『縁側の家』コンクリートを打ちました! | 建物が出来るまで

建物が出来るまで

~建物が建つまでの工程を楽しく説明しています〜


テーマ:

こんにちは!みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

私、荒井は相変わらず元気です!!

 

 

 

さてさて。

 

 

 

『縁側の家』

ポイントは3つです。

 

1. 屋根と格子戸付きの広い縁側がプライバシーを守り、雨をしのぎそして防犯性を高めます。
2. 分離発注による1000万円台のローコスト住宅

3. 移動できる間仕切り、移動できる棚

 

・敷地面積:62坪
・建築面積:30坪

・床面積 :20坪(縁側10坪)
・家族構成:夫婦

・建物構造:木造 平屋

 

 

 

 

前回鉄筋を組んだところまで行きました。

 

 

 

 

今回はいよいよコンクリートを打ちます。

ポンプ車と呼ばれる機械から勢い良くコンクリートが流れ出ています!

 

 

 

 

基礎のコンクリートは2度に分けて打ちます。

写真は1回目のコンクリート打設です。

 

 

 

 

平らな部分のコンクリートが打ち終わりまして1回目の打設は終了です。

数日置いてから立ち上がりの枠を組み再度コンクリートを打設します。

 

 

 

また進みましたら報告します!お楽しみに〜

インデコさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス