インタープランのブログ

インタープランのブログ

インタープラン株式会社です。

『クルマのある生活』をもっと楽しく便利にするモノを
開発/製造/販売しています。全ての製品は『Made in JAPAN』です。

市販向け製品の他にOEM/ODM製品開発のご依頼も承ります。

皆様、こんばんは、インタープランの中の人です。

 

最近、EVの問い合わせが増えましたね。

以前はEVというと、テスラにタクシーメーター付けたいという個人タクシーの方からCANバスアダプターCCA-201Ⅱのお問い合わせが多かったのですが、去年はベンツのEQCやEQAにTVキャンセラーCTC-102ⅡTypeMのお問い合わせが増えた印象です💡

 

そして今年になってからは、e-tronのお問い合わせが増えました。

 

 

 

 

 

 

今月頭にお取引先様のご協力により、やっと現車検証ができたのが、「e-tron sportback(GE)」です。

 

 

 

 

 

 

アウディというと世代は変わっても、グローブBOX内部やグローブBOXを外した上部にオーディオメインユニットがある印象でしたので、甘く見ていたのですが・・・

 

 

 

 

 

 

なんとこんな所にありましたああ!

 

 

 

 

 

 

センターコンソール後端部のエアコン操作パネルやシガーソケット部を外すと下の方にありました。

ただ、ここのパネルを外す時はかなり固い為、割らないように注意が必要とのことでした。

 

 

 

 

 

 

いつもの1DIN形状のユニットが、現行A3sportbackと同様にコネクター部がコチラを向いています。

コネクター内の接続先はいつものアウディと一緒です。

 

↓詳細はコチラ

 

 

 

 

 

 

そして、ステアリングスイッチでのキャンセルON/OFFも他のアウディと一緒です。

 

 

 

 

 

 

助手席の方のために、走行中にもTV視聴させてあげてください📺

 

 

 

 

 

これからEVがどんどん増えて行くのでしょうね。。。

 

 

尚、e-tron GTや、Q4 e-tronはまだ現車確認できておりません!

データ取らせていただける方は是非ご連絡ください。

 

 

ではまた。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、こんばんは。インタープランの中の人です。

 

今日は、今年に入ってからやっと納車が始まったメルセデスベンツの2車種におきまして、ステアリングの仕様が変わってたので、弊社製キャンセラー対応のご報告です。

 

CLSクーペ(C257)の後期モデルは、2021年11月にマイナーチェンジが入ってたのですが、コロナ渦や半導体不足の影響からか、年が明けて1月終わり頃から納車が始まっていたようです。

 

 

 

ステアリングがEクラス(W213後期)で採用されたツインスポークタイプに変わってました!

注)画像は左ハンドルなので、国内正規車とはボタンの位置が若干異なります。

 

 

フロントバンパー周りのデザインが変更されましたが、ぱっと見ではマイナー前か後かはなかなか分かりません(^^ゞ

 

 

 

 

 

 

そして、AMG-GT 4Doorクーペ(X290後期)ですが、こちらは年明けと共にマイナーチェンジしたようですが、2月終わり頃からやっと納車が始まったようです。

 

 

 

AMGなので若干意匠は異なりますが、やはりツインスポークタイプのステアリングに変わりました。

注)画像は左ハンドルなので、国内正規車とはボタンの位置が若干異なります。

デザインの好き嫌いはあると思いますが、変わってしまったものは仕方ないですよね(*´∀`)

 

 

 

やはりこちらもバンパー周りのデザインが変わったようですが、自分は並べて見ないと分かりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、たかがマイナーチェンジでステアリングが変わっただけなのに、「インタープランはなんで落ち着いていられないのか」と思われる方も多いと思いますので、その理由を明らかにしたいと思います。

 

 

 

ご覧のように、弊社製TVキャンセラーは商品付属の外部ON/OFFスイッチ以外に純正スイッチによるON/OFF切替が可能です。そういったプログラムが入っているので、ステアリングの仕様が変わる度に現車データを確認し、プログラムを新たに作る必要があるのです。

 

 

 

 

今回、この2台はEクラス(W213後期)とEクーペ(C238後期)とステアリングスイッチの信号データが同一だったので、即、対応することができました。

 

 

 

 

 

但し、このステアリングはタッチセンサータイプになっていますので、今までのように押してしまうと周囲のスイッチ達がまるごと一緒にガクンと押せてしまう為、画像の黄色く囲んだ「終話マーク部」を押さずに3秒間触るだけでON/OFFの切り替えができるようにしています。

※つまりは、走行中に無意識のうちに手が当該部位に触れっぱなしになっていたりすると、ON/OFF動作してしまいますので、左手はなるべくスポーク下段に置かずスポーク上段部に置くよう心掛けていただくとありがたいです<(_ _)>

 

 

 

 

 

それにしても4枚ドアでこの流麗なフォルム、流石ですね!(^^)!

 

 

 

 

 

ところで皆さんはこのステアリングのデザイン、お好きですか?(゜レ゜)

 

 

 

ではまた。。。

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんばんは!

インタープランの中の人です。

 

弊社製TVキャンセラー「CTC-102ⅡTypeM」が、アルファロメオ ジュリアに適合しました!

 

写真はGiulia Quadrifoglio ですが、日本仕様ではナビシステムなどは通常グレードと変わりません。

 

 

 

 

 

取付方法ですが・・・

 

ナビユニットは、ステルヴィオと同じ位置にありますが、ジュリアには小物入れが無いのでアンダーカバーを外すまでは現物が見えません。

 

 

 

 

 

 

このカバーを外すには、、、

 

 

 

 

 

左脇のセンターコンソールのパネルを外す必要があります。

 

 

 

 

 

 

アンダーカバーを外したら、OBDⅡポートの後方にナビユニット本体が見えましたが、やはり配線を接続するコネクターは天面にありますので、外さないとアクセスできません。

 

 

 

 

 

 

外すためには、まずエアコンの足元用吹き出しパーツをはずしましょう。

 

 

 

 

 

 

ナビユニットも外しましょう(^^)/

 

 

 

 

 

 

こーなります。(小物入れが無い((+_+)))

 

 

 

 

 

 

黒い正方形の欧州車にありがちなコネクターです。

 

 

 

 

 

 

弊社WEBサイトの車種別適合情報に記載のある通り、配線があります。

 

詳細はコチラ↓

 

 

WEBサイトの適合情報の備考欄にあるリンク先は必ず確認してください。

2021年の春夏のどこかで純正TVチューナーのソフトウェアが改訂され、ナビユニット本体への施工に加え、TVチューナー側へも追加配線が必要になっています。

登録年月やTVチューナーのシリアルナンバーからは一切判別ができませんので、上記画像内の赤字の手順に沿って確かめる必要があるのです。ホント面倒です💦

 

 

 

 

ナビユニットへキャンセラー施工が完了すると、上記の制限メッセージは出なくなりますが・・・

 

 

ソフトウェア改訂後のTVチューナーからは、上記の制限メッセージが出ています。

 

このメッセージが出たら、下記手順で追加の配線接続が必要となります。

接続先のTVチューナーは・・・

 

 

 

 

 

ここにあります。

 

 

 

 

緑x2、茶x2の計4本のアンテナ線が目印です。

 

 

 

 

アンテナ線の下の方に見覚えのあるコネクターが。。。

 

 

 

 

この20Pコネクター内の配線に追加施工してください。

詳細は上の方に貼った画像の「TVチューナーへの追加配線方法」をよくご確認ください。

※画像自体にリンクを貼ってありますのでクリックしていただけると、WEBサイトからダウンロードも可能です。

 

 

尚、製品付属の外部スイッチを接続しなくても、センターコンソールのホームボタン(家マーク)の長押しで、キャンセルのON/OFF切替が可能です。

室内に余計なスイッチを貼り付けたくない方は、スマートに純正ボタンでON/OFFできます。

 

 

 

 

やっぱり素敵なクルマですね(^_-)-☆

 

 

ではまた。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは、インタープランの中の人です。

 

弊社の年末年始の予定をお知らせしておきます。

 

【年末年始休業】

2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火)

ご不便おかけし申し訳ございませんが、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

年明けは1/5(水)より通常営業開始となります。

 

本年はお世話になりました。

新たな年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

こちらのブログを見ていただいている方にお願いがございます。

もしよろしければ、弊社SNSアカウントをフォローしていただけないでしょうか?

 

例えば、今年のTVキャンセラーの新規適合車種の追加は、、、

1月:アストンマーティン DBX

2月:メルセデスベンツ CLS(C257後期)

3月:ポルシェ タイカン

4月:ジープ ラングラー・レネゲード・コンパス・グランドチェロキー・チェロキー(プログラム追加)

5月:アウディ A4・A5・A6・A7・A8(MIB3搭載車)

6月:メルセデスベンツ EQA(N247)

7月:フォルクスワーゲン GOLF8(CD)

8月:アウディ A3(8Y)

10月:ジープ Newコンパス

12月:アルファロメオ ステルヴィオ

といった感じでほぼ毎月、車種を追加することができました!

データ取りにご協力いただいたお取引先の皆様、本当にありがとうございました<(_ _)>

 

皆様にタイムラグ無くお知らせしたいので、下記QRコードから飛んでいただき、フォローしていただけましたらうれしいです😍

 

 

 

 

インタープラン Facebookページ

こちらは投稿しやすいので、いつも最初に情報貼ってます😅

 

 

 

 

 

 

インタープラン Instagramアカウン

現在、フォロワー数が一番多いので、FBに投稿後すぐ、こちらに投稿します😍

 

 

 

 

 

 

インタープラン Twitterアカウント

Twitterはフォロワーさん超少なくて、心が折れそうな感じですが細々と続けてます。😢

 

 

 

 

年末年始の暇つぶしにもならないかもしれませんが、どうか宜しくお願い致します、、、

 

あ、年末年始もお仕事の方、本当にご苦労様です。

睡眠だけはキッチリとって、お身体を大事にしてください。

 

 

お休み中のFAXやメールでのお問い合わせなどには1/5に返信させていただきます。

 

 

良いお年をお迎えください<(_ _)>

 

 

ではまた。。。

 

皆さん、こんばんは!

インタープランの中の人です。

 

今回は、何度かTVキャンセラーのお問い合わせをいただいていたアルファロメオ車に対応したお知らせです☺

 

と言っても、まだ”ステルヴィオ”だけなんですけどね💦

 

 

 

 

 

 

アルファロメオ初のSUVであるステルヴィオ、なかなかの迫力です😍

 

 

 

 

 

 

キャンセラーは、8.8インチのタッチパネルモニターと地デジチューナーが標準装備となった2021年モデルに対応します。

 

 

 

 

 

 

TVを映して走り出すと、この警告画面が出てきます。これはナビユニット側からの視聴制限です。

 

 

 

 

 

 

 

ナビのメインユニットの場所は・・・この物入れを外せば・・・見えます。

 

 

 

 

 

 

正面にある銀色のユニットの天面にある”欧州車に多い”正方形の黒コネクタに接続します。

注)これは黒コネクタを外した後の写真です。

 

 

 

 

 

 

メインユニットの天面の隙間がほとんど無い為、なんとか手探りで外すことができても、確実な作業にはコラム下のアンダーカバーを外して、メインユニットも外さないと厳しいです。

 

 

 

 

 

 

↑配線側はこんな感じですが、接続先の詳細は弊社WEBの車種別適合ページを参照してください。↓

 

弊社WEBサイトの車種別適合ページの備考欄にあるリンクの先には、施工手順の詳細が記されていますので、必ずご一読ください<(_ _)>

ナビ側へのキャンセラー施工だけで済む車もありますが、最近の車はもれなく下記の”TVチューナーからの警告”が出ますので、上記の手順で施工してください。

 

この警告が出る場合は、下記の要領でオプションの延長用ツイスト線”CTC-701”又は、お手持ちのツイスト線を用いたTVチューナーへの延長配線の施工が必要です。

 

 

TVチューナーは・・・

助手席キックボード内にあります。

 

 

 

 

 

 

 

アンテナ線が4本出ているのが目印です。

 

 

 

 

 

 

 

この20Pカプラー内のCAN配線に接続します。

コチラへの接続が済みましたら、TVチューナー側からの視聴制限も解除されます。

 

 

 

 

 

 

尚、弊社製TVキャンセラーの特徴である、同梱の付属スイッチ以外でのキャンセルON/OFFですが、、、今回のステアリングには割り当てしやすいボタンが無いため、、、

 

 

 

 

 

 

センターコンソールのホームボタンの長押しでON/OFFができるようにしました。

 

 

 

 

 

 

ただ、ホームボタンなので、押した時は一旦このホーム画面に戻ることだけご了承ください。

 

 

 

 

 

 

アルファロメオの新プログラムはVer.3.47から対応しています。

キャンセラー本体を裏返すと、白いコネクター部にバージョンステッカーが貼ってありますので、お手持ちの在庫品等を使用する場合にはご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

ジュリアも早く試したいと思います。。。

 

 

 

 

ではまた。。。