ)であるならば、 乳酸菌生産物質は繭(マユ)です。まずは乳酸菌とはどういうものなのか?を正確に理解しておきましょう。 乳酸菌とは、糖を分解して「乳酸」を生産することによってエネルギーを作る「細菌の総称」です。具体的には、以下の定義に当てはまるものです。 乳酸菌の定義 形状 棒状又は円柱状の「桿菌」か、球状の「球菌」であること ブドウ糖の代謝 食べたブドウ糖の50%を乳酸として代謝排出すること グラム染色 陽性反応を示す カタラーゼ反応 陰性反応を示す 運動性 自ら動くことはない 安全性 毒性物質を出さない安全性の高い菌 胞子の有無 胞子をつくらない 上記のような定義を持つのが乳酸菌であり、これに対して、乳酸菌生産物質は、乳酸菌の「代謝物の総称」であり、腸内でビフィズス菌などの善玉乳酸菌が作りだしている“物質”のことなのです。乳酸菌そのものを、ヨーグルトや乳酸菌飲料などで取り入れると、腸内環境が整えられて健康に役立つというは間違いではありません。しかし、乳酸菌そのものが腸に入っても、その乳酸菌はもともと腸内に棲んでいた菌ではないため、腸内で増殖・定着することがなかなか難しく、通過菌として体外に排出されてしまうことが多いのです。 乳酸菌の代謝過程が作り出す有用成分が乳酸菌生産物質乳酸菌と乳酸菌生産物質の関係は、蚕と繭の関係と同じです。したがって、乳酸菌生産物質は生きた菌ではありません。乳酸菌生産物質は、もともと腸の中の善玉菌が代謝している物質を摂取することで健康に役立てるという考えのもとに作られております。乳酸菌生産物質を摂取すれば、腸内環境が改善され、有用成分がダイレクトに体内に吸収されます。これに対して、乳酸菌(生菌)そのものが腸に入っても、もともと腸内に棲んでいる善玉菌に阻まれて、腸内で定着・増殖することがなかなか難しいのです。 図解で見る乳酸菌と乳酸菌生産物質の働きの違い両者の働きを簡単に比較すると、以下の図のようになります。 (光英科学研究所ホームページより転載)※プロバイオティクス: 腸内菌のバランスを改善する事によりヒトによい働きをする生きた微生物のこと。※バイオジェニックス :腸内菌を介さなくても多様な働きをする食品成分のこと。私のお勧めする乳酸菌生産物質は、天然美通です。天然美通の公式ページをご覧ください↓↓↓ バイオジェニックス記事一覧1.乳酸菌に関する機能性食品の分類2.乳酸菌生産物質はバイオジェニックスの代表格3.光岡知足博士によるバイオジェニックス論4.乳酸菌生産物質とは?5.腸内フローラと乳酸菌生産物質の関係6.共棲培養とは?7.乳酸と乳酸菌生産物質の違い8.ヨーグルト・乳酸菌・乳酸菌生産物質の歴史9.乳酸菌に関する機能性食品の作用機構10.乳酸菌と乳酸菌生産物質との違い11.天然美通 Q&A自分磨きサークルブログを更新したらここで報告ブログランキング応援サークル

      382
      テーマ:
    • 【バイオジェニックス】光岡知足博士によるバイオジェニックス論

      「バイオジェニックス」とは何でしょうか?それは腸内細菌の健康への影響および効果研究の第一人者である、 東京大学名誉教授の光岡知足先生が近年提唱された言葉です。 光岡先生の文献による定義では、バイオジェニックスとは、 直接または腸内フローラを介して 「免疫賦活効果、抗アレルギー効果、コレステロール低下効果、血圧降下、下痢改善、便秘改善、ガン予防、糖尿病予防、高脂血症予防、老化制御などに効果的に働く成分」 のことです。 そして、バイオジェニックスの代表格と言えるものが、「乳酸菌生産物質」です。 本来の乳酸菌生産物質は、乳酸菌が人の腸内で生産している物質、 すなわちビフィズス菌・乳酸菌などの善玉菌が人の腸内で日々作り出している、 人の健康を正常に維持させる効果のある物質のことです。 たとえば乳酸菌が「蚕(カイコ)」だとすれば、 乳酸菌生産物質は、それから生糸がとれる「繭(マユ)」のことです。 この乳酸菌生産物質には、 乳酸菌を用いて正常な腸内環境に近い条件の下、 体外で(具体的には研究室や工場で)作り出したものも含まれます。 バイオジェニックスには、他にも、 ビタミン、生理活性ペプチド、ポリフェノール、DHAなどの食品成分が含まれますが、 これらの機能成分はいずれも単一効果しかないものであって、 乳酸菌生産物質のような総合的な効果を持ち合わせておりません。では、何故、そんなに効果のある物が、 世の中に広く利用されてこなかったのでしょうか?安全性に関しては、 100年前にノーベル賞を受賞したメチニコフが「乳酸菌による不老長寿説」を唱えてから、 食経験上誰もが安全であるということは知っていますので、 まったく問題はありません。実は、そこには意外な高い障壁があったのです。それは学術界において、 「生きた乳酸菌の効果」に特化した研究が続けて来られたことにあります。 これは、研究初期の段階で、学術界が乳酸菌飲料メーカーと結びついてしまったからでしょう。 乳酸菌の効果を立証する研究でなければ、十分な資金を得られないという場合があったかもしれません。 そして、「プロバイオティクス効果」として多くの研究がなされてきました。 しかし、それは単に乳酸菌の効果を追究しただけのものですから、 「乳酸菌が人の体の中でどのように働くか?」を明らかにしたものに過ぎません。 その研究成果だけでは、「人の健康に効果的なものを作る」ことはできません。現在では、「乳酸菌は生きていても死んでいてもその効果には変わりはない」 むしろ、「乳酸菌が発育するときに代謝物質として菌外へ放出する物質と、菌体成分自体に効果がある」という学術論が主流になっています。バイオジェニックスの代表格である「乳酸菌生産物質」は、「人々の健康を守る効果のあるもの」としてなくてはならないものなのです。 私のお勧めする乳酸菌生産物質は、天然美通です。 天然美通の公式ページをご覧ください↓↓↓ 自分磨きサークルブログを更新したらここで報告ブログランキング応援サークル

      46
      テーマ:
    • 【バイオジェニックス】乳酸菌生産物質はバイオジェニックスの代表格です

      乳酸菌生産物質は、ビフィズス菌や乳酸菌が人の腸内で毎日生産している物質です。 すなわち、善玉菌が腸内で作り出している機能性食品のことです。乳酸菌生産物質は、プロバイオティクス、プレバイオティクスおよびバイオジェニックスからなる、乳酸菌に関連する機能性食品のなかで、バイオジェニックスに分類されます。バイオジェニックスは、下表の通り、 腸内フローラを介することなく身体に直接作用することもできます。この点で、腸内フローラを介してしか働くことができない、プロバイオティクスやプレバイオティクスとは大きく異なります。3者の違いを示す一覧表 プロバイオティクスとは、人の健康に働きかける生きた微生物(細菌や酵母など)のことです。ところが、プロバイオティクスは実は、胃酸などによりほとんど死滅させられてしまいます。万一、小腸・大腸にまで到達できても、今度はそのほとんどが先住民である腸内細菌により拒絶され、やはり死滅させられます。もっとも死滅したからといって、無駄になるわけではありません。後述のプレバイオティクスと同様に善玉菌の餌となり、腸内フローラを善玉菌優勢にさせます。ただし、これはプロバイオティクス的効果とは言えず、バイオジェニックス的効果と言うことができます。対して、バイオジェニックスは、腸内フローラを介さずとも多種・多様な働きを体にもたらす食品成分なのです。バイオジェニックスは、体全体に直接作用することで、腸内の免疫機能を活発化したり、コレステロールや血糖や血圧を安定させたり、活性酸素を減らす働きがあります。 したがって、バイオジェニックスこそが、「生活習慣病や老化の防止に有望だ」という考え方が広まりつつあります。特に、乳酸菌の作り出す物質(即ち乳酸菌生産物質)は、直接腸内の免疫機能を刺激することで体全体の機能活性を促し、結果的に腸内フローラにも良い影響を与えます。 ここで、是非、考えていただきたいことがあります。プロバイオティクスとプレバイオティクスは、腸内フローラを介して、人の健康に働きかけております。対して、バイオジェニックスは、腸内の免疫機能を介することなく働くこともできるということです。例えば、花粉症対策としてヨーグルトが有効であるといわれております。これはその通りであり、ヨーグルト(プロバイオティクス)の摂取は、腸内の善玉菌の増加を促しますから、花粉症に対する免疫力を向上させる可能性があります。つまり、プロバイオティクスやプレバイオティクスの摂取により、花粉症に対する免疫力を向上させることができるかもしれません。ところが、花粉症を発症するということは、本来、花粉症に対する免疫力が弱い腸内フローラの宿主である可能性があります。つまり、腸内フローラ中の善玉菌、悪玉菌の数は大きく変動いたしますが、その菌の種類は生涯変わりません。花粉症を発症した人(宿主)は、花粉症を発症しやすい腸内フローラの持ち主であるかもしれないのです。だから、ヨーグルトを摂取することにより花粉症に対する免疫力を向上することを試みるよりも、バイオジェニックスの摂取により、腸内フローラを介することなく、直接的に花粉症に対する免疫力を向上させるほうが確実性があるのです。この乳酸菌生産物質は、人間の健全な腸内環境を人為的に作り出した環境下、つまり“研究室や工場”で作りだすことができます。すなわち、乳酸菌生産物質は体外で作り出すことができます。なお、プレバイオティクスは、腸内に棲みついている善玉菌の増殖を促し、腸内フローラのバランスを整える食品成分のこと(簡単に言うと善玉菌の餌になるもの)で、腸内フローラを善玉菌優勢にさせるものです。 バイオジェニックスの機能性食品としての作用機序上述の免疫機能の活発化(=免疫刺激)による体全体の機能活性は、下図のような作用メカニズムで表すことができます。バイオジェニックスを中心に捉えてみると、腸内フローラ改善と免疫刺激が、相互に影響し合いながら生体機能活性を高めていくことが分かると思います。 バイオジェニックス(特に乳酸菌生産物質)は、プレバイオティクスやプロバイオティクスとは違って、これまでの腸内フローラ改善だけに留まらない生体機能活性をもたらす特性を有しています。 乳酸菌生産物質は、プロバイオティクスの進化した形であり、プレバイオティクスなどと組み合わせて摂取することにより、生活習慣病予防や代替医療、健康維持、長寿に貢献いたします。私の推奨する乳酸菌生産物質は、天然美通です。天然美通の公式ページをご覧ください↓↓↓

      22
      テーマ:
  • 03May
    • ユーグレナは独自成分「パラミロン」を含んでおります

      ユーグレナに含まれる「パラミロン」は、 アガリクスなどのキノコ類にも含まれているβ-1,3グルカンの一種で、 ユーグレナに特有の天然物質です。これは、ユーグレナだけにしか含まれていないと言われる大変貴重な成分で、ユーグレナの総重量の約10%を占めています。光合成によってつくられた糖を効率よく貯蔵するために作られていると考えられており、この成分は螺旋(らせん)が絡まったような複雑な構造になっています。表面には無数の小さな穴(ミクロホール)が開いており、中性脂肪やコレステロールなどの不要物を取り込むことが可能と言われています。例えると、パラミロンの構造は炭のようなものです。炭は、表面にある多くの溝が臭みの原因となるものを吸い取っているので、消臭効果が高いことが知られていますね。炭の場合は大気中にある悪臭の原因を吸い取っていくのですが、パラミロンの場合は中性脂肪やコレステロールなどの不要物を吸い取っていくのです。パラミロンは食物繊維であり、 消化されにくいので、腸で吸収されずに便となって体外へ排出されます。また、パラミロンは油分などの不要な物質を排出するだけでなく、プリン体を摂取した時の吸収を抑制します。したがって、痛風予防効果や尿酸値を下げる効果があります。そして、人体に入った有害重金属を排出する作用も持っており、便通を改善して腸の働きを良くする効果があるほか、腸管の粘膜細胞を刺激して免疫機能をアップさせる効果もあります。他にも様々な働きをすることがわかっており、機能性食品としての活用が期待されています。

      141
      テーマ:
    • ユーグレナは59種類もの栄養素をバランス良く含んでいます

      その内訳は、 ビタミン14種類、 ミネラル9種類、 アミノ酸18種類、 不飽和脂肪酸11種類、 パラミロンなどの特殊成分7種類です。59種類もの栄養素を一度にバランス良く摂取できるので、それぞれの栄養素の相互作用による相乗効果を得ることができます。しかも、ユーグレナの吸収率(消化率)は驚愕の93.1%です。これは、植物の吸収率の倍以上です。また、不足しがちなビタミンB群やビタミンEなど大量に含んでいるので、我々が摂取した際の栄養バランスは完璧です!特に摂りにくい亜鉛は75mg/100gと、クロレラの約77倍も含んでいます。ユーグレナは植物でありながら動物的性質も持っているため、動物性の栄養素といわれる必須アミノ酸やDHA、EPA、リノレン酸などの不飽和脂肪酸群も十分摂ることができます。どれだけスゴイ栄養素を持っているかというと…我々が必要とする栄養素は、ユーグレナだけで全て補えます。ユーグレナだけでも人間は生きていける!とまで言われています。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー栄養素は化学物質ですから、各栄養素間には必ず相互作用があります。相互作用による相乗効果もあれば、弊害もあります。ユーグレナの場合はその一つ一つが独立した生命体であり、それぞれが単独の生命活動を行っているわけです。当然、それぞれの個体が生き抜くために必要な多数の栄養成分のすべてをバランス良く含んでいるわけです。したがって、ユーグレナを丸ごと摂取することは、我々の健康に寄与する大きな相乗効果が期待でき且つ弊害の可能性は限りなく低いのです。59種類もの栄養素をバランス良く含むということは、ほんとに素晴らしいことです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「ユーグレナに含まれる14種類のビタミン」の詳細説明⇒「ユーグレナに含まれる9種類のミネラル」の詳細説明⇒「ユーグレナに含まれる18種類のアミノ酸」についての詳細説明⇒「ユーグレナに含まれる不飽和脂肪酸」についての詳細説明⇒「ユーグレナに含まれる独自成分パラミロンおよびその他の特殊成分」についての詳細説明⇒

      58
      テーマ:
  • 29Apr
    • ユーグレナは天然の総合サプリメントと呼ばれています!

      ユーグレナ(Euglena)は、 ラテン語で美しい(eu)眼(glena)という意味です。5億年以上前に原始の地球で誕生した生き物です。1,660年代オランダの「微生物学の父」と言われたアントニ・ファン・レーウェンフック氏によって発見されました。ユーグレナは、べん毛の近くに、 光を感じるきれいな赤い点(眼点)を1つ持っています。この赤い点が美しい瞳に見えたことから、 「ユーグレナ(美しい眼)」と名付けられました。その後、1,950年代にアメリカのメルヴィン・カルヴィン氏らが、ユーグレナを用いて光合成の研究を行い、1,961年ノーベル化学賞を受賞しています。 どうして今、ユーグレナなのでしょうか?1,990年代には既に、ユーグレナを使った医療、医薬品の開発、二酸化炭素固定法などについて研究が行われておりました。しかし、大量培養ができないため、実用化レベルの研究は行われておりませんでした。つまり、ユーグレナは豊富な栄養素を持つため、 ほかの微生物の格好のエサになります。そのため、大量培養を試みても、 わずかでも細菌や微生物が混入すると全滅してしまいます。だから大量に培養することができなかったのです。大量に培養できないのであれば、 研究はできても実用化はできない、と考えられていたわけです。 ところが、東京大学の研究者が ユーグレナの大量培養に取り組み、ついに沖縄の石垣島で大量培養に成功いたしました。 これは世界初のことで、 石垣島のユーグレナが世界のあらゆる機関から注目されているわけです。ユーグレナの実用レベルの研究・開発の始まりです。実用レベルの研究・開発が結実し、ついに、ユーグレナのブームが到来いたしました。東京大学との共同研究によりユーグレナの大量培養に成功したユーグレナ社が、ユーグレナを配合した青汁「緑汁」を完成させました。ユーグレナ社の「緑汁」を公式ページでご確認ください↓↓↓ユーグレナの記事一覧1.ユーグレナって何?2.59種類もの栄養素をバランスよく含んでいます3.14種類のビタミンを含んでいます4.我々に必要な9種類のミネラルを含んでいます5.18種類のアミノ酸をバランス良く含んでいます6.11種類の不飽和脂肪酸を含んでいます7.独自成分「パラミロン」について8.吸収率が何と93.1%です!9.吸収率が植物の倍以上です!10.スーパーフードの歴史11.植物と動物の両方の性質を持っています12.天然の総合サプリメントです13.ユーグレナグラシリスについて14.アディボネクチンが増加します15.乳酸菌を活性化してくれます自分磨きサークルブログを更新したらここで報告ブログランキング応援サークル

      420
      1
      テーマ:
  • 21Apr
    • 【花粉症対策】病院で治療することの危険性!

      病院でもらう薬や治療法には悪い面があります。これを紹介いたします。1.抗ヒスタミン薬ドラッグストアーでも市販されており、比較的軽度の花粉症に処方されます。ヒスタミンというむず痒さを引き起こす体内物質を抑えるものです。眠気やだるさ、口の渇きといった副作用があります。車の運転や大切な会議などの前には飲むべきではありません。2.ステロイド剤耐え難い花粉症の症状には、強力なステロイド剤が処方されます。強力なステロイド剤は、効き目は強いです。ステロイドは副腎皮質で分泌されるホルモンであり、ステロイド剤は、これを人工的に作ったものです。免疫系の働きを抑えることで、過剰なアレルギー反応を和らげます。免疫系の働きを抑制するのですから、当然多くの副作用があります。例えば、・風邪や感染症のリスクの増加・骨粗鬆症・肥満・高血圧とむくみ・精神不安定と睡眠障害・筋力低下などです。個人的には、花粉症の症状がどんなにひどくてもお勧めいたしません。3.レーザー治療体内に花粉が侵入する経路自体を塞いでしまおうという治療です。簡単に言えば、鼻の粘膜をレーザーで焼くことで花粉が体内に取り込まれにくくします。治療で数年程度は効果が持続しますが、目や喉からの花粉の侵入はまったく防げません。また、数年おきに同じ部位にレーザーを照射するのですから、鼻の粘膜が萎縮しガンになる危険性があります。4.舌下免疫療法花粉症の根本的な治療法として、近年注目されています。この治療法は、花粉症のアレルゲンとなる物質を少量づつ体内に投与し、体をならしていくことで、花粉症を克服するものです。残念ながら、即効性はなく、完治までには数年かかります。気をつけなければいけないのは、アナフィラキシーショックの危険性があるということです。アナフィラキシーショックとはアレルギー症状の一種で、アレルゲンを摂取したときに、じんましん、吐き気、呼吸困難などの激しい症状が突然現れるものです。酷い場合は死に至ります。アナフィラキシーショックを起こす人はごく少数ではありますが、予め予想することは困難で、絶対起きないと断言することはできません。花粉症対策は様々ですが、その一つとしてサプリメントの活用をご検討ください。敏感トラブル対策対比ランキングをご覧ください。人気商品には「乳酸菌」を配合したものが多いようです。① アレルライトハイパー(日清食品)はリフレクト乳酸菌(T-21株)、② 酒蔵の乳酸菌 米のしずく(菊正宗)はライスパワー乳酸菌 LK117、③ アレルナイトプラス(オリエンタルバイオ)は植物性ラクトバチルス乳酸菌、④ まもり高める乳酸菌(ハウス)は乳酸菌L-137、そして、⑤ アレルケアはL-92乳酸菌を、それぞれ配合しています。乳酸菌はプロバイオティクスであり、腸内細菌叢のバランスを改善し、身体によい作用をもたらします。抗生物質は菌を殺して身体を守りますが、プロバイオティクスは身体によい菌を増やすことで健康を守ります。 一般には、 『生きたまま腸まで辿り着いた乳酸菌が、そこで乳酸などの代謝産物を産生する。そして、この産生物が我々にとって有益な健康効果をもたらす。 有益な健康効果をもたらすのは生きて腸に辿り着いた乳酸菌の代謝産物だから、当然、花粉症対策サプリに配合されている乳酸菌は、生きたまま腸まで届いている。』 と、考えられています。ところが、腸内細菌研究の第一人者である光岡博士は、「摂取した乳酸菌は腸内には定着しない」と言います。すなわち、腸内細菌研究の第一人者である光岡氏らの研究によれば、乳酸菌は胃酸などで死滅させられるため、ほとんど生きて腸まで到達しません。さらに、生きて到達することができた菌も、先住民である善玉菌に阻まれて、定着することはできません。勿論、腸内で増えることもできません。乳酸菌の摂取により腸内のビフィズス菌が増え、ウェルシュ菌や大腸菌などの有害菌が減少して腸内菌叢のバランスが改善されます。これにより、糞便水分含量が増加し、糞便の色調などが改善され便秘の予防につながり、その結果、糞便中の腐敗性生成物も減少することが明らかにされています。つまり、乳酸菌を摂取すると、摂取している期間中は糞便から摂取菌が検出され、摂取後は検出されなくなります。よく広告では『この乳酸菌は生きたまま腸に届き、健康によい効果がある』と述べられ、「摂取した乳酸菌が腸内で増殖する」ような印象を与えますが、これは誤りです。乳酸菌が生きたまま腸に届いたときは、生きたまま腸内細菌叢を通過するのであって、腸内で増殖するのではありません。摂取を止めると摂取した乳酸菌はすべて糞便とともに排泄されてしまいます。それでも、乳酸菌などのプロバイオテクスは、人体に良い影響を与えます。乳酸菌は腸内環境を整えるだけでなく、以下のような嬉しい効果をもたらします。・免疫力強化・花粉症予防・アレルギー症状改善・肌荒れ改善すなわち、乳酸菌には「花粉症予防効果」があります。ただし、乳酸菌は薬ではなく食品ですから、すぐに効果を発揮するものではありません。最低でも2週間は同じ種類の菌をとり続けてください。確かに乳酸菌は花粉症対策に有効ですが、あなたは乳酸菌だけで満足ですか?ところで、乳酸菌に関連する機能性食品は、プロバイオティクスとプレバイオティクス、およびバイオジェニックスの3つに分類することができます。これらの中で、プロバイオティクスとプレバイオティクスは、主に腸内フローラを改善することにより、さまざまな保険効果を示すとされています。プロバイオティクスは生きた微生物ですから、生きて腸内に到達しなければ効果を発揮できません。なお、死菌も善玉菌の餌になるので有用とされますが、これはプレバイオティクスと同様でありプレバイオティクス的効果といえます。これに対してバイオジェニックスは、「体全体に直接作用し、腸内の免疫機能(腸管免疫)を刺激したり、コレステロール・血糖・血圧を安定させたりして生活習慣病や老化を防止する食品成分の総称」であり、「死菌を含めた乳酸菌の菌体成分が腸管免疫を刺激することで生体活性を促し、腸内フローラにも好影響を与える」ことになり、一度に高濃度の菌を摂取すると腸管免疫を直接刺激するので、より大きな効果を期待できます。生菌を多く取ろうとすると、ヨーグルトや乳酸菌飲料の大量摂取が必要ですが、バイオジェニックスの発想により「死菌でも構わない」とすると、長期間発酵させた乳酸菌生成物を加熱処理し、錠剤などにすることも可能です。そうすれば「兆」を超える単位の菌が簡単に摂取できるようになります。これが乳酸菌生産物質なのです。サプリメントにすれば、体調が悪いときや病気の予後に使えるようになるでしょう。すなわち、体外で作られた乳酸菌生産物質および乳酸菌の死菌が、プロバイオティクス以上の効果を奏することが判明し、とりわけ「乳酸菌生産物質」が注目されております。プロバイオティクスから始まった日本の機能性食品の研究は、バイオジェニックスへとたどり着いたことで、新たな段階へ突入しております。私がお勧めするバイオジェニックス・サプリは天然美通であり、これは眞に乳酸菌生産物質なのです。その製造方法をご覧いただけは、その素晴らしさをご理解いただけます。天然美通の公式ページをご覧ください↓↓↓↓天然美通によれば、乳酸菌とは異なる乳酸菌生産物質という成分が、直接的にあるいは間接的に(腸内フローラを介して)、腸内環境を整え、免疫力をアップさせることで効果を実感させます。 バイオジェニックスの記事一覧1.乳酸菌に関する機能性食品の分類2.乳酸菌生産物質はバイオジェニックスの代表格3.光岡知足博士によるバイオジェニックス論4.乳酸菌生産物質とは?5.腸内フローラと乳酸菌生産物質の関係6.共棲培養とは?7.乳酸と乳酸菌生産物質の違い8.ヨーグルト・乳酸菌・乳酸菌生産物質の歴史9.乳酸菌に関する機能性食品の作用機構10.乳酸菌と乳酸菌生産物質との違い11.天然美通 Q&A自分磨きサークルブログを更新したらここで報告ブログランキング応援サークル

      532
      1
      テーマ:
  • 04Apr
    • 【ガン】光免疫療法のスペシャルセッション by小林久隆免疫

      【光免疫療法】スペシャルセッション:小林久隆前提の確認:「免疫」は、自己と非自己を区別する仕組みと定義することができます。例えば「ウィルス」は体外から侵入してきたものですから、「非自己」です。これに対して、がん細胞はもともと正常細胞ですからこの時点では「自己」です。そして、がん細胞はがん化した段階で「非自己」となります。我々の体は60兆個の細胞から構成されており、それぞれの細胞表面には「糖鎖」と呼ばれる産毛状の「単糖が連なって形成されたもの」が5万~20万個存在しております。この「糖鎖」の主たる役割は、細胞内部の情報を他の細胞に伝えることと、細胞同士の連結です。がん細胞は、自分ががん細胞であることを「糖鎖」により表明しております。免疫細胞は、この糖鎖によりがん細胞を認識し攻撃します。したがって、毎日2,000~5,000個のがん細胞が発生しても、通常我々はがんになりません。それでも、免疫力が低下した場合などにがん細胞が残ってしまい、がんを発病するわけです。光免疫療法:「光免疫療法」は、上記「免疫システム」を利用しています。この療法は、特殊な薬品と近赤外線を使ってがん細胞を破壊するものです。近赤外線は、体にまったく損傷を与えることなく生体組織内部に到達することができるのです。特殊な薬剤(抗体薬剤)は「がん細胞」だけに選択的に結合するので、近赤外線を照射することにより「がん細胞」だけを破壊することができます。さらに、破壊後はすべての抗体が免疫系に露出するので、生体内で超選択的に「がん細胞だけを死滅させることができる」だけではなく、破壊された「がん細胞」の残骸に含まれる「がんの特異的抗原」が免疫反応を惹起します。すると、「照射した箇所以外のがん細胞」や「転移したがん細胞」に対してまでも効果が及びます。がん細胞に付着できる「抗体というタンパク質」と、その抗体と対になっている「フタロシアニン(IR700とも呼ばれます)という色素」が重要です。IR700は波長700nmの近赤外線です。体内にタンパク質である「抗体薬剤」が存在すると、これがIR700の光エネルギーを吸収し化学変化を起こします。光エネルギーを吸収して発熱することで、「抗体薬剤」が「がん細胞」にダメージを与えるのです。「この抗体‐光吸収体(IR700)接合体」は、標的分子に結合しているときのみ近赤外線によって活性化されるよう設計されています。この「抗体‐光吸収体接合体」は、ヒトやマウスに注入すると、抗体の標的を過剰発現するがん細胞と結合します。そこに近赤外線を照射すると、がん細胞は急速に膨張、破壊、壊死のステップを踏み免疫原性細胞死を起します。がんの増殖アクセル役を果たしている上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)に結合する抗体とIR700を結合させた薬を作り、シャーレ内でヒトのがん細胞でEGFRを発しているA431細胞に作製した薬を培養液に加え、それに近赤外線を照射するとすぐにがん細胞が死ぬことを確認しています。さらに、動物実験としてA431細胞をマウスに移植、同様に薬を投与後、近赤外線を照射し、がんを縮小させる実験に成功し、薬ががん細胞の内側よりもがんの表面で効果をあらわしていることを発見しています。NIR-PITに反応して破裂、壊死したがん細胞からは、細胞内の物質が細胞外へ放出されます。すると、近接する免疫系はこれらを異物として感知し、がん細胞を破壊する免疫細胞であるキラーT細胞である「がん細胞傷害性T細胞」を活性化します。従来、制御性T細胞(Treg)という他の免疫細胞によって「がん細胞傷害性T細胞」が抑制されていたのですが、マウスでの実験では急速かつ選択的にTregが除去され、1時間以内に「がん細胞傷害性T細胞」が活性化し、マウスの延命効果が確認されました。すなわち、活性化キラーT細胞(活性化された「がん細胞傷害性T細胞」)が、治療済みの腫瘍から他の部位の腫瘍に到達し、顕著な免疫反応を著しました。この「Treg除去法」には、腫瘍の種類毎に特異的に発現する分子を狙い撃つための多種多様な抗体を作る必要がないというメリットがあります。ところで、ガンを自然治癒するためには、上述のとおり免疫力を高めることが極めて重要です。免疫の70%は腸管免疫ですから、とりわけ腸管免疫を高めることが大切なわけです。近年、この免疫を高めるものとして乳酸菌生産物質が注目されております。私は、乳酸菌生産物質として評価の高い「天然美通」をお勧めしております。天然美通の公式ページをご覧ください↓↓↓乳酸菌生産物質について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。自分磨きサークルブログを更新したらここで報告ブログランキング応援サークルアクセスアップのお手伝い!ブログサークルあんてな【公式】健康・医療サークル初心者アフィリエイターアフィリエイト2017年にブログ始めましたサークルみんなで気軽にアクセスアップブログランキング応援サークル

      784
      テーマ:
  • 30Mar
    • 【ファスティング】一週間断食したらヤセてアトピーが改善した

      上記動画の概要です断食には、完全に食料を断つ「本断食」と、ある程度食べてもよい「養生断食」がある。今回紹介するのは、養生断食だ。一週間、断食道場で過ごした。食事は、朝:野菜ジュース、昼:小さいおにぎり2個、夕:具沢山の味噌汁1杯。中学2年生からアトピーに悩んでおり、これを治そうと思ったのが断食を行った動機。アトピーは、皮膚科に行けば通常ステロイド剤(塗り薬)を処方されるが、これは一時しのぎであり完治はしない。しかも、ステロイド剤は副作用が強く、腎臓に負担がかかる。アトピーを治す方法を調べたところ、断食がよいことが判った。アトピーが断食で治る理屈:現代人は食べ過ぎ!体のエネルギーの多くは、胃腸にある食べ物を消化するために使われる。ところが、食べないと、エネルギーが自己治癒(体の修復)に回される。アトピーは、胃腸の内壁が荒れ、穴が開いているから起こる。すなわち、体外から入ってきたアレルゲンが、体内に侵入し皮膚まで出て行くから起こる。断食により自己治癒力を強化すれば、胃腸の内壁が修復され、アレルゲンの体内への侵入がなくなる。ここで確認していただきたいのは、胃腸は体の一部ですが、その内部(胃腸の中)は口と肛門で体外と繋がる「体の外側」であることです。すなわち、胃腸の内壁は、皮膚と同様に、アレルゲンを体内に侵入させないための「外壁」としての役割も果たしているのです。断食後、肌がきれいになり、刺激に強くなった。1週間の断食の「初日」と「5日目」が辛かった。初日の辛さは空腹のため、5日目の辛さは「好転反応」のため。好転反応の症状は、人それぞれで、眠い、頭痛、吐き気などの症状がある。断食中の好転反応は、よい兆候であるそうだ。断食終了後、小食になり、よく噛むようになった。アトピーは随分よくなったが、完治したわけではない。1週間ではなく、2週間の断食を行えば完治していたかもしれない。安易な断食は危険:断食は、決して飯を食べるのを止めることではない。断食は、できれば断食道場で行って欲しい。少なくとも、正しい知識を学んでから行ってほしい。断食でなくても、「よく噛むこと」「腹八分目(できれば七分目)」を実行すれば、それなりの効果がある。上記動画中でも述べられていますが、ファスティングは適切な栄養素を摂りながら行うことが必要です。ファスティングには、適切な酵素補給が必要ですので、これを紹介させていただきます。この酵素ドリンク(優光泉)は、断食道場のノウハウを活かしてファスティングの専門家が開発した、完全無添加の酵素ドリンクです。地元九州の野菜を中心に、厳選した60種類の原料が使用されています。楽天市場でも総合ランキング1位に何度もなった実績のある、実力派の健康酵素飲料です。優光泉の詳細を、公式ページ↓↓↓でご確認ください。 優光泉は、酵素ドリンクのランキングサイトにおいて人気NO.1の商品です。(姉妹サイトでご確認ください←ここをクリック)【ファスティング一覧】1. ファスティングは万病を治す2.ファスティングはいいことだらけ3.ファスティングで腫瘍が消えた!?自分磨きサークルブログを更新したらここで報告ブログランキング応援サークルアクセスアップのお手伝い!ブログサークルあんてな【公式】健康・医療サークル初心者アフィリエイターアフィリエイト2017年にブログ始めましたサークルみんなで気軽にアクセスアップブログランキング応援サークル

      503
      テーマ:

プロフィール

サプリメントアドバイザー@hiroのプロフィール

サプリメントアドバイザー@hiro

性別:
男性
自己紹介:
サプリメントについて研究しています。 サプリメント選択のお役に立てる知識・情報をご提供いたします。 ...

続きを見る >

フォロー