【今回の表現】 tumben, jarang 「珍しい」     

【難易度】中級 ★★☆(やや難しい)

 

こんにちは。INJインドネシア語講師のイワンです。Apa kabar?(お元気ですか?)

毎回、インドネシア語学習者がまちがいやすい表現をピックアップして、その使い方を解説します。

 

【状況】

 

先日、授業中にある受講生が、次の文章を作りました。

Di Saitama tumben ada restoran masakan Indonesia.

 

最初、私は受講生が何を言いたいのかぴんときませんでした。受講生に日本語で意味をたずねたところ、「埼玉ではインドネシア料理のレストランは珍しい」と言いたくて、「珍しい」をtumbenと訳したそうです。

 

【会話例と解説】

 

たしかに、tumbenは「珍しい」という意味です。たとえば、次のような文に使います。

 

Tumben hari ini hujan lebat. Padahal sudah bulan Agustus.

今日、大雨なんて珍しいね。8月になったのに。

 

上記の「珍しい」はtumbenが適切ですが、受講生の作文の「珍しい」をtumbenと訳すのは不適切です。では、受講生はどの単語を使ったらよいでしょうか?その場合は、jarang を使います。jarangにも「珍しい」という意味があり、次の文が正解です。

 

Di Saitama jarang ada restoran masakan Indonesia.

埼玉ではインドネシア料理のレストランは珍しい。

 

 

では、jarangとtumbenが同じ「珍しい」という意味を持つなら、どのように使い分けたらよいでしょうか?

 

簡単に説明すると、jarangは「数的に少ない、まれ」という意味の「珍しい」です。一方、tumbenは「普段はそのことをしない/その状況にならないが、今はそのことをする/その状況になる」という意味の「珍しい」です。

 

Tumben hari ini hujan lebat. Padahal sudah bulan Agustus.

上の文は「普段、8月(夏)には雨が降らないが、その日は珍しく大雨が降っている」という状況なので、tumbenがぴったりです。

 

【練習問題】

 

tumben, jarangを用いた次の会話を日本語に訳してみましょう。解答は最後にあります。

 

A: Tumben hari ini kamu cantik. Mau ke mana?

B: Iya, nih. Aku diundang ke pesta kostum oleh Andi.

  Tumben dia mengundangku.

A: Tapi kamu tidak jarang ikut pesta kostum, kan?

 

【練習問題解説】

 

普段、メークをしないBさんは今日メークをして、それを珍しいと思うAさんはtumbenを使っています。また、Bさんはこれまでアンディからパーティーに誘われたことがなく、初めて誘われたので、tumbenを使います。さらに、それを聞いたAさんは、コスプレパーティー好きのBさんに、パーティー参加は「珍しくない」と頻度を表すtidak jarang を使っています。ちなみに、日本のアニメのコスプレは、インドネシアでも学生や若者を中心に大人気です。

 

インドネシア人女優 Nia Ramadhani の忍者コスプレ 

Instagram@ramadhaniabakrie


皆さん、tumben, jarangの使い分けができるようになりましたか?もっと詳しく知りたい方は、私のクラスで勉強しましょう!

現在、グループレッスンはオンラインで行っていますので、日本国内のみならず、日本国外にいても学習できます。

http://www.indonesia.co.jp/lesson/group/

 

Ayo, belajar bahasa Indonesia sama saya. Sampai jumpa lagi!

さあ、私とインドネシア語を勉強しましょう。それでは、また!

 

【練習問題解答】

 

A: 珍しいな、今日はきれいだね。どこに行くの?

B: そうなの。アンディにコスプレパーティーに誘われたので。

  彼が私を誘うのは珍しいわ。

A: でも、コスプレパーティーに参加するのは珍しくないでしょ?

 

 

 文化の町として知られるジョグジャカルタは、ジャワ文化の中心地でもあります。そのジョグジャカルタで昔から毎年行われる祭りの1つにスカテン祭(SEKATEN)があります。この祭りは15世紀から16世紀にかけてジャワ島北岸に栄えたイスラム国家のドゥマク王国が、イスラムの預言者ムハンマドの誕生を祝ったことから始まったとされています。その後、18世紀にジョグジャカルタ王国が誕生した後も、この伝統的なスカテン祭は現在まで続いています。

 スカテン祭の目玉は、果物や野菜などを山盛りに飾ったグヌンガン(gunungan = 山の形をしたもの)をおみこしのように担いで王宮からモスクまで練り歩くパレードです。モスクでお祈りをした後、何千人もの人々がそのグヌンガンを目がけて集まり果物や野菜を奪い合います。市場でも野菜や果物は簡単に手に入り値段も安いのですが、ジョグジャカルタの人々はグヌンガンの果物と野菜には特別な力があり、それらの果物や野菜を田畑に埋めると、多くの作物を収穫ができると信じています。

 スカテン祭では、グヌンガンのパレード以外にも、伝統的なジャワ舞踊やガムラン演奏が行われます。また、日本の祭りのように、店や屋台がたくさん出て、子供たちが遊べる小さな遊園地もあります。ジョグジャカルタの人々にとって、スカテン祭は宗教的にも歴史的にも大切なお祭りです。毎年11月上旬に行われるので、その時期にジョグジャカルタへ行く機会があれば、ぜひ見に行くことをお勧めします。

王宮からグヌンガンのパレードが始まる

こんにちは。

今回はインドネシアの観光地について書きます。

 

インドネシアの観光地と言えばバリ島だ思う日本人は多いですね。インドネシアは知らないけどバリ島は知っているという人はいるくらいバリ島は人気な観光地です。バリ島はインドネシアより知られていると言っても過言ではありません。

 

2017年に政府はバリ島以外に観光地を開発する「10の新たなバリ」というプロジェクトを発表しました。それと共に2024年にインドネシアに来訪する外国人観光客が2千5百万人という目標を決めました。

 

2019年の外国人観光客の人数は1千6百万人しかいなかったので、その残りの9百万人を達成するのはバリ島に代わる新しいデスティネーションを開発し、外国人に便利になるために、空港、道路、ホテルなどの様々なインフラが作られています。

 

その新しい観光デスティネーションは以下のようです。

1. トバ湖(北スマトラ州)

2. タンジュン クラヤン(バンカ ブリトゥン州)

3. タンジュン レスン(バンテン州)

4. プロウ スリブ(ジャカルタ州)

5. ボロブドゥール寺院(中部ジャワ州)

6. ワカトビ(東南スラウェシ州)

7. モロタイ島(北マルク州)

8. ラブアン バジョ(東ヌサ トゥンガラ)

9. マンダリカ(西ヌサ トゥンガラ州)

10.ブロモ山(東部ジャワ州)

 

インドネシア語を磨いてバリ島やジャカルタだけではなく、色々な観光デスティネーションへ行きましょう。