話のタネ

テーマ:

以前にも申し上げましたとおり,患者様からいろいろ教わります.

 

バナナが便秘にいいんだヨ!

 

と教わりましたので,試してみると確かにいい.

 

なるほどと思って調べてみますと,

 

バナナは難消化性デキストリン(でんぷん)や,やはり難消化性のオリゴ糖を多く含むことから,便秘や腸内環境の改善に適しているようです(J Med Food. 2014, J Physiol Biochem. 2009).

 

一方で,野生のバナナは多くのタネを含むために,便秘や腸閉塞の原因になることもあるそうです.

といっても,まず,日本ではたべることないですかね.写真でみたけど,普段食べているバナナと全然ちがう!

 

ーーーーー

 

今年のクリニックのかぼちゃです.

カービングしたことありますが,タネとるのがいやなので,顔だけ書いて,おわりです.

投球術?

テーマ:

野球の経験がありませんが,

 

スポーツニュースを見ている,よく,「大事なのはストレート」とか,「ストレートがいいから変化球が生きてきて,云々・・・」などと,解説者が説明してくれたりしますよね.

 

私が研修医のころは,潰瘍性大腸炎の治療は主に5-ASA製剤ととステロイドくらい(正確には他にも使っていましたが)しか,ありませんでした.変化球は,ございません.....

 

しかし,今は,勉強するのが追いつかないほど,異なるたくさんのいいお薬がでています.

 

5-ASA製剤も何種類もでており,内服のしやすさ,内服回数,副作用の頻度(安全性),(海外では)コスト,などを考えながら選択することになります.

(World J Gastrointest Pharmacol Ther 2015)

 

5-ASA製剤以外にもたくさんいいお薬はありますが,とにかく大事なことは,

 

「5-ASA製剤(内服)(座薬)(注腸薬)」をきちんと続けること,です.

 

球種が多くなってもストレートが大事なんですね.

 

-----

 

娘をつれて散歩に行ってきました.

どこに連れて行っても喜ぶので助かります.

こちらの方は,もっぱら,コストと安全性から行くところを選択しています.

 

 

 

(EoE)

テーマ:

顔文字ですね.

 

ええ,たしかに顔文字に見えます.

楽しそうなお顔に見えますでしょうか?

私にはとても困っている様に思えます.

 

これは好酸球性食道炎(Eosinophilic Esophagitis: EoE)を表す略語だそうです(他にも全く関係ない言葉の略語でもあるかもしれませんが).

 

逆流性食道炎の診断のもと,胃酸分泌抑制剤などを使用して治療にあたるも効果が乏しいとき,

必ず鑑別診断の念頭においておかなければならない疾患です.

私もクリニックで胃カメラをするときはいつもこの疾患のことも気にしながら検査を行っています.

 

なぜなら,アレルギーが関係した食道炎なので,治療法が大きく異なるからです.

 

(EoE) → (^o^)  になればいいですね!

 

―――――

 

娘を喜ばせるために無理してプールに行き,

背中の皮がむけていたいくらいで,今回は載せる写真もありません.

m(_ _)m