HLT(ホリスティック・ライト・トリートメント) | 東京練馬区フラワーエッセンスサロン

東京練馬区フラワーエッセンスサロン

渡辺利沙
「幸運が舞い込む フラワーエッセンスアバンダンス」
 フラワーエッセンス
 ヒーリング
 カーシステム
アクセスバーズ


テーマ:

HLT

 ホリスティック・ライト・トリートメント

 

 

コルテPHIが開発した

フラワーエッセンスを使った新しいヒーリング

 

コルテPHIの創始者、アンドレアス・コルテ氏は、

フラワーエッセンスの他に、ジェム、キノコ、天体、

クロップサークル、バラ、サボテン、

動物のエッセンスなど、

多種多様なエッセンスをつくったことでも知られています。

一般的に、フラワーエッセンスの作り手の方々は、

自らの住んでいる周辺の植物をつかって

エッセンスを作ることが多いのですが、

コルテ氏は、世界中を飛び回り、エッセンスを作っています。

 

コルテ氏のつくったエッセンスの中で、興味深いのがT1エッセンス

これは、チェルノブイリ原発事故のとき、

汚染された土地などを浄化するために作られたエッセンスです。

T1エッセンスは、通常のエッセンスとは違い、

エネルギーを吸収する働きがあります。

ネガティブなエネルギーを吸いとってくれるのです。

ですので、このT1エッセンスは、

他のエッセンスとは全く違った方法で取り扱います。

 

 

HLTってどんなセラピー?

 

すべての物質的なプロセスは、特定の周波数により振動しています。

私たちの身体に実際に症状があらわれる前に、

見えないところ(エネルギー体)にあらわれます。

それらは、心の乱れとして感じることもあるでしょう。

 

ホリスティック・ライト・トリートメント(以下「HLT」という。)は、

不調和なものやバランスが崩れているものを調和させ、

エネルギー的なバランスを整えてくれます。

 

HLTは、キルリアン写真を使用します。

キルリアン写真は、被写体に高電圧をかけ,

コロナ放電による発光現象を撮影したものであり、

キルリアン夫妻によって発明されました。

この方法により、人間や植物、フラワーエッセンスの滴など、

生体電気オーラを見ることができます。

エッセンスのキルリアン写真は、

そのエッセンスの特別なエネルギーを示すものとなります。

 

HLTでは、キルリアン写真をプロジェクターで生体に照射し、

常に対応するエッセンスボトルをプロジェクターの光線の前にセットします。

こうすることにより、キルリアン写真とエッセンスの波動が

エネルギー体、細胞を通して伝わっていきます。

また、トリートメントの最中、特定の音楽を流すことにより、

波動トランスミッションの効果をさらに高めます。

 

  

 

お客様は、HLTのセラピー中に、椅子に座ってリラックスしていただきます。

大体、セラピーの時間は、平均して50分間くらいになりますが、

人により多少異なってまいります。

 

 

HLTで扱っているエッセンス

 

 当サロンではT1とイルカを使用しています。 

 

【T1エッセンス】 

T1は、チェルノブイリ原発事故のときに、 

災害者支援と環境保全のために生まれたものです。 

通常のフラワーエッセンスはエネルギーを放出するのに対し、 

T1はエネルギーを吸収する働きがあります。

 T1はネガティブなエネルギーを吸収し、

 ヒーリングの質を上げてくれる役割をします。

 

【デルフ(イルカ)エッセンス】 

デルフエッセンスの波動は、感情レベルへと作用し、

すべてのチャクラを浄化してくれます。

穏やかに優しく心を開き、守られている感じや、

心から信頼する心をサポートします。

また、個人的な怖れに基づくものを解放してくれます。

遊び心と喜び、普遍的な愛への扉を開く鍵となります。

 

 恐れを手放す。

 ハート(心)を開く。 

 愛を感じる。 

もっと高い位置から物事を見ることができるサポート 

 あらゆる次元で保護と浄化をサポートする。

 右脳と左脳をエネルギー的に整える。 

 

デルフエッセンスの光は温かく胸のあたりが

ほんわりとした心地よさがあります。

 一方、T1はすっきりした感じがします。 

HLTのセラピーの流れは、

椅子に座っていただいてリラックスしていただくだけです。

 まずは、T1をつかって、不要なエネルギーを取り除いていきます。

その後、イルカの光をあてていきます。

 

料金: 約50分 8000円(9月1日より) 

 

ご予約はこちら

 

back

東京都練馬区 フラワーエッセンスサロン 花療法家 渡邉利咲(渡辺利沙)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント