『広いリビングの家』基礎工事中! | 建物が出来るまで

建物が出来るまで

~建物が建つまでの工程を楽しく説明しています〜

28坪(57帖)の住まいに30帖のLDKをもつ住まいです。

寝室や玄関、子供部屋などを最低限の広さにしウォークインクローゼットの通路や、

スタディーコーナ、洗面所などはLDKの広がりに貢献できるように設計しています。

 

建物面積は小さく、予算も小さく、しかしLDKは広々快適に。

そんな住まいが実現できます。

建物の半分以上がリビングという思い切った提案です!

 

 

 

 

ほぼほぼ基礎の鉄筋が組み上がってきました。

バチっと決まって見ていて気持ちがいいです!

 

 

 

 

 

広いリビングの提案ですが、変形地なので建物形状も特殊。富士山のような台形です。

斜めの場所は使いづらい、家具が置けないなどデメリットもありますが、

視線が斜めに伸びていきますので広がりと伸びやかさを感じることができます。

それは外観にも現れますので四角形より大きく見えます。

 

あ。

斜めの壁はどうだ!!!って無理やり提案してるわけではないですよ。

変形地ということや、その他さまざまな条件を勘案しつつ、お施主さんの要望を叶える

一番いい間取りを提案しています。

 

できあがってきたらわかりますが、プライベートの庭や駐車場が確保できたり

先ほど書いた内部の広がりもそうですし、遊び心がある外観もメリットの一つです。

 

お施主さんもまさか台形の建物に住むとは想像もしていなかったでしょうね。 笑

想像もできない場所ですから想像もできない生活が待っています!

これから時間をかけてゆっくりと新しい生活を楽しんでもらいたいですね。

 

なんて、まだまだ基礎工事中、しっかり工事監理していきます!

 

 

 

 

ソファーに座るとこの景色が飛び込んできます。

目の前は三角形のプライベートな庭です。敷地いっぱいまで建物が建っていますので、

小さなお子さんがいても庭の外にでる心配がなく安心です。

見られることもないのでカーテンもいりません!

 

 

 

「この暑さで同じ長さの鉄筋が一本もないんだもんな、時間かかるし最高の罰ゲームだわ。」

と。基礎屋さんのボヤキをきいたところで現場をあとにしました。

 

たしかに・・・台形ってほとんど鉄筋の長さが違うんですね。

一本ずつ寸法図りその長さにカットし折り曲げて。。。

基礎屋さんにとってはデメリットの方が大きいかもしれません。

この暑い中大変おつかれさまでした。

 

また載せていきますね〜