【今回の表現】「お待たせしました」のインドネシア語は??

【難易度】初級 ★☆☆(やさしい)

 

Selamat siang. Apa kabar?「こんにちは。お元気ですか?」

INJインドネシア語講師のイワンです。

 

今回の記事では、日本人がよく使う「お待たせしました」のインドネシア語の表現についてお話します。遅刻した場合と遅刻していない場合では、表現の仕方が異なります。

 

【遅刻した場合】

待ち合わせの場面で、自分がその待ち合わせ時間に遅刻したらお詫びしますね。maafなどのお詫びの単語を先に言って、その後お詫びの理由を言います。

A: Maaf, membuat Anda menunggu./Maaf, menunggu.

B: Tidak apa-apa. Cuma sebentar, kok.

A:大変お待たせしました。

B:大丈夫です。ちょっとだけなので。

Maaf, membuat Anda menunggu.は「あなたを待たせてごめんなさい」の意味で、Maaf, menunggu.「待たせてごめんなさい」に省略できます。

*インドネシア人も色々なので、1分遅れたらお詫びする人もいれば、30分遅れてもお詫びしない人もいます。

 

【遅刻していない場合】

日本人は待ち合わせ時間に遅刻しなくても、相手が待っていたら「お待たせしました」と言いますね。この習慣についてインドネシア人はあまり理解できませんね。自分が遅刻していないので相手が待っていても、それは自分が待たせたのではなく、相手が勝手に待っていたと思うので、お詫びはしません。その時はmaafなどのお詫びの単語を言いません。

A: Wah, hari ini cepat sekali, ya. Sudah lama?

B: Tidak, saya juga barusan datang.

A:わあ、今日は早いね。長く待っていた?

B:いや、私も着いたばかり。

上記の会話では、先に来た相手にお詫びせずに、相手に対して感想を言います。

 

【練習問題】

次の会話をインドネシア語に訳しましょう。解答は最後にあります。

A: ごめん、お待たせ!

B: 20分も遅刻したよ。

A: 渋滞なので遅れてしまって。ごめんね。

B: いいよ。

【練習問題の解説】

AさんとBさんは友だちで、Aさんは待ち合わせ時間に20分も遅刻した場面です。ちなみに、ジャカルタなどの大都市では、渋滞(macet)が遅刻の理由によく使われています。

 

今回の「お待たせしました」をインドネシア語で使うことができましたか?他の表現も知りたい方は、ぜひ私のクラスに参加してください!現在、インドネシア語のグループレッスンはオンラインと通学で行っていますので、日本国内のみならず、日本国外の方も受講されています。

 

 

 

Ayo, belajar bahasa Indonesia bersama saya. Sampai jumpa lagi!

さあ、私とインドネシア語を勉強しましょう。それでは、また!

 

【練習問題の解答】

A: Maaf, menunggu.

B: Telat 20 menit, lho.

A: Habis, macet sih. Sori, ya.

B: Tidak apa-apa.

【今回の表現】 「がんばって!」のインドネシア語は??
【難易度】初級 ★☆☆(やさしい)

 

Selamat siang. Apa kabar?「こんにちは。お元気ですか?」

INJインドネシア語講師のイワンです。

 

日本では「がんばってください」という言葉をよく使いますね。受講生から、「がんばってください」をインドネシア語で何と言うのかとよく聞かれます。確かに、「がんばってください」はとても便利な表現ですが、残念ながら、どんな場面でも使えるインドネシア語はありません。

そこで、「がんばってください」を場面ごとにインドネシア語で使い分ける必要があります。

 

それでは、いろいろな場面での「がんばってください」のインドネシア語について見てみましょう。

 

【場面1】 

見込み客を獲得しようとする同僚がいますが、お客を説得するのが難しそうです。そこで、同僚を励まします。

Beliau calon pembeli yang potensial. Semoga sukses!
彼は見込み客なんだよ。がんばってね!

このSemoga sukses! 「がんばってね!(ご成功を祈ります!)」は、挑戦したり、困難なことを行っている人の成功(sukses)を願って、励ますときに使います。

 

【場面2】

今日、同僚は全く製品を売ることができなくて、落ち込みました。そのつらい目にあっている同僚を励まします。

A: Hari ini tidak ada penjualan sama sekali.
B: Jangan menyerah!

A: .今日は全く売れないんだ。

B: がんばってね!


このJangan menyerah!「がんばってね!(あきらめないで!)」は、「ギブアップしないで、がんばって!」という意味です。この表現は、ビジネス以外にも使えます。たとえば、自分の応援しているサッカーチームが負けそうになっても、まだ残り時間があるときにJangan menyerah!「がんばって!」と声援を送ります。

 

【場面3】

上司が部下の仕事に対して不満を言います。上司は、部下が書いたレポートがあまり良くないと感じ、それを注意して、もっとがんばってもらいたいと思っています。

Atasan:  Laporan ini tidak bisa dipresentasikan di rapat! 

      Datanya kurang dan urutan tulisannya amburadul.

      Perbaiki! Tolong berusaha lebih keras!
Bawahan: Mohon maaf. Saya akan berusaha memperbaikinya.


上司: このレポートは会議には出せないよ。

     データが足りないし、構成もめちゃくちゃだ。

     書き直しなさい。もっとがんばってください!
部下: 申し訳ありませんでした。

          がんばって書き直します。


部下にもっとがんばってもらいたい上司は、Tolong ...... berusaha lebih keras!「もっとがんばってください!(もっと懸命に努力してください!)」と言います。kerasは「堅い」という意味ですが、「(行動的に)ハード」つまり「一生懸命に」の意味もあります。他の例としては、belajar keras「一生懸命に勉強する」、bekerja keras「一生懸命に働く」があります。

 

部下のSaya akan berusaha memperbaikinya.「がんばって書き直します」は、「書き直す努力をします」が直訳ですが、Saya akan berusaha keras untuk memperbaikinya.「書き直すために一生懸命に努力します」と言ってもよいでしょう。

【場面4】

試合を応援するための「がんばれ!」ですが、日本語は何の試合でも「がんばれ!」の一言で表現できるので便利ですね。

しかし、インドネシア語は、スポーツによって試合を応援する「かんばれ!」の表現が変わります。

さまざまなスポーツの試合でひんぱんに耳にするのが、Ayo! 「さあ!」という掛け声です。

この掛け声の後、インドネシア語は、次のようにスポーツによって「がんばれ!」が変わります。


サッカー : Ayo maju!  前へ進め!
ボクシング: Ayo sikat!  打て!
競馬   :  Ayo cepat!   速く!


 

このように、インドネシア語は、試合を応援する際に、試合に勝つために選手に何をしてもらいたいかを表現するのが普通です。

 

サッカーのAyo maju!「前へ進め!」は、「前へ進んで、ゴールを目指せ!」の意味です。

 

ボクシングのsikatの元々の意味は「残らないように食い尽くす(平らげる)、一掃する」ですが、このAyo Sikat!は「相手に勝つチャンスを一掃するように、打て!」の意味です。


競馬のcepat「速い」は、Ayo cepat!「速く走れ!」の意味です。しかし、競馬はAyo maju!「前へ進め!」とは言いませんね。
 

もし、スポーツによって適切な単語がわからない場合は、Ayo!「さあ!」だけでも大丈夫です。Ayo!はどんな試合でも使えます。

 

【練習問題】

 

次の会話をインドネシア語に訳しましょう。解答は最後にあります。

 

A: 明日はインドネシア語の試験だね。今回もまた不合格かな?

B: がんばって!今回はきっと合格できるよ。

A: ありがとう。君は初めてだよね。がんばってね。

B: ありがとう。

 

【練習問題の解説】

 

前回の試験に落ちて、今回もまた落ちるのではないかと心配するAさんへの「がんばって!」はJangan menyerah!で、初めて受検するBさんへの「がんばって!」はSemoga sukses.ですね。

 

今回の「がんばって!」をインドネシア語で使い分けることができましたか?他の表現も知りたい方は、ぜひ私のクラスに参加してください!

 

現在、インドネシア語のグループレッスンはオンラインと通学で行っていますので、日本国内のみならず、日本国外の方も受講されています。

http://www.indonesia.co.jp/lesson/group/

 

Ayo, belajar bahasa Indonesia bersama saya. Sampai jumpa lagi!

さあ、私とインドネシア語を勉強しましょう。それでは、また!

 

【練習問題の解答】

 

A: Besok ujian bahasa Indonesia, ya. Mungkin kali ini gagal lagi.

B: Jangan menyerah! Kali ini pasti bisa lulus.

A: Terima kasih. Kamu pertama kali, ya. Semoga sukses, ya.

B: Terima kasih.

 

【今回の表現】 Boleh. 1. 「いいですよ」

               2. 「それはいいね」「あなたの勧めは悪くないね」「私は構わないよ」

【難易度】初級 ★☆☆(易しい)

 

Selamat siang.「こんにちは」 INJインドネシア語講師のイワンです。Apa kabar?「お元気ですか?」

 

今日は助動詞のbolehについて説明します。

bolehは初級講座でも学習する基本単語ですが、意外と使い方が難しいですよ。

 

まず、一般的な使い方ですが、bolehは「~してもいい」という助動詞で、次のような文に使います。

1. Anda boleh masuk ke ruang itu.    

  あなたはその部屋に入ってもいいです。

2. Boleh duduk di sini?               

  ここに座ってもいいですか?

 

上記のboleh masukとboleh dudukは「許可」を示します。

2番の文の返事はYa, boleh.「はい、いいですよ」、もしくは、Tidak boleh.「だめです」ですね。

 

しかし、今回は「許可」を示すbolehではなく、別の意味のbolehを紹介します。

 

【状況】

アディさんがスラバヤの出張から戻り、会社にお菓子のお土産を持ってきました。そのお菓子を同僚に勧めたら、bolehと返事されました。

 

【会話例と解説】

 

アディ:  Ini ada oleh-oleh. 

             Kue khas Surabaya. Mau?

同僚  :  Boleh. Wah, kayaknya enak.

 

アディ : これお土産です。

            スラバヤ名物のお菓子です。食べる?

同僚  :  いいよ。わー、おいしそう。

 

ここで、同僚の返事が「(食べても)いいよ」というのは違和感がありますね。どうして勧められたときに許可を示す助動詞bolehを使うだろうと皆さんは思うでしょう。そうです、そのbolehは許可を示す意味ではなく、「それはいいね」「あなたの勧めは悪くないね」「私は構わないよ」といった意味です。

 

ちょっと上から目線に聞こえますが、親しい人だからこそ使える表現です。上司や親しくない人に、このbolehを使うと相手は怒ってしまいますので、このbolehを使うのは控えましょう。

 

【練習問題】

 

次の会話を日本語に訳しましょう。解答は最後にあります。

Hiroshi  :Nina, aku mau pergi ke Indonesia. 

Nina     :Boleh saya bantu?

Hirohsi :Boleh. Selain Bali, mana tempat yang bagus?

Nina     :Kalau menurutku, Yogyakarta bagus. 

            Kotanya indah dan orangnya ramah.

Hishoshi :Ada tempat wisata apa saja di sana?

Nina     :Ada Candi Borobudur, Candi Prambanan, 

            dan keraton. Makanannya juga enak.

Hiroshi :Oke, boleh. Aku mau ke sana.

 

 

【練習問題の解説】

 

インドネシアに行きたい浩はバリ島以外あまり知りません。ニナが自分が手伝うことを提案すると、浩はBoleh.と返事します。ニナはジョグジャカルタを勧め、ジョグジャカルタの観光地などの情報を伝えました。それを聞いた浩はOke, boleh.と返事して、ニナの勧めを受け入れました。ここでは、「そうしてもいいよ」という「許可」のbolehでないことはわかりますね。

 

今回の「許可」ではないbolehの使い方はもうわかりましたか?他の表現も知りたい方は、ぜひ私のクラスに参加してみてください!

 

現在、インドネシア語のグループレッスンはオンラインと通学で行っていますので、日本国内のみならず、日本国外にいても学習できます。

http://www.indonesia.co.jp/lesson/group/

 

Ayo, belajar bahasa Indonesia bersama saya. Sampai jumpa lagi!

さあ、私とインドネシア語を勉強しましょう。それでは、また!

 

 

【練習問題の解答】

 

浩    : ニナ、僕はインドネシアに行きたいんだ。

ニナ : お手伝いしましょうか?

浩  : いいね。バリ島以外で、いい場所はどこ?

ニナ : 私なら、ジョグジャカルタがいいわ。

           町もきれいだし、人も親切よ。

浩    : そこにはどんな観光地があるの?

ニナ : ボロブドゥール遺跡、プランバナン遺跡、宮殿があるの。

           食べ物もおいしいよ。

浩    : 了解、いいね。そこへ行くよ。