「髪」柏原芳恵

作詞・作曲 中島みゆき 編曲・石川鷹彦

 

芳恵さんは 私は好きな歌手の一人です。

シングルは わりにキャピキャピした感じが強く

男性に媚びる感じのイメージがありがちですが

この方のアルバムを聴くと 本当は随分と大人で

女性としての奥行が感じられ

見えない翳りも なんとも魅力があり

同性としても共感できる深い世界があります。

 

この作品が入ったアルバム「春なのに」は

実は最近購入して 初めて聞きました。

まず ウォークマンに入れて 

編み物をしながらイヤフォンでランダムに聴いていたのですが

まず「夜曲」が流れ 思わず うっと胸が詰まり

次にこの「髪」が流れて

聴いていると ポロポロと

不覚にも涙が流れてきて 声を上げて泣きそうになりました。

 

中島みゆきさんの作品ですが

しっかりと 芳恵さんの世界になっており

甘さと 若さと 品の良さがあります。

 

思うのですが 一人の歌手でも 低音から高音の間には

魅力があるところと ちょっと弱いところと・・・という風に

あるのが常です。

低音がキツかったり

高温がキンキンしたり

ぼやけたり 強すぎたり

どこか そんなところがあるものなのですが

この方の声は 低いところから高いところまで

とても豊かで 声がいいのです。

 

そして 少女のような可憐さも

子供のような無邪気さもあれば

グッと大人の艶っぽさも

淑女のような品の良さも・・・と

声に色々な表情があり 

表現力が豊かです。

 

あまり歌唱力を評価されなかったような気がするのですが

アルバムを聴くと この方の歌は本当に素晴らしいと

しみじみと思うのです。

 

この「髪」は やっぱり中島みゆきってすごい、と思うのですが

なんかもう 胸にウッと来る世界で

その世界を 素直に豊かに

芳恵さんが表現されて 泣ける世界です。

 

人を愛したことがない人には

わからないかもしれませんが

心から人を好きになったことがある人には

泣ける世界です。

 

「あなたの写真も残らなかったから

影をあなただと思いたい

切ってしまいます あなたに似せて

切ってしまいます この髪を

今夜旅立つあなたに似せて 短く」

 

この表現力には感動を覚えます。

芳恵さんは こんなにも歌が上手かったんだ・・・と

衝撃を受けました。

 

芳恵さんには 私はグラビアとかシネマとかの仕事などされず

ずっと 歌に専念していただきたかったと思います。

 

もっと こういうアルバムの世界を

世の中に発信されたらよかったのにと

すごく思います。




 


 

 


 

「私たち」岩崎宏美

作詞・阿久悠 作・編曲 筒美京平

 

私が岩崎宏美さんの初期の作品で

一番好きなのは この「私たち」です。

昔 主人が持っていた岩崎宏美さんのベストのカセットを聴いた時

この歌を聴き 大好きになりました。

 

なぜにこんな名曲がシングルA面にならなかったんだろう、と

不思議に思っていました。

調べてみたらこの曲は

セカンドシングル「ロマンス」のB面だったのですね。

 

正直 この一曲が聴きたいから

岩崎宏美さんのCDを買いました。

それくらいこの歌は素晴らしいなぁと思っています。

 

確かに・・・「ロマンス」もいい曲です。

そして売れました。

だけど やっぱり私は 「私たち」がいいなぁ~~。

 

この爽やかさ。

この清々しさ。

光がいっぱいあふれていて

愛もいっぱいあふれていて

人を愛する喜びにあふれてます。

 

そして 希望がいっぱいで

生きる喜びがあふれています。

何より 若さがあふれて

生きる力がいっぱいです。

 

さびのところなどは

もうスカッとするくらい気持ちよく

一曲聞き終わるころには

あ~なんかもう爽快で幸せ~っ、って感じで

もう一回聴きたい~~っ、って思ってしまいます。

 

なんてったって阿久悠&筒美京平のコラボ作品ですからね。

こんな素晴らしい作品をいただけたら

もう幸せすぎて 天にも昇る気持ちですよね~~。

 

「両手をひろげて 足りないくらい

あなたをいっぱい 愛しています

私たち 多分 結ばれるでしょう

きっときっと 結ばれるでしょう」
 

幸せな気持ちがあふれてきます。

聴く人を幸せにしてくれる一曲。

B面で終わらせるには

あまりにももったいない作品。

 

乙女の時代に知っていたかった~~っ。

「夏のフォトグラフ」石川秀美

作詞・竜真知子 作曲・小田裕一郎 編曲・入江純

 

毎日 かつての青春時代に聴いた

女性アイドルの歌を聴いています。

今だからこそ感じることや気づくこともたくさんあって

これが年の功というものかと

うれしいようなかなしいような複雑な気持ち。

 

石川秀美さんの歌は 正直あまり聴いてなかったのですが

主人と結婚して 主人が石川秀美さんのベストのカセットを

持っていたので どんなものかと聴いてみたら

意外と楽しくて それ以来 カセットを聴いてました。

 

石川秀美さんは 西城秀樹さんの妹オーデションで優勝されて

芸能界入り、とのこと。

オーディションは西城秀樹さんの ひと押しがあって

この方の優勝になったということで

なんと幸運な方ではございませんか。

 

スタイルも良く 顔立ちもはっきりしていて

健康的ではつらつとした印象。

花の82年組という言葉があるけれど

この年に出られた方は やっぱり個性があるというか

他の人にはないキラリと光るものをお持ちで

面白いんです。

面白がっては失礼かもしれませんが

面白くないと興味も湧きませんものね。

 

とにかくナイスバディ、

健康的で 理想的な体型。

すばらしいですね。

 

ヒット曲は・・・と考えたけれど

残念ながらドカーンと売れた作品はなかったんですね。

でも ベストアルバムを聴くと

どれも楽しいですよ。

ゴキゲンです。

 

歌が最初は 少し幼稚な感じだったんですけど

段々と歌が上手くなっていかれました。

 

今聴きながら思ったんですけど

女性版 秀樹さんみたいな発声法です。

 

面白いっ!

やっぱり妹だーーーっ。

 

何をまず書こうかと思ったんですけど

この曲が好きなので書きます。

1984年5月発売。

 

少し大人の雰囲気。

心地良く聴けて 秀美さんに

とても似合っていると思います。

 

「夏のフォトグラフ 青い風の中で

めぐりあえた ときめきはあなた
夏のフォトグラフ 私は迷わない

心のページに あなたを焼きつけて」

 

青春の切なさが甦る。

一生懸命で ひたむきで

不器用で 揺れる時代を

秀美さんの歌声で思い出しました。

 

「ROBOT(ロボット)」榊原郁恵

作詞・松本 隆 作曲・筒美京平 編曲・船山基紀
 

榊原郁恵さんのベストアルバムを購入して聴いてみました。

郁恵さんは ホリプロスカウトキャラバンの

第一回グランプリになられて芸能界入りされたと記憶しています。

何事もそうですが第一回、というのは続けるためには大変重要で

ホリプロも社運を賭けての大プロジェクトだったのではないかと

感じます。

 

なにしろ第一回グランプリの郁恵さんですから

シングルを集めたこのCDを聴いても

バックの演奏が豪華ですし とにかく手を変え品を変え、と

ホリプロのプライドを感じるような郁恵さんの作品を

聴かせていただきました。

 

周りもものすごく頑張っていらっしゃったこと良くわかりますが

ご本人もその期待に応えようと きっと必死だったんだなぁと

そういうことを感じました。

 

郁恵さんは とにかく元気印で

パワーがおありでしたので

多分 好きなように自由に歌ってください、と言ったら

朗々とのびやかに

明るく楽しく歌い上げられる方なのだろうと思います。

それは天性のもので素晴らしいと思います。

ただ 普通の人と比べると 郁恵さんのパワーが大きすぎるので

普通の人が ずっと聴き続けていると

気持ちがついて行けなくなってしまうというか

休憩したくなってしまう・・・という感じもなきにしもあらず、

という感じもしてきます。

 

声質が明るいですし

パワフルですし

のびやかですし

屈託がなく素直ですから

気持ちがルンルンの時に聴くと

楽しくて最高だと思います。

 

しかし そういう時ばかりではないので

この明るさがしんどい時もあり

難しいのだなぁと思います。

 

スカッと明るい歌声で

感情もとても歌に込めて歌われる方ですから

郁恵さんは 性格も良くサッパリとして素直な方なのでしょう。

 

さ行を とてもはっきり パッと発声されるために

お色気とか哀愁が 少し感じられにくく

思った以上に はつらつと元気な感じが出てしまい

抑えた感じが難しかったんじゃないかな、って思います。

 

そういう面に注目して 全曲聴いて思うのは

やっぱりこの「ROBOT(ロボット)」は 一番いいな~

さすが 松本&筒美コンビの作品だと思いました。

 

ロボット、という設定にされることで

感情を抑え 淡々と歌われることをされたのです。

お二人は敢えて

気持ち良く歌い上げる部分を作られなかったんです。

 

やっぱり すごいなぁ~

さすがだなぁ~~っ、って。

 

月だけが夜の空を彩り

ため息のほうき星が流れる

あなたに命令されれば

私は何処でも飛んでく

 

だからこの曲は特に歌のはじめの部分がすごくいいんです。

とても哀愁が出ています。

心地良いですし 共感できます。

 

郁恵さんは 紅白でこの歌を歌われたように記憶しています。

その年 お父様が亡くなられて

天国のお父様に向かってこの歌を晴れの舞台で

歌われたと思いますが

きっと天国のお父様に届いたのではないかな、と思います。

この歌は記憶に残る歌ですし 紅白でも

ひと際 目立っていましたし

なんかテレビを見ながらもらい泣きしたように思います。

 

記憶に残る 郁恵さんの「ROBOT(ロボット)」は

名曲だと思います。
 

プレイバックPart2山口百恵

作詞・阿木燿子 作曲・宇崎竜童 編曲・萩田光雄

 

先日 百恵さんの引退コンサートが

NHKで放送されましたので

録画して見ています。

 

今見ると 不思議と百恵さんの気持ちが

とても良く分かるのです。

私も年を重ねてきたので 色んなことを経験し

わかることもたくさんあります。

 

まず思ったのは阿木燿子さんの作詞の歌がとても多い、

ということでした。

これは百恵さんの意志だろうと思いました。

 

百恵さんは この曲から

ガラリと変わられた気がします。

強さとしなやかさとカッコよさが際立つようになった気がします。

 

コンサートの中で

「さりげなく生きて行く」という言葉を使われてました。

歌詞にもありましたが

「さりげなく」

そんな生き方に憧れられたのだと思います。

 

百恵さんは 帰って来られませんでした。

幸せになります、と言われて

本当に幸せになられたのだと思いますが

人間いつも幸せだというわけにはいきませんから

時には 辛い時だってあったはずです。

 

でも もう決して戻って来たくはなかったのでしよう。

どんなことがあっても

決して帰って来たくなかったのではないかと

私は思うんです。

 

こんな潔い生き方が 誰でもできるわけではありません。

でも これほどに潔くなれるほど

百恵さんはいろんな経験をされ

悟られたのだと思います。

 

7~8年の間にこんなに成長される方も

見たことがありませんが

とにかく百恵さんは素晴らしい女性で

みんなの憧れでした。

ほんとうに すごい女性だったと

今更ながら あらためて思いました。

 

愛する人と出逢われて

ほんとうによかったです。


プレイバックPart2」を

初めて聞いた時は衝撃的でしたが

とにかくカッコよかったですね。

 

NHKでは 「まっかな車」と歌われていたのも

びっくりでしたが 

70年代は色んな意味で歌手には

厳しい時代だったなぁと思います。

 

今では考えられないようなことも

いっぱいありましたものね。

 

そんな中で 自分を見失わず

凛としていらっしゃる百恵さんは

本当に素晴らしかったなぁと

今更ですが しみじみと思います。

 

引退コンサートには 

たくさんの歌手仲間も行かれて

観ていらっしゃったのでしょう。

 

愛された百恵さんでしたね。